2020年09月03日

秋のお便り

今年も友人から秋の知らせが届きました。
広島県は三次のピオーネ♪

TQPE9755.JPG

いつもありがとう!
写真ではわかりづらいですが、巨大な粒で、かつメチャ美味しいです。

2019年 http://bouchukan.seesaa.net/article/470284708.html
2018年 http://bouchukan.seesaa.net/article/461361220.html
2017年 http://bouchukan.seesaa.net/article/453124579.html
2016年 http://bouchukan.seesaa.net/article/442054198.html
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1965年

文化・教養・芸術・グルメなど指南くださる師匠からの
NHKBSで「渡辺恒雄 〜戦後政治はこうして作られた 昭和編」の再放送がありますよとのメッセージをいただき、
早速録画しつつ、リアルタイムでも鑑賞。

戦争と政治編と重複した箇所もあったが、
改めてナベツネさんの男気にひかれた。
(ナベツネさんの福耳の立派なこと!)
取り上げられたいくつかの政治的な話題の中で、
韓国ドラマにはまっていることより、
1965年の日韓国交正常化にまつわる紆余曲折が気になった。

日本と韓国の歴史に浅学であるゆえ、その関係について意見を書くことは
当然差し控えるが、ナベツネさんの番組を見たのち、
アマゾンプライムで鑑賞できる
大好きなソン・イエジンさん主演の映画「ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女」を
もう一度観てみた。

同映画の描写については、史実と異なる等の指摘もあるが、私にはよくわからない。
それでも、韓国から描く当時の日本というのはなんとなく読み取れる。

両国の関係はいろいろある一方で、現在は
オーディション番組『Nizi Project』が一世を風靡中。
パク・ジニョンさんの言葉に、感銘を受けるのも私だけではないでしょう。
posted by H.A at 07:18| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする