2019年04月02日

東京の桜は、西日本より早く咲く

広島はまだ咲いていないよ、という頃に
すでに東京は満開の桜。
ヒートアイランド現象なのか、黒潮なのか、
東京のほうが温かいのでしょう。

今年は近所を散歩してお花見。
近所で十分楽しめます。

IMG_1299.JPG

ちなみに、広島宅では桃の花が、植樹して以来の花盛り。
だったとのこと。
実際に見ることができないのが残念。
posted by H.A at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

『成功する日本企業には「共通の本質」がある 「ダイナミック・ケイパビリティ」の経営学 』

成功する日本企業には「共通の本質」がある 「ダイナミック・ケイパビリティ」の経営学 』(2019)
菊澤研宗先生著 朝日新聞出版


いつもご指導くださる慶應義塾大学の菊澤先生の最新著書。
一般向けに書かれたダイナミック・ケイパビリティの解説書です。
先生の文章がわかりやすいのと、面白いのとで
サクサク読めます。

一般向けと言っても、内容はアカデミックなので、
私なんて、とても勉強になる。
これまで曖昧に理解していたことが、
丁寧な叙述でようやく納得できました。

読んでいくと、足先から頭までマッサージされている感じ、
で腰の部分、つまり要点の箇所で、グッと効く、そんな解説本です。

私が一番面白かったのは、
日本企業がアメリカ型の株主主権型の企業を模倣することによる失敗の理由の箇所です。
それ以外にも過去の戦略理論からダイナミック・ケイパビリティ理論の流れや、
成功した企業と失敗した企業の比較など、
わかりやすい!

勉強になりました。
もう一度、ゆっくり読み返してみたいと思います。
ありがとうございました。

IMG_1300.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

寄り道小路

東京というの街は、狭いところに人がたくさん住んでいるので、
細い小道がたくさんあって、楽しい。
小道というより、小路と書いたほうが、もしくは小径のほうが適しているかも。

先日、ギンザシックスの裏手あたりを歩いていて見つけた三原小径。

IMG_1263.JPG

わざわざ往復してみたが、なかなかオシャレな、あるいはディープな、あるいはお高そうなと
多様性あふれるお店が集っていた。
気になる。

それから神楽坂。
神楽小路でみちくさ横丁ときた。

IMG_1286.JPG

これも楽しい。
犬のマーキングではないが、いろいろ行ってみたいものだ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

2012年の切ない想い

NHKのチコちゃんの番組で
「あなたの<イチオシ朝ドラ>投票のランキング」発表。

で、実は私もこれに投票していた。

好きなのは
・カーネーション
・ごちそうさん
・あさが来た
・あまちゃん

結果、こちら。
IMG_1316.JPG

https://www.nhk.or.jp/asadora/special/ranking.html


これはサイトで募集しているので、PCやスマホなどIT機器が扱える人が対象となる。
かつSNSを駆使している人が、ランキングの情報を得る。
よって、投票参加者が限定されるので、絶対的なランキングではないだろう。

「ひよっこ」や「半分、青い」「まんぷく」は最近のモノだけに
記憶に新しいのだろうし。

というので、私は、やはり「カーネーション」が良かったなー。
何度泣かされたことか。
綾野剛君演じる周防さん、好きだったなー。
小林 薫さん演じるお父さんも、我が父と重なったなー。
何より尾野真千子さんの糸子、上手かったなー。

http://bouchukan.seesaa.net/article/248290197.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/249455654.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/254574378.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/401503907.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/402809104.html
posted by H.A at 08:13| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

パーソナルコーディネータの友人にオレンジのカーディガンを選んでもらう

高校時代の友人と久しぶりにランチをした。

2006年は銀座の資生堂パーラーで逢っているよう。
http://bouchukan.seesaa.net/article/30562668.html
2011年には新宿で逢っているようです。
http://bouchukan.seesaa.net/article/217502132.html
2016年には彼女の渋谷で結婚披露パーティ。
http://bouchukan.seesaa.net/article/409030318.html
同じく2016年には高校時代の仲間と六本木で逢っているようです。
http://bouchukan.seesaa.net/article/432821244.html

と、適度なインターバルで逢っているようだけど、
久しぶりにサシであった。

実は彼女はパーソナルコーディネータという仕事をしていて、
依頼されたお客様のお買い物に同行し、お洋服を選ぶ、ということを生業にしている。


流行りものは季節の最初にプチプラで買って、着倒すのが良い。
とか、
バーゲンでは定番物の高質なものを買って長く着るのが良い。
などと、過去にもショッピングのテクを教えてくれていた。

といった彼女とランチ後に銀座をぶらぶらしていると、
「これ、仁に、似合いそうよ」と勧めてくれたのが、オレンジのカーディガン。

一人なら、絶対買わないモノだ。
せっかく、そのプロの彼女が勧めてくれるので、
買ってみた。

自分とは違う目線で選んでもらう、というのは、
似合わないと敬遠していたものが、じつはそこそこ似合ったり、
加齢とともにトレンドに疎くなっていることに気づかされたりと、
新たな発見がある。
パーソナルコーディネータ という仕事の意義はここにあるのだな。

ちなみに彼女のブログ、こちら。
https://ameblo.jp/conome-co/

もう少し暖かくなると、オレンジのカーディガンを着ると思いますので、
気づいたらお声掛けください、ませ。
何も出ませんが。
posted by H.A at 08:47| Comment(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜吹雪と父の命日

今日は父の命日。
二年前、桜吹雪の中、父をおくったことが思い出されます。
先日は家族と三回忌をおこないました。

義父が亡くなったのも四月半ば。
桜に緑の葉が芽吹いた頃でした。
今年で七回忌です。

こうして春に旅立つ、というのは、
ポジティブな季節の生命力の影響により、
送り出す方の寂しさが薄まるような気がします。


そして桜を見上げるたびに、思い出されます。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

色々な資格

最近、いろいろな資格があるのだなと感じる。
言い換えれば、資格ビジネスが多いのね、ということだ。
国家資格ではなく、任意の団体が認証している資格ね。

例えば、先日ブログにあげたパーソナル・コーディネータ。
またヨガも、何かあるらしい。
とある友人は、ネイルの資格か検定取得に忙しそうだし、
断食して体をきれいにしましょう、というファスティングとやらも
資格があるらしい。

確かに、それらで他人様からお金をいただき、生業にしようとするには
それなりの体系だった学びが必要であるだろう。

そうして考えれば、大学の教員なんて、文部科学省的には資格は不要だ。
小中高は国家資格が必要だけど、大学の教員は、その専門家、ということになる。
大学院のマスターやドクターを持ってることが
唯一の資格と思うが、文部科学省的には社会人経験がそれに代わるともされる。
どうなん?

そうはいえ、私も企業人経験により短大の教員となったから、
大きな声では言えませんが、だからこそ、どうなん?
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

秘せずは花なるべからず

他人のふり見て我が振り直せ で覚書。

話をしているときに、どんな話題でも
「私は」「私が」と、すべて自身を主語にして、話を置き換える人がいる。
そして、その話題は必ず自慢話である。
事実を述べているとはいえ、わざわざその話をなさるのか?とも感じる。

おそらく、自分がいかにすごいか、いかに頑張ってきたか、を
暗に知らしめたい思いがあるのだろう。
もしくは自信が無いか。

本当にすごい人は、わざわざ自ら情報開示などしない。
聞かれたら答えるくらいで。

という姿を拝見しつつ、
そういったことが気になるということは、
私も同じことをしているかもしれない、
しているだろう、
しているに違いない、と反省。
ちょーカッコ悪いわ。

元号もかわるし、少なくともカッコ悪い振る舞いはしないようにしよう。





ちなみに、当ブログでの情報開示についての考え方(というほど、たいそうなものでもなし)は、
過去にも書いています。
http://bouchukan.seesaa.net/article/311444312.html

あえて、読みに来てくださる方を対象としたブログなので、
このブログでの「カッコ悪い」叙述については、ご容赦くださいませ。
(FBでは読みたくなくても流れてくるからね。
 って、Twitterにリンクさせているので、Twitterから来た人、ごめんなさいよ)
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

宅配してくださる方に感謝

四月なのに極寒となった関東地方。
私が住む地域は海の近くの南側なので、積雪は無いようでした。

さて、現代社会の宮沢賢治は宅配の会社の皆様。
”雨にも負けず雪にも負けず”、来てくださる。
ありがたいことです。

最近は食品も、イオンの宅配とアマゾンプライムの宅配にお世話になっています。
ホントありがたいことです。
(スーパーでキャベツやら牛乳やらヨーグルトやら買って帰ると、
 ヘタレなので、私は重くて涙が出るほど辛いのです。)

どちらも配送料が購入6000円以上だと無料になるので、
欲しい食品(割引率の高い)の総合計が3000円だとしても、
日持ちのするお醤油やお水やアルコールなどを加えて、
無料までもっていきます。
もはや意地です。
昨日は榮太郎の餡の缶詰3つセットを買って帳尻を合わせました。

いつも運んでくださる宅配会社の皆様、皆さんのおかげで私は生活できます。
”南にヘタレ(私ね)あれば、野菜を運び”
”西に老いた母(広島の母ね)あれば、必要なものをサクッと送り”
ありがとうございます♪

皆さんは、決して”でくのぼう”ではありません。
ビジネスを通して社会貢献をされている。ポーターのいうCSVです!!!





*CSVというのはCreating Shared Valueね
posted by H.A at 18:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

男子学生とお菓子

春休みに就職活動談義でゼミ生と集まった時のこと。
http://bouchukan.seesaa.net/article/464609054.html

皆でお菓子でも持ち寄って、食べながら話しましょうと、事前にラインした。
「菓子パ(お菓子パーティね)」だ。
以前の職場では、女子学生ばかりだったので、
お菓子を食べながら、しばしばお茶したものだ。

というので、私もいそいそと、ミスタードーナツでドーナツを買い込んだ。
小麦粉アレルギーがある学生にはグルテンフリーのドーナツにした。
(ミスドに売っている)

集まった5名の男子学生。
なんと、うち二名はお菓子のことをすっかり忘れていて手ぶら。
うち二名は、ポテトチップスを一袋のみ。
手が汚れないように、自分用の割りばしも持参。
自分の目の前においてぱりぱり食べていた。
最後の一名は、どこかのお菓子屋さんで
高そうな、箱入りで個包装のお菓子を買ってきてくれた。

私の想定した「お菓子を持参して」皆でお茶タイム♪談義、
と随分違って笑えた。
やはり女子ばかりゼミと、野郎ばかりゼミでは、文化が違う。
どちらも可愛いには違いないが。

彼らは、お茶よりはアルコールなので、
夜の部は異常に盛り上がる。
みんな違ってみんないい。
posted by H.A at 21:03| Comment(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

男子学生と金銭感覚

新年度が始まった。
ゼミ生もそれぞれ、一つ学年があがった。
二か月の春休みで、ぐっと大人っぽくなった。

初回のゼミは、今年の進め方の説明と、近況報告プレゼン大会。
私がお題を出して、皆が順にプレゼンする。
新三年ゼミ生に、最後に「何か面白い事」と無茶ぶりをした。

ぐっと大人になった彼らは、「何もありません」等とは言わず、
色々話してくれる。

11人いるゼミ生の「何か面白い事」も多様性に富んでいるが、
総じてやんちゃ。
娘しか育てていない私は、びっくりすることばかりだが、面白い。

中には、大きなお金を使う、動かすということをする学生もおり、
その金銭感覚には、小市民の私はびっくりだ。
皆、アルバイトしているので、そこそこの小金持ちなのだ。

以前、とある大学の先生が、女子学生の割合が増えると、
卒業生の寄付金額が下がる、といったことをおっしゃていた。
男性の方が卒業後の寄付額が大きいらしい。

といったことを思い出した。

(確かに、女子は家計を預かるだけに、しまり屋の人が多い。
 生物として母性があるので、我が子には湯水のようにお金を使っても。
 母校に何十万、何百万、何千万、何億と寄付するなんて、脳内に無い。)


少し大人になった、やんちゃな彼らを観ながら、
小さな枠に閉じ込めないように、おさえこまないようにしなければと、再認識。
命の危険、他者への人権侵害以外は、笑って「よっしゃよっしゃ」と聞き、
腕白でもいい、たくましく育ってほしい、ものだ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

木曜日の歩数

2019年度、非常勤講師日の木曜日も始動。
池袋の桜も葉桜に。
IMG_1330.JPG

白金高輪の「大きなのっぽの古時計」。
IMG_1333.JPG

木曜はよく歩くので、歩数が天文学的数字になります。
長時間歩いても疲れないハイヒールが欲しい。


posted by H.A at 05:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森の風

私が好きな日本酒は、奈良の「風の森」。
今日のお題は「森の風」。

昨日、学会の理事会で早稲田大学へ。
ここのところ、毎年、四月にこちらに来ているようです。
2018年 http://bouchukan.seesaa.net/article/459081770.html
2017年 http://bouchukan.seesaa.net/article/449246272.html
2016年 http://bouchukan.seesaa.net/article/437104865.html

午前中の会議を終え、昼からの学会に参加するために、ランチに行ったのが、
早稲田キャンパス26号館15F にあるレストラン「森の風」。
http://www.cafecompany.co.jp/brands/morinokaze/waseda/

眺望がすばらしい。
まずは、池袋方面。
IMG_1342.JPG

スカイツリー方面。
IMG_1343.JPG

そして富士山も見えました。
IMG_1344.JPG

富士山を拝めたのって久しぶりかも。
何か良いことがありますように!
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

「危険なふたり」ではなく「離婚なふたり」

テレ朝のスペシャルドラマ「離婚なふたり」は面白かった。
https://www.tv-asahi.co.jp/drama-rikon/#/?category=drama

冒頭にジュリーの「危険な二人」のイントロが流れるのも面白い。

リリーフランキーの気ままなオット役、
小林聡美の良い妻・良い母を遂行しながら、なにか物足りなさを感じるツマ役、
若さを振り回す岡田将生の弁護士役、
となかなか良かった(すみません、上から目線で)。

前後編とあり、最後どうなるか、どうなるかと思いながら観て、
なるほど、そっちに転んだか、と。

原作が樋口卓治氏という50代半ばの方なので、この結末にしたのだろう。
もっと若い人だったら、きっと反対の結末にしたと思う。
夫婦のことは夫婦にしか、わからない。

浮気とか、暴力とか、そうしたことが無くても、いろいろ思うことがあるという、
人間の非合理的なところを上手くついた内容だった。
最近流行りの、言葉遊びで混乱させるといった小技も使わず、
いたって王道のせりふ回し。
このドラマは、なかなか高質でした(すみません、上から目線で)。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乃が美

最近、高級食パンが流行っている。
http://bouchukan.seesaa.net/article/464305863.html
予約して購入したからと、先日は麻布の乃が美の食パンをいただいた。
http://nogaminopan.com/goods_list/

類似の他のお店が二斤単位なのに、
こちらは一斤単位でも売っているらしい。
そのほうが、素人はスライスしやすい。

そして美味しゅうございました。
(上をちぎった後のパンですみません)
IMG_1337.JPG

食パンブームはいつまで続くのでしょうね。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

獺祭の甘酒

獺祭ストアで試飲した甘酒が、非常に美味しくて、購入。
IMG_1352.JPG


ノンアルですから、朝から飲めます。
IMG_1354.JPG


甘酒は飲む点滴と言われるほど、身体によいらしい。
https://www.tenpo.biz/tentsu/entry/2018/01/05/100000

健康オタクなので、嬉しい。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

トリプルトラブル

昨日の非常勤先の講義。
その1
講義室備え付けのパソコンが起動しない。
情報センターに電話したら、すぐに替えのパソコンを持ってきてくださって、事なきを得る。

その2
出席のカードリーダー。
二個のうち、1つが途中でエラー。
仕方がないので一個で対応。
パソコンのゴタゴタの時間を利用し、1つのカードリーダーで出席確認オッケー。

その3
講義室について気づいた。
メガネが無い。
カーディガンのポケットに入っているはずが、どーもこぼれ落ちたらしい。
講師室まで取りに帰るのも、パソコンゴタゴタで時間を要しているので、できず。
ちなみにメガネは近視用。
0.1程度だけど、なんとかなるものさ!
終了後、やはり講師室の床に落ちていたと、届けられていた。

三重苦のヘレンケラーさんに比べたら、なんてことはないトラブル3つ。
posted by H.A at 08:55| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

食べ物の嗜好

今春卒業したネパールからの留学生 T君が、母国に帰るというので、
カンボジアからいらしている留学生 P君とともに、
壮行会を開催した。
彼らの居住地が、成田と東京葉杉並区というので間をとって船橋で会合。

母国での生活、留学の理由、現在の生活などはもとより、
今後の夢を聴かせてもらった。
わざわざ国境を越えて学びに来ている彼らは、静かだけど熱い情熱を持っている。
扱える言語も母国語、英語に日本語+αなのだから、素晴らしい。

何とか彼らに、日本での時間を忘れずにいてほしいし、
日本に良い印象をもって帰国してほしい。

それにしても異国を訪れ、暮らすには、食文化との相性が、
印象を大きく左右する。

カンボジアからきているP君は
「僕は何でも食べますよ」と、美味しそうにいろいろ召し上がっていたが、
ネパールのT君はインド文化なので、カレーが主流らしい。
日本では、自炊してカレー(超辛いらしい)を毎日食べていたとのこと。
宗教的に牛も食べられないので(チーズはOKらしい)、
野菜があればいい、と言う。
おまけに海の無い国で育っているので、魚介類には全くなじめず、
生魚NGはもちろんのこと、魚介系のパスタも眉をひそめていた。

私も生魚アレルギーなので、食べられないものがある、という面倒くささはよくわかるが、
(ご一緒の方にもご迷惑をかけるしね)
それは日本の生活は食文化においてはストレスだったね、と思う。

そういえばT君は、日本語より英語のほうが得意だから、というので、
彼が出席する講義のパワポは英語も併記したことを思い出す。
そいはいえ、アルバイト先でも可愛がってもらったようなのでよかった。

そんなこんなの国際交流@船橋。
T君、身体に気を付けて、元気でね。
posted by H.A at 06:56| Comment(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木だけでなく森も見えるように。

新年度が始まって、忙しい。
何が忙しいかと言うと、講義の準備に忙しい。
心を亡くしている状態だ。

私はこの職に就いてそこそこ長いし、
今、受け持っている講義も担当して4,5年が過ぎた。
準備をしなくても昨年の材料はある。
よって、なぜそんなに忙しいかと疑問に思われるかも。
私も、年々楽になると思っていた。

ところが、不思議なもので、講義をすればするほど、
自分でアラが明らかになる。

1コマ、話すことはできる。
けれど、理解してもらうとか、面白く感じてもらう、には
昨年の講義では不足だ、
というか、もっと伸びしろがあるのではないかと気付けるようになった。

というので、目をしばしばさせながらPCを相棒に、
伝えたいことをちゃんと伝えられるように、
木を見て森を見て、
森を説明して、木の立ち位置を明らかにすることができるよう、
ウンウン唸っている。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

腸活

胃腸の機能不全を少しでも改善しようと、
腸活にいそしんでいる。

例えば、ヨーグルトによるビフィズス菌はもちろんのこと、
菌を動かすためにオリゴ糖を毎日摂取。

IMG_1386.JPG

そして、こんにゃくゼリーのトクホ版。
難消化性デキストリンが良いらしい。

IMG_1387.JPG
http://www.mannanlife.co.jp/lineup/lalacrush/

上記以外にも、アレルギーやら眼精疲労やら虚弱体質改善やらで
服用する薬やサプリが多々あり、
食前食後と忙しい。
健康オタク度が加速している。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『卒婚のススメ』

『卒婚のススメ 人生を変える新しい夫婦のカタチ』(2014)静山社文庫
杉山 由美子 (著)


少し前より、「卒婚」という言葉を耳にするようになった。
この本がきっかけらしい、というので、読んでみた。
人生後半戦を迎えたいくつかの夫婦を取材した内容。

ここでいう「卒婚」とは、
「離婚までではないが、別居」といったものではなく、
「後半生の結婚をソフトに変えていって、
 自分たちの身の丈に合ったライフスタイルにする」(p.21)という意味のようだ。

つまりこの発想には、
夫婦はいつも一緒に住む、という昔ながらの家族の形が前提となる。

データでとらえれば、一緒に住んでいる夫婦のほうがダントツに多いだろうけれど、
私の周囲の友人・知人は、夫婦それぞれの仕事柄、二か所生活というのをは、
よく耳にした。
(転勤でメインのマンションは残したまま、夫婦がそれぞれ違うところに住む、
という三か所生活もある)

おまけに、私自身が長い間、週末婚だったので、
「卒婚」的なライフスタイルは、意図せずともしていた、ということになる。

既存の価値観にとらわれることも無く、多様性が受容される世の中。
結婚、離婚、卒婚、独身、
みんな違って、みんないい。ということね。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

仕事仲間

学校でつるむ友人は、おおむね似た者同士だ。
職場では、そんな選択はできず、思考や嗜好の相違は当たり前となる。
よって、おのずと多様な考え方に触れることになる。
これがとても楽しい。

最近は、全く土俵の異なる意見を言われる時の、衝撃が快感だ。
そーいう考え方もあるのか! とか、
そんな風に捉えることもできるのか! など、
目から鱗の連続。

新たな自分の発見にもつながる。


働く職場で、一番のストレスは人間関係という。
その通りだと思う。
私も泣くような苦労をしたし、おそらく私がいることで不快な思いをした人もいるだろう。
人間関係にもプラスとマイナスとある。
マイナスの人間関係が辛くて退職した人を、これまでに何人も見てきた。
仕事の本質とは異なるところでの退職の意思決定は
傍から見ていてもはがゆい。
(そこから見出した考え方として「負けたもん負け」。)


といったことを思い出しながら、
プラスの影響を与えてくれる仕事仲間がいるということは
ありがたいことだ。
違う意見を提示して、考え方が凝り固まるのを防いでくれるのだから。


そして、プラスの影響を与えてくれる仕事仲間は、
ここぞという時には、共感してくれる。
ああ、わかってくれた!という安堵感は、力になる。
posted by H.A at 19:15| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

「勇気のしるし 〜リゲインのテーマ」

今日から世の中は10連休らしい。

私は明日から3泊5日で出張。
お世話してくださる企業の皆様のおかげで、
有意義な出張になる、ありがたいことだ。

で、最終版とメールで送られてきたスケジュールを見て、
私の頭の中には
♪24時間 戦えますか ビジネスマーン・・・
の歌がこだました。

バブルのころの栄養ドリンク リゲインのCMソング。
歌詞を初めて読んだが、なかなか面白い。
http://j-lyric.net/artist/a04add5/l005d75.html


総じて企業でバリバリ働く方は、皆パワフル。
働くのは体力勝負だと、皆様の姿を視ていて思う。

多方で、虚弱体質な私は、
ご一緒する方々についていけるように、
スーツケースに栄養ドリンクとヘパリーゼの錠剤をたくさん入れ、
今日はニンニク注射を打ちに行く予定。
posted by H.A at 08:15| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

桜の次は藤

昨年は亀戸天神に藤を愛でに行ったようだ。
http://bouchukan.seesaa.net/article/459078297.html

今年は池袋は立教大学で楽しんだ。
IMG_1405.JPG

その手前には白とピンクのはなみずき。
IMG_1403.JPG

ここは来る度に写真を撮りたくなるキャンパス。
元写真部魂が騒ぐぜ。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

『自己プロデュース力』

最近youtubeで、島田紳助さんのトークを楽しんでいる。
私は彼が大好きだった。
http://bouchukan.seesaa.net/article/46468401.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/113417307.html

大人気だった紳助さんは、非社会的な組織との接触があったことに責任を取り、
2011年に、さくっと引退された。
理由云々は別として、その潔さは見事だった。

他方で、彼の流暢なトークによる大爆笑と、
時に涙を誘う人間哲学がお茶の間から消えたことは、
非常に残念。

だから、というのではないが、
『自己プロデュース力』(2009)島田紳助著 ヨシモトブックス 読了。

同書は、紳助さんが若手にレクチャーした内容を活字化したもの。
先輩や同僚のお笑いのリサーチと分析、
自分のポジショニング、
ターゲット、
戦い方、
紳助さんの働き方は、経営学の戦略理論の実践そのものだ。

デビュー時、「紳助・竜介」でコンビを組んでいて、
漫才ブームだったこともあり、若い女子たちがキャーキャーと応援してくれる。
しかし、自分たちのお笑いターゲットは同世代の男性。
(なぜなら、共に年を取るから、笑いのポイントが同じままだから)
よって、ファンの女性が笑ってくれることはありがたいけれど、
自分たちの成長を阻むのも彼女たちだから、勘違いしてはいけないと思った、
などと書かれている。

ほかにもM1グランプリで買っていくための戦術など、
何のための戦いで、誰を落とすのが大事かを、わかるやすく説明されていた。

やはり、もったいないな。
紳助さんのトークをもう一度拝聴したいものだ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

昭和平成令和

自分は昭和の人間だと認識していたが、
よく考えれば
昭和よりは平成のほうが、生きてきた年数は長い。
平成に失礼なことを言ってたことになる。
平成の最後に、深謝したい。

振り返れば、1989年、平成元年に大学を卒業し、
社会人として働きはじめた。

私にとって昭和は、生を受け、親の庇護のもとで過ごした時代であった。
平成は、自立と共に始まり、
働き、結婚し、出産し、転職しと、人生のいろいろがあった。

となると明日からの令和は、何だろうか。
令和が終わるときに、何かがわかるのだろう。

きっと私は長生きするので、令和のその次の時代も、
こうして縷々とブログを書いているだろう。

あなたも私も皆皆が、ずっと平和に暮らせますように。

IMG_1307.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする