2018年09月14日

サブカルチャー

時折、打ち合わせで利用する六本木のメルセデス ミーカフェに、
人が溢れていた。
こんな人が多いなんてびっくりだ。

打ち合わせ相手曰く、アニメとのコラボをしているからでしょう、とのこと。
確かに、いつもは外が見える窓に、何か絵がある。

IMG_7964.JPG

調べてみると、
国立新美術館で開催されている「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」とのコラボらしい。

https://www.fashion-press.net/news/40780

アニメに疎いので、もっと調べてみると、ウキペディアによれば、
荒木飛呂彦氏による『ジョジョの奇妙な冒険』漫画作品らしい。
『週刊少年ジャンプ』に1986年から2004年まで、
集英社の青年向け漫画雑誌『ウルトラジャンプ』に2005年からと長期にわたって連載されているらしい。

シリーズの単行本は100巻を越え、
累計発行部数は2016年12月時点で1億部超らしい。

2006年文化庁メディア芸術祭10周年記念アンケート企画では、
「日本のメディア芸術100選」にてマンガ部門で2位に選ばれたらしい。

ちなみに一位は「スラムダンク」、
三位は「ドラゴンボール」とのこと。
https://dogadata.com/445


一位と三位は、漫画を読んでは無いが知っていた。
しかし、ジョジョに関しては、一切、情報を私が遮断していたようだ。
きっと、あちこちで情報に触れる機会はあっただろうに。


今や我が国は、昭和に一世を風靡したモノづくり大国としては影を潜め、
アニメなどのサブカルチャーが、我が日本が他国の中でアイデンティティを誇れるものになっている。

よって、その中でも人気があり、かつ美術館で披露されるほどの作品だというならば、
読んでみたい。
誰か、お持ちの方、貸してくださらない?
宅配送料は負担します。

IMG_7965.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 文化芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫画『義母と娘のブルース』

『義母と娘のブルース』(2011)ぶんか社 桜沢鈴

TBSのドラマ『義母と娘のブルース』は見ごたえがあります(上から目線ですみません)。
http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/

毎回笑って泣けますし。
そこで、原作が気になり購入し読了。

IMG_7969.JPG


うーん。
原作の漫画の設定、ストーリーは、
オリジナルとしてリスペクトします。
が、ドラマはそれ以上に面白い。
ドラマ制作側が、原作のオリジナリティを、
脚本と演出で盛り上げているからと思われます。

かつ、綾瀬はるかちゃんだからこその
演技力、透明感、声が良いし、かわいいし。
竹野内豊さにゃ、今を時めく佐藤健君含め、
キャスティングも秀逸なのでしょう。

そうはいえ、オリジナルあってのドラマとしての「盛り」。
アダム・スミスのいう「分業」が、付加価値を産んだのでしょう。

ささ、いよいよ来週は最終回。
楽しみです。
posted by H.A at 07:10| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする