2021年01月25日

心棒

高田郁さんにしては珍しい現代小説『ふるさと銀河線」(2013、双葉文庫)。
タイトルにあるようにいろんな故郷を描いた短編集。

進学時に故郷に残るか、可能性を求めて別の地に行くか悩む少女に対し、
大人が言う言葉。

 故郷って、人間にとっての心棒なんだと思うんだ。
 その人の精神を貫く、一本の棒なんだよ(p.134)。

先般のNHK「ブラタモリ」は、タモリさんが広島県は呉市をぶらぶら。
「呉〜“戦艦大和のふるさと”呉はどうできた?〜」

お父さんが生きていたら、喜んで同番組を見ていたなと思いつつ、
懐かしい故郷の呉の様子をテレビ越しに眺め、
知らなかった地理や歴史を学ぶ。

心棒なんだな。
「辛抱」を教えてくれてるのかも。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『出世花』と『蓮花の契り 出世花』

『みをつくし料理帖』を書かれた高田 郁さんの江戸時代小説、
『出世花』(2011)と『蓮花の契り 出世花』(2015)ハルキ文庫。

主人公はお縁ちゃん。
『みをつくし料理帖』と同様、少女から妙齢の女性へと成長する様を描いたもの。
職業は料理人ではなく、
死者の弔いを専門にする「墓寺」で湯灌場を手伝うというもの。

なかなか難しい仕事ながら、真摯に取り組むその姿に周囲が心打たれる。
人生の分かれ道で、私ならこちらを選ぶね、と思う必ず反対をお縁ちゃんは選ぶ。
なんと、我が心の汚れたことよ。

あとがきにの作者の高田さんの言葉が、汚れた心に響きます。
「あなたの悲しみに、この物語が届きますように」

さて、
ここのところ、心はいつも江戸時代。

電気の無い江戸時代の生活を推測しながら、
人の三倍寒がりで、腰が悪くて肩も痛い私は、
資本主義社会の科学技術の進歩に深く深く感謝するのです。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする