2019年12月05日

労働環境を整える

現在の職場で働き始めて5年目。
小心者のために変化に弱い私は、4年が過ぎてようやく慣れてきたように感じる。

そこで、職場である研究室を快適に整えることとした。
以前の比治山大学では、来客も多かったし、広かったので、
それなりにしつらえていたのだが、
敬愛大学では、そこまで整える心の余裕が無く、
来客への応対は講師室や会議室で行っていた。
(千葉までお越しいただくのも申し訳なく、都内のカフェでお会いしたりする)

そうはいえ、労働環境は快適でなければと、
ここ数日、少しずつ不要なものを廃棄し、
こぎれいに見えるようにしつつある。

机の位置を動かしたいのだが、
PCやプリンタなどものっており、重くて一人では無理。

そこに、ちょうどインタビューに来てくれた3年ゼミ生4人。
http://bouchukan.seesaa.net/article/471987902.html

彼らに頼むと、ちゃっちゃと動かしてくれました。
コードが危ないとか言いながら、コードも整えてくれました。
頼りになります。
ありがとう。

それにしても若い彼らに、おもてなしをしようと、
コーヒーか紅茶かどちらが良い?と聞くと、
「水持ってますから大丈夫」と言う。
本気で言っているようなので、私との価値観の差が面白い。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする