2018年06月04日

サワコの朝 山田洋二監督

6/2の「サワコの朝」は、山田洋二監督だった。
寅さん好きの私は、コーヒーを飲みながら鑑賞。

山田洋二監督は東大らしいのだが、しかし、就職が全くうまくいかず、
松竹の助監督職にやっとやっと拾ってもらったとのこと。
その後も、なかなか目が出ず、
生活のために脚本を書くようになり、
脚本が書けるなら短い作品作ってみろ、ということより、映画監督としての仕事が始まったらしい。
同世代よりは、遅れてのデビューだったとのこと。

初めての作品は、特にヒットもしなかったが、それがよかったと。
デビュー作が大ヒットだと、後に作る作品が総てそれと比較される。
それは辛いと。

なので、あの程度でよかったと、今だから言えると山田洋二監督はおっしゃていた。

70も過ぎた監督が、江戸っ子調で小気味よく過去のことや、
自らの監督哲学などを語られることが、
今の私に、スーッと染み入ってきて、録画ファイルを保存にした。

今活躍している人は、最初から順風満帆というわけではない。

人生というのは、長くて、良い時もあれば悪い時もある。
つい、せっかちに「今」の最上級を求めてしまうけれども、
未来のいろいろを考えると、「今」はそこそこであることが、
結局は未来の「今」を引き上げることもある。
そんなことを、考えていたら、美空ひばりさんの「川の流れのように」が頭の中に浮かんできた。

思うようにいくことばかりではない、のは、
きっと私だけでなく、皆そうなのだろう。

おそらく、老若男女皆が、それぞれ忸怩たる思いを抱え、
選ばなかった道、選べなかった道を時折たどってみたりしながら、
年を取るのかな、などと考えている。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説「西郷どん!」

大河ドラマの原作 林真理子著 小説「西郷どん!」を
飛ばし読みした。

IMG_7179.JPG

日本の大変革期である幕末を舞台にした歴史小説は多く、
歴史に疎い私も、なんとなくの当時の感覚を得ることはできる。

当時の論点は
・統治者の交代
・国際化の是非
になるが、この組み合わせの相違が、戦いの基になっていることは、言うまでもない。

今と違って、国際化と言っても、さっぱり想像もできなかったであろう。
島国であるというのは、島国だけですごすには楽であるが、
海を渡った他国との交流は、今も難しい。
物理的にも、精神的にも。

そんなこんなで、当時の日本は、お江戸から遠くなはれた、
鹿児島、山口、高知の皆さんの努力により変革がなされた。
徳川家としては、遠くに追いやって、参勤交代で疲れさせて、などと考えたことが、
結局は裏目にでたわけだ。

小説の中で、西郷さんに誰かが放つセリフ
「いつの世でも勝者というのは、なんと傲慢なのでしょうか。
 なあ、西郷さん。
 勝者と敗者などどというものは、あっけなく入れ替わるものだと、
 あなたはよくご存じでしょう。」

現世において、勝者として君臨している、おそらく歴史を学んだであろう大人たちも、
年を取るごとに、平家物語から言われてきた、驕るもの久しからずの道理を、
忘れてしまうのだろうか。
テレビニュースに登場する方々に、問うてみたい。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする