2019年07月30日

金言 覚書

先日、同僚と、学生時代の留学の是非について話していた。

同僚曰く、
時間のある大学時代に留学することは大事だと、
しないと将来後悔をするであろうと。

というか、留学による経験効果も理解できず、
「後悔すらできない」かもしれない。と。

この「後悔すらできない」の言が琴線に触れたので、
ここにメモメモ。

後悔ばかりの人生も悲しいけれど、
できなかったことに価値を覚えるという域に達することもできないというのは、
もっと悲しい。ね。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする