2016年09月02日

みんなで腰痛

私を悩ます腰痛は、中学のクラブ活動以来なので、長い付き合いだ。
腰痛は、私の体の柔軟性が乏しいことや、運動神経が皆無に近いことが要因だと思っていた。

しかし、オリンピックのニュースを舐めるように読めば、多くのアスリートが腰痛と戦っている。

腰痛で病院に行けば、筋肉を鍛えろと必ずお医者さんに言われるが、あれだけ鍛えているアスリートも腰痛になるのだから、鍛えてもどーよ、と思ってしまう。

もちろんアスリートの腰痛と私のそれとはレベルが違うので、比較するのも失礼な話だ。
ただ、
腰のチカラと運動による負荷の差異が腰痛だとすれば、レベルの差はあれ、同じなのだろうかと素人ながら考える。

そんな理屈をこねくり回しても、痛いものは痛いわけで、最近は股関節まで痛いわけで、どうしたもんじゃろのー。

ということで明日は鍼というものにトライの予定。
ドキドキ。
posted by H.A at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

キスマークの理由

私の出張と、娘の合宿が重なったので、
小ぶりなスーツケースを一つレンタルしました。

日程は早々に明らかなのだから、すぐにレンタル契約をすればよいのに、
うっかりしていて、レンタル会社に電話をしたのが、借りたい三日前。
すでに予約が入って、小ぶりなのは無い、という。

その中で、ようやく借りれたのが、これ。
IMG_1876.JPG

ちょっと恥ずかしいですが、私が使います。
レンタルですから、許してください♪
posted by H.A at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

うっかり!11周年!

うっかりしてました。
ブログを初めて丸11年が経ちました。
12年目に突入。
http://bouchukan.seesaa.net/archives/200509-1.html

始めたのが2005年9月3日。
あの頃の私は今より若く、ずいぶん細く、だけど、いつも胃痛に苦しんでいました。

今はあの頃より年を重ねましたが、元気です。
ありがたいことです。

いつも読んでくださるあなたに、感謝感謝。
ありがとうございます。

最近、文章がピリッとしないので心を入れ替え、
面白いことを書きますわ。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男気

学会で三日間連続して専修大学に通いました。
初めての専修大学訪問。

掲示板には、ややや!
カープの男気黒田さんの出身校ですからね。
IMG_1863.JPG

大きなニュースにもなります。
専修大学の誇りでしょう。
IMG_1865.JPG

なんと、こんなお茶もありましたよ。
IMG_1867.JPG

一階の自販機ではすでに売り切れ。
IMG_1880.JPG

とりあえず、三階の自販機で3本買いました。

我ながら、腰が痛いのに、ご苦労様です。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

ブーツを買いたい

秋ですね。
鈴木京香さんも秋色です。

IMG_1895.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

温厚な私も怒り心頭

7月のこと。
出張で札幌市内のビジネスホテルに宿泊した。
出張の主催者の方より、ススキノのホテルが便利が良いと指示があった。
どこのホテルが良いかわからなかったので、一休サイトで扱うホテルならば、
それなりに快適なホテルであろうと、そこを通して予約した。
早めの予約で割引もあったので、高層階の部屋にした。

ススキノの高層階。
わくわく。

と、夕方チェックインして、部屋に行くと、あるものが無い。
窓が無い。

窓であろう場所はすりガラスで外は見えず、
そのすりガラスを隠すためのオシャレなカーテンがあった。

しまった・・・
私はチェックイン時に必ず「眺望の良い部屋をお願いします」というのだが、
その日は前日からの強行軍で疲労困憊で、失念していた。

それにしても眺望も何もあったものではない。
外が見えないのだから、高層階も意味が無い。
これなら地下室と一緒だ。

さすがにどーよと、部屋を変えていただきたいとフロントに電話をすると、
「満室で他に無い」とのこと。
おいおい。ちょっと待て。

「窓の無い部屋」というのは、あまりにひどいですよね?と優しく言うと、
「予約時に希望を書かれましたか?」とのこと。

???
ホテルの予約時に「窓のある部屋を希望」とわざわざ書く人がいるのだろうか?
それも、高層階で。

インバウンドの影響でホテルが取りにくいのはわかっていたので、
そこそこ早めに予約していたが、
それだけでは快適な宿を確保するのは不足らしい。

皆さん、ホテルを予約の際は、眺望の良しあしより以前に、
「窓のある部屋希望」との記載をお忘れなく。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

藁にもすがる思い

腰痛から股関節の痛みまでひろがったので、
先日、鍼なるものに行ってまいりました。

思い起こせば、数年前、顔に美容鍼なるものを施術してもらったことがあります。
効果があったかどうかはわかりません。

さて、お若い女性の鍼灸師さんが、私のあっちが痛い、ココが悪いの話をうけ、
腰やら臀部のあたりやらにうってくださるよう。
いかんせん、うつぶせですからね、見えないわけです。

加えて、顔よりは深く刺すことになるわけですから、
恐怖心もある。たくさんある。
そもそもビビりの小心者ですから。

鍼灸師さんとしては、もっと刺したかったようですが、私のビビりぶりより、
身体が緊張しては意味がないと、数本にとどめられたようです。

右の腰は、ズーンときました。
一番悪いところですからね。

成果が出たかどうかは、まだわかりませんが、
もう少し通ってみます。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

同じ轍は踏まない

先日、札幌のホテルで窓がなかったので、
この度の札幌出張では、ホテルチェックインの際に、眺望の良い部屋をお願いした。

おかげさまで、抜け感のある眺望。
朝食のレストランでは、部屋に持ち帰れるコーヒーがあって、嬉しい。

image-48b57.jpeg

posted by H.A at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

くま

出張先の会議に着て行ったTシャツのクマさんが、
大ウケでした。

image-52446.jpeg
posted by H.A at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

期間限定のマロングラッセと要望

羽田空港の伊勢丹で美味しそうなもの発見!
竹鶴のマロングラッセ。

IMG_1911.JPG

訪問先への手土産に何かないかと探していたので、なめるように見ていると、
試食にと一つくださいました。
嬉しかったので、隣にあったチョコを二箱買いました。

期間限定の竹鶴スイーツ、とのこと。


ところで、私の研究手法は草の根的な企業のフィールド調査。
年に2ケタの企業を訪問します。
その際、手ぶらで行くわけにはいかないので、手土産をお持ちするのですが、
その費用を文部科学省は認めてくれない。

書物からの研究だけではない、幅広い研究手法があるのだということを
分かってほしいものです。
posted by H.A at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

♪恋の街さっぽろ〜は雨が降ったりやんだり晴れたり

札幌で開催された学会に行ってきました。
北海道の人口は500万人、そのうち200万人が札幌市に住むという、
札幌一極集中の道です。

その札幌のど真ん中にススキノという街があり、
東南アジアの喧騒のような、元気さを感じます。
知人は新宿の賑わいに似ていると言っていました。

ニッカのおじさんが、見守ってくれます。
IMG_1964.JPG

観覧車もあるのですね。
IMG_1974.JPG

それにしても、北海道まで来ながら、生魚が食べられない私の、残念なことよ。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニシンその1 最北端の酒蔵編

北海道は歴史の浅い土地だ。
歴史を紐解くと
明治2年(1869)新政府は蝦夷地を北海道と改名、開拓使を設置
明治7年(1874)屯田兵制度を設け、北海道の開発に着手

つまり、日本国としては明治以来の歴史となる。
現在私が同僚と共同研究している日本酒造企業の多くは、
豊かな農家なり商家なりが、もっと古い時代から、多角化の一環で酒造りを始めている。
北海道のそれは、大志を持った、あるいは行けといわれた人が海を渡り、
始めた業態だ。

日本で最北端の酒蔵は、増毛にある国稀酒造株式会社。 
最初は呉服屋だったそうな。
(ご案内してくださった方のプレゼンが滅茶苦茶上手でした)

行商でその地にきていた初代本間泰蔵さんが、
本業の呉服商の他に、荒物雑貨販売、海運業、当時この地第一の産業であったニシン漁にも手を拡げ、
醸造業も始めたとのこと。

ニシンの漁で栄えた街では、ニシンが大量だった頃、
飛ぶように呉服も売れたらしい。
その後、ニシンが下火になり、町も廃れ、今では酒造りだけされているとのこと。

北海道と言えばどこでも、必ずニシン漁の歴史が存在して、
なんだか、とても切なくなるのですよ。

もしかしたら私の前世は、ニシンか、ニシン漁をしていた網元だったかも。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

カープが優勝しましたが

昨夜、カープが優勝しました。
半世紀ぶりですから、そりゃファンの皆さんは大騒ぎです。

さて、斜に構えて、かつ人間の小さい私は、なんだか素直に喜べない面もあります。
理由は二つ。
まずは、今日の東京ドームチケットを持っているから。
あと一日遅ければ、歴史的瞬間を生で見れたのにと・・・
なんと小さい私か!

次に、カープファンの多さに疑問があるから。
カープの優勝は、選手たちのこれまでの努力や苦難を思うと、
よかったよかったと、もうそればかりです。
ただ、なんだ、あのどこでも赤いファンたちは!

カープのスタジアムはずっと閑古鳥が鳴いていたのですよ。
だから、ゼミ生と2005年から、いかに集客できるかを、
調査し、考え、カープに提案し続けていたわけです。
赤い人なんて、いませんでした。
2009年にマツダスタジアムができてからも、初年度は別として、
空席は多かったのです。

それが、優勝が見えてきた2年前から、なんだかぐんと増えてきた。
どうなん?あなたは誰?
といった感が否めない。

ただ、考えようによっては、
私のような広島生まれ広島育ちは、カープしかなかったから、
生まれながらに「カープ(だけ)女子」、であるのと比較し、
あまた野球チームがある中で、あえてカープを選んだ最近のファンたちは、
少なくとも「今」は、カープが大好きなのでしょう。

とはいえね、生まれた時から与えられた親は捨てられませんが、
大きくなって選んだパートナーとは離別の可能性もある、のと一緒で、
俄かファンは、いつか離れる可能性もある。

というので、論文書いてます。
「プロ野球チームのドメイン変革に関する予備的考察
 ―広島東洋カープ、カープ女子の事例より―」

年内には活字になる予定。

ま、こんなガタガタ考えても、カープの優勝は努力と忍耐と粘りの賜物です。
素晴らしいことです。
今日は東京ドームで祝福の拍手を送ってきます。
posted by H.A at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カープの三番手のキャッチャー

昨夜のカープ優勝の胴上げ。
「ISOMURA」の文字を発見。
あ、頑張っているね!

今活躍している選手たちは、今年はガンガン打つので、
スポーツニュースなどで、皆さんも名前はよくご存じと思う。

その中で磯村捕手。
高校時代からずっと気になっている捕手です。

というのも、磯村君というのは、私の好きな堂林翔汰君と同じ高校、中京大中京付属出身で、
堂林君より一つ下のキャッチャー。
堂林君が2009年に甲子園で優勝したときは、バッテリーを組んでいたのですよ。


ロッテ戦でも活躍。
http://bouchukan.seesaa.net/article/438499479.html
ファーム時代も。
http://bouchukan.seesaa.net/article/227222805.html

キャッチャー磯村君、今からまだまだ活躍を期待してます!
posted by H.A at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

ニシンその2 留萌本線の終着駅は今は増毛駅

日本最北端の酒造が見学などの受け入れに頑張っており、
http://bouchukan.seesaa.net/article/441810375.html
かつそこを中心に街づくりが行われているというので、
調査に行った増毛の街。

そこには増毛駅という留萌本線の駅があり、終着駅なのです。
IMG_2011.JPG

なんと、2016年12月をもって、留萌〜増毛駅間が廃止されるとのこと。
IMG_2012.JPG

なんだかね、そこに住んでいないけれど、寂しいですね。
時刻表をみると、今も2,3時間に1本しか電車はないようで、
だから住人の方は車で移動され、
より利用者が少なくなって、廃線…という流れなのでしょうが。

日本海もね、泣いてますよ。
IMG_2003.JPG

私はその寂しさにむせびながら、強風にあおられながら、
アイスをいただきました。
IMG_2009.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニシンその3 ここだったのね「駅 STATION」(1982年)

廃線になることで駅の機能が無くなる増毛駅。
IMG_1983.JPG

実はこの駅は、私が大好きな高倉健さんの、
数ある映画の中で一番好きな映画「駅 STATION」(1982年)の、
「駅」だったのですよ、奥さん!
http://bouchukan.seesaa.net/article/431632498.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/311022224.html

日本酒造企業の戦略研究という研究が、
私をこの「駅」に連れてきてくれたのだなと、
愚直に働いていてよかったなと、
しみじみ感じるわけです。

IMG_1999.JPG

倍賞千恵子さん演じる桐子が営んでいた風待食堂がこちら。
今は街の案内書。
IMG_1991.JPG

映画の中の桐子が言うのです。
「この歌が一番好き」・・・八代亜紀さんの舟唄です。
歌いましょう、皆さん。
♪しみじみ飲めばしみじみと〜思い出だけがゆきすぎる〜
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

遅ればせながら「シン・ゴジラ」

大人に話題の映画「シン・ゴジラ」、観てきました。

楽しく観ていたのですが、いつものようにシエスタ。
娘に揺り起こされました。
「武蔵小杉よ!」

観ると、ゴジラが武蔵小杉で大暴れ。
二月まで住んでいたマンションのすぐ横で!

危ない!
実際に住んでたら、昼寝したままやられていたところです。

その後、ゴジラは東京の街をのっそのっそと動き、
人間も英知を駆使して戦うのです。
東京のビル群はことごとく壊滅です。

映画を観終わって、外に出てきらめく高層ビル群を見て、
ほっとしました。
毎日の普通がこんなにも安心するのだと、ゴジラに教えてもらいました。

それにしても、石原さとみ。
映画の中では、高さ15センチくらいのヒールを履いて、
米国大統領特使 カヨコ・アン・パタースン 役を演じていますが、
毎朝観ているBS再放送の朝ドラ「てるてる家族」では、10代でパン屋の冬ちゃんですからね。
なんか違和感。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

25番と24番と3番

カープの優勝が決まった日の翌日の日曜日、
東京ドームにカープVS.ジャイアンツを観戦しに行きました。
土曜と日曜では、試合鑑賞の価値は雲泥の差のような気がします。

そうはいえ、応援用にと、
25番に戻った新井選手の昔のユニフォームを押入れから引っ張り出しました。
IMG_2030.JPG

しかし、前夜のビールかけと興奮で眠れなかったのか、
ベテランの選手は出ず。
新井さんも7回に代打で出場しましたが、からぶり・・・

若手選手ががんばりましたが、7-0で大敗。
来年度は、こんな感じにもどるのでしょう。
なので、せめて今年は、もう少し、いい夢を見させていただきましょう。

それにしても、やはり王者 巨人軍はこのまま黙っていないでしょう。
高橋監督、諸般の事情で、好きです。
IMG_2043.JPG

そして、巨人軍がふがいないと、長嶋さんが悲しみます。
IMG_2041.JPG

看板から観てますよ。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人見知りの人は缶を眺める

以前アメトークで、人見知り芸人だったかがお題だった時、
人見知りな人は、楽屋で一人、飲み物の缶やペットボトルのラベルを
眺める、というか眺めて間を持たせる、のような発言があった。

ことを思い出させた新千歳空港のショップで売っていた缶コーヒーの絵。
日ハムの皆さま。

IMG_2016.JPG

トイレットペーパーと言い、抜かりが無いね、このチームのマーケティングは。
http://bouchukan.seesaa.net/article/440565797.html

時間が無くて買わなかったが、買うなら中田選手のです。私は。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

小説『怒り』

この小説を原作にした映画も封切られるようです。
気になったので沖縄出張のお供にと読み始めたら、舞台が東京と千葉と沖縄。

小説内の風景にリアリティがあって、小説も面白いので、臨場感がありました。

って、上下巻で上巻を読み終えたところ。
後半、どうなるのか楽しみです。

映画、観に行こうかな。
posted by H.A at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

「夏の終わりのハーモニー」ではなく「メロディ」

先日テレビを観ていたら、大好きなサブちゃん(北島三郎さんね)の声が、
高音が出てないのですね。
仕方ないです。齢80を越えておられますから。
ということは、今、歌の上手い人も努力をしても声が出なくなる。

なので、ずっと行きたいと思っていた玉置浩二さんのコンサートに行ってきました。
 玉置浩二 CONCERT TOUR 2016〜AMOUR〜
素晴らしいの一言。
10分の休憩をはさんだ二部構成で、トークは無く歌だけで構成されています。
一部では声の出が今一つだったように思いましたが、
二部の声の伸びは秀逸。

あえてマイクオフしての生声も鳥肌が立つほど痺れます。
季節的に「夏の終わりのハーモニー」を聴きたかったのですが、
今ツアーは、「メロディ」でした。
(二部最後の曲が。その後事前準備のアンコール風に二曲ありました)
♪メロディ いつの間に 大切なものなくした・・・

今日は、その余韻に浸りながら、体調不良でダウン・・・



というのも今夏はアクティブリサーチと、学会参加を意欲的に行い、毎日とにかく動いていました。
その疲れが出たようです。
おかげで多くのものを吸収できたので、今後はそれらの情報を、
自分なりに整理し、論文にまとめたり、教材に活用したりしたいと思います。
そうした忙しかった2016夏の最期の区切りとしてのAMOURコンサートでした。

さあ、オシャレの楽しい秋そして冬が来ます。
Enjoy!
posted by H.A at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

秋の味覚;黒い真珠

東京のスーパーで売っているピオーネは長野産。
広島県三次産はないのかなと寂しく思っていたところ、
三次産の黒い真珠が友人から届きました!!!

IMG_2112.JPG

いよいよ、食欲の秋です。
食欲は一年中ありますから、それが加速する秋です。

ミスドのマロンドーナツも、
IMG_2057.JPG

今年は高いといわれる秋刀魚も。
IMG_2063.JPG

完食して、まだまだ食べたい。
posted by H.A at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本酒と地元陶器のコラボ

企画主催に関与している友人よりご案内いただき、
アリタノカタチ」のレセプションに行ってきました。

この趣旨は、
有田焼の創業400年事業を機に、有田焼の国内市場の需要喚起・拡大に向けた取組をしてきたと、
その成果発表を六本木ミッドタウンで!というもの。

出張帰りで遅れていったのですが、ミッドタウンのフロアを区切り、
神々しい有田焼が並べられ、その奥ではトークショーが繰り広げられていました。
それを聞いてもよし、作品を見て回ってもよし、この自由さがいい感じでした。
(ずっと座って聞くとくたびれる)
IMG_2093.JPG

また、酒造企業の戦略を研究するものとしては、
有田焼と佐賀のお酒のコラボが気になりました。

IMG_2094.JPG

有田焼のおちょこで佐賀のお酒をいただき、そのおちょこはお土産でいただけたのです。
外には、軽食レストランの場が設けられていて、
そのお皿も有田焼で、お土産にいただけたのです。
IMG_2095.JPG

あいにく、前日のお酒が残っていて(馬鹿です)、
お料理はジンジャーエールとともにいただきましたが、
このように佐賀のお酒がずらり。
IMG_2098.JPG

佐賀は400年の歴史を持ち世界にも名高い有田焼という文化を強みに、
海外にも打って出ているようで、日本酒もあえて「SAGA」のローマ字ラベルを貼付していました。

このあたりのマーケティング戦略は、学ぶところが多い。
佐賀にもリサーチに行きたいものです。

ミッドタウンは私が実はひそかに一人でよく行く場所です。
夜のミッドタウンも幻想的でよろし。
IMG_2099.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

大人の共通の話題:自らの体調不良自慢

我が体は几帳面で、必ず季節の変わり目は、機能不全に陥る。
生真面目なので、それを怠ることはない。

よって現在の秋への移行時も、当然のように喉が痛いとか鼻水が止まらないとか、
熱はないが頭も体も重いとか、とにかく通常活動が非効率であることこの上ない。

何が悲しいって、大好きなコーヒーを美味しいと感じることができず、
というよりまずいと思ってしまうので、ひたすら水を飲んでいる。
ヘレンケラーも真っ青だ。

コーヒーが飲めないのだから、大好きなワインも然り。
アルコール消毒が効果があるのではと、5CCほど口にしたが、うーーーん。

というので、健全に果物とお菓子ばかりを食べている。
喉が痛いので、何かを喉に通しておきたいのだ。
よって、後期も始まるから早く喉を治したいものだ。
posted by H.A at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

セルフデトックス

熱が出ました。
寒いのと暑いのとが交互に訪れ、汗をかくやらカイロを貼るやら、
熱でぼーっとしながら、いや、大騒ぎさ。

食欲もそこそこなく(全くないわけではない)、
当然、ブドウや米やらからできたジュースは飲む気にならず、
ダウン。

一夜明けると、まだ熱はありましたが、
生まれ変わったような爽快感(大袈裟です)。
体内の毒素が熱と共に蒸発したのでしょう。

この発熱セルフデトックスは、体内浄化と体重コントロールのメリットがある一方で、
いつ始まるかが予測不可能、
かつ開始までの少し体調悪い期間というソフトランディングの日数が長い、
というデメリットがあります。

あと、4,5日は、
もとい、2,3日は、
ブドウや米やらからできたジュースは
我慢です。
posted by H.A at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

創業100年らしい

秋分の日に、ああ、お彼岸らしいことは何もしていないな、
と思いながら、ふと、いつもと違う道を通りました。
あら。
何とも古めかしい(失礼)看板で「おはぎ」などと書かれてある。
閉まっているのかなと、細い路地を除くと、そこには
美味しそうなお団子や大福が並んでいました。

これを買わずに通り過ぎることができようか、いやできん。

おはぎ、何と一つが80円ですよ、奥さん。
この東京砂漠の真ん中で、おはぎ80円ってない!

ガラス戸越しに中をのぞくと、特に有効活用をされていないよう。
「イートインコーナーを設けられたら、流行りますよ」と
等と店主と少し話をした。

店主さんがおっしゃるには、店の前は昔は商店街でにぎやかだったと。
しかしバイパスができてからは、その下にお店が位置しているため、
とーんと人通りもなくなったと、のこと。

この店はね、100年の歴史があるのですよ、と店主。

おはぎの餡の量の多いこと。
美味しゅうございました。
IMG_2122.JPG

ちなみに、そのお店調べてみると、「大久保だんご 総本店」というらしい。
(住所は東京都港区高輪1-17-1 )
また、買いに行きます。
posted by H.A at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

観たい映画

10月になると、昨年の秋より楽しみにしていた、
西川監督の「永い言い訳」が封切られる。
http://bouchukan.seesaa.net/article/426288529.html
IMG_2130.JPG

そして、トムも気になる。
ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
IMG_2133.JPG

熊川哲也さんのバレエも劇場限定で鑑賞できるとのこと。
IMG_2132.JPG
posted by H.A at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

初めての4DXで「スーサイド・スクワッド」

4DXで映画「スーサイド・スクワッド」を観ました。
「スーサイド・スクワッド」は、バットマンのスピンオフ映画で、
バットマンを知らないけれども楽しめました。

悪をもって悪を制す。
だし、
共通の敵がいれば、悪党も協力する。
等、実はなかなか興味深い内容でした。

ところで、今回は映画が観たいというよりは、4DX体験がしたかったのです。

4DXでは、画面に合わせて席が揺れたり、濡れたり、風が吹いたりといろいろあって、
得意の映画を観ながらのシエスタができないのですが、
なかなか楽しい。
座ったままの身体が固まらなくてよい。

ただ、どうも揺れた時に背中をひねったようで、左側背中痛です。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

「ER 緊急救命室」で気づく、あの頃と今の違い

最近はまっているのが、BSのDlifeで毎夜20時から再放送されている、
アメリカのドラマ「ER緊急救命室」。

これは、私が20代から30代前半にNHK BSで放映されていて、楽しみに毎週見ていた。
アメリカのERを舞台にした医療を通した人間ドラマ。
ストーリーも面白いが、スピードが速いのとカメラワークが特徴。

昔見ていたときは、そこで働く人たちが、自分の意見を躊躇せずに主張する姿に、
おどおどしていた。
私にはあのように考えをもってそれを表現する強さがないし、
反対に言われたら、責め立てられたようで心が折れるてしまうと。

ところが、今見ると、そこまでおどおどしない、というか、
登場人物の発言をなるほどね、と思いながら楽しむことができる。
といったことに、実はびっくりした!

考えてみれば、齢を重ねるということは、
経験と学びを積み重ねることで、
それらが自分の心の強さになっているのでしょう。

年を取るのも、悪くないものです。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする