2019年05月15日

日影茶屋の甘味

久しぶりに銀座三越の食品フロアをうろうろしていると、
日影茶屋の出店があった。
https://hikage.chaya.co.jp/index.html

これは、サザンの唄う「鎌倉物語」の歌詞に出てくるお店ではないか!
http://j-lyric.net/artist/a000623/l000f20.html

ミーハーな私は、本来ならそのお店に行きたいけれども、
なかなか葉山に行く機会も無いし、というので売っていた甘味を購入。

れんこん餅というわらび餅のような甘味。
IMG_1636.JPG

それと大福。
IMG_1639.JPG

美味しゅうございました。
そのうち葉山の本店に行って、声をひそめながら食事をしてみましょう。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寄り道回り道

心と体と時間に余裕がある時は、東西線を降り過ごし、日本橋駅で降りる。

京橋方向に歩くと、右手に明治屋。
まずは明治屋物色。
買うのはいつも、フルーツおつとめ品1000円。
立派なイチゴと、キウイ数個と柑橘系一つ、リンゴ一つ。
満足。

そのまま銀座方向に向かうと、Toshi Yoroidukaカフェ。
買うのはいつも、食パン一斤400円。
(ここの食パンが一番お気に入り)
菓子パンは時々で滅多に買わない。
食パンが売り切れの時は、ちょっとガックシ。

ゲット品を抱えながら、銀座中央通りをてくてく。
適当にいろいろ立ち寄りながら、目指すは獺祭ストア。
獺祭三種のみ比べセット500円。
獺祭のボトルを眺めながら、ゆっくり試飲。
買うのは獺祭甘酒1000円(時に複数本)。

私的には、なんだかとても豊かで贅沢な気分になる寄り道コースなのだけど、
ここまででトータル2900円。
お得感満載。

この時点で、荷物がかさばっているし、重い。
でも身分不相応な贅沢をしたような気がする小市民の私は、
帰りのバス代がもったいなくなる。

ああ、小市民の寄り道。
posted by H.A at 07:48| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする