2016年12月13日

ありがとう

三年ゼミ生との忘年会。
ムードメーカーからの重大発表があったことも盛り上がった一因ですが、
何より全員揃ったのが素晴らしい!笑笑

留学生7名と日本人2名の、色んな想いを抱えた9名のダイバーシティゼミ。

ムードメーカーの留学生が言うのです。
「僕はゼミは休まない。
   僕は家族と離れて日本に来ていて、先生がお母さんみたいだから、休まない。」と。
そして、
「誰かがゼミを休むと、僕も寂しいけれど、
  先生が一番寂しそうだ。
  だから、皆、ちゃんとゼミに出よう」と。

一人泣く中年あり。

そして、二次会のカラオケ。
私はいつも一次会で抜けていたのだけど、
せっかくこうして揃ったのだからと、カラオケも一緒に。
留学生が気を使って日本の歌を選ぶ。
もちろん中国の流行歌も、皆で口ずさむ。
よし、日本人も負けずに歌おう!などと、楽しく過ごした忘年会。

秀逸は留学生の歌う、大橋卓弥のありがとう の歌。

号泣です。
ただ、歌う二人の音が微妙にずれて、大爆笑です。
笑いながら泣きながら、留学の重みを感じました。

可愛い可愛いゼミ生です。
posted by H.A at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤いシャツのアップルストアのツンデレ

アイフォンの画面が割れて、アップルストアに修理の予約をしたら、最早で一週間後と言われた。
しかし、ひび割れは徐々にひどくなる。入力も難しくなる。

よって、アップルストアに再度連絡し、昨夜に変更をしてもらった。
この予約や変化も、すべてホームページ上で電話予約をするという、なんともシステマチックになっている。
便利な面もあるが、分業体制なので、電話応対の係りの人が、アルバイトなのだろうか、今ひとつ子どもの使いのようで、知りたいことを知ることができないのだ。

まあいい。
昨夜向かったアップルストア@銀座。

以前、冷やかしで一度、一階フロアのみ入ったことはあったが、
修理は4階らしい。
壁のようなエレベーターに乗って4階へ。

一階フロアも芋の子だったが、4階も予約制にも関わらず多い。

19:10の予約で少しでも早くできればと19:00に入店して、椅子に案内されて待つこと少し。
結局、スタッフの方が私のところに来たのは、予約時刻通りだった。

故障対応も全てシステマチック。
余計な会話は無い。

懸案事項であった今日中に修理が終了するかは、
おかげさまで、20:45仕上がりで安堵した。

時間になり、引き取りに行くと、これまた21時閉店のアップルストアは、芋の子。
引き取りに来たお客さんでいっぱい。
並んで待って、新しい表面になったアイフォンをいただいた。
再び安堵。

しかし、たまたま修理後のアイフォン渡しという、
私の係りになった年配の女性は、
相談や質問を忙しいから一切受け付けません!オーラを出しまくりで、
気の小さい私は、質問できず、ありがとうございました、とも言われず…
あれは、アップルストア統一の赤いシャツが泣く。

そうはいえ、再び落とした時のために、表面の保護シールを買って貼付して帰りたい!
二階のアクセサリー売り場に行くと、ジローラモに似たスタッフが、すぐに対応してくれた。

ガラスのシートを買うと、ソフトバンクショップだと、
自己責任で自分で貼るように!と言われるが、
ここではジローラモさんが、
僕が張りますから、安心して!と
ちゃんと磨いた上で専用の機械で綺麗に貼ってくれた。
さすがジローラモさん。

ジローラモさんは、透明ガラスの壁のようなエレベーターに乗った私を、最後まで見送ってくれた。

アップルストアのツンデレ体験の月曜日の夜。
IMG_2631.JPG
posted by H.A at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする