2016年08月05日

あっ   という間に時間が過ぎる

今日は1日で映画が千円だから映画を観に来ます、と友人からメッセージをもらい、
ああ、今日は1日なんだ、もう八月なんだと、と思った次の瞬間には
5日になっていました!!!

何をしていたんだ私は・・・
仕事したり、人に会ったり、ご飯食べたり、トイレ行ったり・・・
いろいろしているけれども、とにかく時間が経つのが早い。

加えて、暑いので体が動かないのでしょう。
ブログも書いていない!

というあっ!という間の時間の中で、実はとても衝撃的なことが一つ。
大好きな番組「テラスハウス」から、半さんが卒業したこと!
完璧な27歳男子でした。
これは老若関係なく女子は、ひき込まれました♡
その半さんが卒業(´;ω;`)ウッ…つまり、テラスハウスから出て行って、
普通の生活に戻るのです。

「建築家は一番じゃないとだめなんだ」とか
「(今から建築家として名をはせるから)見てろよ!」などと
最後もかっこよかった!

といったことが、このあっというまの5日間の衝撃でした。
半ロス。
posted by H.A at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

普通の日

71年目の原爆記念日、広島も東京も超暑い日になります。
私は今日は、お仕事。
普通に時間が流れていきます。

でも、広島生まれとして忘れたわけではないし、ないがしろにしているわけではなくて、
8月6日だけでなく、いつも、こうした普通の日を送れることを、
祈っているのです。

東京の蝉も、大音量で祈りのブルースを奏でています。
IMG_1647.JPG
posted by H.A at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

ユニフォーム広告

北海道のお土産「白い恋人達」を弟を除く弟家族と食べた。
すると、サッカー少年、中学一年生の甥っ子が、
「これは、北海道コンサドーレ札幌の胸の部分の書いてある言葉だ!」という。

IMG_1633.JPG

確かに、北海道コンサドーレ札幌のシャツ前面広告は「白い恋人達」。

先日、ジェフユナイテッド千葉の方が、シャツ前面広告が一番高いとおっしゃっていた。
甥っ子の一言で、そのPR効果があることが、確認された。な。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

始球式

したい仕事もたくさんある。
プロ野球のペナントレースも面白くなってきた。
四年に一回のリオも始まった。

あら、困った。
体が一つでは、足りない。

そして、暑い夏の象徴、甲子園が始まった。
IMG_1656.JPG

始球式だけで涙が出る。
したい仕事があるんだよ。
困った。
posted by H.A at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しいものと変わらないもの

夏は、これでもかと毎日のように、どこかで何かしらのイベントがある。
体力のない私は、SNSなどやWeb上でその様子を眺め、
夏を楽しんでいる。

先日、今住んでいるマンション地区でも、夏祭りがあった。
さすがにこれは、すぐ側なので、焼きそばを食べに行った。
(というか、買いに行って、部屋で食べた)

高層マンションやオフィスビル群が立ち並ぶ中での、
昔ながらの日本のお祭りの櫓。
浴衣を着ての盆踊り(私は着てませんが)。

新しいもの、変わらないもののハーモニー。

IMG_1609.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

地元への出張

授業のない今が、出張して研究できる時期。
長年の人脈と時間の蓄積があるので、
どうしても広島への出張が多くなります。

おそらくそのうち、その回数も減っていくのでしょう。
なので、帰る度に、広島を味わいます。

住んでる頃には乗らなかった路面電車。
(自動車で動いてましたからね)
IMG_1624.JPG

新幹線で食べるお弁当を買うのに立寄るむさし。
すると、こんな冷たい麺モノがありました。
新幹線口店の店長さん考案らしい。
IMG_1646.JPG

そして、今から食事するのだから、食べなければよいのに、
これを食べねば広島から出れぬとばかりに、
必ずいただく千福の酒粕ソフト。
IMG_1645.JPG

こうして心を寄せる地元があるというのは、
実はありがたいことなのだと、離れてみて知りました。
頑張ってきます。
posted by H.A at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

ちゃんとしているのかしていないのかわからない

出張費用の申請方法は、その事業体によって異なるが、
今の勤務先は、領収書根拠、領収書は必須だ。
なので、領収書の管理は大事。

先日も、新幹線切符を購入し、領収書ゲット。
失くしてはいけない!
職場に行く日に持参しようと、職場に持っていくものをまとめて入れた封筒に入れた(はず)。

さて、出勤して、書類整理をするが、その領収書だけない。
家に置き忘れたかな。

帰宅して、棚をひっくり返すが、無い。
鞄も財布も身ぐるみはがしたが、無いものは無い。

職員の方に提出した封書の奥にくちゃくちゃっとなっているのではないかと、
慌てて確認していただくようにメールもした。

新幹線代なので、ちょっと太い。
これ、領収書が無くて自腹になったら、かなしー!と思いながら、
翌日、ヒアリングに行く企業(夏休みは企業研究三昧)の準備に、
関係書類の入った封筒をあけてみたら、
いましたよ!領収書が!ああ、嬉しい。

あれだけ領収書、大事!と思いながら、入れ込む封筒を間違えたらしい。
まあ、よかった。

意味は無いけど、気分は沖縄???
IMG_1635.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天気占い ではない。

駅で、歩いていたサラリーマンが突然、履いていた靴を片方、前に放った。
5メートル近く飛んだ。


最近は変わった方が多いので、何か妙なことが起こらねば良いがと、
私も周囲の人も、怪訝な顔をしながら見ていた。

すると、そのサラリーマン、片方だけ靴を履いたまま、数本歩き、
その後、またもう片方の靴を前に放った。

なんだ!
靴は壁にぶつかり、音を立てた。

すると、壁にもたれてスマホを操作していた男性が、
「あー、びっくりした〜」と、
そのサラリーマンと話し出した。

待ち合わせていたらしい。

明日天気になーれ、って、毎日超暑いわっ!
posted by H.A at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

真夏の夜の夢

女子二人、丸の内で軽い夕食。
暮れゆく街を観ながら、仕事、子ども、将来と、熱すぎない話。

IMG_1665.JPG

その後、隣のパレスホテルのラウンジで、ミルクティ。
ピアノの生演奏を聴きながら、いい気分。
昼は37度と超暑い夏日だったけれど、夜は気持ち良い。
IMG_1668.JPG

20時過ぎには帰途につき、三日月を眺めながら歩く。
IMG_1669.JPG

ええ気分や。








ふと見ると・・・
駅のスーパーで買ったビニール袋が破けて、ネギが落ちそうになっているΣ(゚д゚lll)ガーン

IMG_1670.JPG

はい!
ここで魔法の馬車もかぼちゃに戻る。

鬼に金棒ならぬ、鬼にネギ。
ネギを振り回しながら帰る真夏の夜。
posted by H.A at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

過ぎ行く夏を惜しむ声

今朝、ものすごく大きな蝉の鳴き声で目が覚めた。
悲しいくらいの鳴き声だ。
8月も半ばとなり、雑誌では秋の装いが紹介され始めた。
夏も残り少ない。

蝉の声は、そうした過ぎ行く夏に恋するような切ない音色だった。




いやまて。
ここは、庭のある家ではない。
何故、マンションのベランダに蝉がいるのだ?

起こしにきたのかな?。
posted by H.A at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

研究について困っていること

書きたい論文テーマがたくさんあって、困っている。
どれにも手を出しているので、結局、どれも完成せずにいる。

研究テーマのメインは、自動車リサイクルなので、
やはりこれを費用や戦略論の視点で書くことが、一番重要なのだと思う。

わかっているのだけれど、広島出身者として、
かつゼミの教育として、マツダスタジアムの観客動向調査を3回、
そして首都圏でのカープ女子調査を行ったものとしては、
やはり、活字に、論文にまとめておきたいという体の奥底から湧き上がってくる欲求がある。

かつ、同僚と行っている酒蔵経営研究。
これは千葉の地域活性化として、かつ中小企業研究として、
組織に属するものとして意義がある、のでちゃんとしたい。

というので、あれを調べ、こちらを学び、そっちが気になりで、
えーーーい、テレビでも見るべ、となる。バカです。

テーマは何であれ、経営学の理論は同じなのであるから、
まずは基礎をおさえよう。

そして、まずはカープを書き上げよう。
これはホットイシューだし、早く書いたほうが、きっとよい。


と、わかっているのだけれど、夏休みしか企業ヒアリングに行けないので、
ついそれも優先してしまう。

えーい、ままよ。
まずは、オリンピックや!
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

松茸ならば松茸だと言ってくれ

超久しぶりに、広島は鯛の鯛に行った。
お飲み物は?と聞かれて、白ワインをボトルで!と思ったら、
メニューがマイナーチェンジされていて、
なんと!私の大好きな、奈良の風の森αがあった!

あわてて、前言撤回。
女将さんが注いでくれる風の森αの美味しいこと!

飲んで喋って食べてと、お通しの青菜に、松茸がスライスされて和えていたことを、
後から教えてもらった。

なんだか、品の良いキノコだと思っていたら、松茸だとは。
つい久しぶりの鯛の鯛嬉しさで、スルーするところだった。

image-52618.jpeg

また、毎日を頑張って、自分へのご褒美に鯛の鯛を訪れたい。

あ、鯛の鯛へのささやかな手土産は、千葉の地酒、木戸泉。

image-e8f16.jpeg
posted by H.A at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

『天才』

好好爺となった父は、読み終わった本を、会うたびに譲ってくれる。
少し前にもらった『天才』(2016)石原慎太郎氏著 を、
ようやく、移動時に読んでみた。

内容は、田中角栄氏が自らの過去を吐露する、といった一人称の物語。
字も大きいし、詳細な歴史本ではないので、
ざっくりした表現ではある。

最後の「長いあとがき」で、石原氏が、都知事の時にしたかったことが
いくつかできなかったと。
もしも、田中氏がその時、首相であったならば、相談に行けば「わかった」と
算段してくれてできただろうと。
書いている。

田中角栄氏のことは、よく知らないし、
政治の世界のことは秘密裏に進むこともあるから、
調べてもわからないだろうけれど、
田中角栄氏が、国家100年の計をもって、日本国を創設していったことは、いえると思う。

時代の違いもあるだろうけれど、泥臭い人ほど、大きなことができるのかな。
学歴なんて美しいものに彩られないほうが、よいのかもしれない。

賞与型の奨学金の検討も国としてなされているようだけれど、
そんな皆が大学出身者なんてことよりは、
学歴ではなくて、実力で活躍できる社会の価値観が、もっと強くなれば良いと思う。

なんてことを、私の職業で言うのは不適切だろう。

大学は知識だけでなく、知識を使う理論や、その根底となる哲学を学び、
コミュニケーション力を鍛え、いろいろな経験ができる時間であり、
よい場だ。
だけど、泥臭いものを、美しく仕上げてしまう場でもある。
それもよい。

だけど、泥臭いものにもダイヤモンドのような魅力がある。
今、社会がこじんまりとこざっぱりとする中で、
何か一発投じてくれるのは、泥臭い人なのではないかと思ってしまうのですよ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

お台場の観覧車

先日、お台場に行きました。
お仕事で。

ゆりかもめは、夏休みの老若男女、特に若男女でいっぱい。

いいんです。
私は仕事です。

オフィスのロビーの窓から透けてみる観覧車で、
夏休みを感じます。
それで十分、ではないか!諸君。

IMG_1659.JPG
posted by H.A at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

RAKU山田屋の高舞台

いつも早起きなのに、珍しく遅くまで寝ていた朝。
しっかり朝食を食べた後に、友人がくれたスイーツも、がっつり食べる幸せ。
RAKU山田屋の高舞台

IMG_1710.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頑張れ、頑張れ、両方頑張れ

忙しい。

リオはもちろん、高校野球が、どの試合も拮抗する。
野球は9回ツーアウトから、とは真なり。
勝っても負けても、攻めても追われても、ドキドキする。
夜の熱闘甲子園なんて、涙無しで観ることはできない。

よって、そこで戦っている選手が、我が子でなくてよかったと思う。
我が子なら、ドキドキで体を悪くしている。

まずもって、
肘をすりむくからスライディングなんかしなくてよい。
身体を打撲するから、飛んできたボールのジャンピングキャッチなどしなくてよい。
骨折するから、カメラ席まで打球を追いかけて、柵の向こう側に落ちてまで捕球することは無い。
と、バカ親な私は言うであろう。
(私は昨夏、こけただけで骨折した)

とか言いながらも、野球児は汗と涙にまみれながら、明日は、広島新庄と木更津の対戦。
困った・・・
こういうことを言うと、広島の友人からは「故郷を捨てるのか」と叱られる(笑)

どっちも頑張れ!

しかし、こうしたアスリート達が魅せてくれるドラマは、
テレビドラマを陳腐にさせる。
比較すること自体が浅はかなのだろうが、
あれだけ大好きなテレビドラマを観る気にならないのだ。

もとい。
怪我をしないように。
無理をしないように。
だけど、後悔の無いように、どっちも頑張れ!
posted by H.A at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポール・スミス展@上野の森美術館

実は、今私が持っているお洋服の中で、
一番お気に入りの洋服は、ポールスミスのワンピースなのです。

だからというわけではないのですが、
ポール・スミス展@上野の森美術館へ。

写真撮影がOkなのです。
これはSNSにどんどん情報発信できるから、上手なPRです。
当たり前ですが、展示物が写真映えするのですよ。

まずは、車。
IMG_1717.JPG

部屋も、雑然としててもおしゃれ。
IMG_1719.JPG

IMG_1718.JPG

こんな感じで、これでもかとデザイン画なども。
IMG_1721.JPG

ボタンも、おしゃれやね。
IMG_1722.JPG

もちろんお洋服もあります。
このあたりのワンピースは、欲しいですね。
IMG_1724.JPG

ブラウス、オシャレ過ぎて着こなせませんえん。
IMG_1725.JPG

といった、オシャレな気分を味わえた上野の杜。
IMG_1726.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

ガラスの少年少女 その1

気付くと半世紀生きてきたようです。
その記念にと、中学の同窓同期会が行われましてね。
なんだかんだで50名が参加しました。
行方不明の方が多かったらしく、幹事の皆さんのご苦労に感謝感謝。


公立中学ですからね、皆、徒歩圏内に住んでたわけです。
鼻水を垂らしていたころからの幼なじみなわけですよ。

でも高校で別れ、大学で離れ、働き始めて疎遠になり、結婚して忘れて・・・
と皆ばらばら。を経ての会合。
いろんな人がいます。

人一倍とんがって、斜に構えていた私は、そんな中学時代なんて懐かしくもない。
行く気もサラサラなかったです。
(可愛げが無いことこの上ない)

ところが、たまたま今でも仲良しの唯一の友人が、幹事をしていて、
「えーから来い」とほぼ強制、私としては拉致される感じ(大袈裟ですが)で参加したわけです。

【続く】
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガラスの少年少女 その2

不安を抱えながらが参加した中学の同窓会は、
想定以上に、楽しかったのです。

紅顔の美少年だった生徒会長は、
気の良さそうなおじさんに。
所謂ヤンキー系の女子たちは、
肝っ玉母さんを終え、おばあちゃんに。
小さかった男子は、背が高くなり。
細かった女子たちは、総じて恰幅がよくなり。

変わったと言われる私。
しかし、歩き方や、笑い方は一緒らしい。

と、仲良かった友人はもちろん、
あの頃とんがって話せなかった人たちとも話せ、
なんだか楽しい時間でした。

ただ、楽しいのだけれど、今この時間は、現実とは違う世界なのだと、
笑顔の端でずっと思っていました。

次は10年後だねと手を振って別れたのですが、
また10年、元気で健康でいたいものです。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

♪アンタ あの娘の何んなのさ

レインボーブリッジを渡って、横浜のアウトレットへ。

特に欲しいものもなく、ネックレスと帽子をゲット。
IMG_1744.JPG

特にこじゃれたお店でランチでもなく、ランチバイキング。
食欲ないし〜と思いながら、バイキングは燃える。
IMG_1741.JPG

その後、横須賀へ。

♪港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ

って、この歌を知っている人!
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

『終わった人』

企業勤務していた若かったころ、定年を迎える男性社員の様子から、
様々なことを学んだことを、久しぶりに思い出しました。

『終わった人』(2015)内館牧子著 講談社

超面白い小説、熊谷までの往復で読めました。

内容は、いけいけどんどん で生きたけれど、
50の時に出世コースから外れ、
63でリタイアした男性のこもごも。
仕事の有無、地方と東京、結婚と卒婚といったテーマが盛り込まれています。

俺(もしくは私)には関係ない!と豪語する人ほど、
読むことをお薦めします。

私は常々、人生後半は、いかに引き算しながら、
スマートに生きるかが課題だと思っているのです。
本書では、「品格ある衰退」と表現されます。

品格ある衰退。
メモメモ・・・
posted by H.A at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

横須賀と呉と、似ている

バブル期に青春時代だったものとしては、夏のドライブはサザン。
ちょうど、「そんなヒロシに騙されて」の最後、
♪愛が消えてく横須賀に〜 
の箇所で、駐車場に停車。

明治時代に日本国を守った、という三笠を観にGO。
IMG_1745.JPG

日本海軍の教えはイギリスに請うてますからね、
またロシアと戦うためのこの船もイギリスに発注したらしい。
なので、中はイギリスっぽい。
IMG_1750.JPG

こちらはパントリー。オシャレね。
IMG_1751.JPG

おまけに、明治時代なのに、トイレは洋式でしたよ。

日本の目から見た、江戸時代から明治にかけての日本の歴史を学べる船内。
舐めるように見ていたら、三笠のスタッフの方が、
雅子さまのお母様は、当時の海軍の偉い人の
ご子息とお嬢様とが結婚してお生まれになった方だと教えてくださいました。
IMG_1748.JPG

なるほど。


蛇足ながら。
こうして過去の日本の軍事力を学ぶたび感じるのですが、
当時の所謂頭の良い人たちの多くが、軍事にその能力を使ったということは、
何とも悲しい。
遺物が、戦わずに生きろと教えてくれているのでしょう。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

2016晩夏

4年に一度のリオも気になるが、やはり私は毎年の熱い夏の甲子園が
ずっと気になって、チェックしていた。

ピッチャー堀君の広島新庄の夏が終わり、
その対戦相手だった木更津総合も夏が終わり、
もう見なくていっな、と思いつつ、とりつかれたように観戦。

決勝戦の両ピッチャー、違うタイプの感情抑え型。
北海のエースで4番でキャプテンの大西君は、
いつも笑顔で爽やかで礼儀正しかった!
作新学院の剛腕エース 今井君は、ずっとポーカーフェイスだったのに、
優勝が決まって挨拶に行く途中に泣き崩れた。

そして、今日、2016夏が終わった。
IMG_1777.JPG
posted by H.A at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

関東平野の空

関東平野の平野度の高さに、平地の少ない瀬戸内海沿岸生まれ育ちの私は、
いつもびっくりする。

平野だからか、空も広いぜ。
IMG_1759.JPG

IMG_1758.JPG

IMG_1761.JPG

IMG_1760.JPG

雲も気持ちよさそうに流れるよ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

♪結婚するって本当ですか…の次は♪シングル・アゲイン

先日、中学の同窓会に出席した際、バツイチ話をちらほら聞いた。

遠い昔(1974年らしい)ダ・カーポさんが歌った「結婚するって本当ですか」。
では、
恋する相手が結婚することで、その恋が終わったようなことを歌う曲がある。

IMG_1791.JPG

が、時は流れ、人は年を重ね、いろいろなことがあると、今度は
竹内まりやさんの「シングル・アゲイン」、
♪また一人にかえったと風のうわさで聞いてから・・・
のようになる。

「霧島、部活やめるってよ」ではないが、
「〇〇、離婚したってよ」状態。

彼ら彼女らは、それなりにバツイチ貴族をエンジョイしているようだ。
posted by H.A at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

♪夏の終わりのハーモニー

優しくてイケメンだった叔父が亡くなりました。
私が小さい時も大人になっても中年になっても、
声をかけてくれ、褒めてくれ、認めてくれた叔父でした。

私に優しいということは、
当然、妻である叔母にも大層優しく、
子どもである姉妹(私には従妹ですね)も超優しく、
従妹のオットさんたちにも義父として非常に優しく、
そのご家族にも優しく、
職場の人にも地域の人にも友人にも優しい人でした。

よって、仕事を退職して久しいのに、お通夜ではびっくりするくらいの参列者でした。

優しく穏やかな叔父を想って集まった人たちで行われる式典は、
柔らかな空気に包まれていて、
私の頭の中には、「夏の終わりのハーモニー」がぐるぐると流れていました。

♪今夜のお別れに最後の二人の歌は
 夏の夜を飾るハーモニー

数年前に亡くなった大叔母の法要で、ここのところ会うことが多かった叔父とは、
賀茂鶴だとか千福だとか、よく日本酒をかわしました。

献杯。
posted by H.A at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

夏の終わりのハーモニーと甲子園話

♪夏の終わりのハーモニーの歌に包まれた優しい叔父の法要では、
日ごろ会わない遠い親戚と出会い、話をした。

特に、「従妹のオットさんの弟さん(遠いわ!」)とは盛り上がった。
なぜならば、その「従妹のオットさんの弟さん」は、遠い昔に甲子園に出場したことがあるからだ。

甲子園好きの私は興味津々で、根掘り葉掘りうかがう。
気づくと「私の弟(弟ばっかりで、混乱するわ!)」も、質問攻めにしていた。

当然だが、「従妹のオットさんの弟さん」の甲子園出場校や選手の知識は豊富で、
最近の高校野球やプロ野球の話題なども、いろいろ教えていただいた。

従妹の息子(中一)(「従妹のオットさんの弟さん」からしたら甥っ子)が野球少年なので、
彼が甲子園に出たら、親戚一同でバスをチャーターして応援に行こう!と、
本人やその親の意向は抜きで、盛り上がった。

♪真夏の夢 憧れを いつまでもずっと忘れずに〜
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

見えないところ

【以下は、食事中にお読みになるのは、おやめになったほうがよいです】

この夏、一番頑張ったのは歯医者通いだ。
以前も書いたが、大きな医療法人が経営する設備の整った歯医者さんに、
たまたま初めて行ったところ、虫歯が3か所見つかったからだ。

遠い昔のCM「芸能人は歯が命」のフレーズが常に脳内にこだましていた私は、
これまでも三か月に一度、ちゃんと歯のメンテナンスに通っていたのに、
虫歯が3か所ってどーよだ。

今のクリニックで担当してくださる歯科医師と衛生士さんが感じが良いので、
私は彼ら彼女らのアドバイスを素直に聞いている。
虫歯の治療が終了した今は、歯茎の中の掃除だ。

これまでの三か月に一度の歯のメンテナンスは、機械で歯石や歯垢をとり、
歯の表面を磨いてもらうもので、これは、わりに簡単。

しかし、それでは歯茎の内側に隠れている歯石や歯垢は取れないらしい。
よって、麻酔クリームを歯茎に塗り、機械ではなく、衛生士さんがぐりぐりと
汚れや膿などを掻き出してくれるのだ。

なかなかハードなので5,6回に分けて行うとのことで、
先般、一度目を経験したが、これはシュール。
我慢できない痛みではないが、口の中が血だらけになる(笑)

掻き出した汚れや膿を見せていただいたが、これが口の中にあったのかと思うと
皆様、ごめんなさい、といった感じだ。
それにしても、私はこうして衛生士さんに体を預ける感じは、嫌いではない。

歯の矯正をしている松田聖子ちゃんが、歯医者さんと二度結婚しているが、
その気持ちはわからなくもない。
ここまで口の中を見ても、結婚しようと言ってくれるならば、
それはそれで大層幸せなことだと思う。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする