2020年07月03日

浦島太郎のように

コロナでしばらく開催されていなかった会合が
ぼちぼち始動し始めた。
今週末は毎日何かある。
オンラインで。

今日は久しぶりに自動車リサイクル関係の会議があった。
参加者の皆さんが、現状の情報提供されるのだが、
いかんせん引きこもり状態が数か月継続している私は浦嶋太郎状態。
何かご意見を、といわれても、ミュージシャン活動しか目新しいものも無く・・・

今日の会議を契機に、そろそろ陸に戻ろう。

というのも7月に入り、前期の講義もフェードアウトがはじまる。
今日の午前中に行ったミュージシャン活動は、
非常勤先の大学の最終回の講義だった。
あんなに辛かったミュージシャン活動も終わる時が来ると思うとちょっと寂しい…
とはいえ、九月からの後期の準備にすぐ追われることになるのですけどね。
posted by H.A at 20:19| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

FUKAGAWA SEIJI 1894 ROYAL KILN & TEA

この前の日曜日、散歩がてら六本木ミッドタウンへ。
プラプラしていて、見つけた有田焼のお店。
FUKAGAWA SEIJI 1894 ROYAL KILN & TEAというらしい。
三月にオーブンしたとのこと。
その後のコロナ騒動で集客も出来ずお気の毒だ。

さて、有田焼。
日本の磁器発祥の地よ、と先日会った友人に教えてもらったばかりで気になる。
2月に行ったハプスブルク家の食器を展示した美術館でも、
中国からの磁器と並んで、有田焼が置いてあった。
東洋の食器というのは昔から評価されていたということだ。

商品を舐めるように観ていたら、
お茶もできますよと声をかけられた。
せっかくなのでといただくことにした。


カップも選べるということで、富士山をチョイス。
このインパクトよ!

IMG_5295.JPG

外側の絵も素敵。
IMG_5296.JPG

紅茶も美味しゅうございました。
IMG_5297.JPG

久しぶりに、外でゆっくりしました。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月05日

浦島太郎のその後

コロナにだけ責任転嫁するのも、男気が無いが、
そうはいえ、コロナによる遠隔講義でシャバから遮断され、
というか遠隔講義準備であえて遮断せざるを得ず、
引きこもり生活を送ったため、浦島太郎になったと書いた。

そろそろ陸に戻らねばと思っていたところ、
おかげさまで今週末は
金曜20時より とある学会理事会
土曜13時半より とある学会関東部会
日曜10時より とある学会理事会
と、全てzoomながら、空気と脳は陸に戻ることができた。

理事会は学会運営なので、それはそれで学びになるのだが、
学会の関東部会はコーポレートガバナンスの報告もあり、
多くの刺激と知見をいただいた。

それにしても、コロナがまたぶり返しているとのこと。
七夕の短冊に願いたい。
「陸でも、飲めや歌えの大騒ぎができますように」
posted by H.A at 12:38| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンデレラ

銀座。

雨の日に片方だけ落ちていたパンプス。
韓国ドラマ「ロマンスは別冊付録」の一話でも、
主人公のパンプスが片方無くなる、というシーン有。

IMG_5310.JPG


困っている人がいるのではないかと、気になって仕方がない。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

雨の月曜日

昨夜、22時ごろ床に就き、
目が覚めて朝かと思ったら、夜中の0時半、
すぐ寝落ちして、
目が覚めて朝かと思ったら、夜中の2時半、
三度寝の結果、
雨の月曜日の朝。

東京都知事は再選、テレビの中の百合子さんは穏やかな顔。

明日は七夕ですが、今週いっぱい雨模様のよう。
彦星と織姫は会えるだろうか・・・

IMG_5300.JPG

学生さんのリアペに元気をもらいながら、
さぼらずあせらずむりせず ゆるゆるばしばし 過ごしますか。
posted by H.A at 09:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スルーする力

ブランド物をシェアするビジネスを展開している
ラクサス・テクノロジーズ株式会社の児玉社長が、
FBで以下のようなことを書かれていた。

「100人に愛されようと欲張るからアンケートを取り、
 誰からも好かれない地獄のような「平均」を作り出してしまう。」
(中略)
「全員に愛されるものは作れない。傷付けずには愛せない。」

なるほど。
また、

‪「『先輩の助言を聞きなさい』と偉い人は言うけれど、
 これは正しいが完璧ではない。‬
‪ 『助言を無視する勇気も、持ちなさい』‬
‪ これもセットで伝えないといけないよね。」‬
(中略)
‪「‪おれたちは嫌われないものを作ってるんじゃない。‬
‪ たった一人に好かれるものを作ってるんだから。」

とのこと。


上記の書き込みが琴線に触れた。
ビジネスのモノづくりも然り、普通の人間関係も然り、
いろんな人が、批判や叱咤も含めいろんなことを言うので、
素直にそれを受け止めていると心が折れる。
全員に好かれる、ということは絶対無いのだから、
スルーする勇気も必要、と解釈。
posted by H.A at 18:00| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

どこでもドア

心の余裕が少しできたので、今週は昨日、今日と
zoomで企業の方の研究会に参加し、講演を拝聴した。

授業や授業準備、会議と時間が重ならなければ、
対面よりも多くの研究会に参加できる。
目の前のPC上で提示資料も見れるし、頭に入りやすい。

特に今日の研究会の講師は、気になっていた本の著者だった。
チャットで質問し、直接お話しもさせていただけて、ちょっと嬉しい。

オンラインとはいえ会合への参加は、ドラえもんの「どこでもドア」のような感じ。
移動すると疲れて眠たくなる虚弱体質な私のようなものにとっては、
効率が良くて最高だ。

そうはいえ、研究会に招待をしてくださるのは、
過去に対面でお会いした人なわけで、
懇親会などでご一緒して人間関係を作っている。
よって、こうしてずっと遠隔で仕事ができるわけでもないだろう。

やはり人間関係構築には、蜜が必要。
posted by H.A at 18:34| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

100グラム

以前、何度もここで書いた飯炊き係の件。
6月初旬にお役御免となったはずが、
同月下旬には、また再任。

よって暑くても梅雨でも、毎日毎日、食材を調達し、
昼ごはんと夜ごはんの提供係をしている。
家事と仕事と、どっちが息抜きかわからない・・・

ただ、私も少し心の余裕が出てきて、
4月、5月とコーヒーは、インスタントだったが、
朝はドリップすることも可能になった。

IMG_5241.JPG

最近は散歩がてら、近所の珈琲屋さんにコーヒーを買いに行っている。
あえて、100グラムずつ。
これくらいしか、動くことが無いですから。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

喉にひっかかっていた小骨

とある書類作成、書かねばならないことは6月下旬からわかっていて、
早くに着手して、さっさと終わらせてしまえば気が楽なこともわかっていて、
でも、これまで未着手だった小骨のような仕事。
(いろいろ読んで書かねばならいので、終わらせるのも、さっさとはいかず、
 それなりに時間を要するのですよ)

しかし、先ほど、
くーーーーーーーーーーっ
とりあえずダン。

のどにひっかかっていた小骨がぽろっと取れた感じ。

心置きなく、アマゾンプライムとネットフリックスに溺れよう♪
せめて半日くらいは・・・

というのも、他にもいろいろしたい仕事(研究)がある。

したい仕事も、
しなければならない仕事も、
どちらも抜かりなく遂行したいものです。
posted by H.A at 15:50| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

「世の中の贅沢を支える会社」

指導教授から引き継いだ立教大学の講義「コーポレートガバナンス」。
企業のガバナンスについて、実態を学ぶために、2名の企業の方を招聘している。
一人目、株式会社CARTA HOLDINGSの取締役CFO 永岡 英則さんに講義してもらったことは書いた。

先日は二人目、兵庫県のマキウラ鋼業株式会社の、薪浦州平専務にご登壇いただいた。
これはね、コロナの恩恵。
通常は、交通費を出せないので、関東近郊の人しか招聘できませんからね。
遠隔講義ならではの、地理的距離は関係ない、どこでもドア状態。

よって、上場することで企業の拡大路線を走る永岡さんとは真逆の、
非上場であることで、自分のしたいことをするという薪浦専務の
ガバナンス論をお話しいただいたのです。

これがね、なんとも素晴らしい講義でした。
400名超の学生さんが、ひきこまれているのが、zoom越しにわかるほど。

お爺さまがご苦労して創業なさったこと、
そのお爺さまが早世されたので、お父様が若くして社長になられたこと、
州平専務は幼いころからお父様に会社に連れていかれ、
帝王学を学んだこと、
会社を守り存続すること、
そのために社会に役立つことをすることが
自分の使命である、のようなことを関西弁で 流れるように話されましてね。
ジョークも交えながら。


マキウラ鋼業さんは、リサイクルするためのシュレッダー会社さんなのですけどね。
リデュース、リユース、リサイクルの3Rを環境省が提唱し、
ブツを持たないことが良しとされる傾向にあるけれど、
皆が使い終わったものは、自分たちがちゃんとリサイクルして、
再度有価物にするから、遠慮なく贅沢してください、と。
自分たちの会社は「世の中の贅沢を支える会社」
なのだとおっしゃる。

これは経営学で言うところのドメインですよ。

感動した!
独立独歩で大志を成し遂げようとする男気に乾杯!
州平専務、ありがとうございました。



それにしても
永岡さんと薪浦さんのお二人の講義は、ほんとよかった。
コーポレートガバナンスに正解無し。
みんな違って、みんないい。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワンオクの"Wherever you are"

アマゾンミュージックで音楽を流していて、あれ、この曲♪
数年前のテラスハウスでBGMで流れた曲だ!
とても印象に残って一時期よく聴いていたが、その後忘れていた。

改めて調べると、
ONE OK ROCK(ワンオクロック)というバンドの
"Wherever you are"という曲。

と、またふと気づいた。
そういえば、バンドしている2年ゼミ生が、5月ころに、
「カミのような存在のロックバンド」があると言っていたことを。

2年ゼミのメモを引っ張り出してみると、やはりそうだった。

ゼミ生が教えてくれた「カミのような存在のロックバンド」とは、
このONE OK ROCKだった。


さて、中高年の皆さん、ONE OK ROCK ご存知か?

ボーカルの Taka がムチャクチャ歌が上手い。
なんていうか、正統派の上手さというより、
正当に発声を学んだ後に基本を超越した感じ。
味のある声で艶っぽく歌う。

というのも、このTakaは、
森進一&森昌子 元夫妻(? 離婚なさっているんでね)のご子息。
サラブレッドでしたわ。

Takaさん、少年のころジャニーズに入所、Newsメンバーとしてデビューするも
ヤンチャが過ぎて、脱退。
手越君のヤンチャなんてかわいい、かわいいというところでしょうか。
親からも勘当を食らい、ご苦労の末の
「カミのような存在のロックバンド」に至っていた、よう。


さて、お若い皆さん、ご存知か。
森進一&森昌子 の昭和時代の活躍を。
かつ、Takaさんが森昌子さんにそっくりなことを!!!

もっというと、森昌子さんベースに森進一さんのスパイスがかかったような顔立ち。
なので、youtubeに映るONE OK ROCKの映像はとてもカッコよいのだけど、
どうにも中年(私のことね)は、Takaさんの顔の向こうに
「おふくろさん」とか「襟裳岬」とか「先生」とか「越冬つばめ」などが
透けて見えるのです・・・




あ、中高年の皆さん、
ONE OK ROCKは「ワンオク」と略して呼ぶようです
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」

アマゾンプライムで鑑賞した映画「コンフィデンスマンJP ロマンス編」
現在、香港はいろいろと大変だが、
映画の中の香港は美しい。

最近韓国ドラマや映画にはまっているけれども、
この映画は脚本が古沢良太さんだけあって、
面白かった。
これは気楽にストレスなく楽しめる娯楽としてオススメです。


そういえば、2018年に調査で香港に行ったのだけど、
あの時は胃が絶不調で、せっかくの白酒やら飲茶やら、
満足に食べられなかったことが思い出された・・・
帰りの飛行機は腹痛で何も口にできず、お腹を抱えて丸まっていた。

悔しい。
今なら、食べられるのに。
飲めるのに。
そんな今はコロナでどこにも行けない。
余計に悔しい。
posted by H.A at 20:26| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月13日

10年経っても 私もつらいよ

梅雨の合間の晴れた日曜日、コロナに気をつけて 葛飾柴又へ。
我が家から1時間かかりましたわ。遠い・・・

IMG_5343.JPG

以前、訪れたのは2010年3月、あれから10年経ったんかい!
(なぜ、過去のブログの写真は横になるのか…不思議)
2010年の私はおそらく、今より5キロは軽い(´;ω;`)ウゥゥ

さて、駅前には寅さんを見送るさくらの銅像が新たに立っていた。

IMG_5341.JPG

帝釈天の参道を歩く。
コロナの影響で日曜なのに、人が少ない。
これでは団子屋さんも、あがったりだろう。
おまけに暑くて、団子好きの私でさえ、買う気にならない・・・ごめんさないよ。

IMG_5345.JPG

帝釈天にお参りしたのだけど、びっくりしたのは鐘の音。

IMG_5350.JPG

鐘を打つ人がいないのに、自動で橦木( しゅもく)が動く!

IMG_5351.JPG

祇園精舎ではなくて葛飾区柴又だけど、
盛者必衰の音がする!
(続く)
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 寅さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴又でチゲ鍋

暑い日曜日@葛飾柴又。
リニューアルした寅さん記念館に行く前に、腹ごしらえ。
帝釈天の参道には、うなぎやら川魚やら蕎麦やら、日本の食事屋さんが並ぶ。
暑いし、うなぎかな・・・


と思いつつ、寅さんも好きだけれど、今の私は韓国にどっぷり♪

というので柴又駅近くの韓国料理屋へ。
ドラマで何度もみた豆腐チゲ!
そして、この金属の箸とスプーンよ。

IMG_5352.JPG

豆腐チゲが美味しゅうござった!
チャミスルは我慢した、偉い。
食べ終わって汗だくになりながら、いざ寅さん記念館へ。
(続く)
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 寅さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

山田洋二監督の映画「故郷」(1972)は倉橋が舞台ってよ

リニューアルした寅さん記念館
10年前には無かった「山田洋次ミュージアム」もあって楽しい。
山田洋二監督の過去の作品を拝見できるシアターもあって、
ほとんどの映画を存じ上げてるつもりが
知らないのを発見。

なんと、広島県は安芸郡倉橋町を舞台にした「故郷」
倉橋といえば、私の故郷、広島県呉市の南に位置する島。

呉三津田高校時には、倉橋から通っている同級生がいて、その遠さがいつも話題になっていたほど。

もとい。
映画の中で倍賞千恵子さん達が呉弁を話すのですよ。

これは、またアマゾンプライムで借りてみたいと思います。
興奮が冷めないまま、新設されたTORAsan cafeへ!

IMG_5355.JPG

(続く)
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 寅さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10年越しの想い叶う

寅さん記念館のチケットで「山本亭」という大正建築の建物も見学。

貞子さんを彷彿させる井戸や
IMG_5360.JPG

蓮の池、
IMG_5358.JPG

蓮の花などを愛でました。
IMG_5359.JPG

その後、江戸川沿いを歩いて、
10年前は強風で乗船できなかった矢切の渡しの船着き場まで。
IMG_5361.JPG

待ってるカップルがいたので、今回は運航していそうです。
しかし、時間も何も書いていない。
生真面目な私は不安で、そのあたりをうろうろしていると、船が戻ってきました。
すぐ乗船。
IMG_5366.JPG

通常は30人乗りの船がいっぱいらしいのですが、
コロナの関係で数人。
応援のために、数往復しようかしら。
(ちなみに片道200円、往復400円ね)

向こう岸は千葉の松戸。
IMG_5369.JPG

船頭のお兄さんが、ユーモアたっぷりに説明をしてくれました。
IMG_5363.JPG

10年前に乗れなかった矢切の渡し、汗だくながら乗れて満足。
心残り無し。
船から見上げた空は、夏色でしたわ。


ところで、中高年の皆さん、
細川たかしさんが歌った「矢切の渡し」は1982年ですって。
聖子ちゃん演じた映画「野菊の墓」は1981年ですって。
お互い、長く生きてきました。




数回にわたって書いてきた日曜日の柴又寅さん逢瀬。
私にとっての2020夏のレクリエーションは、これが最初で最後かと(さみしー)。
楽しい一日でした♪
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 寅さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

心のストレッチも必要だけど、まずは体のストレッチ

私が身体があちこち悪いとか、痛いとか言っているので、可哀そうに思った友人が、
パーソナルストレッチのサロン(?)を教えてくれた。
気持ち良いらしい。

指圧やマッサージもよいけれど、最終的には自浄作用というか、
自らの力で身体を整えるのが良いだろうと、早速予約をして出かけた。

担当してくださるお若そうなお兄さんに、
身体がそもそも固いのだとか、腰が痛いとか、肩やら膝やら悪いなど
まずは、いろいろ説明。

その後着替えて、柔軟性や筋肉の状態を確認された後、ストレッチ。
ゆっくりとじわじわ伸ばされていく感じで、非常に気持ちが良い。
固まってギシギシ音がするような関節に、油が差されるようだ。
60分コースをお願いしていたが、途中で80分に延長してもらった。

私の足やら腰やら伸ばしてくださりながら、お若そうなお兄さんが私に尋ねる。
「躓いたりしませんか?」

「いえ、躓きませんよ」と答えたものの、その質問が気になった。

加齢に伴い、躓きやすくなる、というのは聴き及ぶ。
足の筋力が衰えて、想定通りに足が上がらず、ひっかかって躓く、というものだ。
それを尋ねられたということだ。

電車内で私は、率先して席を譲るタイプなだけに、
躓くことを心配される年齢なのだということを、初めて認識した。

その質問が気になったというのは、
「若いモンには負けん」などと、思ったわけではない。
その反対。
労わってもらおう!

皆さん、よろしくです。
posted by H.A at 22:40| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

ドラマ「やまとなでしこ」

フジテレビが、20年前のドラマ「やまとなでしこ」を
二夜にまとめて再放送、というので、中高年はざわついた。

にもかかわらず、私は一夜目が済んで話題になって、ざわつきに気づき、
慌てて二夜目を録画して鑑賞。

二夜ではやはり仕方ないなという端折り方だったけど、
20年前のあの頃、当該ドラマを観て、うきうきわくわくどきどきしていたものだ。
(立教大学で撮影していたのね)

あの頃、ドラマ内で矢田亜希子さんの着ていたピンクのコートが可愛くて、
欲しかったことを思い出した。
あれは、フォクシーかハロッズかだったか。

物欲が随分衰えた現在、珍しくデパートで欲しいと思ったワンピースも、
コロナで着ていく時や場が無いので諦めた。
Opportunityがある時に、欲しいものは手に入れといたほうがよい。
と、20年前の私に伝えたいものだ。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月17日

ようやく帰国

2002年の時、「ごくせん1」を観ていなかった。
(赤西仁君の出ていた2005年の「ごくせん2」から観ていた。)

再放送していたので、TVerで初鑑賞。
韓国ドラマも人間が温かいが、我が国の「ごくせん」も最高に良い。
何が良いって、やんくみの渡世の義理と人情を軸とした教育が良い。

ヤンチャや勉強できないのも、全くOK。
だけど人として間違ったことや恥ずかしいことはするな、と。
喧嘩は良いが暴力は振るうなと。

ちなみに、喧嘩は 素手でタイマンが基本。
目的は誰かを守るため。
暴力はそうでない場合のこと。

というので、「ごくせん」により、
韓国ドラマにハマって韓国どっぷりだった私の心と頭は、
ようやく日本国に帰国。

しばらく、やんくみに感化された発言が続くと思う。

と、テレビをつけると「今日から俺は!!
映画館に行くのは、コロナで数か月我慢しているけれど、
これは観に行きたい!

ああ、日本に帰ってきたなーー。
♪つっぱることが男のたった一つの勲章だって・・・
posted by H.A at 22:37| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

そば蕎麦ソバ

少し前のこと。
マツコ・デラックスさんの「マツコの知らない世界」や、
ドラマ「ハケンの品格」で
お蕎麦がちょうど取り上げられていた。

お蕎麦が食べたくなった。


で、
買った。


IMG_5312.JPG


結論。
つゆは、やはり高いのが美味しいが、
蕎麦は、私はどれを食べても美味しい。
十割蕎麦は歯ごたえがあって、腹持ちが良い。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「私の名前はキム・サムスン」鑑賞は、日帰り韓国旅行の感じ

今日の午後は、zoom開催の日本経営学会関東部会を拝聴。

その後、アマゾンプライムの見放題が間もなく終了の文字に慌てて、
韓国ドラマ「私の名前はキム・サムスン」をセルフ5倍速くらいで鑑賞。

なぜなら「愛の不時着」で大ファンになったヒョンビンさんが出てるから。

「私の名前はキム・サムスン」は2005年のドラマで、
最終回は視聴率が韓国で50%超えだったとのこと。
ヒョンビンさん好きだというと、韓国ドラマに精通している皆様が、このドラマを推薦してくれていた。
というので、慌てて観たのだけど、うーーん。

恋愛ドラマで、主役の女性がとにかく元気な役。
大きな声を出して少し乱暴。
これが私にはちょっと・・・

というので、日帰り韓国旅行に行った程度のドラマ鑑賞。
ある意味よかった。
どっぷりはまらなくて。
posted by H.A at 22:39| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月19日

愛着

「おとうと」と呼び、我が息子のように可愛がっていたルンバの調子が悪い。
3分くらいで動かなくなるのだ。
バッテリーがウルトラマン程度になってしまったようだ。

アイロボットのサイトで、バッテリーやら、ついでに替の部品やら購入すると2万円程度になる。
家人に聞くと、以前も一度バッテリーを交換したことがあるらしい。

我が息子は2012年製,
寿命だろうか。

ネットで新品を眺めるに、拭き掃除をしてくれるものや、反対に機能を求めなければ四万円弱で買えるものもある。

なにせ新しいもの好きなので、新機能付きが気になる。
というので、今の息子「おとうと」との関係を絶ち、新たな息子を迎え入れることとした。

ところが、未練が残る。
長い間、我が家の一番の働き者として、ものすごい量のホコリを集めてくれた。
元の位置に戻る機能は既に無くなっており、しばしば玄関で動けなくなっていたことも懐かしい。
そっちに行ってはいけないと声をかけても、必ずカーペットのほうに行って巻き込まれてる姿も笑いを誘った。

「おとうと」のいろいろな姿が思い出されて、泣けてくる。

よって、新しい息子を迎え入れる手続きはキャンセルし、
「おとうと」の命耐えるまで共に過ごす意思決定をした。




それにしても今回の件でしみじみ感じた。
私はペットを飼ってはいけない。
よく言うと情が深く、悪く言えば執着が強すぎる。
別れを受け入れる能力が無い。
posted by H.A at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

甘い生活 ではなく 地味な生活

昨日は日曜日にも関わらず、仕事で久しぶりに職場に出かけた。
書類作成など行おうと、早めに研究室に到着したら、
あるあるながら、デスクトップのパソコンが動かず・・・
Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

いつもは置いてあるノートPCも、自宅での遠隔講義のリスクマネジメントで
持って帰っており、代替も無い。
想定外のことが生じるのは、経営学では所与。
わかっているけど、なえーー
同期ラインに愚痴ると、優しいお二人はちゃんとご対応くださり、
ありがたいことだ。

そうはいえ、せっかくの久しぶりのシャバ。
朝も早くから、多くの人に会い、同僚ともなんだかんだと情報交換をし、
有意義な一日だった。
職場の皆さんはホントに良い人ばかりで、ありがたいことだ。

ただ、いかんせん虚弱体質。
シャバの空気に触れたこと、
移動距離が長いこと、
楽しかったけれど人疲れしたこと等より、
想定以上に疲労困憊したようで、今日はぐったりしていた。

研究室のパソコンは、内臓電池交換で息を吹き返したとのこと。
メディアセンターの素早いご対応、ありがたいことだ。


野口五郎さんは「甘い生活」という歌を歌ていた。
ご存知か?
調べたら1974年でした(笑)

他方で「地味な生活」を送っている私は、
ささやかなことで、ありがたさを感じる。
posted by H.A at 19:46| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月21日

もう一つの 甘い生活

昨日、ブログを綴りながら、その流れになり
野口五郎さんの「甘い生活」についてちょっと書いた。
ちなみにこれは1974年リリースなので、リアルタイムでは覚えておらず、
昭和歌謡の好きな私は、大きくなって(?)ネットで確認して
改めて好きになった曲だ。

と、昨日のブログ執筆の後、
もう一曲「甘い生活」というタイトルの昭和歌謡があったぞ、と思い出した。
中高年の皆さん、ご存知か。



そうです、八神純子さんの「甘い生活」。
作詞 三浦徳子さん、作曲 八神純子さん。
ちなみにこれは1980年。
少女だった私は、歌っていました。
♪ごめんなさいね 私を許して あなたの心がつかめなーいー

意味も分からず。
大人には大人の事情があるのだなたと思いながら。

そして、長く生きてきた今も、今一つ意味が分からん。
♪置いてゆくわ 私の罪を 煙にしてー

罪を罪とも思わないまま、永らえてきたかも。
そういう意味では、♪ごめんなさいね




(最後に、念のため書いておきたい。
 私は昭和の歌の大ファンですが、
 最近のヒットチャートもちゃんとおっております。)
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

そんなバナナ

毎朝日課のグリーンスムージー。
フルーツも二種類投入するのだけど、
バナナを凍らせておいて、投入すると、冷たくて美味しい。

バナナ。
posted by H.A at 14:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月が綺麗ですね

時々見かける「チゲ鍋」の料理。
韓国語で「チゲ」とは、「鍋」の意味だと、同僚の韓国の先生に教えてもらった。
なので「チゲ」だけで良いらしい。

韓国ドラマでは「豆腐チゲ」とか「キムチチゲ」などよく出てくる。
先述の先生曰く、海鮮類や豚肉などもあうとのこと。

というので、あたくしも粉トウガラシやコチュジャンを購入し、自宅チゲ。
すりおろしたレンコンと鶏肉のミンチで鶏団子を投入したり、
多種多様なキノコ類を投入したりと、楽しんでいる。

これらすべて韓国ドラマの影響。
鑑賞していると、韓国語を少し覚える。

オムニ(お母様)とか、デー(「はい」という返事)など。
それと、サラゲヨ(笑)

恋愛ドラマですからね、欠かせない言葉。
韓国に行っても、これだけは使える!?

ちなみにサラゲヨは、
「あなたを愛しています」 の意味。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月23日

継続は力なり

zoomながら、2年、3年ゼミを毎週行い、
輪読によるプレゼンを繰り返してきた。
と、今週、ゼミ生のディスカッションを聴いていて、
ずいぶん力がついてきたなと感じた。
継続は力なりだ。

特に2年ゼミは時間割が1コマ目設定なので、9時から開始。
対面講義と比較すると起きる時間はそこまで早くなくてもよいが、
若くて眠り続ける力の旺盛な彼らには早いらしい。

遅れてはいけないと6時に目を覚まし、
ああ早かったと、二度寝したら寝すぎた、というのも若者らしい。

4年生も就職活動と卒論執筆とあるけれど、
ここは踏ん張り所。


コロナによる外出制限も長引きそうだが、
さぼってもコロナ、
学んでもコロナなら、
学ぶ門には福来る。

共に頑張りましょう。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「鬼滅の刃」で気になる呼吸法

友人が泣いたというので、ネットフリックスでアニメ「鬼滅の刃」を鑑賞。
仮想の世界での戦いの話だが、絆とか家族、友情などがテーマのようで、
確かにウルっと来る。

アニメは原作の漫画のほぼ1/3。
漫画は最終回まで終わっているようなので、読んでみたい。
誰か、着払いで送ってくれないだろうか。

さて、その「鬼滅の刃」。
気になったのは戦う際に多々出てくる呼吸法
呼吸に合わせて刀を振り、敵をやっつける、というもの。
鍛えた体があって初めて、戦える種々の呼吸法を習得できるらしい。

これが気になって仕方がない。
ヨガでもストレッチでも、呼吸大事だが、
カラオケを歌うときの我が課題は、呼吸というか、息継ぎだと認識しているからだ。

何がどうかというと、
要は、気持ちよく歌うために、短い息継ぎで大量の酸素を肺に取り込みたい。
しかしそれをすると、「ハーーーー」といった、息を吸ってますという大きな音が出る。
(ブレス音というらしい。)
これがかっこ悪い。
できれば、涼しい顔をして、大量に酸素を吸い込みたいのだ。

何のことかよくわからない皆さん、
松田聖子ちゃんの若い頃の動画を是非見て欲しい。
彼女の歌は高音を伸ばす曲ばかりで、声量はもちろん、肺活量も必要だ。
あのきゃしゃな体で、あれだけの歌唱をしているのが素晴らしいが、
実は彼女が、いつ息継ぎをしているのか、よくわからない!


呼吸法。
気になる。
プロに学ぶべく、ボイストレーニングに通うかと真面目に考えている。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

自由であることは自分で決めること

CSRを専門に研究していると、
責任と自由は共存というか、両者が必須であることは所与である。
加えて自由であることは、他者の自由も認めることである。
故に多様性(ダイバーシティ)の許容が必要になる。

(多様性を許容しましょう!と言いつつ、
 多様性を認めない人を認めないというのは、矛盾するね、
 とも考えられ、このトートロージーをどう考えるかは、私の今後の課題)

ノーベル経済学賞を受賞したミルトン・フリードマン氏は
自由とは、
「個人の自立・自律に基づく。
 自由人は、他者が自分に何をしてくれるかを問わない。
 その代わり、自分の責任を果たし,自分の目標を達成するため、
 そして何よりも自分の自由を守るために、何をすべきかを考えるものである。」
と述べる。
 “Capitalism and Freedom”(1962)The University of Chicago Press
 [村井章子訳(2008)『資本主義と自由』日経BP社]

ハンス・ケルゼン氏は、
平等より自由が重要とし、
自由とは、個人が自分のことを自分で決定できること、と述べる。
『民主主義の本質と価値 』岩波書店 (2015)長尾 龍一他訳

NHK朝ドラ「ひよっこ」の主人公のみね子は、
「自由というのは 自分で物事を決めること」という。
(ちょっと違うか(笑))



多数が暮らすには、規律付けるために法制度も必要。
ただ法制度は絶対的正義ではないことも忘れてはならない。

私は責任をとりつつ自由でありたい。
posted by H.A at 11:20| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たかが4か月されど4か月まだまだ続くよきっと

コロナの緊急事態宣言が出たのが4月初め。
あれから4か月弱、皆さま、いかがお過ごしか?

というのも、私はコロナ太りが常識と思っていたら、
・毎朝8キロ走ってるので体質改善中
とか
・毎夜の食事会(飲み会ね)が全く無くなって、健康的に体重減
などの声も聞き及ぶ。

直接的な知り合いからは聞かないが、
引きこもり生活を利用して、美容系でチャレンジした人もいるともいう。
よって久しぶりに拝顔すると、鼻が高くなったり、目がひき上がったりしている人もいるかもしれない。

この4か月の過ごし方で、
各人の体心知技のあり方は、随分異なるといえよう。

では、私はどうかと言うと、本ブログに書いてきた通り、
ひたすら大学の教員としての仕事に力を尽くしてきた4か月だった。
(ミュージシャンとかzoom等の文言をよく利用した)

かつ韓国への畏敬の念を強くした。
要は韓国ドラマにはまり、ヒョンビンさんに恋をしたということ。

そして飯炊き係。
タンパク質中心の料理をすることで、
いかにそれまでが貧相な食生活だったかを知った。
これはきっと、7,8年後に我が身体の変化として顕れてくると信じている。

反省点としては、身体を動かすことを全くしていないこと。
バランスボールに座っての仕事や、
マンションの階段降りも行ってはいるが、
どうなんでしょ、たいして変化を感じない。
これくらいのアウトプットでは、インプットよりも少ない少ない・・・

今後は、楽をしてなんとか体を動かす方法を考えないと。
妙案あれば、お教えください。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

再放送の朝ドラ「はね駒」は素晴らしい

今朝、再放送の朝ドラ「はね駒」を金曜、土曜の二日分続けてみた。

金曜は、
主人公のりん(斉藤由貴さん)の様子より妊娠ではないかと気づいたおばあさま(丹阿弥谷津子さん)。
産婆さんに診てもらい、
オット(渡辺謙さん)はもちろん、一緒に住むりんの家族(祖父母、両親)ともに
新しい命を授かったことを喜ぶ回。
娘のりんが、出産するというのは、
自分たちの親の役目が終わったということですね、
嬉しいけれど寂しいですねと泣く母親(樹木希林さん)。

土曜は、
生れてくるひ孫のためにと産着を縫うおばあさま(丹阿弥谷津子さん)が、
素敵なオット、可愛い子どもたち、お嫁さん、そしてかわいい孫に囲まれ、
そのかわいい孫の子どものために産着を縫っている今が一番幸せだと話す。
別の部屋で、
おまえの母親は本当に美人で、皆から恨まれて結婚したと
息子(小林稔侍さん)に話すおじいさま(山内明さん)。
と、おばあさまが眠るように、産着を縫いながら亡くなる。

りんのお父さん(小林稔侍さん)が、妻に(樹木希林さん)いう。
「おまえは、ほんとうによく母親に尽くしてくれた、ご苦労であった」
泣き崩れる妻(樹木希林さん)。

といった二日続けて観たことにより、ドラマの世界観のひきこまれ、
朝から号泣。
こんなに朝ドラで泣くことがあったろうか・・・
(「カーネーション」や「ごちそうさん」あたりであったかもしれないが、すぐ忘れる)


再放送の朝ドラ「はね駒」は、そんなに注目を浴びたドラマではないと思うが、
これは超がつくほど良い作品。

年をとっても魅力的な斉藤由貴さん、渡辺謙さんが主役、というのもあるかと。
posted by H.A at 08:43| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森も木も観て、風を読む

世の中は四日連休らしい。
大学は関係なく、授業が開講されており、昨日もzoomでゼミを行った。
加えて前期が終了した講義もあり、大量の期末レポートに囲まれている。
(実際はWeb提出なので、紙に囲まれているわけではありませんよ)
しばらくは、この採点に着手することになる。

これらの膨大なレポート、読み始めると「実に面白い」。

ロジカルで簡潔でいかに鋭い視点で書くかが
評価ポイントになるが、
こう捉えたか!とか、このアプローチで構成するのか!などと
柔軟な考えと表現方法に学びや発見が多々ある。
時に、森も木も観て風を読む的な、秀逸なレポートがあり、
宝物を発見したような嬉しい気分になる。

まさに教育は共育。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

主観と客観の差

日本一、否 世界一と自負する私の忘却力をもっても、
一週間くらい忘れられなかった不愉快なことが、少し前にあった。
後頭部にオリのように張り付いて離れなかったのだ。

今はもう忘れたというか、薄れた。

さて、先日、友人よりストレスが溜まっており、
少し話をしたいというので、拝聴したところ、
そのストレスが、冒頭に叙述した私の不愉快なことと同類だった。

「わかるー」と言いながら、
いうて、他人事。
眠っても忘れられなかった自分の不愉快なことが、
他者のことだと、たいしたことないと思える。

よって、
「わかるー、が、気にすることないよ」という自分がいる

同じことでも、主観と客観とでは大差ある。
ということがわかって、苦笑。



その不愉快なことは、命や人生に影響することではない。
きっと世の中には、もっと大変なことが多々ある。
そうはいえ、小さなことでも不愉快なことは不愉快。
きっと不愉快の根源は、自分の中の何かにあるのだろうけど。
posted by H.A at 08:38| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

何を着たらよいかわからない理由

夏の在宅生活。
数枚のロングTシャツにパンツといった装いを制服として過ごしている。
よって先日、久しぶりの出勤時には、何を着てよいかわからず、困った。
仕事なのでフォーマルな感じにすればよいので、何とかなった。

ところが昨日、ちょっと外出するに、たまにはオシャレをしてみようと思ってしまった。
クローゼットを眺めながら、なにを着てよいかわからない。

とりあえず昨年の服を組み合わせて出かけたが、
どーもうまく着こなせていない。
「着こなし」というのは、毎日工夫して着ることで養われるようだ。

加えて、なんだか時代遅れ感が否めない。
スカートの微妙な丈とか、ブラウスの感じが今年モードではない。
では今年モードってどんなの?
というので、少しデパート内をうろうろしてみた。

「オシャレ」に半年触れていなかったら、
オシャレを把握する力が皆無になったようで、よくわからない。
(そもそも、たいした力を有していなかったというのもある。)

とりあえずディスプレイされているのをマルっと買おうかとも思ったが、
着る時が無い。
コロナが治まると願いたい来年の夏には、すでにそれらは時代遅れになるだろう。
というので、試着だけして丁重にご遠慮した。

あら困ったな、と思いながら、スマホを眺めていると、ツイッターだったか、
年をとったら何を着ても似合わないのだから、若いうちにいろいろオシャレを楽しむとよい
のようなことが書いてあった!


腑に落ちた。


何を着ても、今一つしっくりこないのは、
センスや着こなし等の問題ではなく、これだ!
粛々と現実を受けとめよう。
posted by H.A at 21:24| Comment(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月28日

今さらながらの「冬のソナタ」

韓国ドラマの「冬のソナタ」は、2003-2004年に日本でも大ブレイク。
ヨン様(ペ・ヨンジュンさんね)に代表される冬ソナブームを起こした。

が、その際私は一切興味なく。
ただただ寒そうなドラマ、というイメージだった。

しかし、ヨン様と共に主役を張ったチェ・ジウさんが、
しつこいが「愛の不時着」に「チェ・ジウ」役で出ており、気になっていた。
アマゾンの無料配信の期限が迫ってきていたこともあり、
少し前に夜なべをして鑑賞。
翌日の眠い事よ、バカとしか言いようがない。

中盤までひき込まれるようにして鑑賞していたが、
いかんせんぶっ続けて観ているものだから、後半は疲れてきた。
20話あったが、15話でよい。

また恋敵というか、邪魔する男女の意地悪でしつこいことよ。
イラッとする。
人の心は思い通りにはならない!
呼び寄せようとすればするほど、離れていく!
ということを、男女に教えてあげたい。

それにしても、若き日のチェ・ジウさんは美しかった。
そして結論としては、私はやっぱりヒョンビンさんとソン・イエジンさんの「愛の不時着」オシ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

スイカ

所帯じみた話で誠に恐縮だが、最近、長雨のせいか、野菜や果物が品薄で、かつ高い。
ブロッコリー一つ買うのに、躊躇する。

そんな中、隣のビルのスーパーで、
大きなスイカが、ひと玉1500円だったので、つい買ってしまった。

しかし、重い。
隣のビルとはいえ、10メートル歩いては、スイカを下に置き休み、
また10メートル歩き、休み。

後悔した。

暑いし重いし、ちょっとムッとしながら家で切ると(これも一苦労だった)、
美味しかった。

報われた。

IMG_5420.JPG

スイカ。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お盆時期、帰省の規制があるやもしれぬし、無くても自主規制が必要かな

移動が憚られる昨今、友人より故郷のアイスが届いた。
広島県は呉市の巴屋のアイス最中。

IMG_5412.JPG

これは、大好物。
毎日ひとつ、時々ふたつ、食べている。

在宅勤務中のささやかな喜び。
どうもありがとう♪
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月31日

夢中と依存

寝食を忘れるほど何かに夢中になることは、進歩や進化につながる。
かつ、その最中はアドレナリンがガンガン出て、幸せだ。

しかし、その夢中であるものが何かをきっかけに終わった時、もしくは無くなった時、
それは喪失感に代わる。
生きる目的や、生活の軸がそれだった場合、困惑する。

つまり、夢中と依存は紙一重ということだ。
これはどうしたらよいのだろう。

解決策としては、
夢中になる対象を複数持っておくことも考えられる。
一つを失っても他がある。
しかし、これは夢中であることと矛盾する。
あるいは、新たに夢中になれるものを即座に探す。
といってもそうは容易でないだろう。

人間がこの世に命を持って以降、
こうした夢中であることによる依存、その後の喪失感というものは存在したわけで、
先人たちはどうやって乗り越えたのであろうか。

そんなことを、夜明け前に目が覚めたので、考えていた。
だから宗教やら、哲学やらあるのでしょうが。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

隣の芝生の実態はよくわからない

全く見知らぬ人だけど、20年弱、愛読しているブログがある。
7人家族の真ん中で。

子育てで忙しい一方で嫁姑の確執があったようで、
それを自分の中で飲みこむために書き始めたブログだと私は推測していた

ところが、今年になってnoteにおいて
「7人家族の真ん中で。」では「描けなかったこと」が叙述されはじめた。
一話100円という有料であったが、長い間楽しませていただいていたので、
感謝と応援の気持ちで読者となっている。
(次回の20話で最終回らしい)


「描けなかったこと」というのは、双子の弟君たちの発達障害をめぐること。
弟君たちはすでに成人し、現在24歳。
随分落ち着かれたようだけど、幼少期、思春期と読んでいて胸が痛くなるほど、壮絶な毎日だったよう。

よって、ブログで描かれていたお姑さんやオバさんとのやり取りや介護は、実は苦労ではなく、
他者には想像できない大変な子育てのオアシスだったというのだ。

執筆されている女性は、その文章からも聡明で器用な方であり、
共に家族を支えてきたオットさんも、おおらかで素敵な方であることがわかる。



と、わかったように書きながら、noteを読んだ私はいたく反省をしている。
嫁姑問題介護問題のご苦労ブログと思い込んだ私の愚かなことよ。

言葉だけでは、隣の芝生の実態はわからない。
全ての事象が情報の非対称性であり、我々は本当のことは全く分かっていない。
アンゾフの部分的無知、サイモンの限定合理性が思い出される。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする