2021年04月01日

2021年度の始まりです

始まります、新年度。

三月末には在学生へのオリエンテーションが始まっており、
すでに2021年度の雰囲気はありますが。

新二年生に逢いました。
新ゼミ生とも顔合わせ。
「大学に来れたので、嬉しくて興奮してます」と話す彼らの可愛いこと。

コロナによるいろいろは、きっとよい笑い話になります。

IMG_1449.jpg
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月02日

ポイントの嵐の中で

最近は何かを買うと、最低でも1種類、もしくは2種類か3種類のポイントが付与される。

例えば先日は無印良品週間だったらしく、
(レジの列が異常に長くてびっくりしたので調べた)
無印のメンバーであれば1割引らしい。
おまけにその商業施設のポイントがつき、
PayPayで支払うとその還元と、
なんだかんだで3つのメリット(?)だ。
とは言え、それらは全て価格に反映されている。

私が10数年前より愛用しているとある洋服ブランドは、
以前より1.5倍の価格になったなと思う。
目玉が飛び出る。

その洋服を買えば、当該ブランドのオリジナルポイント、
お店の入っている商業施設(デパートとかね)のポイントと、
やはりポイントが2種類付与される。
それらと、それらに関係する取引コストが含まれ、価格が1.5倍になったのだと思う。

結論、高い。

何を買うにしても、ポイント無しで購入するというのは非常に損をしていると言うことだ。
気づくとポイントカードは増え、スマホのアプリも増える。
最近よく見かけるdポイント、これを私は一切していない。
とても損をしている気がするが、これ以上増やすのは適応できない。

ポイント要らないから、その分適正な価格にしてくれんかな。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月03日

映画「旅愁」の原題はSeptember Affair

最近は20世紀半ばのアメリカ映画にはまっている。
白黒作品だが(カラーにリメイクされているものもある)、
映画内で流れる音楽が好きなのと、当時のファッションが好み。
何より演者が男女とも美しい。
鼻が高いわー。

さて、この度は1950年のアメリカ合衆国の恋愛映画「旅愁」。
監督はウィリアム・ディターレ、
主演はジョーン・フォンテインとジョゼフ・コットン。

旅愁(字幕版) (1).png

私はとても好きです、「ローマの休日」よりも好きかも。
白黒ながら、二人のレストランのシーンなど美しい。
ワインはキャンティのようで、赤ワインなのねと推測しながら見るのも、楽しい。
また、映画内で流れるラフマニノフのピアノ協奏曲2番や、
レコードで二人が聴き入るセプテンバー・ソングが、いい!


ストーリーは、ローマからアメリカに向かう旅客機で出会った既婚者の男子と、
独身女子 ピアニストの恋の話。
不倫っちゃ、不倫なのだけど、仕方ない感じ。
最後はネタバレながら、大人の決断。
誰かが泣いたうえでの幸せは、
やはり何かが喉に詰まった感じになるから、ということだろう。



それにしても、ストーリーとは外れるが、
当時のイタリア、あんな感じだったのね。
敗戦国ですからね、貧しさやアメリカ頼みな感じは、日本と同じ。
よって、ローマ帝国の遺産が美しくも切なく思えました。


最後に、原題はSeptember Affair。
こちらのほうがはまります。

おススメ。
☆☆☆☆☆
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月04日

久しぶりのミュージシャン

2020年度前期は、コロナの影響で、突然のオンライン講義づくりに苦労した。
ミュージシャンだと揶揄しながら、
録音等にてんやわんやの様子の昨年のブログを読み返すと
我ながら泣けてくる。

2020年度後期は、担当する全ての講義をzoomにしたので、
録音、録画は無かったが、
2021年度は、対面、リアルタイムのオンライン、オンデマンドと
3種類講義の混合なので、またミュージシャン活動の開始だ。

昨日の土曜日も、家族が出かけ払ってから、
ちゃんと着替えて顔を整えて、PCに向かって黙々とではなく、
しゃべりながら3つの講義動画を撮影(?)&編集して製作。

パリピは平日仕事だが、私は土曜日も仕事して、えらい。
(ヤバイTシャツ屋さんの歌「あつまれ!パーティーピーポー」ね)

2回目以降の動画は、カオナシでいきます。
posted by H.A at 07:15| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「心の旅路」

アマゾンプライムで鑑賞。
アメリカの映画『心の旅路』(原題はRandom Harvest)(1942年)。
監督はマーヴィン・ルロイ、出演はロナルド・コールマンとグリア・ガースン。

ジェームズ・ヒルトン著の小説(1941)が原作らしい。
戦後、という設定だけど、戦争は第一次世界大戦後のことで、舞台はイギリス。

アマゾンでの評価は4.5と高い。
私は「旅愁」のほうが好きだったけれど、
良作と思います(上から目線ですみません)
女優さんは美しいし、あの頃の美しいイギリスの街や、お洒落な洋装が楽しめました。

おススメ。
☆☆☆☆
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月05日

映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」

アマゾンプライムで500円でレンタルして鑑賞。
映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」
これはシンガポールが舞台。

1作目の映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」がよかったので、
期待しすぎたからか、ロマンス編に軍配。
(すみません、上から前戦で)

とはいえ、
・最後の種明かし的な流れは、相変わらず面白い。
 古沢良太さんは素晴らしい。
・三浦春馬さんと竹内結子さんが二本とも出演されていて、
 なんとも残念。
・第3作も製作されるらしいので楽しみ。
・ちなみにコンフィデンスマンはconfidence man、詐欺師のこと。
・シンガポール行きたい。

いよいよこのブログは、映画&ドラマ鑑賞ブログになってきた。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月06日

たばこと塩の博物館

日本専売公社(現・日本たばこ産業株式会社)設立の たばこと塩の博物館。渋谷時代には一度行ったことはあったが、
2015年4月に移転・リニューアルオープンした墨田区のこちらに、散歩がてら初訪問。
IMG_1496.jpg

まずは、塩。
日本には、岩塩や塩湖が無いため、昔から海水を原料として苦労を重ねてきたらしい。
明治時代の1905年に、塩専売法制定、塩は国の大事な収入源。
昭和60年は1985年に、専売公社から、日本たばこ産業株式会社へと私企業化し、
たばこは自由競争となったものの(規制はあります)、
塩は、国から専売として、日本たばこ産業株式会社に委託され続けた。
平成9年1997年に塩専売法廃止、塩事業法が施行。
平成14年2002年に原則自由化、とのこと。

自由化されたのは、ついこの前、ということだ。
IMG_1497.jpg

さて、たばこ。
これはキリスト教伝来とともにヨーロッパから伝わった。
IMG_1500.jpg

江戸時代より、幕府はたばこの栽培も製造も販売もNGと、いろいろなオフレを出したらしいが、
嗜好品として非常に皆がすき好んだようで、禁止令を作っては流れる・・・といった感じだったらしい。

当然、たばこも明治政府の大事な収入源。
昭和に入ってからのポスターには、
「今日も元気だ タバコがうまい」や「手土産にたばこ」の文字。
今そんなこと言ったら、大変な騒動だ。
IMG_1502.jpg

時の変化は価値観の変化。

と、開館時刻(11時)に入ったので、他に人もおらず、
ゆっくりと鑑賞。

ちなみにこちら、入館料は100円。
大人も楽しめるけど、お子さんの社会教育にも良いと思います。
ゼミ行くのも良いな。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月07日

散歩がてら吉良上野介さん

たばこと塩の博物館に行くのに、散歩に適した距離を歩こうと森下駅で降りた。
森下から北西へ、両国にある吉良上野介邸に向かいましょう。
今は、本所松坂町公園

IMG_1491.jpg

吉良さんと桜。
IMG_1494.jpg

赤穂藩主・浅野長矩との一件で吉良さんは、
八重洲のあたりのお屋敷から、こちら両国に流されたと(表現がよろしくないかも)いうか、移らされたらしい。
結局、こちらで赤穂浪士の皆さまの敵討ちにあった、とのこと。
(赤穂浪士の皆さんは、両国から、港区の泉岳寺まで歩くのだから、遠い!

私の散歩なんて、可愛い、可愛い。

ちなみに、ここからたばこと塩の博物館までは徒歩で45分。
スマホの地図では近く見えたのだけど、結局汗だく。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月08日

東京スカイツリーの真下

遠くから眺めることは多いが、気づくと真下にいました。
東京スカイツリー、桜と共に(下の方に少しみえるでしょ)。
IMG_1511.jpg

ベタですが、近所のお蕎麦屋さんで、タワー天丼オーダー。
タワーは海老天3つ、その下に野菜のかき揚げがありました。
IMG_1506.jpg

東京スカイツリーに置き換えると、写真撮影の場所は、どんぶりの端ってことです。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月09日

映画「レッド・ファミリー」

韓国映画「レッド・ファミリー」(2013)

アマゾンプライムで鑑賞。
家族ものと軽く見始めたら、実は北朝鮮の工作員が、
家族のふりして韓国で暮らして云々という
なかなかヘヴィな内容。

と、どこまでがフィクションでどこまでがノンフィクションなのか、
私にはわからないけれど、
資本主義家族との対比、
工作員個人の苦悩、など、考えさせられます。

エンターテイメントとしても良いけれど、
いろいろ考えさせられる社会派映画。
そういった意味で、一見をお勧めします。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月10日

映画「ブラックブック」

睡眠導入によいかと、よくわからず、アマゾンプライムで見始めた映画「ブラックブック」(2006)。
そんな失礼なことを考えた私にバチが当たる。
無茶苦茶面白くて、結局夜中まで鑑賞。
オランダ映画でしたわ。

映画「氷の微笑 Basic Instinct(1992年)」で有名なポール・バーホーベン監督が、
母国オランダに戻って製作した作品、とのこと。

内容は、時は第二次世界大戦、ナチス占領下のオランダで、
ひどいめにあうユダヤの人のこもごも。
内容は重いのだけど、ついつい引き込まれていく。
裏切者は誰だ?状態で。

ポール・バーホーベン監督をWikipediaで調べると、
1938年オランダ生まれで、
「自分達オランダ人の味方であるはずの連合軍が
 ナチスの軍事基地があるハーグを空爆し、
 死体が道端に転がっているという日常を過ごしている。」
とのこと。

だからこの映画を創れるわけだ。
先般、橋田壽賀子さんが亡くなられた。
彼女も戦争体験者で、戦争や貧しかったことを忘れるなと、
ドラマ「おしん」等を書かれた。

だからというのもあるが、エンターテイメントとして楽しみながら、
人間の怖さを描いた映画「ブラックブック」、おススメ。
☆☆☆☆
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月11日

港区へ

中央区ではpaypayで支払うと、30日後に20パーセントのポイントバックとのこと。
(四月のみ)
そんなことをSNSで情報収集していると、
港区ではLinepayで支払うと、翌日50パーセントのポイントバックらしい。

どちらも一人当たり、一回当たりの上限がある。
50パーセントバックとは大きい!というので、
キャンペーン終了前にと、六本木のミッドタウンへ。
上限は一人5000ポイント、つまり1万円のショッピングが可能ということだ。

生真面目な私は、10040円購入。
無印良品と茅乃舎、そして価格調整に福光屋で酒かす。

節約するには、何も買わないのが一番だと思うが、
お店を応援するのと、欲しいものを買えたので、良かったと思う。

紙袋を抱えて帰りながら、この財源は港区の税金なのねと思う。
かつ、買った後に、ポイントだけもらって、
返品し返金をお店に求める人がいるのではないかと勝手に不安になった。

おそらくpaypayは、それを考慮してポイントバックを30日後に設定しているのではないか。
港区のLinepayは、決済日の翌日とのこと。
ラインペイをすぐ使って、返品する人もいるのではないかと、心配で仕方ない。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月12日

映画「黒い司法 0%からの奇跡」

アマゾンプライムで100円でレンタルできるというので、
よくわからず鑑賞、映画「黒い司法 0%からの奇跡」(2019)。
原題はJust Mercy。
アメリカ南部での実話、ノンフィクションとのこと。

要は、黒人差別の激しい南部で、ハーバード大を卒業した弁護士が、
えん罪をひっくりかえすというもの。

鑑賞しながら、映画「評決のとき」(1996)を思い出した。
もちろん、映画「風と共に去りぬ」(1939)も。

映画の舞台となった州は以下。
「黒い司法 0%からの奇跡」はアラバマ州(黄色)。
「風と共に去りぬ」はのジョージア州アトランタ市(緑色)。
「評決のとき」はミシシッピ州の架空の町(青色)。
(地図は、アメリカ州政府協会のものをお借りしました。)
Inkedアメリカ州_LI.jpg

こうした差別はアジア人も同じで、
アメリカで相次ぐアジア系の住民に対する差別や暴力事件に対し、
テニスの大坂なおみ選手や錦織圭選手らによる、
差別をやめるよう訴えるビデオメッセージが公開されたとのこと。
(NHK 2021年3月31日 10時17分のニュース)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210331/k10012946241000.html

なんだか最近社会派の映画を立て続けに鑑賞している。
社会には知らないこともたくさんあるが、
課題もたくさんある。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月14日

ユニクロフラワーで紫色の花を買って

コロナでいろいろあるとはいえ、
初夏に向かう季節柄、最近は生鮮のものが市場にあふれ、なんとなく町が元気な気がする。
お野菜もお安い。
色とりどりのお花も花屋の店先を飾る。

先般は、ユニクロフラワーで花を買って帰った。
ユニクロフラワーは、どれも一束390円。
よって、普通のお店では無さそうな 紫色のバラ、ではなく、
紫のカーネーションが気になって手に取ったのだ。
IMG_1558.jpg

以前、ユニクロは野菜販売で手痛い目にあったが、
今回はその失敗を生かしての生ものの花販売だろう。

今日はあいにくの雨だが、紫のカーネーションをもって帰宅しながら見上げると、
ヤマボウシが満開だった。
IMG_1548.jpg

広島宅のヤマボウシも咲いているだろうか。
ハナミズキは今年は花を咲かせただろうか。
(年によって異なる)
posted by H.A at 07:49| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャンパスで無意味にだらだら過ごす時間の重要性

新年度が始まり、大人数受講の講義はオンデマンドにしたりしつつ、
ゼミのような少人数は、ディスタンスや換気に気を付け、
キャンパスで対面で行った。

4年生は、就職活動で今は心が繊細な時で、応援しながら、卒論について話した。
3年生は、ゼミの始まった昨年は、全てzoomゼミだった。
今年は対面で大学生活をEnjoyしようと話した。
2年生は、入学した昨年度は、ほとんど大学に来れず、まだ友人もできていない。
このゼミでまずは仲良くなろう、というところだ。

どの学年も優秀で、今年は私は楽ができそうで、嬉しい。
(楽ができるというのは、教育研究に専念できる、という意味。)

彼ら彼女らには、親御さんからもらった4年間という「大学生」生活を満喫するべく、
キャンパスで友人たちとダラダラと話してほしい。
無駄な時間を過ごしてほしい。
アリストテレスに代表されるギリシャの哲学は、
ダラダラとしたおしゃべりから生まれているのだから。
一見、無意味そうな雑談が、思考を深め、気付きに繋がることもある。



コロナでまた完全非対面講義にならないことを祈る。
コロナ―――!
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月15日

修理して長く使う

私は気に入ったものを長く使うことをモットーにしている。
 プリンター然り、
 ルンバ然り、
 傘やブーツ然り。

さて、かれこれ15年くらい前になるか、母にプレゼントしたバッグ、
加齢により、革のバッグは重いので使わない、
ということで、私が引き取った。

しばしば使っていると、荷物が重くて持ち手が外れた
そこで修理に出したところ、無事、整って戻ってきた。
IMG_1557.jpg

ちょっと嬉しい。
また大事に使います。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月17日

映画「愛を歌う花」

アマゾンプライムで鑑賞、韓国映画「愛を歌う花」(2016)。
大好きな女優さんの一人、ハン・ヒョジュさんが主演。
1943年、日本統治下の韓国が舞台。

同映画で「妓生(キーセン)」という職業というか役割を初めて知った。
朝鮮の歴史の中での女性の悲しい役割ということだ。
ただ、同映画の中の妓生は、韓国の歌を正統的に歌う歌手のように描かれていて、
救われた。

ストーリーは、男女の色恋で、
ずっと好き、君以外好きでない、とか言いながら、
結局他の女子にフォーリンラブ、という流れで、
最後に歌う「愛は偽り」の曲が綺麗すぎて悲しい。

韓国のエンタメの質の高さを認識できる一本。
おススメ。
☆☆☆☆
posted by H.A at 08:10| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メリル・ストリープの「マディソン郡の橋」と「恋するベーカリー」

メリル・ストリープさんは、アメリカを代表する女優さんで、
恋に落ちて」(1984)や
プラダを着た悪魔」(2006)、
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(2011)などで顕著なように
まさに実力派カメレオン俳優だ。

過去に納得できなかった映画(すみません、上から目線で)「マディソン郡の橋」がネットフリックスであったので、
再度鑑賞。
うーん、男性役は違う方のほうがよかったのではないかと。
雨の中でクリント・イーストウッドさんが立ち尽くす姿が、私にはちょっと・・・

またストーリーも、現実世界では家族に尽くしたから、
その後は好きな人と一緒に、というのも、共感できず。
そうはいえ、原作(ロバート・ジェームズ・ウォーラー著)の小説は
ベストセラーというのだから、それに感銘を受ける人は、世の中には多いのだろうか・・・
(上から目線ですみません、私の勝手な感想です)

そんなことを想いながら、次に「恋するベーカリー」鑑賞。
これは明るいラブコメディで、別れた夫婦がやけぼっくりに火が付いて云々、といった内容。

結論、メリル・ストリープさんは、長期にわたり活躍なさるThe女優 を改めて認識。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月18日

映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」(原題:Woman in Gold)

昨年2月、コロナがこんなになる前に、滑り込みセーフでウィーン&プラハ旅行に行き、
ホテルから地下鉄に乗ってベルヴェデーレ宮殿へ。
グスタフ・クリムトの「接吻」も鑑賞した。
IMG_4212.JPG

IMG_4211.JPG

この度、アマゾンプライムでイギリス・アメリカ合衆国の映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』を鑑賞し、
綺麗ね―と鑑賞した芸術も、歴史の、戦争のこもごもに関与していたのね、とびっくり。

IMG_1617.jpg

要は、クリムトを資金的にサポートしてたファミリーはユダヤ人で、
ナチスによって、家財道具やら芸術品やらが非人道的に没収されたと。
戦後はベルヴェデーレ美術館に飾ってあるクリムトの描いた「黄金のアデーレ 」。
アデーレさんの姪っ子が、美しかった叔母を描いたその絵は、
叔母が自分に贈ったものなので、返してもらいたいと
オーストリア政府を相手に訴訟を起こした、という実話。

姪っ子が主人公で、戦時中にナチスから逃れてアメリカはカリフォルニアに渡っている。
結局、姪っ子が勝訴し、絵画「黄金のアデーレ 」はアメリカへ。
現在はニューヨークのノイエ・ギャラリーに飾られているらしい。

ノイエ・ギャラリーとは、
20世紀初頭のオーストリアとドイツの芸術品が中心の美術館、とのこと。
(コロナが終息したら行ってみたい)

映画、面白いからおすすめ。
歴史の学びにもなります。
☆☆☆☆☆
posted by H.A at 16:31| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月20日

ヨハマンゾクジャ

時代劇ドラマなどで耳にしたと思われる「『よ』は満足じゃ」の言葉。
私はこれまで、殿様の使うこの『よ』は、「世」だと思っていた。
一定の地域を統治してるお殿様が、
その地のことを我が物ととらえ、自らを「世」と称したのだと思い込んでいた。

この度、大河ドラマ「青天を衝け」に感化され、
渋沢 栄一翁の『論語と算盤』(2008)角川ソフィア文庫を読んでいると、
「余は・・・」と何度も出てくる。
一人称の「私」の意味で「余」を使用している。

IMG_1630.JPG

辞書で調べてみると、
ヨハマンゾクジャの『よ』は、「余」であり、
殿様でもどなたでも用いてよい、とのこと。

そうだったのか!!!

長い間、ずーーーと間違って解釈していたということだ。
人生100年時代、残りがまだまだある。
余は「余」の意味を知って満足じゃ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月21日

藤棚

前日の雨の上がった日曜日、藤棚を愛でようと、
近所にあるよと、家族を自慢げに連れていったら、
薔薇棚でしたわ。

IMG_1619.jpg

そこから藤棚探して散歩。
途中で何かの桜の花に心を奪われつつ、
IMG_1620.jpg

見つけました、謙虚な藤棚。
IMG_1624.jpg

藤の花は、今から咲くのか、盛りなのか、見納めなのか。
最近は春が来るのが早いので、よくわからない・・・
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国映画「7番房の奇跡」

非常勤先の学生さんが、「泣けます」と教えてくれたので、ネットフリックスで鑑賞。
これはいかん、ゴーゴー泣けました。
韓国映画「7番房の奇跡」

IMG_1631.jpg


芦田愛菜ちゃんを彷彿させる、韓国の幼子の名演技よ。
また主役のリュ・スンリョンさんは、映画「王になった男」でも
記憶に残る演技をなさっていました。

無茶苦茶泣かせるのに、笑わせる。
韓国のエンターテイメントの質の高さ、何度も認識させられます。

これは必見映画です。

おすすめ。
☆☆☆☆☆
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月22日

穴が開いているので

カロリーゼロ。
IMG_1555.jpg
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

階段の上に空が見える

階段を上ると、そのまま空を飛べそうな感じ
IMG_1621.jpg

ここは芝浦工業大学。
IMG_1623.jpg

なんともお洒落。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月23日

『スポーツ産業論第7版』の22章「eスポーツの市場拡大」

IMG_1584.jpg

吉倉秀和先生より頂戴しました。
スポーツ産業論第7版』(2021)原田宗彦先生編著 杏林書院

スポーツビジネス研究の権威である原田宗彦先生とそのお弟子さんたちによる書籍。
吉倉先生は、22章の「eスポーツの市場拡大」を執筆されていて、
「eスポーツ」をちゃんと理解できない私は、なめるように読み、
以下のことを理解。

・eスポーツとは、エレクトロニック・スポーツの略
・電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般
・eスポーツの単語は2000年ごろから使用
・eスポーツ元年は2018年
・アジア競技大会の正式協議ではあるが、オリンピックはこれから加盟できるか!?

吉倉さん曰く、eスポーツは、
「リアルとバーチャルの双方向かつ同時に事業を展開できる新時代のスポーツ産業」
とのことながら、
いかんせん、「リアルとバーチャルの双方向かつ同時」が
私には今一つ理解できず・・・

とはいえ、
リアルの運動神経が乏しくても、バーチャルでは勝てる、ということならば、
私のような運動音痴は、eスポーツ参戦に、ありよりのあり。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月24日

マウント

SNSでマウント女子の事例があがっていた。
以下。

@経験済です マウント
  「〇〇に行ってきた」に対し、行ったことあるー!返し
Aわかってる風マウント
  人のやっていることに対し、やったことある―!返し
B私の方が大変マウント
  人の落ち込みに対し、私の方が大変ー!返し
C優良パートナーマウント
  例えば配偶者の愚痴に対し、私のところは無い(良い配偶者だ)−!返し
Diphoneマウント
  アンドロイドに対して、私はiphoneだしー!返し
Eコンプレックスマウント
  例えば高身長で悩んでいる人に対し、低身長で悩んでいるー!のような返し
Fお天気マウント
  例えば先方の地域が雷雨だとして、こちらは晴天!のような返し


我が言動を顧みると、一部を除いて、全て遂行してました。
不快に思われてたら、ごめんなさいよーーー。


「訪問した」「知ってる」はマウントとりに行っているということで、
最近はFBとかにも書き込みできず。
またラインの返信も、熟慮して書いている。

とはいえ、
Diphoneマウントなんて、選んでアンドロイドの人もいる。
マウントと思う方がiphoneに憧れているということだから、
iphoneにしたらよろし。

Eコンプレックスマウントも、コンプレックスも千差万別。
みんな違ってみんないい。

Fお天気マウントも、震災に関してであればデリカシーに欠けるが、
晴れてて雨なんて、嘘もつけん。
余計なことを言うな、ということか。

などとつっこみどころもあるが、
マウントとってきたな、と感じるというのは、
ハラスメントと一緒で、相互の人間関係による。

とりあえず、口は禍の元。
女は黙ってサッポロビール。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月25日

2021年春期のドラマ

今、はまっているのは以下。

フジテレビの「イチケイのカラス」。
キムタクの「HERO」(検事版)の裁判官版って感じ。
キムタクは出てません、竹野内豊さんです。
そして、黒木華ちゃんに間違いなし。
彼女はカメレオン俳優、役によって声の出し方、目つきなどが違う(すみません、上から目線で)。

ゴールデンタイムのドラマは以上かな。
面白いのがあればお教えください。
今ではNHK朝ドラも見なくなりました・・・韓国ドラマがよすぎて。

とはいえ、夜中のテレビ東京が面白い。
まずは、金曜日の深夜0:12からの吉田羊さん主演「生きるとか死ぬとか父親とか
大人のあるあるな悩みを盛り込んでいて、静かに面白い。
ボディブローで効いてくる感じ。

その後の、0時52分からのドラマ「ソロ活女子のススメ
1人飲みのような番組はいくつかあるけれど、
これは飲食ではなく、おひとり様での体験というかレクリエーションというか。
それが「ソロ活」。
江口のりこさんが、いい感じを醸し出してます。

あと、NHKがここまでやるか!と思わせる
月曜 夜10時45分からの「きれいのくに
吉田羊さんの若い頃を蓮佛美沙子ちゃんが演じていて、確かに似てる!
不思議なストーリーで今後どうなるのかな。

以上、ドラマ好きの勝手コメント。
posted by H.A at 10:12| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「雨の日は会えない、晴れた日には君を想う」

非常勤先の学生さんから薦められてネットフリックスで鑑賞。
日本語のタイトルは、「雨の日は会えない、晴れた日には君を想う」(2015)だけれど、
原題はDemolition、意味は「破壊」。

事故で自分は生き残るが、突然に妻を失い、心が壊れモノも解体することで、
何かしか答えを見つけようとする男性が主人公。

コンセプトとしては、西川美和監督の「永い言い訳」(2016)と類似しているかと。

20歳前後にして、映画「雨の日は会えない、晴れた日には君を想う」を薦めてくれた男子学生さんの思慮深さに
乾杯。

posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月28日

仕事帰りに自販機に癒される

仕事の帰り道、駅のホームで、久しぶりに自販機を眺めていたら、
コナン!
IMG_1690.jpg

今、上映されているコナンの映画が面白いと、観に行く価値ありだと、
2年ゼミ生のゼミ長が言っていたので、観に行きたいものだ。

また、鬼滅の刃!
IMG_1689.jpg

つい、買ってしまいました。
炭治郎ではなく善逸でした。
伊之助も好きです。
IMG_1691.jpg
posted by H.A at 06:47| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月29日

ソロ活でプラネタリウム

テレビ東京 金曜日の深夜0時52分からのドラマ「ソロ活女子のススメ」、
プラネタリウムをソロ活で楽しむ、という回があった。

プラネタリウムなんて、数十年前に行って寝た記憶しかない。
きっと技術開発も進み、面白いだろうと
いざ、コニカミノルタのプラネタリア TOKYO へ。(緊急事態宣言前ね)

受付で丁寧な説明を受け、ソファ席を一枚購入し、座席へ。
開演前は、壁から天井から一面のスクリーンを、桜が舞っていた。
IMG_1662.jpg

ホールは二つあり、私が選んだ回のホールは、飲食OK。
オシャレな売店でスパークリングワインを購入。
これを飲みながら、降るような星をプラネタリウムで楽しもうではないか!

と、カッコつけたが、開演前に全て飲み干してしまった。
かつ、
ドラマ「ソロ活女子のススメ」でもそうだったが、
10分ほど観て爆睡・・・

科学技術の進歩にひれ伏して謝りたい。
その後、ロビーでとろとろしていると、今日のチケットで観ることのできる演目があるという。
先ほどのリベンジと、じっくりみっちり鑑賞。

バッハの曲に合わせてとか、
北極の神秘の現象、白夜とか極夜を堪能。
「明けない夜は無い」なんて、北極のことを考えたら不遜。

楽しいソロ活@プラネタリウム。




ちなみに、コニカミノルタ株式会社
1873年杉浦六三郎氏による、東京麹町の小西屋六兵衛店で写真および石版材料の取り扱い開始(後のコニカ株式会社の創業)

1928年田嶋一雄氏による、「日独写真機商店」(後のミノルタ株式会社)を創業。

が、
2003年コニカとミノルタ経営統合、「コニカミノルタホールディングス株式会社」誕生
とのこと。
指名委員会等設置会社よ。
posted by H.A at 16:51| Comment(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする