2020年11月01日

11月になりました

昨日はハロウィンながら、コロナの影響で渋谷は昨年までの盛り上がりがなかったようですが、
数人、コスプレした若者を見かけ、ちょっと嬉しくなりました。

翻って我が家。
ハロウィンってそもそもその意味も、何をしてよいか、何を食べるのか、わからない・・・
過去に調べてるみたいで、収穫祝いと悪霊払いらしい

仙太郎に「南京のおはぎ」(かぼちゃではなく、「南京」の表記)があったので、
買った程度。

IMG_0073.JPG

苦肉の策の、ささやかなハロウィン色。
大好きな風の森とともに。

IMG_0069.JPG

悪霊払いダンということで、
11月の今朝はカレンダーを一枚めくりました。
posted by H.A at 08:03| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイルサロンのドメインチェンジ 育爪といふもの

数年前より通っている個人経営のネイルサロン。
マンションの1室で静かだし、ソファベッドで楽ちんだし、Huluを見ながら施術してもらえる、
という自堕落な私には最高のしつらえ。
ネイリストさんも穏やかで、おしゃべりでないのが快適。

と、そのネイリストさんが、コロナを機に、ドメインチェンジした。

彩るネイルから、「育てる爪」へ。
もともと爪に優しいジェルをウリにしていたが、
本来の自爪の力を生かし、健康美をウリにするというもの。

ネイリストさん曰く
爪を丁寧に手入れし、セサミオイルを塗りこむことで、
爪のピンクの箇所はより綺麗なピンク色に。
かつ伸びた爪は黄色ではなく、透明になる、とのこと。

ジェルネイルを、指先のぱっと見の美しさと、爪の保護を目的としていた私は、
躊躇しつつも、その「育爪」にのってみることにした。
(もちろん、そのサロンは彩るネイルメニューも引き続きあります)

最初に施術してもらったのが9月。
施術というより、メンテナンスの表現が適切かな。
甘皮を丁寧にとって、やすりで爪をきれいに伸びるように整えてくれる。
最後はセサミのオイル塗布。

セサミオイルを買い、自宅では、指示通り毎日オイルを塗りこんでいると、
幼いころから白い筋の入っていた私の爪から、その筋が消えた。
かつ、黄ばんでいた爪の色がピンクになってきた。

フルームーンの昨日、二回目の施術。
セサミのオイルを多めに買って帰り、しばらくはまた家でオイル塗り込み。

我が自浄作用でどこまで健康になるか!
「育爪」 継続してみます。






*そのネイリストさんが研修を受けに行った育爪サロンの本体は、
大阪と自由が丘にあるらしいのですが、そこは予約が二年待ち状態らしい。
「彩る美」から「健康な美しさ」の価値観を求める人が、多いということなのでしょう。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

映画『在りし日の歌』

現在は、そのコーナーは終わってしまったが、
NHKBSの「キャッチ!世界のトップニュース」で、東大の藤原帰一先生が
ひと月に一本、映画を紹介されていた。
その中で、気になっていた中国の映画『在りし日の歌』

映画館で観たかったのだけど、タイミング合わず。
DVD化され、アマゾンプライムで有料レンタルが開始されたので、
早速リビングの昼寝布団を敷いて鑑賞。

第69回ベルリン国際映画祭最優秀男優賞&最優秀女優賞W受賞、
3時間あまりの骨太の映画。

1980年代から2000年代にかけての中国激動の時代に生きた普通の夫婦の、
悲しくて優しい物語。

この30年の間の中国の変化が如実にわかる。
(日本も1940年と1970年では、全く違うのと一緒)

政治や経済の相違はもちろん、やはり一人っ子政策が、私には理解できない。
急激な人口増加を抑制するための策とは言え、なんともなんとも・・・

総じて静かな映画で、解説もない。
場面ごとに時代が異なるので、今はいつ?と考えながら観ていると、気づくと寝ていた・・・
翌日、見直して、いろいろ理解できた。

3時間は冗長ともいえるけれども、人生なんて、皆冗長なのかもしれない。

おすすめ
☆☆☆☆
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大往生といふもの

1985年に放送されたNHK朝ドラの再放送「澪つくし」を、毎朝楽しみに見ている。
脚本はジェームス三木さんとのことで、繊細で骨太なストーリーで、楽しめる。

時代は大正時代末期から第二次世界大戦後にかけて、
場所は、“陸(おか)者”と“海者”が対立する漁港の町、千葉県銚子市を舞台、
主役は、しょうゆ醸造を家業とする旧家の娘・かをる(沢口靖子)と、網元の長男(川野太郎)。
桜田淳子さんも姉役で出ている。

さて、今日の同番組、網元の知り合いが亡くなって云々のくだり。
74歳で大往生だったから寂しくはないよ、のような会話。
20世紀初めは70代で大往生と言われたということだ。

明日夜から始まるアメリカ大統領選挙、候補者は二人とも70代。
菅義偉さんも70代。
いかに人間が長く長く生きているかがよくわかる。

他方で中国では一人っ子政策が、1979年から2015年までとられたのだから、
矛盾を感じる。



広島時代に、姉さん的存在だった人に人生の目的を尋ねた際に、
「いつ死んでもよいと思って生きている」と言っていたことが思いだされた。
何歳でこの世を去ることになっても、悔いなしと思えることこそ、
大往生なのでしょう。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

今期、イチオシドラマ「極主婦道」

いよいよ、ドラマと映画紹介ブログになってきましたが、
今期、イチオシドラマは日テレの「極主婦道」

気にしてなかったのですが、玉木宏さんが大好きなので、TVerで観たらはまりました。
TVerには過去の回の短縮版もあるんので、今からでも追いつけます。


玉木宏さんと滝藤 賢一さんの極道っぷりは笑える。
かつ稲森 いずみさんの、姉御っぷりはさすが。

とにかく、おススメ。
☆☆☆☆☆
posted by H.A at 08:50| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再びの いちご白書をもう一度

zoomでの3年ゼミ、ゼミの最初に「今週あったこと一言」を順番に言う。
ゼミ長曰く、
「髭をそりました」

なんで?と私。
「インターンシップも本格的になったので」

そっか。


そっか・・・
君らのはじけた青春もここで一区切りか。
(コロナではじけきれなかったね。)

学生の社会に順応する動きは、正当な行動とはいえ、なんとも切ない。
2016年の5月にも同じことを感じている。

この度は、髭。
僕は無精ひげと髪を伸ばして・・・




【蛇足ながら】
昨今は、スーツでない自由人をウリにした企業もある。
そうはいえ、そうした企業はまだマイノリティだし、自由であることは、より厳しい。
posted by H.A at 20:03| Comment(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月04日

やきいもの歌 ♪いーしやきいも

同世代の友人が、焼き芋をスーパーで買って冷凍し、毎食、デザートとして食べていると
FBに書き込んでいた。
たまたまスーパーで焼き芋を発見、私も真似て買ってみたら、、超美味。

気をよくして他のスーパーで買ったら、お気の毒なくらい不味かった。
というか、無味。

何が違うのかと比較すると、芋の種類が違う。
前者はシルクスウィート、後者は無名ブランド、普通のさつまいも。
お値段も前者がそれなりにするが、その価値はあり、技術革新の成果は確かにある。

それ以降、焼き芋はシルクスウィート。
さつまいもとして購入するのも、シルクスウィートにしている。

(昨夕購入したのは、笑っちゃうほど巨大)
HAFN1085.JPG

焼き芋の話題になると、つい♪やきーいもっ と歌ってしまう。
昔、NHKの「みんなのうた」であったなと調べたら、ポンキッキーズだった!!!
(この発見に、昨夜衝撃をうけた)
やきいもの歌」というらしい。

子育てしていたころは、忙しくて歌詞など気にしていなかったけれど、
改めて拝聴するに、キューバ風で(?)歌詞も曲もよくできている(すみません、上から目線で)
ぜひ、聴いてみてください。

https://youtu.be/qLP02Q51ZrE

♪いらっさいませ いらっさいませ
posted by H.A at 07:02| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おじい様おばあ様が広島出身らしい。

「広島屋」の看板につられ、つい入店。
飲食店が顧客の酒屋とのこと。
それでも店内に、いくばくかのワインや日本酒、ウィスキーなどあったので、
イタリアの赤ワインを購入。

お店におられた店主は、私より人生の先輩の女性。
その方曰く、おじい様おばあ様が広島出身で、「広島屋」とのこと。

店主は、おそらく70歳前後か。
その方のおじい様おばあ様とはいつ頃上京なさったのだろう。

また今度、訪ねて尋ねてみたい。
IMG_0091.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

浮気の代償

後期始まってひと月あまり、毎年この時期はどっと疲れが出るときで、背中がパキパキ。
ぎっくり腰になりそうな嫌な感じの腰痛も出てきた。

こんな時の我がゴッドハンド、鍼灸か、カッサエステか、どちらに行くか悩んだ結果、
別途見つけた近所のお安いマッサージ屋さんへ。


と、浮気をしたのがよくなかった。
腰痛持ちかつ虚弱体質が長年デフォルトの私が、お安いところに行くというのはリスキーで、
私には「安かろう、悪かろう」であった。

経営者は日本人かもしれないが、スタッフはホスピタリティ溢れる中国の女性で、
言葉が今一つ通じないし、腰痛だといったのに、肩や首の時間が長く、
左腰に比較し、右腰がはしょられた。
いや、右腰が痛いし。

というので、最近のゴシップのような「安かろー」の浮気の代償は大きく、
体の不調は改善せず、費用は回収できず、不良債権(私の体調不良ね)のみが残った。
やはり本妻のもとに駆け込むことになりそうだ。
余計に高くつく。

しかし、そもそも我がゴッドハンドは、鍼灸師さんとカッサエステの方と二名おり、
本妻が重複状態。
ちゃんと相互に、相互の存在は知らしめているのだが、
となると朝ドラ再放送「澪つくし」のように、本妻さんと妾さんの関係か。
どっちが本妻で、どっちが妾?
否、一夫一妻制ではなく、一夫多妻か多夫一妻制度ということで、解釈しよう。

わけのわからない話になってきたが、
この度は、ぎっくり腰対策が肝要のため、鍼灸を予約した。
posted by H.A at 08:19| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

映画「MOTHER マザー」から考える共依存

ネットフリックスで視聴 今夏7月に公開された映画「MOTHER マザー」
後味の悪いストーリーで、かつ実際にあったということなのだから、救いようがない。
長澤まさみは、頑張っているね(すみません、上から目線で。

本映画の核となっているのが母息子の「共依存(Co-dependency)」関係。

共依存とは厚生労働省の定義では
「依存症者に必要とされることに存在価値を見いだし、ともに依存を維持している周囲の人間の在り様。」とのこと。

もともとはアルコール依存症の家族の世話をする人が、その世話に生きがいを見出す、
世話をされる側は甘えて抜け出せない、といった状況から生まれた言葉らしい。

当該映画のそれは、もっと異なる問題を包含しており、複雑ではあるが、
「共依存」の「共」を外した「依存」はあちらこちらに見受けられる。

家族、恋愛、仕事、役職。
相手や立場があることに対する「依存」。
言い換えれば「熱中」、「夢中」でもある。
何よりも大事にできるものがあるというのは、生きる目的であり支えにもなる。

が、度を過ぎると、相手や役職や目の前の仕事への「執着」になる。

解決策をあげるならば、
戦略論でいうところの、外部環境の変化を察知し受け止め、
内部資源の客観的な評価をして、
適度な距離感を何者に対しても持つ、というところか。

この仕事だから、この役職だから、そしてこの人がいるから、やりがいがあって楽しいというのは、
裏を返すと、そうでなくなった場合の喪失感が大きいということで、
非常に恐ろしい。


もとい、この映画、作品としては素晴らしいが、後味が悪いので、それを承知の上ならよいかも。
なので、黒い星で示す。
(いつもは☆)
★★★★
posted by H.A at 09:11| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストンの映画「ボディガード」

ケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストンの映画「ボディガード」は、1992年公開だったらしい。
30年前かい!

IMG_0107.JPG

テレビで放送されていたのを録画し、懐かしく思いながらじっくり拝聴。
ボディーガードとしてのケビン・コスナーが言う
「その場にいないことが怖い」のセリフ。

韓国ドラマ「愛の不時着」
「見えるところにいろ」とリ・ジョンヒョクがユン・セリに言う場面と重なる。
おそらく「愛の不時着」の作り手は、映画「ボディガード」を意識してたと思われる。

それにしてもホイットニー・ヒューストンさんはすでにこの世にいない。
なんとも寂しい。

彼女の”Saving All My Love For You”は、よくカラオケで歌っていたが、
同映画の”I Will Always Love You”は次回のカラオケで挑戦したい。

そうはいえ、
「Saving All My Love For You」も
「I Will Always Love You」も
重い、重すぎる。

サントリー・ウィスキーのCM 大原麗子さんの
「すこし愛して ながく愛して」くらいがちょうどいい。
という塩梅が、長く生きてきて、ようやくわかった。
posted by H.A at 20:11| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

CSR報告書の第三者意見

中特ホールディングスCSR報告書、第三者意見を書きました。

IMG_0101.JPG

一緒に贈られてきたのが、CSR報告書の下に敷いてある、
残糸で創ったという風呂敷。

なんともオシャレ。
まもなく、アマゾンでも販売らしいです。

IMG_0100.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

後工程はお客様

メルカリで、無農薬のレモンやお野菜を購入している。

最近、続けて買っている無農薬野菜の売主は、
複数の少量ずつを、濡らしたペーパーで包み、ビニールに個包装してくれている。
私は、そのまま冷蔵庫の野菜室に収納すればよく、楽ちん。

IMG_0099.JPG

大食いでない我が家は、コンパクトボックスの大きさが最適。
かつ購入した翌日にすぐ届くというのが、便利。
posted by H.A at 10:08| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステキナコイノワスレカタ

土曜日は久しぶりに娘と銀座へショッピング。
お店に入るたび、検温と消毒は必須とはいえ、どこに行っても人が多い。
中国語が聞えてこないことを除けば、賑やかさが戻ってきたようだ。
そうはいえ、コロナはまだまだ猛威をふるっている。
油断大敵。

少し遅い時間に予約したランチは、東急プラザの最上階。
シドニー発のギリシャ料理、という結局どこの国の料理か疑問ながら
工夫された食材で美味しくいただいた。

たまたま奥の席に案内され、数寄屋橋交差点の不二家の看板も見下ろせる。
IMG_0110.JPG

腹ごなしに、二人でカラオケへ。
(すぐには予約がとれず、少し時間をずらしたほど。)

最近の歌のラインナップの中、何と娘が
薬師丸ひろ子さんの「ステキな恋の忘れ方」という歌を歌う。
ご存じか。

改めて調べるに、作詞作曲は井上陽水さん。
映画『野蛮人のように』(柴田恭兵さんと共演)主題歌とのこと。
なんと、1985年ですよ。

あの頃は、この歌をちゃんと聴いてなかったのかもしれないが、
めちゃくちゃ良い曲。
♪あなたに聞いてみたいのは ステキな恋の忘れ方


ちなみに、娘は映画「ロマンスドール」(高橋一生さんと蒼井優ちゃん主演)の
カラオケのシーンで、同曲が流れて気になって覚えたらしい。
良い曲は時代を超える。
posted by H.A at 21:20| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

本妻宅へ

http://bouchukan.seesaa.net/article/478293109.html
腰痛を治すため、本妻宅(行きつけの鍼灸師さんのとこと)に慌てて行き、
浮気(安いマッサージ屋に行ったこと)をしたことを告白。

本妻曰く、
「僕は、他のお店に行くことを止めませんよ、勧めもしませんが」とのこと。

平謝りしながら、とにかく股関節から腰に掛けての痛みを何とかしてほしいとお願いすると、
これまでにない濃い鍼を打ってくれた。
本妻曰く、これまでは甘辛、今日は中辛の鍼らしい。
腰の奥の筋肉まで鍼がぐりぐり。

「頭痛も痛い」と「馬から落馬する」的なことを言うと、
いつものように頭にもハリネズミのように鍼。
この側頭部の鍼は、効く。
これと比較すると、美容院のヘッドマッサージは蚊が止まったようでしかない。

時間オーバーしての施術終了。
やはり、本妻の施術は間違いない。

2006年にも、美容院での出来事で同じようなことを書いている。
posted by H.A at 21:27| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

淘汰

変なことを申すようだが、少し前まで、髪の毛の抜け毛が多かった。
シャンプー時、朝の手入れ時、気持ちよいほど抜けていた。
鶴の恩返しのように、髪の毛を使って何か結えないかと思うほどだった。

ところが、最近それが落ち着いてきたようで、ちょっと寂しい。
髪の毛の淘汰というか、輪廻転生のための手続きがひと段落したということだ。

その代わり、最近はまつ毛がよく抜ける。
顔がかゆくて仕方がない。
posted by H.A at 07:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

干し柿

メルカリで購入したお野菜に 干し柿が入っていた。
先般の大河ドラマ「麒麟がくる」で、
徳川家康(風間俊介さんね)が幼少期に、“干し柿”を百姓に変装した明智光秀(長谷川博己さんね)からもらった思い出を話す場面があった。

今は辛くても、時の流れで人も状況も変わるから、辛抱せよ、のようなセリフとともに
渡された干し柿だった。
良いことも悪いことも、変化する、ね。

IMG_0141.JPG

干し柿なんて、食べたのは15年ぶりくらいか!
美味しゅうございました。
posted by H.A at 20:43| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月11日

パシリの成果

いつものスーパーに行く途中、家族に頼まれ、郵便局に郵便物を出しに行った。
家族のパシリだ。

郵便局に寄ったので、通常は通らない道を通ることになった。
居酒屋さんの前で、人がたむろしている。
なんだなんだ、と寄ってみると、お刺身やらお惣菜やらが売っている。
カバンからメガネを取り出して眺めるに、お安い。

買った。
自分はアレルギーで食べられないお刺身(マグロ以外でオーダー)や、
IMG_0144.JPG
(写真の色は悪いけれど、鯛と鯵)

マグロと大根のあら煮。
IMG_0145.JPG

これらは目玉が飛び出るほどお安かった。
東京は物価が高いと思っていたが、
いろいろあるもんだ。

お刺身とあら煮を抱えたまま、いつものスーパーに行くと、
お野菜がこれまたお安くて、大荷物を抱えて帰宅することになる。

ああ、小市民。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嬉しい読み物

久しぶりに研究室に行くと、郵便物がたまっていた。
整理をしつつ、嬉しい読み物を持ち帰った。

IMG_0160.JPG

まずは左から、敬愛大学の広報誌イング。
今春卒業したゼミ生 T瀬君がかっこよく取材されている。

中央は指導教授 亀川先生の新著
『経営学って何か教えてください!―マネジメント・ジャングルを彷徨う―』(2020)創成社
いつもはご著書は送ってくださるが、今回はなさらないとのことで、購入。

そして右は、謹呈いただいた『CSR活動の経済分析』(2020)中央経済社。
著者は遠藤業鏡先生。
お会いしたことはないのだけれど、CSR研究で繋がり、
このたび中央経済社様をご紹介したというご縁。
私の著書『CSRと市場: 市場機能におけるCSRの意義』も参考文献として列ねるに加え、
まえがきにその旨も記してくださっている。

どれも家でゆっくり読みたい!といそいそと持ち帰った。
と、自宅には創成社様から献本が1冊郵便で届いていた!

IMG_0161.JPG

家と研究室と置いておこう!
posted by H.A at 21:45| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

冬眠前

読むのを楽しみに持ち帰った書籍ながら、昨日は疲労困憊の極みで読めず。
本を持ったまま、うとうと。
しかし眠れるわけでもなく、とにかく疲労感が体中を何重にも包んだまま、といった状態。
『疲れすぎて眠れぬ夜のために』という内田樹先生の本が思い出される。

食欲だけはある。
なんで?

友人が贈ってくれたアンデルセンの美味しいもの詰め合わせセット、
シュトーレンをあっという間に食べきってしまった・・・

IMG_0134.JPG

冬眠前の熊だな。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉都市モノレール体験

千葉市のお仕事。
IMG_0151.JPG

ちょっとその前に千葉みなと公園を散策。
IMG_0147.JPG

仕事ダン後、
IMG_0150.JPG

以前より気になっていた千葉都市モノレール体験。
IMG_0153.JPG

わくわく、わくわく。
羽田-浜松町の東京モノレールとも、
アストラムラインでもない。


わくわく、わくわく。
ぶっ。
ヒョウ柄かい!
IMG_0154.JPG

千葉動物公園のラッピングのよう。
IMG_0155.JPG

ヒョウ柄とは、なかなかのインパクト!
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

定食屋

千葉都市モノレールを天空駅で降りて、ちょうど昼時。
ググって気になる定食屋さんへ。
入ってみると、ガテン系の人とたちばかりで、笑えた。

ガテン系大好き。

わたしも混ざって日替わり定食、鯵のフライトもつ煮込み。
アツアツで美味しい。
ごはん半分で、税込み730円!

IMG_0158.JPG

明石家さんまさんと大竹しのぶさんのドラマ「男女7人夏物語」の食堂を思い出した。
調べるに1986年のドラマ。
二人の川を挟んだマンション設定は、清澄橋付近ということ!

「男女7人夏物語」ご存じか?
「男女7人秋物語」もあるよ。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イメージは茶柱

ツイッターに、朝のルーティンだと、毎日コーヒーの写真を載せていたら、
院生時代の仲間が、
「コーヒー飲まれているんですね」と。

「はい?」
テレ朝ドラマ「相棒」の右京さんのように聞き返すと、
「僕は、粟屋さんには茶柱のイメージがありました」
とのこと。

そのイメージ、全く間違いでは無いのですが、爆笑しました。
「日本茶」のイメージではなく、「茶柱」かい!
それはそれで、縁起が良い。

毎朝コーヒーをドリップして飲むのも朝のルーティンですが、
毎日日本茶も冷茶にして飲んでおります。

ですから、私は忙しい。
週に2回は、近所のコーヒー問屋さんにコーヒー豆をひいたのを買いに行き、
月に1回は、銀座のお茶屋に日本茶を買いに行く。
かつ、毎日毎日コーヒーを淹れ(ちなみに朝と昼食後)、
日本茶も淹れ、で、たい焼き君のよう。

コーヒーと日本茶で、私の健康は保たれております。

あ、そうそう、先般コーヒー屋さんで、コーヒーベルトなる地域を知りました。

IMG_0129.JPG
posted by H.A at 20:22| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

映画「慕情」

テレビで放映されていた映画『慕情 Love Is a Many-Splendored Thing)』(1955年のアメリカ映画)、録画して鑑賞。
第二次世界大戦後の香港が舞台。

夫は戦死してしまった中国人と英国人の両親を持つ勤務医の女性ハン・スーインと
シンガポールに妻のいるアメリカ人特派員マーク・エリオットとの恋の話。
中国の政治的問題、朝鮮戦争の勃発などの時代背景があり、悲しい結末。

そうしたストーリーをエンターテイメントとして楽しみつつも、
ハン・スーインの自伝(実際はベルギー人と中国人のハーフ)をもとに映画化されたとのことで、
当時の価値観を推察。

ハーフで生まれるというのは、当時は節操がないと思われていたらしい。
また中国の家族制度、香港をめぐる中国とイギリスの関係、マスコミや医者の社会的地位の高さなども
なるほど!と。

どこの国で生まれたかのアイデンティティの模索は、
島国日本で生まれて育って長く生きてきた私には想像できない重さがあるようだ。

それにしても、現在の香港も大変そうで、
香港の美しい風景の中に、我々が参るのはコロナもあるし、難しい。

大学生の頃、イギリス統治の間にと友人と香港へ買い物旅行したことが、
遠い昔ながら思いだされる。
2018年3月に出張もしているね。

IMG_6648.JPG

IMG_6635.JPG


このころの映画は、観ているだけで美しい。
おススメ
☆☆☆☆
posted by H.A at 16:04| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「王になった男」

眠れない夜にアマゾンかネットフリックスかで鑑賞。
イ・ビョンホンさん主演(一人二役ね)韓国映画「王になった男」(2013)

韓国のエンターテイメントは、やはり素晴らしい。
韓国で1000万人を超える観客動員したらしい。
1500年代、実在した李氏朝鮮の第15代国王・光海の史実とフィクションとのこと。

王妃役のハン・ヒョジュさんも可愛いが、
びっくりしたのは15歳の侍女として、
ドラマ「7人の秘書」や、日本アカデミー大賞を受賞した映画「新聞記者」で主役を演じた
シム・ウンギョンさんが好演していた!

それにしても、こうした史実を基にした映画は、歴史の学びになってよい。
朝鮮は長い間、隣国の大国、中国に非常に気を使っていたことがよくわかる。
当時は 明 ですが。

ひきこまれるように見入ってしまった同映画、
おススメです。
☆☆☆




そうはいえ、王様としては、
私はヒョンビンさんが映画「ザ・キング」で演じたほうが好きです。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

2020年酉の市 二の酉でご武運を!

2018年
2019年

一の酉に気付かず、今年は二の酉。
手水舎はコロナ対策からか、柄杓は無く、
鳳凰から流れてくるようになっていました。
ありがたやありがたや・・・

IMG_0179.JPG

IMG_0178.JPG

IMG_0180.JPG

今年もかっこめをいただきました。
(熊手御守は開運・商売繁昌のお守りとして「酉の市」のみに授与。
  一般に「かっこめ」「はっこめ」といわれ神様の御分霊、とのこと)

IMG_0185.JPG

ご武運を!
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月18日

メンズの身だしなみの一つ

友人が月に一度は顔そりに行くといっていたのを思い出し、
ホットペッパービューティで見つけてフェイスシェービングに出かけた。

場所は銀座の理髪店。
刃物は美容院では扱えないので、理容院になる。

理容院のターゲットはメンズであるが、顔そりメニューにより、
女子も満足するようなホスピタリティとしつらえがなされている。

顔や襟足の細部、耳たぶまできれいに剃っていただき、おかげさまですっきりした。
ああ、やはり人間はもともとは体毛で覆われたサルなのね、と感じた次第。

同店のメニューを眺めていると、
男性向けに顔を引き上げるようなエステ的メニューもある。
またネイルケアが4000円とのこと。

育爪サロンに通っている私は気になり、
これはどのようなものか?とスタッフの方に尋ねると、
爪の汚れをとり、甘皮処理をし、艶々に磨き上げるとのこと。
(爪ケアを月一でしているとテレビで言っていた郷ひろみさんの爪も艶々だった)

身だしなみの一つとして、社長さんなどが施術されますよ。と。
名刺交換の時に見える指や爪への配慮らしい。

女性も体のメンテナンスで忙しいが、男性も忙しいようだ。
posted by H.A at 07:48| Comment(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事の苦労は、同業者しかわからない

同業者が、日テレの「月曜から夜更かし」にインタビューされていた。
テーマはいろいろな職業の大変さ、のようなものだった。

彼はオンライン講義による大学の教員の苦労を、非常に簡潔にわかりやすく話してくれた。
要は、対面であれば90分で済む講義を、
オンラインでオンデマンドにするための動画作成が、
録画録音、音質調整、チェック、Webにアップ等で約10時間要する、ということ。
もはや職業はユーチューバーだと。

よくぞ、言ってくれた!

と、彼にメッセージすると、そういった声が同業者からのみ理解され、寄せられる、と返信。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

電気バリブラシ体験

芸能人が使っていると噂の電気バリブラシ
20万円近くする美顔器だ。

経費で落とせるであろう芸能人ではない一般人には、なかなか手を出せない代物だ。
しかし、気になって仕方がない。

と、顔そりに行った理容院には、それを体験できるメニューがあり、トライしてみた。

結論としていい感じ。
・血行が良くなるので、眼精疲労が取れ、目がぱちっと開く。
・肩凝り、首凝りも楽になる。
・顔が引きあがる。

私の場合は、美容というより、健康器具として価値ありのようだ。
コードレスだし、持たせてもらうと軽い。
家にあれば、重宝するだろう。
しかし、人にやってもらうから気持ちよいのか?

などとグリグリ考えていたら、首凝りも復活した。
電気バリブラシの効果は持続はしない。
引きあがった顔も、時間が経つと元に戻った。

サンタクロースに頼もうか・・・無理だな。
他社参入で手ごろに買えるようになることを待とう。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稲毛マン

テレ朝の「かりそめ天国」で、マツコさんが、
小学生の頃、近所にインド料理レストランがあって、ナンを食べていて大好物だった、
のような話をされていた。

時は1970年代末、そのころにナンは早いねと、
マツコさんの住んでいた稲毛はすごいね、のような話になっていた。

その番組を録画で観た翌日、仕事で稲毛へ。
なんと、稲毛駅で出迎えてくれたのは、稲毛マン!

IMG_0199.JPG

稲毛活性化のためのキャラクターのようだ。

IMG_0200.JPG

バナナマンではない。
楽天カードマン でもない。

ブラボー、稲毛。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

水面に映る

ある日のこと、けっ と思うことがあった。
非常に不愉快な気持ちを抱えたまま、外に出た。

ちょうど日暮れ時で、橋から夕焼けに染まる空を見ていて、
川面にその、夕焼け色が映っているのに気付いた。

けっ と思うことがあるということは、
全て私の責任。
そのようにしか思えない自分、
そのようなことしか生じさせられない自分が、いる、ということだ。

吐き出したけっ は、自分に返ってくる。

IMG_0172.JPG





そうはいえ、もう長く生きてきたので、不愉快な思いを感じさせる人とは距離を置こう。
私のできることは、してきた。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

注射に行っただけなのに

≪注 スマホを落としただけなのに 風のタイトルにしてみました≫

先日の、11月とは思えない気温の高かった日のこと。
インフルエンザの予防接種に新橋のクリニックまで出かけた。

まずは少し寄り道して、近所のいつものコーヒー屋さんでコーヒー豆を購入。
(復路では面倒くさくなるから、先に)

最寄駅から有楽町まで行き、東京交通会館の博多のアンテナショップで梅が枝餅を購入。
(毎日一つは食べている)

有楽町駅から新橋駅付近まで徒歩で向かおうと、
帝国ホテルのあたりから、高架沿いを通っていると、新しいお店発見。
お店というか、高架下一帯がこじゃれた「日比谷 OKUROJI」とやらになっている。
IMG_0215.JPG

御徒町駅と秋葉原駅の間の高架下の「2K540」のコリドー街バージョン。

中に入ってみるとこんな感じ。
IMG_0213.JPG

今度ゆっくり参りましょう。
IMG_0212.JPG

新橋到着、本日のメインイベント インフルエンザの予防接種ダン。
これで冬支度OKだ。

夕食用に滅多に食べないケンタッキーフライドチキンを購入し、
クリスマスでもないのにチキンを抱えて新橋駅へ向かうと、
なんとLeTANの期間限定ショップ発見。

北海道はコロナが特に大変と聞き及ぶ。
というので、買いましょうLeTAN、応援しましょう北海道。
IMG_0219.JPG

より一層クリスマス風になってきました(ちょっと違うか)。

最寄り駅まで戻り、いつものスーパーでシルクスウィートの焼き芋を二本ゲット。
(切って冷凍して、毎日2切れは食べている。)

今年最後の梨だと、立派な梨が気になり、それもゲット。
想定以上の大荷物というか複数荷物になって、這うように帰宅。

チキンもLeTANも美味しゅうございました。
IMG_0220.JPG

注射に行っただけなのに!












蛇足ながら、過去の北海道記事、検索してみました。
今年になって全く行けてない。
 2019年9月
 2016年9月
 2016年7月
 2015年7月
 2015年2月
 2010年8月
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

人生で二番目に反省したこと

時折私は、説明をはしょって、「あれがあれで、あれしよう」と「あれ」を多用する。
周囲の人は慣れているので、推測して対応してくれる。
絶対的に説明が必要なことは、ちゃんと言葉にするので(そのつもり)、困ることはない(と信じている)。

使い方としては、例えば、
荷物が重いから歩かずタクシーに乗ろう、
ということを
「あれ」が「あれ」なので「あれ」に乗ろう、という感じ。

ところが、youtubeの中川家のお笑いを見ていたら、
(「喫茶店のおばちゃんとおばちゃん」というもの)
「あんた、あれやねん」
「ああ、あれがあれね」と
我が姿を見ているようで、苦笑した。

やはり、「あれ」の多用はよろしくないなと思いながらも、つい癖で、
「あれがあれで、あれ・・・」と言っていたら、
豊富な語彙力で日本人よりも美しい日本語を話す韓国の先生が、
「私も『あれ』を使うことができれば、日本語をある程度習得したことになる」と
私におっしゃった。

ちょっと待った!
それは違います!!!

長く生きてきたものが、こうした間違ったというか、端折ったというか、
美しくない日本語使ってはいかん!と深く反省した次第。

以上より「あれ」が「あれ」なので、「あれ」はもう使いませんから!!!
posted by H.A at 15:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月22日

広島県産の日本酒のフランス市場参入によるブランド価値の向上について

私の論文「企業と自治体の連携による日本酒の海外市場創出に要する取引コストの一考察」が
広島県日本酒サイトにアップされています。
 https://sake-hiroshima.com/news/news-387/

広島県は、湯崎県知事のリーダーシップのもと、
県内の日本酒メーカーを集約し協議会という形をとりながら、
広島県産日本酒のブランド向上に努めらています。
その一つが、フランスへの市場参入。

ということを、経緯や効果ということで、書かせていただいています。
ご興味があれば、ぜひご一読ください。
posted by H.A at 07:39| Comment(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝のルーティンでコーヒーを飲む

コロナによる在宅勤務が始まって以来、近所のコーヒー問屋で
コーヒーを買って(豆をドリップ用にひいてもらって)、家で毎朝飲むがルーティンになっている。
最初は香りの気に入った同じコーヒーを買っていたが、
お店に行く度、生産国が気になってきた。

「珈琲特急便編集部」のHPよりコーヒーベルトと言われるコーヒー豆を栽培できる生産地の世界地図をお借りし、
これまで飲んできたコーヒーの国をまとめてみた。
赤い星印のところ。
(珈琲特急便編集部さん、ありがとうございます)


珈琲特急便編集部2018年11月1日 コーヒーベルト.png

なかなか楽しい。
【南米】グアテマラ、コスタリカ、コロンビア、ブラジル
IMG_0008.JPG
IMG_0242.JPG
IMG_0166.JPG
IMG_0109.JPG

【アジア】インドネシア
IMG_0082.JPG

【アフリカ】イエメン、ウガンダ、エチオピア
IMG_0140.JPG
IMG_0047.JPG
IMG_0063.JPG

コーヒー旅行は今後も続きます。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

「星を見に行きました」

zoomで行うゼミの初めに、この一週間であったこと一言プレゼンをする。

3年の男子ゼミ生が、
「星を見に行ってきました。」という。
関東の都心部では見えないので、ドライブして郊外まで行ったらしい。

なんか、いい!
ドラマのタイトルみたいでいい!

振り返れば私は、最近、降るような星はもちろん、複数の星を見ていない。
生まれ育った広島では、そこそこ星が見えたが、東京では金星ぐらいしか見えない。
(多分、金星と思う)

仕事の帰り道、ふと見上げると三日月が見えた。
(上の←は、なぜか汚れ。下の←が三日月)
IMG_0236.JPG

少し歩くと、星が二つ見えた。
ちょっとうれしくなった。
GO TOなんとかがNGと政策が迷走する中、
星を見に行きたいと、強く思った次第。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遅くなりましたが2020のボジョレーヌーボー

お屠蘇と同じ、毎年いただくボジョレーヌーボー。
昨年までは数年、いつものワインバーでボジョレーヌーボーを囲むパーティを行っていたのに、
今年の11月の第3木曜日の11月19日は、ひっそりと自宅でいただきました。

IMG_0229.JPG

海を越えて他国にいる友人からは、箱買い(それも複数)したと写真が送られてきましたが、
写真よりも、ワインを贈ってくれないか。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

前髪

いつもの美容院。
担当してくださる(指名しますが)Kさんを信頼しているので、
全てお任せコースで、と、出してくださるコーヒーをいただきながらゆっくりすることにしている。

IMG_0196.JPG

ただ長さは、私が決めなけれなならない。
「前髪はいかがしますか?」と聞かれた。
「韓国ドラマの『キム秘書はいったい、なぜ?』のキム秘書のようにお願いします」
と答えた。

ネットフリックスをご覧になっているKさんはすぐにご理解くださった。

あなたは韓国ドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』をご存じか?
サイトをご確認いただきたい。
こちら。

Kさんには、
「私の前髪を同じように切ってくださったからと言って、
 キム秘書の顔になるとは全く思っていませんので、ご安心ください」
と伝えておいた。

Kさんが、そのドラマは面白いですか?とお尋ねになったので、
「いえ、面白くはありません」と即答。
「ただ、主人公の二人が美しいので、目の保養にはなります」

ちなみに主人公の男子は、「梨泰院クラス」パク・ソジュンさん。
女子は知らなかったのだけど、パク・ミニョンさん、という方。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お金を払う価値のあるラインスタンプ

LINEでは、無料のスタンプがあるので、滅多に有料スタンプを購入しないのだけれど、
これは購入。
私が買わなくて、だれが買う!?

韓国ドラマ「愛の不時着」のリ・ジョンヒョクさん。
演じてるのはヒョンビンさん。

IMG_0241.JPG

今後、多様します。



あ、ちなみに100コイン、これはライン通貨なので、100円ではない。
250円。
なんか、だまされた感はあります。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

映画「カサブランカ」

NHKBSプレミアム・シネマを録画して鑑賞 映画「カサブランカ」(1942年)。
この映画は大好きで、何度も見てしまう。

IMG_0256.JPG

有名なセリフ「君の瞳に乾杯」は、
Here's looking at you, kid. を、このように訳したらしい。

IMG_0258.JPG

同映画のテーマ曲「時の過ぎゆくままに(As Time Goes By)」も有名なステキな曲で、
先日観た最近の映画にもアレンジを変えて使われていたが、
その映画の名前を忘れた・・・
ちゃんと、見るたびに同ブログに書かねばな。


ところで、こうした昔の映画を見ていて感じるのだが、
カフェやレストランが似合うのは、どんなにイケメンでスタイルが良かったとしても、
アジア系よりは、欧米系。
なんでかな。
手足の長さや頭の小ささ、顔の骨格が、そうしたテーブルや椅子、ワイングラスやウィスキーグラスにマッチするのだろうか。

もとい、モロッコのカサブランカに行ってみたいのに、
またコロナが猛威を奮う(゜-゜)
posted by H.A at 10:09| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

雨やどり

在宅勤務であること、寒くなってきたことより、靴下を履く時間が増えた。
気づくと、靴下に穴が開いていた!

見知らぬ人のSNSでシルクの五本指靴下が良いと書いていたので、
真似して楽天市場で購入し、在宅時に愛用している。
シルクだけあって快適ではあるが、化繊と異なり弱いのだろう、親指の裏が破けていた。
それも、ぽっかりと。

また、外出時にはスニーカーを履くので、ユニクロで買った黒のくるぶしまでのソックスを履くのだが、
ふと見ると、かかとに穴が開いていた。
やはり、ぽっかりと。

少々の穴ならば、繕って履き続けるが、どちらも繕うどころではない。
繕うならあて布が必要な大きさで、我ながら大爆笑だ。

で、思い出した。
さだまさしさんの「雨やどり」
ご存じか。
小学生の頃、親戚のお姉さんの家で聴いて
衝撃を受けるほど気に入った曲。

♪彼の靴下に穴がぽかりん

https://youtu.be/XWPIGYZRZQU
posted by H.A at 12:07| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

東京国立博物館「桃山―天下人の100年」

大河ドラマ「麒麟が来る」は、ちょうど戦国時代の桃山時代。
国内で戦争が多発した悲しい時期でもありますが、
パキパキにガバナンスされた江戸時代と比較し、イノベーションの生じた時期。

東京国立博物館で「桃山―天下人の100年」の特別展があるというので、
最終日に駆け込んで鑑賞。
IMG_0286.JPG

展示品に圧倒されながら、大河ドラマの演者の顔が浮かびます。
豊臣秀吉は痩せていたようなので、過去に演じた西田敏行さん等よりは、
佐々木蔵之介さんのほうが似合っているかも。
等と、考えることがミーハーで申し訳ない。

コロナ猛威とはいえ、このままで11月を終えるには、なんとも潤いが無いと、えーーい、と出かけた上野。
おかげさまで、上野公園で、私にとっては今年初めての紅葉を愛でることができました。
IMG_0281.JPG

おまけに、半沢直樹で銀行として写された階段も拝見。
IMG_0290.JPG

鑑賞後は、冬の香りのする不忍の池の蓮の花を眺めながら、帰宅。
IMG_0291.JPG

おなかすきました。
posted by H.A at 19:33| Comment(0) | 文化芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月30日

中島敦著『山月記』臆病な自尊心と尊大な羞恥心

東京国立博物館「桃山―天下人の100年」

屏風絵や茶道具、刀剣と甲冑などを楽しみながら、一番オッと思ったのが、
重要文化財「竹林虎図襖」(狩野山雪 江戸時代・寛永8年 京都・天球院)

虎が大きかったのでインパクトがあったというのもあるのですが、
私、動物占いは「虎」でして、だから気になったのかも。

同時に思い出しました。
虎に姿が変わってしまった主人公の話、中島敦著『山月記』
「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」が、主人公を虎に変えたという話。

わざわざ最終日に出かけた東国で出会った虎は、
私に、おまえの「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」は、
その後健在かい?とにやりと笑っているのだろうか・・・
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 文化芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

写真モデルの背景

日曜日の上野恩賜公園。
南から北に向かい歩いていると、芸達者な方々が、パフォーマンスをなさっていた。
マジックとか、小話とか、輪をぐるぐるまわしたりなど。
観客もそこそこいた。

コロナで三密回避が必須の中、こうして外で皆で楽しめるのはよい。
きょろきょろと興味津々に歩いていた。

ふと気づくと私の周囲に人がいない。
なんで?と思っていたら、なんと、カメラマンたちが、若い女子を撮影しており、
私は、被写体であるモデルの後ろを、ひょこひょこ歩いていたという位置関係。

気づくのに時間がかかったので、
きっとカメラ小僧(小僧ではないかもしれませんが)の皆さまは、
私が邪魔で仕方なかったと思う。

誠に申しわけない。

IMG_0284.JPG

慌てて横にそれてまた歩き出したら、輪になって踊っている若者たちがいた。
おおおお!懐かしい、竹の子族風!
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする