2015年11月01日

ロマンと実用性の間

2015東京モーターショーに参戦。
人が多すぎで、芋の子を洗うよう。
私も芋の一つですが。

私自身が行き慣れたからか、なんとなくド派手な感じが、今年は感じられず。
前回は自動車を中心とした街づくり、のようなコンセプトかと認識しましたが、
今年は各社、今後の自動車の方向性を模索中、と言う多様性や迷いの印象を受けました。

広いスペースを回りながら、各ブースでは、私は厚かましくスタッフの人に質問し、
あーだこーだと教えてもらいます。
例のフォルクスワーゲンでは、
コンパニオンの人数は、ココが一番多かったのですが、
質問に対応してくれそうな男性スタッフが見当たらず・・・
渦中での質疑を避けたのでしょうか。

本巣のマツダブースでは、昨年からの車は赤で統一(だったと思います)。
ロータリーエンジンが一番人気でしたが、
人気があるのと販売数が、比例しないことの良い例です。
ロータリーエンジンが売れないから開発をやめたのでしょうから。

IMG_5765.JPG

男のロマンを追求するエンジンやデザイン性が訴求される一方で、
こうした実用的な車が、私は気になりました。
IMG_5758.JPG

IMG_5766.JPG

男のロマンと、現実の生活との両立が、生きる機微なのかもしれません。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉 初上陸でアタックNo.1

千葉まで諸所のトラブルで2時間もかかって行ったその数日後の昨日土曜日、
今度は埼玉へ初上陸。
これまた効率的に乗り換えながらも二時間かかりました。
埼玉でも群馬にほぼ近いあたり、寒うござった。
かつ、天気予報にはない雨。どーよ。
(都内は雨無し)

東武東上線の車窓からの風景を眺めながらの、小雨そぼ降る小旅行の目的は、
大学女子バレーボール部の試合観戦。

二部10位の立教大学と、三部1位の敬愛大学の入れ替わり戦。
私にとっては学び舎と勤務先の戦いですからね、
どちらが勝っても嬉しいし、どちらが負けても残念。

第1セットはシーソーゲームでよい試合。
第2セット、第3セットは、敬愛大学が有利。
結局、敬愛勝利で入れ替わり。

素人目に見て、
声出しやコート外でのチームワークや、総合的な技術力は立教が上回っていたよう。
かたや、バレー部設立から5年しか経っていない敬愛大学は、
最初は七部だったか八部だったかのスタートで、
飛ぶ鳥を落とす勢いで連勝という状態。
その勢いが勝った、というところでしょうか。

どちらにしても、集中力、判断力、機敏性など、素晴らしい!
両チームに大拍手!!!
私は右腕が痛いにも関わらず、やんややんやと拍手。

女子の部の試合終了後は、ものすごい掛声と共に男子の部開始。
これまた迫力満点っぽくって観たかったのですが、
寒かったので帰途に。

スポーツの秋、満喫。
posted by H.A at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする