2018年12月16日

大河ドラマの終わりは、2018年のフェードアウトの始まり

2018年の大河ドラマ「西郷どん」が終わった。
前半は、ながら見だったが、明治時代からは、
ひき込まれるように鑑賞。
涙なしでは見れない回の連続。
前にも書いたが、秀逸の大河ドラマだった。

当ドラマの原作は、林真理子氏著。

今年の前半は、日本経済新聞の連載小説「愉楽にて」にはまっていた。
これも、林真理子氏の小説、力作だった。

実は、私の自宅の書斎机の前には、伊藤彰剛氏の挿絵を貼っている。
IMG_0312.JPG


林氏のデビュー作「ルンルンを買っておうちに帰ろう」のエッセイからの
読者だった私としては、なんとも感慨深い。

林真理子氏ざんまいだった2018年も、あと半月。
posted by H.A at 21:35| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

杜の都に行ってきました

仙台で行われる学会に参加。
途中の福島では雪模様。

IMG_0304.JPG


福島を抜け仙台に着くと、雪は消え安堵。

IMG_0306.JPG

同じ経営学領域とはいえ、日頃触れないジャンルの発表もあり、
新たな情報や知見をゲット。
有意義な午後を過ごせました。

それもこれも、すべて夜の部のため。
アルコール摂取は、労働の後が美味しい。

一人4500円で仙台の美味しいものをいただき、
以下の日本酒も飲み放題。
これは安い!
皆でお銚子でいただくので、すべてのお酒を少しずついただけ満足。

それにしても、どれを頼んでも同じお銚子でくるので、
結局、どれがどれやらわからなくなるのも、ご愛敬。

IMG_0308.JPG

美味しく飲むために働く、最高の働き方ではないか!
(こうして書くと、相当の酒豪のようですが、
 そこまでではありません。
 胃腸虚弱のへたれですから。)
posted by H.A at 11:22| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする