2019年07月17日

客人への対応

私は映画「男はつらいよ」が好きだ。
https://www.cinemaclassics.jp/tora-san/movie/
このブログでも、よく寅さんのことは書いている。
http://bouchukan.seesaa.net/article/142373426.html

現在、BS東京で土曜日の夕方に「男はつらいよ」があるので、
毎週録画している。

仕事がとても忙しいので、見る暇はないかと思ったが、
つい見てしまう。
実に面白いのだ。
山田洋次監督は天才だ。

話の内容としては、毎回、旅先で出会ったマドンナと恋をする、というものだが、
成就しない(笑)
「大人の分別」だからといって、自ら身を引くものもある。

恋に焦がれて、結局失恋して落ち込む寅さんを、
「とらや」のおいちゃん、おばちゃん、妹、妹の夫、隣のタコ社長が
見守る様子が、何とも温かい。

そして「とらや」に訪ねてくる人には、
ご飯を出し、「泊って行けばよい」と宿を提供しと、
ホスピタリティに満ち溢れている。

私もホスピタリティに溢れてる性分だと思うのだが、
いかんせん、体力・持久力が無いので、時間に限度がある。
食事を出したとしても、二時間で力尽きる。
よって、宿泊してもらったら、体力の限界を超え、
その後寝込むのだ。

ウルトラマンもびっくりの時間制限。
おもてなしをしたい気持ちはあっても、私は「とらや」の家族としては失格。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする