2016年10月23日

カープでおなかいっぱい・・・というくらいカープ三昧

11月半ばの学会で報告する内容を、ここのところずっとまとめている。
というのも、火曜日に勤務先で研究会があり、その発表者となったからだ。
せっかくなので、研究会では学会報告内容をプレゼンし、
諸先輩方よりご意見をいただけば学会報告の内容もより良い方向に練ることができる。
ということで、この週末は、その準備のために、ずっと籠っていた。
(ちょっと出かけた)
研究報告の内容が、カープに関することなので、カープに関する書籍を読み、
プロ野球に関する先行研究をあたりでカープ三昧。

昨日より日本シリーズが始まったので、応援しつつパソコンをぱちぱち。
パソコンの中もカープ、テレビもカープ、ニュースもカープ・・・

えええーい!
カープでお腹いっぱい

今日は、ここまでにしよう。
それにしても私は2013年に「マツダスタジアムが地域の核になるにはどうすればよいか」
なんて論文エッセイを書いているのですよ。

あれから3年、こんなに盛り上がっているなんて、びっくりぽんや(古い)
研究論文では、その要因を解明します。
posted by H.A at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めったに食べないお好み焼き

勤務先の近くに、広島出身のオーナーが営む多国籍料理のレストランがあった。
いろんなものがあるとのこと。

先般、会合で伺った際は、パーティーコースだったので、出なかったが、
「広島風お好み焼き」があるとのこと。
オーナーさん(奥様ね)と広島の話を少しして、
広島出身者が、お好み焼きに「広島風」と名付けるのは不思議ですねというと、
関西風を期待される方が多いとのこと。
なので、誤解を生まないように「広島風お好み焼き」。

なるほど。
広島人だけだな、広島で食べるお好み焼きが、普通のお好み焼きだと思っているのは。


と、それから数日後、近所でグルメ屋台祭りがあって、のぞいてみた。
肉やらお好み焼きやら、要は肉をメインにした鉄板を使ってのグルメ屋台らしい。
気になったが、その日の夕食はすでに準備しており、また明日にしようかなと思っていたら、
ちょうど閉店時間らしく、「ソース&マヨネーズ焼き」500円が250円とのこと。
お好み焼きが250円は安いね。

半額に弱いのは、女子の常。
すぐ買いました。

帰宅後、夕食の後に、別腹として「ソース&マヨネーズ焼き」。
温めてワクワク♪

ワクワク♪

ワクワク♪

ワクワク♪

ワクワク♪

ワクワク♪

ワクワク♪

「ソース&マヨネーズ焼き」には、
肉はない。
野菜もない。
具のない焼きそばを、焼いた小麦粉の生地で挟んだもの。
それに卵が一つ乗って、あとはソースとマヨネーズ。
これはね、戦後の食糧のなかった時の食事よりひどいが、名前に嘘はない。

広島人だけだろう、何とか焼き、というと広島で食べるお好み焼きを無意識に想像するのは。

広島風お好み焼きは、戦後に食べるものがないから、せめてたくさんあるキャベツを使って
工夫して作ったのが由縁。
「ソース&マヨネーズ焼き」は広島風お好み焼きでは無いにしろ、
炭水化物ばっかりじゃいかんべ!

250円は250円の価値しかない。
買値がその商品の値段。

別腹が炭水化物は、なんか辛い・・・
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする