2020年03月20日

『「民族」で読み解く世界史』その4 日本のこと

楽しく読んできました
宇山卓栄著『「民族」で読み解く世界史』(2018)日本実業出版社
今回で最終回のはず。

当ブログにメモしているのは、ほんの一部で、
同書にはもっと広範囲のことがわかりやすく詳しく書かれています。

さて、ゲルマン民族のことばかりメモしてきましたが、
日本の民族のことも触れましょう。

というのが、出張で北海道に行った際、お会いした方に必ず、
その方の祖父母のご出身をお伺いするのです。
(差支えない範囲で)
北海道には、明治時代に大志をもって本州から渡った方が多く、
そのあたりに興味があるからです。

中には、先祖より北海道、の方が数人おられるのですが、
総じて皆さん、沖縄の方と顔が似ている。
つまり、顔立ちがはっきりしているのです。

そこで、私は仮説を立てた。
かつて、日本はドーナツのように北と南がくっついていた!
だから、北海道と沖縄の人はルーツが一緒、と。

これを地学の専門家に話すと、一笑に付されました。
そんな歴史は、無い!と。

それでも地球は丸い、ではないが、それでも北と南と似ている、なぜ?
と思っていた疑問を、この本が教えてくれました。

はい、70ページ開いてください。

もともと日本人は濃い顔だったそうです。
弥生時代に、大陸から北方系の人が日本列島に移住。
ここで、もともと濃いのと、入ってきた薄いのとの混血が生じ、今に至るわけです。

しかし、
「渡来人は沖縄や北海道へはほとんど入らなかったため、
 これらの地域では濃い顔の先住日本人の血統が保たれてます」(p.70)
とのこと。

そうだったのか!
おでこと、ひざをポン!

土地ではなく、人の流れが顔を変えたようですし、
おまけに変わったのは本州、とのこと。
疑問が一つ解決で、よく眠れそうです。

4回に分けて、『「民族」で読み解く世界史』より学ばせてもらいました。
お逢いしたことありませんが、著者の宇山卓栄さん、
ありがとうございました♪
posted by H.A at 21:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『「民族」で読み解く世界史』その3 WASP

宇山卓栄著『「民族」で読み解く世界史』(2018)日本実業出版社

もう少し続きます。
ゲルマン民族が気になって、読み進めた書籍。
今回はアメリカ Chapter9(pp.240-250)から気づいた箇所をメモメモ・・・


アメリカは複数の国籍、民族の人が移民してきた国ですが、
(移民については、同僚が専門家なので、時々教えてもらいます)
WASPという層があることは有名。
White Anglo- Saxon Protestant、
つまり白人でアングロ・サクソン系、またプロテスタント信者 のこと。

アングロ・サクソンはイギリスにドイツから流れてきた人たち。
よってWASPもゲルマン民族 ということになります。

そうはいえ、先述したように多様な人種、言語、文化の集合国ですから、
アメリカには悲しい歴史がたくさんあります。
先般みた「風と共に去りぬ」で描かれていた奴隷制度然り、
追いやられるインディアン然り。

今では、そんな歴史の浅いアメリカが、歴史深い中国と同等の影響力なのですから、
ローマ帝国もびっくりでしょう。

続く・・・
(まだ続くんかい! とお思いでしょうが、次回で最後 の予定)
posted by H.A at 17:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『「民族」で読み解く世界史』その2 ビッケ知ってます?

気になるゲルマン民族。
引き続き、『「民族」で読み解く世界史』で気になる箇所をメモメモ。
(capter9 pp.101-111、私の方で抜粋しています)


カール大帝の死後、800年代には、
ゲルマン民族の文化は、
・西フランク王国(フランス)
・東フランク王国(ドイツ)
に引きつがれる。

Franceはラテン語のFrancia(フランク人に支配されたところ)に由来するが、
言語までは支配できず、ラテン語文化が残ったと(フランス語ね)。
人口の大半はラテン人となったと。


ここで、イギリスは?と言う疑問がでてきます。
進めます。

6世紀後半以降、ゲルマン人がヨーロッパの内陸部など開発し成長。
経済も発展し、陸路のみでなく海路が生まれる。

バルト海や北海のヨーロッパ北部沿岸の物流を担ったのが、
ヴァイキングと呼ばれるゲルマン人の一派。

つまり、ビッケはゲルマン人だったのです!!!
(「小さなバイキング ビッケ」をご存知か?)

もとい。
彼らは北部に住んでいたのでノルマン人(北部の人)と呼ばれたと。
このノルマン人が、イギリスやロシアに国を作ったそうです。
よって、イギリス王室の始祖は、ビッケ!、失礼、海賊ノルマン人だったわけです。

ルフィもびっくり♪

ただ、イギリスはノルマン王朝が成立する前に、
アングロ・サクソン人が定住していたとのこと。

アングロ・サクソン人とは
「5世紀ごろ、第一次ゲルマン人移動でドイツの北西部から
 ブリテン島に移住したアングル人とサクソン人の総称」(p.110)

つまり、ノルマン人も、アングル人も、サクソン人も
元はドイツなわけで、イギリスの民族は皆ゲルマン人。
ということです。


世界史に詳しい方は、ご存知のことばかりかもしれませんが、
私は、おでこをパチンと打ってばかり!
勉強になります。

続く・・・
posted by H.A at 12:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『「民族」で読み解く世界史』その1

ゲルマン系に憧れるのよ、と友人に話しながら、
だからパリジェンヌは素敵よね、と言ったところ、
フランスやイタリアはラテン系だよと友人。
ではイギリスやロシアは何?なぜ違う? と雑談ながら疑問がふつふつ。

その夜、その友人より、この本が詳しそうだとラインあり、で読んでみたのがこちら。
宇山卓栄著『「民族」で読み解く世界史』(2018)日本実業出版社

これは非常に面白い!お勧めの本です。
吸い込まれるように読破!

以下、気になった点をメモメモ・・・(すぐ忘れるからね)

(1)人種、民族、国民は以下の特徴によって導き出されカテゴリー化される、そうです。
 人種:DNA、血統、肉体
 民族:言語、文化、慣習
 国民:国家、法律、制度
 *人種は内的要因が、国民では外的要因が強い ということ(pp.16-17)

(2)ヨーロッパ人は、言語の文法などにより大きく3つの系列がある、そうです。
 @ラテン人
   ラテンは「ラティウム」(ローマ郊外の地名)に由来
   ラテン語を母国にし、ローマ人やその末裔にあたる
   イタリア、フランス、スペイン、ポルトガルなど
   ローマ帝国時代に、ローマ人がそれらの国に移住し、言語や文化を拡散
   15世紀末以降、スペインが南アメリカ大陸を植民地支配したことから、
   ラテンアメリカ と呼ばれる  とのこと。

 Aスラヴ人
   ロシア、ポーランド、チェコなど東欧、セルビア、クロアチアなどのバルカン半島
   スラブは英語のslave(奴隷)の意
   ギリシア、ローマ時代は、スラブ人は奴隷だった そう。なるほど。

 Bゲルマン人
   英語のGerman、ドイツのこと
   ドイツ系の人々で、イギリス人、オランダ人、北欧諸国など
   ラテン人の創ったローマ帝国の台頭の次は、ゲルマン人がヨーロッパを制覇します(pp.88-100)

面白い。
続く・・・
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする