2020年02月08日

映画「ジョジョ・ラビット」

口コミが高いので鑑賞してきました。
ドイツのナチスが舞台のアメリカ映画です。

さくっとまとめるならば、
ヒットラーに憧れる可愛い少年が、いろいろ学んでいくストーリー。

IMG_3952.PNG

リズミカルにかつ比喩を用いながら、メッセージ性の高い映画。
ロシアとユダヤのハーフの映画監督が、
ヒットラーを演じているそうです。
何も言わずに、ぜひどーぞ。


ちなみに、私は、残念なことに私は、
やはり前半にシエスタ・・・
ほんともったいない。

後半はしっかりと映画の世界に入り込みました。
posted by H.A at 09:10| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする