2021年05月08日

小説『検事の本懐』

緊急事態宣言で、区の図書館が休館中(´;ω;`)ウゥゥ
よって昨年購入して未読であった 柚月裕子著『検事の本懐』(2018)角川文庫
(2012に宝島社文庫より発刊されているらしい)

フジテレビのドラマ「イチケイのカラス」は裁判官が主役、こちらは検事、
どちらにしろ司法がらみ。

結論として、無茶苦茶面白かった。
主人公は検事の佐方貞人氏で、小説内の配属は架空の東北の街のようだが、
なんと出身地は架空の「呉原市」。
これは、柚月氏の『孤狼の血』や『凶犬の眼』、『暴虎の牙』の
広島県呉市の警察シリーズで使われた、我が故郷ではないか!

おまけに主人公の生年が、同じだった!!!
高校時代の友人が訪ねてきて、当時を回想するシーンなど、
あの頃のあの駅で、あの街でと気持ちが入る。

ということもありより一層の読み応えありでしたが、
小説としてもおススメ。
☆☆☆☆

シリーズ物なので、(図書館が開いていないし)購入して読んでみたい。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オンデマンドの講義

今年のGWは、どこにも遊びにも行かず、外食もせず、仕事と在宅とわずかな散歩という地味なものだったので、
ちょっと記録として書かせていただきたい。

GWの最大の成果は、
今期唯一のオンデマンドの講義動画を、最終回を残して全て録画したことだ。
いまだに疲労感が残っているほどの、なかなかのハードさで、
完遂した時は、自分で自分を褒めたげたいといった有森裕子さんの声が聴こえてきたほどだ。

なぜそんなハードなことをしたかというと、
複数種類の講義を担当していると、どこで何を話したかよくわからなくなるからだ。
対面講義、zoom講義であれば、学生さんに尋ねながら反応を見ながら話せるが、
オンデマンド録画講義はそうもいかない。
録画のたびに過去の講義を確認することに時間や手間を要するのが、どうにも非効率で。

よって、全て通して講義をすることで、一連の流れを確保したかったのだ。

ということで、私にとってはゴールデンではない普通のウィークが終わったが、
上記の面では、ああ、よかったな。
posted by H.A at 08:14| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする