2021年05月01日

♪ミルキーのままの味

たまたま目にしたというか、耳にしたマクドナルドのCM。

♪ミルキーはママの味 のミルキー味のシェイクなので、
♪ミルキーのままの味 らしい。

IMG_1701.jpg

気になっていた。

仕事で疲れたある日の帰り道、
糖分でもとろうと、あ、例のミルキーシェイクだと、
遠回りをしてマクドナルドに行き、長い列に並んでレジに行くと、
「シェイクの機械壊れてます」とのこと。

めちゃくちゃ楽しみにしていたので、
「壊れてるんですか!」と思わず大声。
大人げない。

それだけ諦めきれない。
よって、翌日、わざわざ買いにGo。
おいしゅうございました。
IMG_1702.jpg

マクドナルドのシェイクは私には甘すぎるのですが(すみません、これは嗜好の問題なので)、
この♪ミルキーのままの味 のシェイクは程よい甘さ。
満足。

企業の広告宣伝費は効果あり、ということでしょう。
posted by H.A at 08:03| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プチプラ

洗顔時用のヘアターバンを購入。
左は今治タオル生地で1,500円、右はセリアで100円。
ずれたりせず、使い勝手がよいのは右。
IMG_1468.jpg

SNS上で時折見かけた無印良品の麻のトート。
気になっていたら、ようやく店頭で見かけたので、早速ゲット。
サイズがいくつかあるが、これはB5サイズ版で、なんと200円を切る。
IMG_1648.jpg

昔は、安かろう悪かろうであったが、最近は、プチプラでもよいものが多い。
企業努力を感じる。
消費者としては安い方が嬉しいが、どこかで誰かが泣いていなければよいな、とも思う。

ちなみに無印良品の麻のトートの中の花は、勤務先の最寄り駅内の花屋さんでゲット。
都内で買うより、お安い。
これは地理的な相違(不動産や物流のコスト)かな。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

小説『朽ちないサクラ』

昨日、散歩しようとしたところ、雨になったので、久しぶりに小説。
昨年購入して未読であった 柚月裕子著『朽ちないサクラ』(2018)徳間文庫

「サクラ」は警察のこと。
柚月氏の真骨頂ですね。
孤狼の血』や『凶犬の眼』、『暴虎の牙』の
広島県呉市の警察シリーズとは異なり、
ご出身の東北が舞台、かつ女性が主役。

非常に面白く拝読。
途中でカルト集団が出てきて?となるけれど、なるほどと。
最後まで引き込むストーリーの造りはお見事(すみません、上から目線で)。

おススメです。
☆☆☆☆


ストーリーでは無いが、話中に出てくる日本酒が気になった。
雪漫漫と浜千鳥。

雪漫漫は山形のお酒で「辛口だけど米の甘さも残っていて、口当たりがいい」(p.256)らしい。
調べると、良いお値段。
他方は、浜千鳥は岩手のお酒で「辛すぎず甘すぎず、どんな料理にもあう口当たりの良さがある」(p.275)らしい。

気になる。
posted by H.A at 07:36| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月03日

映画「朝が来る」

気になっていた邦画「朝が来る」、アマゾンプライムで観れるようになり鑑賞。
監督は河P直美氏、原作は辻村深月氏とのこと。

養子を大事に育てていたところに、実母が現れて云々、という話。
知らなかったのだけど、ロケ地に広島があり、
懐かしい瀬戸内海の海がキラキラしていた。

映画も良かったけれど、小説で想像たくましくしながら読むのも良いかと思わせるストーリー。

posted by H.A at 08:24| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I say yes, Harvey.

アメリカドラマ"SUITS”の最終のシーズン9が、
ネットフリックスにあったので、ここのところ少しずつ鑑賞。

よって今年のゴールデンウィークは、昨年同様、
コロナでどこにも行けない、
関東圏の大学は東京オリンピックまでに前期をすべて終わらせるという使命のため、
変わらず講義日、
であるが、
心はニューヨークだった。

シーズン1から時を重ね、齢も重ねたが、
ハーヴィーとダナは美しい
摩天楼を見下ろしながらグラスに注ぐウィスキーの黄金色も、美しい。


それにしてもアメリカ映画のビジネスシーンや裁判シーンは、
容赦ない。
忖度なく、気遣いなくはっきり言う。
強い口調で。
"The Good Wife”もそうだった。
議論が終わると仲良しなのだけれど、気の小さい私は、自分が責め立てられているようで胃が痛くなる。

とはいえ、何より二人がいい感じで、終わりよければ全て善し、後味も良い。
また、観なおそう。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月04日

佃発祥の佃煮

散歩途中、風情ある建物が見えたので近づくと、佃煮屋さんで 佃源田中屋さん だった。
買って帰った。
IMG_1709.jpg

佃源田中屋さんの説明には、

徳川家康が関東に下降の際
摂津国西城郡佃村の漁民33人を江戸に移住させ、
住まわせ島が、今の佃島。
雑魚類を煮て「佃煮」と称した。
郷土の守護神 住吉神社の分霊も、佃島に祭られた。

とのこと。
こちらの記事もわかりやすい。

佃煮は東京のお土産のイメージがあるけれど、
もとは大阪の漁民さんだったとは!

なお、訪れた佃源 田中屋さんは 「本家」と名乗り、
お隣の天安本店さんは、「元祖」とのこと。

どちらも江戸時代からのお店。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月05日

こどものひ

名探偵コナンのカスタードクリームの和菓子@セブンイレブン。

IMG_1718.jpg

2021のGW、おかげさまでお仕事。
コロナが治まったら、ゆっくりバカンスしたいものです。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミャンマー マンダレー郡シャン州のコーヒー

フジテレビのドラマ「イチケイのカラス」では、主人公がふるさと納税好きだが、
私もあちこちに納税している。
GWにどこにも行けないので、せめて信州の気分をと、
先般、山梨県富士吉田市にふるさと納税、現地のコーヒー屋さんより、デカフェのコーヒーを取り寄せた。

すぐに送ってくださったし、美味しかったので、口コミを書いたら、
そのお礼にと、ミャンマーのコーヒー豆をプレゼントしてくださった。

ふるさと納税を有効活用し、地元の活性化に加え、
ミャンマーのコーヒー農家さんの支援をなさっているらしい。
ふるさと納税がローカルかつグローバルに活用されるとは、
ささやかな納税額ながら、広がりが感じられて嬉しい。

IMG_1721.JPG

「フェアトレード」なコーヒーは、最近よく聞く言葉であるが、
市場交換の売価は需要と供給の接点であることを鑑みれば、一筋縄ではいかない。
世界史を学んでいると、結局はモノカルチャー生産であることも要因の一つかと。
このあたり、まだまだ学びが足りない。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」

アマゾンプライムで鑑賞 映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」

日本には藤田 田さんが持ってきた、我々に馴染みのあるマック。
(先日も♪ミルキーのままの味 シェイクを飲んだが)
本家アメリカで、その発祥と拡大には、こうした経緯があったのかと、びっくり。

「マクドナルド」の名前の兄弟は、早々に経営から外され、
別の人が拡大するのだけど、
本映画はマクドナルド兄弟の孫のジェイソン・フレンチ氏曰く
「マクドナルドがどう誕生したのか、この話に光が当たることは僕たち家族にとって信じられないようなことだ」
「ふたりは、今や世界中のファーストフード店の標準となる調理システムを編み出した偉大な革新者だった」
とのこと。
(映画のHPより)

経営戦略・事業戦略・コーポレートガバナンスの事例満載。
おススメ。
☆☆☆☆
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月08日

オンデマンドの講義

今年のGWは、どこにも遊びにも行かず、外食もせず、仕事と在宅とわずかな散歩という地味なものだったので、
ちょっと記録として書かせていただきたい。

GWの最大の成果は、
今期唯一のオンデマンドの講義動画を、最終回を残して全て録画したことだ。
いまだに疲労感が残っているほどの、なかなかのハードさで、
完遂した時は、自分で自分を褒めたげたいといった有森裕子さんの声が聴こえてきたほどだ。

なぜそんなハードなことをしたかというと、
複数種類の講義を担当していると、どこで何を話したかよくわからなくなるからだ。
対面講義、zoom講義であれば、学生さんに尋ねながら反応を見ながら話せるが、
オンデマンド録画講義はそうもいかない。
録画のたびに過去の講義を確認することに時間や手間を要するのが、どうにも非効率で。

よって、全て通して講義をすることで、一連の流れを確保したかったのだ。

ということで、私にとってはゴールデンではない普通のウィークが終わったが、
上記の面では、ああ、よかったな。
posted by H.A at 08:14| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説『検事の本懐』

緊急事態宣言で、区の図書館が休館中(´;ω;`)ウゥゥ
よって昨年購入して未読であった 柚月裕子著『検事の本懐』(2018)角川文庫
(2012に宝島社文庫より発刊されているらしい)

フジテレビのドラマ「イチケイのカラス」は裁判官が主役、こちらは検事、
どちらにしろ司法がらみ。

結論として、無茶苦茶面白かった。
主人公は検事の佐方貞人氏で、小説内の配属は架空の東北の街のようだが、
なんと出身地は架空の「呉原市」。
これは、柚月氏の『孤狼の血』や『凶犬の眼』、『暴虎の牙』の
広島県呉市の警察シリーズで使われた、我が故郷ではないか!

おまけに主人公の生年が、同じだった!!!
高校時代の友人が訪ねてきて、当時を回想するシーンなど、
あの頃のあの駅で、あの街でと気持ちが入る。

ということもありより一層の読み応えありでしたが、
小説としてもおススメ。
☆☆☆☆

シリーズ物なので、(図書館が開いていないし)購入して読んでみたい。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月09日

本『生きるとか死ぬとか父親とか』

ジェーン・スーさん著のエッセイ本『生きるとか死ぬとか父親とか』(2021)新潮社。

テレ東でドラマ化もされていて、吉田羊さんと國村隼さんの
父娘演技がなんとも良い。
よって原作本を読破。

ジェーン・スーさんとは、生粋の日本人女性。
音楽プロデューサーで作詞家でコラムニストでラジオパーソナリティ らしい。

お母様が20年前に亡くなり、残された自由気ままなお父様と
致し方なくついた責任感に溢れるお嬢様とのこもごも。
小気味よい文章に、何度も笑いながら、
上手い言い回しの連続に、素晴らしいと唸りながら、
読み進めると、実は非常に重い過去をお持ちのことがわかる。

そうした関係の父娘。

育ててくれた親は老い、幼かった自分がいつのまにか主となり家族を営む、
そんな親子の関係をジェーン・スーさんが鋭い切り口で語ってくれます。

おススメ。
☆☆☆☆☆
posted by H.A at 09:28| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月10日

先達はあらまほしきこと

博学の友人より、あることを教えてほしいとラインがあり、
そこに「先達はあらまほしきこと」との文言があった。


同フレーズは、
吉田兼好の『徒然草』第52段「仁和寺にある法師」にて、
道に迷って目的地まで行けなかったので、
道案内の人がいたら迷わなくてよかったのに・・・
が転じて、どんなことでも指導者がいたらよいね、という意味。

研究や仕事には多くの「先達」に恵まれたが、
子育てして働いて、という女性の「先達」はおらず、
舗装されていないいばらの道を血だらけになりながら通ってきた感がある。
というか今もingだ。

「先達」大事。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月12日

バードフレンドリー

午前中は普通の、午後はデカフェと、
毎日、数杯のコーヒーを飲んでいる。
先日はカルディで「バードフレンドリー」なるコーヒーがあったので、買ってみた。

ACABB4D8-2844-44F3-B432-54250667581E.JPG

「熱帯の森林を利用したシェードグロウン(木陰栽培)、
 かつ有機栽培で生産されたコーヒーをプレミアム価格で買い取ることで、
 生産農家を支えながら森林伐採も防止し、そこで休む渡り鳥を守るプログラム」とのこと。

いくつか種類があったが、エルサルバドル産にしてみた。
エルサルバドルはここね。

IMG_1732.jpg

20パーセントオフというので買ったら、すでにオフされた価格が表示されていたようで、
レジで「えーー」と声をあげてしまった私は大人げない。
posted by H.A at 09:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母親の誕生日

2年ゼミ生は14名、内訳は男子11名と女子3名。
何かの意見を言うのに、順番をいろいろ変えるのだが、
昨日はお母様のお誕生日順にしてみた。

数名は誕生月はわかるが、日にちを知らないという。
一人は月も知らなかった。

親不孝この上ない!!!
お母様は泣いてるよーーというと、
「ちゃんと母の日にはプレゼントしました!」とのことで、安堵した。

ちなみに我が家、おかげさまで「母の日」、してもらいました。
ああ、よかった、覚えててくれて。
IMG_1745.jpg
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月13日

ジャケ買い

仕事の帰り道、駅のホームで、再び自販機を眺めていたら、
以前はあった鬼滅の刃のカフェオレが、もはや売ってなかった。
ガーン。
無いと寂しい。

よって、あるうちにと、コナンのサイダーを買いました。

IMG_1750.jpg
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月15日

気分はプチトリップ

勤務先での講義後、仕事で千葉市の中心部に行くのに、どう行くか悩んだ。
タクシーが一番手っ取り早いが、散歩が趣味なので本末転倒になる。
稲毛駅まで行って総武線か、もしくは反対方向のモノレールか、
あ、そういえば京成線で登校している学生がいたことを思い出し、
ググって、京成線のみどり台駅まで歩いた。

歩くのは初めての道、千葉大学を左手に見ながら南へ。
初めての道は新鮮でよいと楽しんでいると、
住宅地の中を走る京成線の線路に到達。
IMG_1760.jpg

駅前のコーヒー屋さんなどを外から眺めながら、
白とピンクの京成電鉄で目的地へGO。
IMG_1764.jpg

千葉市中央のモノレールの走る風景は、見方によっては未来の街にも見える。
IMG_1766.jpg

そんなこんなで、ささやかなプチトリップ気分満喫。
posted by H.A at 13:55| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月16日

新茶の季節

近所の京都のお茶屋さん曰く、
静岡茶と比べて、京都のお茶は新茶が出るのが遅いらしいが、
京都のそれも店頭に並び始めた。

新茶の季節は嬉しい。
というところに、静岡在住の友人なおちゃんより、昨年に引き続き新茶が届いて、より嬉しい。
ありがとー――♪
IMG_1771.jpg

お茶と言えば、今年は、早々に宇治金時かき氷も摂取した。
(歩きすぎて疲れて喉が渇いて・・・)
IMG_1769.jpg

梅雨入りも早いらしい。
posted by H.A at 09:03| Comment(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月21日

ふるさと貢献

最近は、コロナでひっそりと暮らしている。
通勤で往復で歩いているので、別途散歩の必要も特段ない。

唯一の楽しみは、ふるさと納税。
やはり地元の広島県は呉市に納税しよう、というので日本酒。
IMG_1777.jpg
posted by H.A at 21:01| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月22日

小説『検事の死命』と『最後の証人』

柚月裕子著『検事の本懐』(2018)角川文庫が面白かった。
主人公は検事の佐方貞人氏シリーズを読了。

『最後の証人』(2018)(2011に宝島社文庫より発刊されているらしい)
『検事の死命』(2018)(2014に宝島社文庫より発刊されているらしい)

よって順番としては、
『最後の証人』『検事の本懐』『検事の死命』となる。

柚月氏の『孤狼の血』や『凶犬の眼』、『暴虎の牙』も面白いが、
佐方貞人氏シリーズは、より面白い。

『検事の死命』(2018)、主人公が父親の13回忌に広島に帰郷した場面。
老いた祖父母と叔母が温かく迎えてくれる。
毎月祖父母に5万円仕送りしている主人公に、叔母が言う。
祖父母は孫が振り込んでくれたお金を、毎月孫名義で郵便局に貯金していると。


 ―兄さんが嬉しそうにね、うちに通帳、見せてくれたん。
  貞人が毎月、仕送りしてくれるんじゃいうてね。
  (略)
  貧乏しよるんじゃけ生活費に使わしてもらやあええじゃない。―(p.99)

と叔母が祖父に言うと

 ―貞人が可愛いけん。
  あれには苦労ばっかりさせたけんのう。 
  あれが結婚する時、親がおらん恥をかかせちゃあいけん。
  わしらがちいとでも貯めとかんと―(p.100)

主人公貞人の父親は弁護士で、仁義突き通していろいろあって、という背景がある。
懐かしい広島弁による孫想う祖父母の気持ちに涙腺崩壊。

『検事の信義』も続編で出ているようなので、また読んでみたい。
佐方貞人氏シリーズは、ほんとおススメ。
☆☆☆☆☆
posted by H.A at 09:56| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月24日

トリプルパンチ

仕事柄よくしゃべるので、喉は大事。
よって10年前より、睡眠時は、喉を守るためにマスクをして寝ている。

ところが昨夜は、マスク無しで寝落ちした。
また、お風呂後に暑くてとりあえず着た半そでTシャツのままだった。
(通常は長袖に着替える)
加えて、家族が部屋の窓を開けたままだった。

結果、今朝はトリプルパンチで喉を傷めた・・・
風邪をひかぬように、今夜は葛根湯ドリンクを服用して寝よう。

コロナだなんだでとにかく健康大事。
肉と睡眠で乗り切ろうではないか!
posted by H.A at 19:41| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月28日

小説『合理的にあり得ない』とマルコポーロの紅茶

柚月裕子氏著の小説『合理的にあり得ない』(2020)拝読。
検事の佐方貞人氏シリーズや、
広島県呉市が舞台の『孤狼の血』や『凶犬の眼』、『暴虎の牙』などの警察シリーズとは
また異なるキャラクター登場。

弁護士資格をはく奪された上流水涼子が探偵エージェンシーで活躍、というもの。
ストーリーは当然面白いので、おススメ。
☆☆☆☆

小説内で、探偵エージェンシーのスタッフ 東大出設定の助手 貴山の
淹れる紅茶マルコポーロが美味しそうで。

で、早速購入。
マリアージュフレールのマルコポーロ。
IMG_1833.jpg

マルコポーロはよい香りで有名な紅茶だが、その香り要因は秘密らしい。
香りを堪能したいが、昨今の晴れたり降ったりの湿度変化で
アレルギーを発症しているため、鼻が利かない。

我ながら、なんか、もったいない。
posted by H.A at 08:30| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月29日

チンプンカンプン

日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」が昔から好きで、今でも録画し、(選んで)観ている。
5月11日(火)放送の「イケイケ女子VS最恐ベテラン女子軍団」
新しい文化と、昔ながらの文化の交流が面白かった。

「イケイケ女子」(若い女子)同士で盛り上がっている話がよくわからないと、
くわばたりえさんが
「チンプンカンプンやー」と言ったら、
さんまさんが、お若い女子たちは「チンプンカンプン」の意味が分からないよという。

私は、その流れがツボにはまって涙を流しながら笑った。
(このブログの叙述だけでは、その面白さが伝わらなくて誠に申し訳ない)


チンプンカンプン と言えば、
フジテレビ系『クイズ!ヘキサゴンII』から生まれた女性3人組ユニット・Paboの1枚目のシングルとして、
紳助さんが作った「恋のヘキサゴン」の歌詞にある。
https://www.youtube.com/watch?v=eRWuGbKN340

調べたら同曲は2007年で、今から14年前だ。
当時は若い女子の代表だったようなPaboのメンバーも、
一人はマー君の奥様だ。
ああ、時は流れる。

チンプンカンプンだ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月31日

灯台下暗しの海へ行く

海に行きたいが、鎌倉も九十九里浜もコロナ渦で行くのは気が引ける。
でも行きたい、と思案の結果、あ、勤務先の近くに海がある!とひらめいた。
日曜日、午前中出勤の仕事後に、車で15分ほど南下。
いざ、稲毛海浜公園へ。

まずは、ヨットハーバーの三階のレストランでランチ。
IMG_1846.jpg

当たり前だけど、目の前はたくさんのヨット。
IMG_1840.jpg

ちなみに、このヨットハーバーの外観はこちら。
向こうに幕張の高層ビル群が見える。
IMG_1850.jpg

砂浜もきれい。
私は砂浜を陸軍の訓練のように歩くが、 潮干狩りを楽しむファミリーがいっぱい!
向こうに千葉の工場コンビナート群が見える。
IMG_1851.jpg

キャンプ場や
IMG_1855.jpg

遊具や
IMG_1839.jpg

庭園なども。
IMG_1838.jpg

海浜公園ながら緑もいっぱい。
IMG_1856.jpg

想像以上に広くて綺麗で、いろいろ整っていた。
灯台下暗し。

先週は体調を崩し寝込みましたが、
5月の終わりに、天気も良くて、風も気持ちよくて、気分転換ダン。
また頑張りましょう♪
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする