2020年11月15日

映画「王になった男」

眠れない夜にアマゾンかネットフリックスかで鑑賞。
イ・ビョンホンさん主演(一人二役ね)韓国映画「王になった男」(2013)

韓国のエンターテイメントは、やはり素晴らしい。
韓国で1000万人を超える観客動員したらしい。
1500年代、実在した李氏朝鮮の第15代国王・光海の史実とフィクションとのこと。

王妃役のハン・ヒョジュさんも可愛いが、
びっくりしたのは15歳の侍女として、
ドラマ「7人の秘書」や、日本アカデミー大賞を受賞した映画「新聞記者」で主役を演じた
シム・ウンギョンさんが好演していた!

それにしても、こうした史実を基にした映画は、歴史の学びになってよい。
朝鮮は長い間、隣国の大国、中国に非常に気を使っていたことがよくわかる。
当時は 明 ですが。

ひきこまれるように見入ってしまった同映画、
おススメです。
☆☆☆




そうはいえ、王様としては、
私はヒョンビンさんが映画「ザ・キング」で演じたほうが好きです。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「慕情」

テレビで放映されていた映画『慕情 Love Is a Many-Splendored Thing)』(1955年のアメリカ映画)、録画して鑑賞。
第二次世界大戦後の香港が舞台。

夫は戦死してしまった中国人と英国人の両親を持つ勤務医の女性ハン・スーインと
シンガポールに妻のいるアメリカ人特派員マーク・エリオットとの恋の話。
中国の政治的問題、朝鮮戦争の勃発などの時代背景があり、悲しい結末。

そうしたストーリーをエンターテイメントとして楽しみつつも、
ハン・スーインの自伝(実際はベルギー人と中国人のハーフ)をもとに映画化されたとのことで、
当時の価値観を推察。

ハーフで生まれるというのは、当時は節操がないと思われていたらしい。
また中国の家族制度、香港をめぐる中国とイギリスの関係、マスコミや医者の社会的地位の高さなども
なるほど!と。

どこの国で生まれたかのアイデンティティの模索は、
島国日本で生まれて育って長く生きてきた私には想像できない重さがあるようだ。

それにしても、現在の香港も大変そうで、
香港の美しい風景の中に、我々が参るのはコロナもあるし、難しい。

大学生の頃、イギリス統治の間にと友人と香港へ買い物旅行したことが、
遠い昔ながら思いだされる。
2018年3月に出張もしているね。

IMG_6648.JPG

IMG_6635.JPG


このころの映画は、観ているだけで美しい。
おススメ
☆☆☆☆
posted by H.A at 16:04| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする