2017年02月01日

本を読む男(ひと)

電車の中で、座って文庫本を読む男性あり。
その男性、頭頂部をふわっと膨らませて前髪でおでこを隠すという若者のヘアスタイル。
つまり、若いのだ。

過去の観察事例より、電車内で本を読む人は総じて中年以上だったため、
(テスト勉強は除く)
目についた。

老若に関わらず、スマホを眺める人がほとんどの中で、
書籍を読むという所作が、神々しい。
特にその彼は背筋を伸ばし、ページをめくるとき意外は、微動だにせず、
本の世界に没頭している。

よく観ると紺色のコートの質も良さそうだし、
ひざの上にのせてある鞄も機能的で品がよい。

スマホで安易に情報を得るという行為が醸し出す空気とは全く違う空気が、
本を読む、という所作から醸し出される。

その付近で私はメルカリ見たり、ツイッターを眺めたりと
忙しないことこの上ない。
我ながらみっともない。

その男性の横が空いたので、おずおずと隣に座り、
私もリュックから文庫本を取り出し、眺めてみた。
(隣が気になり読めない、眺めるだけ)

スマホからは距離を置く、そんな生活をそろそろ取り戻さないといけないな、
と感じた2月最初の朝。
posted by H.A at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

珈琲か紅茶でしょ

ドラマ「カルテット」、主題歌を出演者が歌うが、その歌の上手さに感動している。
あそこまで上手いと、カラオケで素人は歌えない。
素晴らしい、これこそ、芸を生業に芸能界で生きる人なのだと思う。
(テレビを見ていると、芸人さんがしきりに「素人だから」と一般人を馬鹿にしたように言うが、
 芸人として、何が他と特化した芸なのか、わからない人も芸能人として存在する)

さて、そのドラマ、ケーキを食べる場面でひっくり返った。
ケーキにペットボトルのお茶だったからだ。

IMG_3054.JPG

ひーーー。
そういう時代になったのだろうか。
それとも、あえてドラマでそうしたことしかできない役柄の演出をしたのか。

両方かな。
しかし、ケーキは、やはり陶器か磁器のカップで、珈琲か紅茶でしょ。
と思うのは、過ぎ去った昭和なのだろうか。
posted by H.A at 19:12| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

備えあれば憂いなし

昨年は節分の鬼の面を入手するのに苦労した。
http://bouchukan.seesaa.net/article/434539116.html

よて、今年は1月に節分関連のものが店頭に出たと同時に購入。
鬼の面は早々に我が家のリビングに鎮座していた。

IMG_3055.JPG

鬼は外です。
福は内です。
とにかく健康に過ごせますように。

恵方巻も、京都の清水寺で祈祷した海苔を使った、というものを成城石井で購入。
鬼は外です。
福は内です。
心穏やかに過ごせますように。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うさぎのまうす

職場のパソコンのマウスが壊れたので買った。
ウサギ模様のマウス。

マウスなのにウサギ。
1人でうけている。

女子力の高い男子ゼミ生が「かわいい」と言ってくれた。
IMG_3037.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

九段下で乗り換えて

東西線を九段下で降りたら、駅で流れる音楽が爆風スランプの「大きな玉ねぎの下で」だった。
♪九段下の駅で降りて坂道を・・・

半蔵門線に乗り換えたら、しんちゃんだった。
IMG_3041.JPG

楽しい。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『東京タラレバ娘』

ドラマでやってますが、私は読書で満喫、『東京タラレバ娘』。
講談社 東村アキコ著。
IMG_3023.JPG

漫画です。
結婚を夢見るアラサーの話。

「東京」の枕詞が付くのは、東京の街が、やはり他の地方と異なるからだと思う。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑談力不足

ある日の金曜日のゼミのこと。
Y君に
「髪の毛伸びたね」
と声をかけたら、
「月曜日に散髪したばかりです」

あらま。

ある日の講義のこと。
S君に
「髪の毛切った?」
と声をかけたら、
「切ったのは、ずいぶん前です」

あらま。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

ホンダの魅力

2016年度最後の経営戦略論の講義には、
本田技研工業の地域事業企画室 環境推進センターの阿部知和センター長に
お越しいただき、ホンダの経営について講義していただきました。

同社が、米国への参入が日本車メーカーでは最も早かったことや、
二輪車の売り上げが四輪車よりも格段に多いことなど、
興味深い話題が盛りだくさんでした。
また阿部氏の専門の使用済自動車の再資源化についてや、
米国の政策による今後の変化など、時機にあった話も伺えました。

若い人の自動車購入意欲が低減していると言われていても、
やはり男子学生はクルマ好き。
阿部さんの話がわかりやすいのもありますが、皆、聴き入っていました。
活発な質疑応答もなされて有意義な講義でした。
ありがとうございました。

IMG_3027.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日が立春だったので梅を愛でに出かけた

広島に住んでた頃は、庭の花や木が季節の移り変わりを教えてくれたが、
今の住まいは、テレビが「立春を迎え」と流していたので、
ああそうだったと、気づいた。

そこで、立春ならば梅を観に行かん!と論理的飛躍の行動で、いざ、湯島天神へ!
来週から梅祭りらしい。
IMG_3059.JPG

午後から雨というので早めに到着。
10時前ながら、受験シーズンということもあるのか、多くの人で賑わっていた。
受験生のご両親と思えるご夫婦が、境内に入るときに深くお辞儀をされていた。
絵馬を眺めると、泣けてくる。

梅は六分咲というところか。
IMG_3061.JPG

男坂。
IMG_3064.JPG

女坂。
IMG_3063.JPG

湯島天神の周囲を散歩していて見つけた、梅の赤と白。
IMG_3070.JPG

画廊甘味屋でいただいた和菓子にも梅の赤と白。
IMG_3072.JPG

湯島天神は、人のいない季節にひっそり行くほうが、風情がある。
また、季節を変えて寄ってみましょう。

それにしても、受験結果はある程度合理的。
自分の学びの結果の数値がすべて。
受験生、頑張れ。

その後の人生は、不条理なことが多いのだから!
posted by H.A at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表参道のスペインセレクトショップAIREアイレ

友人が経営する表参道のスペインセレクトショップAIREアイレ
残念ながら3/20(月・祝)をもって閉店とのこと。

一度は行きたいと思いながら行けず、
閉店を間際にしてようやく訪問できました。
スペインの情報発信基地として頑張っていらしたのですが、
表参道の一等地での物販は経営的に難しいらしい。
ネット販売は継続するそうです。

オーナーのふきこちゃんが用意してくれた簡単なおつまみやワインなどをいただきながら、
そうした話を聞きました。
IMG_3043.JPG

スペインのお料理も。
(短く切ったパスタらしい)
IMG_3044.JPG

私もヘアアクセサリーを購入。
アグレッシブな友人の新たなステップを楽しみにしたいと思います。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

隠れまさしたん

さだまさし氏好きなので、NHKの「2016さだまさしコンサート at 東京国際フォーラム」鑑賞。
https://bh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=505-20161030-10-13768

昔の歌が多くて懐かしいし、話も面白くてテレビの前で爆笑。

さださん曰く「関白宣言」を出した当時27歳くらいだったと。
女性蔑視だと非難されたと。
どちらにしろ、曲を出すたびに非難されてきたと。
「精霊流し」は暗い、
「無縁坂」はマザコン、と。

そのつど、皆さんファンとして隠れたでしょ?とまさし。
「隠れさだしたん」もしくは「隠れまさしたん」として。
今はもう大丈夫ですね。と。

だからというわけではないのですが、
無縁坂を歩きました。
以前訪れたときは、こんなきれいなボードではなかったような・・・
IMG_3067.JPG

岩崎弥太郎家の横の道。
坂を登れば東大が見えます。
IMG_3069.JPG

♪忍不忍無縁坂・・・
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

栃木県で佐野ラーメンともみじ饅頭

仕事で栃木へ。
人生二回目の栃木訪問日は強風で、駅に降り立つと風に吹き飛ばされました。
メリーポピンズもびっくりです。

寒いので、佐野ラーメンなるものを、万里でいただきました。
並んで(並ぶときは屋内でも寒い)。
IMG_3075.JPG

あっさりスープだったので、呉のモリスで育ったものとしては安心。
美味しゅうございました。

訪問した企業では、工場見学の後に、社長さんが来客からいただいたので、
皆さんでいただきましょうと、もみじ饅頭を出してくれました。

栃木でもみじ饅頭。
なんだか嬉しい。
IMG_3079.JPG
posted by H.A at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

芳根京子ちゃん

朝ドラ「べっぴんさん」のストーリーが今一つピリッとしないことに
ちょっと(ちょっとです)イラッとしながらも観ているのは、
主役の芳根京子ちゃんが、可愛くてかつ演技がうまい、と思うからです。

若手女優さんがガンガン出ている同ドラマは、
どう見ても同世代同士で親子役を演じていたりして、
無理があるような気もしないでもありませんが、
可愛いのでよしとしましょう。

芳根京子ちゃん、引き続きチェックです。
https://yoshinekyoko.amebaownd.com/
posted by H.A at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

異次元

昨夜のこと。
金縛りにあった(と思う)。
起きようとして起きた、と思ったら、それはまだ夢の中で、
世界の色が違った。

なんとかこの悪夢とまでは言わないが、夢の中から抜け出ようと、
起きようとするのになかなか目が覚めない。

うーとかあーとか自分ではもがいたと思っているが、なんとか目が覚めて、
とりあえずトイレに行った。
これで悪夢からリセットだ。

それにしても、すでに忘れてしまったが、二層になった面白い夢だった。
少なくとも金縛りにあった世界の私は、今の私とは異なる世界観に住んでいた。
これは小説にするとよい、が、いかんせん覚えていないので、どーしようもない。

そういえば日経新聞の夕刊の小説、川上弘美さんの「森へ行きましょう」は、
最初は楽しく読んでいたのだが、
異次元に住む同一人物の主人公(名前が漢字とカタカナで分類してある)という設定に加え、
時代が今になったり過去になったりで、わからなくなって読むのをやめている。
一挙に本で読むのなら、前に戻って確認できるが、
夕刊にてのチョイ読みには難易度が高い。

もとい。
今夜は金縛りにあいませんように。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

映画「天空の蜂」

今更ながら映画「天空の蜂」を家で鑑賞。
http://tenkunohachi.jp/cast/

原作は東野圭吾、小説ではあまりに技術的要素が多くて、冒頭で挫折。
そのまま読むのをやめてしまったという苦い経験を持つが、
映像化により、これはものすごい社会的課題を突き付けた内容であることを実感。

要は原子力発電の是非を問う内容。
ちなみに小説は、3.11の随分前の1995年に発刊されている。
映画では、原作と3.11をうまくつなげて、
「沈黙する群衆」に課題を投げかけている。

ドラマとしても、上記の人の命と引き換えのエネルギー問題を考えるテーマとしても
見ごたえあり。
オススメなどの軽い言葉では言えないくらい、推薦。

ある意味、シン・ゴジラ的要素があります。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

「幻の穀物危機」

最近、篠田節子さんの小説が好きで、よく読んでいる。
先般は『マエストロ』 (角川文庫)(2005)を読み、
やはり来世は音楽家になりたいと、意を強くした。

さて、このたび手に取ったのは『家鳴り』 (集英社文庫)(2013)に入っている
「幻の穀物危機」という短編。

東野圭吾氏の「天空の蜂」が原子力発電に対する課題提起だったのに対し、
これは食物供給を当たり前と捉えている都会人への課題提起だ。
3.11のもっと大きな被害が起きた時が描かれている。

東京に何もない、住めないので、
西へと逃げてきた東京人を、畑を耕して営む人たちが冷たくあしらう。
最初は相互扶助の精神で対応するが、そんなことを言ってられないくらいの事態では、
狂気の沙汰になる、のようなことが内容だ。

何というか、何とも切実。
快適な生活は、現在の制度が機能していることで保たれていることを忘れている。

ベランダでハーブでも植えてみようかと思うが、
今の我が家は、なぜか、あっという間に鉢物が枯れる。
食料対策、他人事では無い。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

六本木歌舞伎 座頭市

実は私は、歌舞伎をこれまで観たことがありませんで。
歌舞伎未経験者には、とても良い鑑賞デビュー作であると思い、
行ってきました「六本木歌舞伎 第二弾 伎座頭市」。
リリー・フランキーさん脚本ですからね、なんだか楽しそうです。

IMG_3102.JPG

たまたまゲットした席が、なぜか前のほうで、かつ中央で!
(すみません、少し自慢させてください)
海老蔵さんが、ステージから降りてきて、目の前を歩くのですよ。
横顔の鼻の高さは、芸術です。

歌舞伎のイロハも何もわからないながら、生演奏を楽しみ、
役者さんの軽やかで重厚な演技に魅かれ、満喫満喫。
所謂普通の歌舞伎を観に行ってみようと思います、海老蔵さんのを。

ところで、芝居の途中で寺島しのぶさんが歌うところかありまして、
これが無茶うまい!
松たか子さんと言い、やはり芸を生業としてきた家系は、発声の格が違う。
(歌だけではなく、演技も最高に良かった)

ということで、感激した鑑賞でした。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

日本茶をいただいて気づいたこと

ささ、論文を書こうとパソコンの前に座って、まずすることは、
我がブログ、これですね、これを読むこと。
過去の同月を、つまり今ならば、2016年の2月、2015年の2月・・・と振り返って読む。
バカと笑ってください。

さて、過去のブログを読んでいて気づいたことは、自分がお茶好きだったこと。
昔は、というか広島時代は、日本茶、紅茶、珈琲・・・機会あればいろいろ買って、
カップに凝って飲んでいた。

ところが、今や、
気に入っていたティーカップ類は、二度の引っ越しを経て棚の奥に収められ、
使うのはトトロのマグカップ。
珈琲は好きなので、いろいろ試してはいるが、それでも注ぐのはトトロ。

いかん!
生活の質が落ちている。

といったところに、
「家族の会食で伊東に行ったので」と、静岡のお茶をいただいた。
とても嬉しかった。

IMG_3095.JPG

そーだよ、私は日本茶が大好きで、広島時代から神楽坂まで買いに行っていたほど。
しかし、東京に住み始めてから一度も、神楽坂のお茶屋さんに買いに行ってもいない。
http://bouchukan.seesaa.net/article/98813283.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/100463019.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/106016415.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/107383588.
http://bouchukan.seesaa.net/article/278254729.html

いかん!
生活の質が落ちている。
もう少し潤いのある生活にしますわ。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

「草枕」に寄せて

最近考えること。
「智に働けば角が立つ。
 情に棹させば流される。
 意地を通せば窮屈だ。
 兎角に人の世は 住みにくい。」
夏目漱石さんに一票。

バレンタインデーなのだから、
国生さんのバレンタイン・キッスくらい歌おう!
IMG_3021.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

大河ドラマにあやかって

IMG_3111.JPG

小さなカステラが美味しくて、かっぱえびせんのように
食べました。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「橋下×羽鳥の番組」

テレビ朝日の月曜夜の「橋下×羽鳥の番組」、
番組名、そのままやん!と突っ込みを入れつつ、これ面白いです。

お金をかけずに、橋下さんの力量だけに頼った番組だと思います。
橋下さんの頭の良さと実行力が如実にわかります。

これを観ていると、自信が無い人のしゃべり方の特徴が明らかになります。
・相手の言うことを聞かない
・相手が話している途中に、さえぎってしゃべる
・相手を指さしながらしゃべる
・批判的な物言い、けんか腰でしゃべる

他人のふり見て我がふり直せ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

春の先どり

春一番が吹くという二日前の夜中、私に春は来た。
さらさらした鼻水との格闘が始まったのである。
アレルギー症状である。

そして春一番が吹くという前日の出張では、
午前中の会議でくしゃみが止まらなかった。
午後の面談は、セブンイレブンでローションティッシュを買い込んで、
鼻をかみながら話をした。

大変。

皆さんもお気を付けくださいませ。

そして発熱・・・あなたもご自愛を。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

デトックス

朝ドラ再放送「ごちそうさん」がいよいよ佳境に入ってきた。
特に今週は三大泣きの一つ目。
ちょうど3年前も、この時期に同じものを観て、同じように涙している。
http://bouchukan.seesaa.net/article/389323509.html

末っ子のかっちゃんの自立による旅立ちは、それも死にに行くような旅立ちは
不条理しかない。
あの頃(戦争時代ね)の人は、その不条理を飲み込みながら生きるしかなかったのだろう。

それを想えば、現代社会での子の旅立ちは、理屈上は喜ぶべきことばかりなのだと思う。
理屈上は、ね。

さて、そうしたかっちゃんのこもごもを、私はアレルギー症状で体調絶不調の中観ていた。
昨日は熱が38度を超え、弱り、
もうこのまま二度と飲みに行く元気もないままではないかと、心配していたが、
温かくして汗をガンガン出したら、今日はすっきり。
肌艶もよいし、脳内を掃除した感じ。

振り返れば二月に熱を出すことは多い。
今回はアレルギーと、二月頭に体験した久しぶりのストレス対応による知恵熱が要因かと。
まあ、こうしてすっきりして何より。
posted by H.A at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランスで広島のお酒を飲む

広島県は、県のブランド構築を日本酒に求め、
広島産の日本酒をあえてフランスに売り出そうとしています。
というか、その動きを3年前より始め、実績をあげつつあります。

というのを、広島県の国際ビジネス課にヒアリングに行きました。
ビジネスセンスあふれる湯崎県知事のトップダウンによる事業のようですが、
国のチョイスと、商品のチョイスは粋ですね。

これ、ボトムアップでしたら、
フランスに行きたいだけでしょ、
お酒が飲みたいだけでしょ、
と言われることは目に見えている。

トップダウンで堂々とできるというのは、うらやましい!
もちろん、行くからには成果を上げねばならないと、
公務員の粋を超えた仕事の仕方、非常に学びになりました。
お忙しい中、ありがとうございました。

なので、私もちゃんと論文にします。

国際ビジネス課の方からいただいた厳島神社の柄のおちょこ。
と、家族に買ったお土産。
(にしき堂さんは総じて値上げをしましたね。
 一般人には高すぎます)
IMG_3123.JPG
posted by H.A at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

日比谷公園

初めて日比谷公園を散歩しました。
まだ、冬の景色ですね。
NYのセントラルパークのような雰囲気。
IMG_3127.JPG

一部に梅の花が咲いていました。
IMG_3132.JPG

しかし、散歩するには寒い日でした。
IMG_3147.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夕焼け

IMG_2883.JPG

IMG_2858.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『女たちのジハード』

広島の同世代の友人が、東京にある某大学の大学院の受験に来ている。
ホテルは乾燥するから、部屋のバスタブにお湯を張って、ドアを開けて寝たらよろし、
のようなメールを送りながら、
遠い昔、私も立教大学の大学院を受けに来たことを思い出した。

あれは30代の頃で、今より若くて、でも元気が無くて疲れていて、
実力もないのに夢ばかり大きくて、しかし未来に希望が無かった。
受験の前の日は眠れずに、池袋のメトロポリタンホテルで悶々と夜が行き過ぎるのを待った。
仕方がないので友人に電話につきあってもらったな、と。

その頃の私と、冒頭の友人とは同じではないが、何かどーにかしたくて、
という歯がゆい気持ちは共通だろう。

とか思いながら、篠田 節子さん著の『 女たちのジハード』(2000) (集英社文庫) を読んだ。
浅田次郎氏の『鉄道員(ぽっぽや)』と同時直木賞受賞した力作だ。
(審査員はどちらかを選べなかったらしい)

これは主に20代から30代のOLの、混沌を描いたもの。
20代は若くて綺麗だが、一番つらい。
なぜなら選択肢がありすぎるからだ。
私はこれ!と一つに決めてそれにまい進する人は、よい。
そうではなくて、自分に迷い、将来に迷い、
描く未来と現在の自分とのギャップを認めることや、
理想と現実のギャップを飲み込むことは、辛い。

そして仕事だけではなく、女子の場合は描く未来に結婚というものが大きく絡む。
なんだかんだで配偶者によって人生は大きく変わる。
そうすると、恋の駆け引きも20代の頃はいろいろあって、
こちらから電話するとか、誘うとか、待つとか・・・
(あーーー、そうだったな、20代の頃はそうだったなーーー)


タラレバ娘と趣旨は一緒ですが、『女たちのジハード』のほうが現実的。
(偶然出会う、などの連続は日常でないのだから)

これは大人の女子にオススメ。
20代女子は読むと、辛いと思うので。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

大河ドラマ『おんな城主 直虎』が面白い。
前回の真田丸では山本耕史さんの演技が光っていたが、
今回は、今を時めく高橋一生さんでしょう。

そして今後キーになるであろう徳川家康君(阿部サダヲさんね)が、
雀を愛でているシーンが気になっていた。
先日散歩した日比谷公園には雀がたくさいて、
それと関係あるのだろうか、などと考えている。

なにせ、広島の平和公園は鳩だらけ!
なので、雀だらけに、驚いたのです。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

二十歳の頃の経験から、CSRの魂を探る:千葉市と敬愛大学の連携協定の一環で

たまには仕事の話。

千葉市との連携協定に基づいた戦略的CSR支援事業の一環、二年ゼミ生が頑張りました。
千葉市のHPに掲載されています。

これは二十歳の学生が、経営者の二十歳の頃をインタビューし、
その頃の経験や想いが、今の企業経営の哲学やCSRにいかにつながっているかを
レポートしたものです。

今年が初年度、次年度以降も千葉市さんとのこの連携は継続の予定です。

https://www.city.chiba.jp/keizainosei/keizai/kikaku/csr-keieisya-interview.html
posted by H.A at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

薬ではない

IMG_3184.JPG

実は、チョコです。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

あんトースト

初めて食べたあんトースト。
IMG_3193.JPG

バターだけで十分おいしいです。
餡は、お餅のほうがあうと思いました。わ。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

路地沿いの喫茶店

待ち合わせたプロントが、貸し切りで閉まっていたので、
急きょ、こちらのお店に変更と連絡あり。

画廊喫茶みろ

プロントの横と聞いていたのに、無い。
どこじゃい?
と横の猫が通るような細い路地を入っていくと、ありました。

笑ってしまうくらい古い、失礼趣のある昭和な喫茶店。
こういうお店好きです。

画廊喫茶ということで、クラシックがかかっています。
画廊喫茶なので、「美」にこだわりがあるのかと思いきや、
コーヒーカップとソーサーが不一致だったり、
カップとポットが不一致だったりで、笑えます。

陶磁器にはこだわりがないようです。
IMG_3206.JPG

最近、胃腸がよくないので、珈琲ではなくホットミルク。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

映画「相棒-劇場版IV-」

尊敬する人 杉下右京さんに会いに行ってきました。
映画「相棒-劇場版IV-」

IMG_3199.JPG

カメラアングルがこれまでと異なる感じがしました。
例によって、前半少しシエスタ。
映画を観に行くたびに、シエスタ中になにがあったか推測する想像力が鍛えられます。

それにしても、岸部一徳氏演じる官房長が出ないのは寂しい。
ドクターXでもそうですが、岸部さんは存在感があります。
役柄としても、右京さんと対等に論じ合うというのは官房長だけだったなと。
早くに殺しすぎましたね。

さて、官房長を偲んで、よく官房長と右京さんとが話をしていた日比谷公園の
日比谷茶郎に行ってみました。
テラス席はまだ寒いですね。
IMG_3172.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学位取得おめでとう

たまたま食事会の最中に、
指導教授から、博士論文の審査に通ったと連絡があったと、同僚。

めでたい!
博士論文を書くのは、それもクラシカルな分野で書くのは大変。
8年がかりということで、大笑いしながら、祝杯!

IMG_3211.JPG

同僚の歌うゆずの「栄光の架け橋」は胸にしみました。
おめでとうございます!
posted by H.A at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明太子

九州のお料理屋さんで、隣の席の若夫婦が食べていた明太子もつ鍋。
気になって、気になって、食べに行きました。
この明太子の量!

IMG_3202.JPG

しめは、ご飯とチーズと大葉のセットを頼んでチーズ明太子リゾット。
しばらく、明太子は食べなくてもよいです。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

日常

ブログではあまり書いていませんが、もちろん仕事もしています。
当たり前ですが、誤解のないよう。

IMG_3177.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二月末

2月最初に訪れたころより、梅の花が色づいていました。
湯島天神。

IMG_3229.JPG

広島の庭のしだれ梅も、咲き誇っていることでしょう。
posted by H.A at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2K540

仲良しの友人と散歩するのに、面白いところはないかとネット検索していて見つけた2K540。
御徒町駅と秋葉原駅の間の高架下。
現代風にリノベーションされて、お洒落なショップが並んでいました。
2K540  http://www.jrtk.jp/2k540/

JR東日本、なかなかやる〜。

IMG_3232.JPG

友人と、あっちのお店みたり、こっちのお店みたり。
積もる話もあり、コーヒー飲んでみたり。
IMG_3234.JPG

また、ゆっくり行きましょう。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

give and give

無意識のgive and giveを具現化できる友人Nちゃんがいる。
Nちゃんは私と年齢も出身大学も同じ、家族構成もよく似ていて、背格好もほぼ同じ。
しかし、内面が明らかに違う。

私は悲しいかな、give and giveを無意識にすることができない。
意識してもできないし、takeを求める。
恥を知れと、自分に喝を入れたいくらい、私は自己中心の具現化だ。

Nちゃんにはよく遊んでもらうが(飲みに行くが、かな)、彼女の考え方に触れることで、
少しは私も人間的に成長できるのではないかと期待している。

さて、最近、仕事で知り合った某公務員の女性の方Oさん、
この方も無償の愛をくださる。
公務員なので、市民県民国民のための仕事が仕事だと言ってしまえばそうだけど、
そうした計算はおそらくOさんにはない。

Nちゃん、Oさん以外にも、私に人間としての生きざまを教えてくれる人はいる。
学生から、特にゼミ生からも学ぶことは多い。
ありがたいことだ。

優しい人になれますように。
強い人になれますように。
雨の日でも、お日様のような人になれますように。

一番なりたいのは、そうしたことを全部兼ね備えた、魔女。
なんじゃい!
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おかげさまで

誕生日となりました。
気づくと半世紀、経ちました。
皆様のおかげです。

IMG_3192.JPG

人間力を鍛えて、魔女になりたいと思います。

IMG_3237.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする