2020年03月06日

苦手なもの

学校関連の仕事は、三月というのは別れや旅立ちの季節。
何歳になっても、何度経験しても、これに慣れることが出来ず、
毎年毎回とても寂しい。

四月になると新たな出会いの季節が到来するし、
出会いも別れも、立場はその都度変わることより、
大きなルーチンでもあり、お互い様でもある。
そうはいえ、その諸行無常に慣れることができない。

私の苦手なもの=諸行無常  だなと改めて感じている。

昨今の新ウィルスで、この別れの季節の行事が、いくつも中止されている。
心の区切りをつける場が無い、ということだ。
仕方ない事とはいえ、なんとかならないのかな、とも思ってしまう。

今、こんな事言ったら非国民なのだろうか。
って、戦争が始まる時も、こんな感じなのだろう。

久しぶりに聴きたくなったミスチルの くるみ

♬出会いの数だけ別れは増える
♬今以上をいつも欲しがるくせに、変わらな愛を求め歌う
(歌詞 by桜井和寿)
posted by H.A at 08:05| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする