2017年05月12日

初めてのお給料

朝ドラ ひよっこ。
茨城県の北部に住む家族が舞台。
時は昭和40年前後。

今日は2回目の泣き。

1回目は、
集団就職で東京に出ていく時の親子の別れ。
特に、主役の友人、リンゴ農家の三男坊は、長男ではないから、どちらにしろ家を出なければならない。
だから、その母親は、家を快適でないものにしておくことが、三男坊のためと、
終始きつくあたっていた。
ということを、高校卒業後、東京に向かう前後に吐露した場面。

2回目は今日。
頂いたお給料を、工場で働く女子たちは、ほとんど実家に送る。
青春真っ只中で、可愛いお洋服を買うのも我慢して。
そこに送られてきた、お母さん手作りのブラウス。

ひよっこ、朝からほわっとします。
posted by H.A at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする