2015年12月16日

「フォルトゥナの瞳」

「フォルトゥナの瞳」(2015)百田尚樹著 新潮文庫
image.jpeg

百田尚樹さんの小説は好きで、新幹線に乗る前に新刊を見つけたので、
慌てて買って飛び乗った。

うーん。
私にはちょっと合わない。
おまけに夜に読むのには、ふさわしくない。

ただ、近所の川崎駅(一度しか行ったことないけど)とか南武線(乗ったことないけど)などが出てくるので、
親しみは持てる。

仕事仲間に近所の人を見つけたので、その人にこの本は譲ろう。
posted by H.A at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デラックス

最近大人気なのが、マツコデラックスさん。
毎夜、必ずテレビに出ている。
それも冠番組で。

私はマツコさんが好きなので、録画も含め毎日のようにマツコさんに会う。

一つ難なのが、ものを食べる番組が多いこと。
あの体型だけあって食べっぷりも飲みっぷりも良いので、見てて気持ちがよい。
食べ方もきれいだし、とにかくどれも美味しそうなのだ。
何が難かというと、美味しそうで、お腹がすくことになる。
それも夜に。

今食べたら大変だと我慢をすると、気分が悪くなる。

好きなマツコさんに会うたび、気分が悪くなるという矛盾を抱えながら、毎夜マツコデラックスさんの世界に浸っている。
posted by H.A at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする