2015年11月11日

人が淹れてくれた珈琲は美味しい

家で珈琲を飲むとき、自分が淹れるよりも家族が淹れてくれると、
同じ珈琲豆でも、とても美味しく感じる。

研究室ではお湯を沸かして、自分でドリップして飲むが、
珈琲がよくないのかもしれないが、
なんだか美味しくない。

なので、通勤途中のコンビニで100円で珈琲を買っていき、
職場に着き次第飲んでいる。
映画「プラダを着た悪魔」では、女性上司が秘書に珈琲を買ってきてもらっていたが、
私は自分で買って、それも100円珈琲で満足している。

ところで、このコンビニ珈琲、100円なのに美味しいのはすでに周知の事実だが、
ローソンとセブンイレブンと比較すると、
ローソンの珈琲のほうが美味しいと思う。
豆の違いか・・・
もしくはセブンイレブンはカップをもらい自分で機械で淹れるが、
ローソンは店員さんが淹れてくださる。
もしかしたら、この違いかもしれない。

ちなみに、持ち歩いてこぼれないのもローソン。
セブンイレブンもがんばれ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする