2015年09月01日

結婚披露パーティ

同僚のS先生(新郎です)の結婚披露宴@パレスホテルにご招待いただき出席。
IMG_5389.JPG

お祝いの気持ちいっぱいで、あっというまの披露宴だった。
S先生が「カーテンが開くとお濠が見えるのですよ」と事前に言われていたが、
確かに素敵な眺望だった。
IMG_5393.JPG

お料理も美味しく、
当然のことながら、シャンパンもワインも、同じテーブルの先生方と、がんがんいただいた。

それにしても、とても良い披露宴だった。
すべてS先生の人柄に起因するのだろう。
類は類を呼ぶなのか、新婦さんはもちろんのこと、
ご家族はじめ出席されている老若男女の皆様が、
なんだか感じがよかった。

こうした場に私もいさせていただけたのは、
神様が「おまえも精進して良い人間になりなさい」と
ご指導くださっているのだと受け止めている。
posted by H.A at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 尊敬する人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福のお裾分け

S先生の結婚披露宴二次会には、千福の鏡開き。
http://www.sempuku.co.jp/
福々しいでしょ。
IMG_5399.JPG

新郎新婦からの福のお裾分け♪
IMG_5400.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

感謝 ブログ丸十年

感謝 ブログ丸十年

2005年9月3日から始めた同ブログ。
今日で丸10年を迎えました。
こうして私の自己表現欲求につきあってくださったあなた、
ありがとうございました。

IMG_5405.JPG

明日から11年目を迎えますが、
引き続き、平凡な日常の中、
あなたが、
ふっと、同ブログに立ち寄ってくださったときに、
ぷっと、もしくは、
ぶっと、笑える文章をしたためてまいりたいと思います。

いつも、あなたに感謝しています。
本当はもっと感謝の気持ちと、10年間の泣き笑いを綴りたいのですが、
なにぶん、右腕があれで能率が悪く時間がかかりますので、あきらめます。

さあ、今夜も夢で逢えますように。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

関白宣言

職業は異なるが、同世代で同境遇のような女子友人と
二人でだべっていた時のこと。
生まれ変わって男だったら、どのような結婚生活を送るか?
ということを話した。

彼女は今と同じように、二人で働きたいとのこと。
リスク分散するほうが、長期的に相互の幸せになるというのが理由。
今の生活も然りであるし、いたって正論。

他方で私は、「妻には専業主婦でいてほしい」と答えた。
「黙って俺についてこい、俺が幸せにしてやる」
と現実世界の男性が絶対に言わないような昭和なセリフを、
私は来世で言う。
たぶん言うと思う。
言うんじゃないかな・・・

というのも、私は、私に皆無の「専業主婦になる能力」に絶対的な憧れがあるのだ。
人は無いものを求めるのだなこれが。

そうはいえ、今の私はそこそこハッピーなので、
来世の奥さんが、今の私のような人生を望むのであれば、
「よし」
と許諾し、
(このあたりの考え方が男尊女卑も甚だしく、ジェンダー論からしたら叩かれる考え方です。
 架空のことなので、すみません)
「養ってね」
ぐらい言って笑いをとるくらいの鷹揚な男でありたい。


などと来世のことを考えるよりは、今をちゃんと生きようぞ。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

ヘレンケラーのように

洗顔していたら、きた。
魔女の一撃と言われるギックリ腰。

コルセットを買えと、仕事仲間や友人が言うので買った(高い)

それにしても、右手首骨折のギックリ腰は、大変。
まず、右腕で踏ん張って立ち上がれない。
杖を使おうとしても、左手になるので、それ以外何もできない。
コルセットを巻くのも、一苦労。
三重苦の状態。

健康が何よりの宝であることを実感。
あなたの健康を祈念しています。

私はこの週末、神社に厄払い、健康祈願に行こう(笑)
posted by H.A at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

叶わぬけれど滅びざる愛

JAL機内の機関誌に浅田次郎氏のエッセイがあり、
毎号、楽しみに読んでいる。

今回のそれは、昔話に対する疑問だった。
まずは、浦島太郎。
・龍宮城に行くまでに息はしなくてよいのか
・龍宮城のお姫様とはどんな関係だったのか
・まずもって、龍宮城でのご馳走とは何か?
 魚が歌い舞う中で、魚は食べられまい。となると肉か?
のような疑問がわくと綴る。
確かに。

そして彦星と織姫。
浅田氏が若いころは1年に1回の逢瀬など、
絶対に待てないし、他の人に心が移ると考えていた。
しかし、齢を重ねると、きっと天上では人間社会とは違って
緩やかな時が流れていると考えるようになったと。
よって彦星と織姫の恋は悲恋ではなく、
叶わぬけれど滅びざる愛を、この伝説は示しているのだろうと。

なるほど。
「叶わぬけれど滅びざる愛」
深いね。
恋は始まると終わるからね。
叶わないからこそ続く想いがある。

等と思いながら来年の七夕を待とう。
ってあと11か月も先や。
その前に、サンタさんを待とう。
posted by H.A at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

揺れる想い

「がっちりマンデー」で画期的な技術ということで紹介されていた
ダンシングストーン。
気になっていたのに、忘れていたところ、
JALの機内販売であったので、早速購入。

IMG_5411.JPG

心臓の鼓動に合わせて揺れるらしい。
って私がつけたら、動かなかった・・・
心臓が止まっているんだろうか・・・

と、トンとつつくと、揺れ始めました。
ほっ。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

別嬪さん

広島での仕事仲間に半年ぶりに再会。
ヘアメイクのたえちゃん。
いつものことながらディープな話で盛り上がること盛り上がること。
なので彼女との食事会は、話が他者に漏れない個室のようなところでないとまずい。

IMG_5419.JPG

それにしても、
どこから見ても
誰から見ても
何歳になっても
端正な別嬪さんというのは、
キョンキョンか、このたえちゃんだな!
posted by H.A at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tiger Balmの湿布

まだまだ続く右手首負傷話。

ミャンマーで転倒し右手首を痛めた際、
そのあたりにいたミャンマー人が慌てて飛んできて、
10名くらいで抱え上げてくれた。
それ以外にも、白人の人が近寄ってきて「冷やせ冷やせ」と大声で言われた。
おそらく、転倒の仕方が激しかったのだと思う。

白人の方のお声に従い、
その後ヤンゴン市内の薬局(日本のお店を想像してはいけない。露店や。)で
湿布を購入した。

日本製はないんかい!と思いながら、藁をもつかむ思いで、それを貼付したら、
何とも言えず、スーッとして、痛みが和らいだ。
ホテルのショップに同じものがあったので、全部買い占めた。
(3袋しかなかったが)

今は、ぎっくり腰の箇所に貼付している。

アマゾンで購入しようと思ったら、日本では売っていないようだ。
シンガポールのタイガーバームの湿布。
これね。
IMG_5428.JPG

肌も痒くならないし、とにかく貼付していて気持ちよい。
日本でも売ってほしいものだ。

そうそう、ちなみに万が一ミャンマーで大怪我をしたら、
まだ医療機関が整っていないので、飛行機でタイのバンコクの病院まで行くとのこと。
派手に転倒したのに、こうして元気に生きていることに感謝しよう。
posted by H.A at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

中高年は知っている

友人がカラオケで、
「この曲は聴いたら皆知っているはず」と言いながら
聞いたことのないタイトルの曲を歌い始めた。

知らん。
と思いながら聴いていたら、サビで分かった。

IMG_5426.JPG

朝ドラ「まれ」の中でマレの友人がバンドで歌う歌だった。
「涙のふたり」というタイトルとのこと。
これはね、皆は知らないよ。
そもそも朝ドラを見るのは、中高年だけなのだから。

さあ、「まれ」はそろそろ最終回かな。
どう落とし前をつけるのでしょうね。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マロンショコラティ

木曜日に久しぶりに会った友人A曰く
「やせた?」
「いやいや、そげただけよ♪」と言いながら気をよくして、ガンガン食べて飲んだ。

金曜日、また久しぶりに会った友人B曰く
「やせた?」
「いやいや、そげただけよ♪」と言いながら気をよくして、ガンガン食べて飲んだ。

土曜日、これまた久しぶりに会った友人C曰く
「太った?」
「どこが?どのあたり?どんなふうに?」と、面倒くさい質問を浴びせかけた。

伸び縮みするのか、木金の蓄積が土曜日に表れたのか・・・
今から食欲の秋がくる。
とりあえず、マロンショコラティで甘いものを食べた気持ちになろう。
IMG_5429.JPG

そうはいえ、やはり甘いものは食べたい。
紅茶では自分をだませない。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

ギブスから添え木へ

右手首のギブスをお医者さんが外してくださりました。
ただ、まだ腫れもあり、痛みもあるので、
添え木装着開始です。
入浴時は外して、お風呂内でリハビリも開始だそうです。

ところで、ギブスを外すときは、なかなかシュールでした。
詳細はここでは恥ずかしくて書けませんので、
ご興味のある方には、別途口頭で説明させていただきます。
ぷぷぷっ。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

雑談力

通勤、通学時間のマンションのエレベーター。
小学二年生か三年生の女の子が、ランドセルを背負い、長靴を履き、傘を持って乗ってきた。

マンション内では皆、挨拶を交わすのが不文律となっているので、
「おはようございます」と相互に挨拶をした。

と、その女の子が
「すごい雨ですね」
私「そうですね」

女の子「間も無く秋ですね」
私「食欲の秋ですね」
女の子「焼き芋、10本食べたいです」
私「それは食べ過ぎです(笑)」

一階に到着。
すごいな、小学生。
posted by H.A at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

安全な場所

昨日は経営哲学学会全国大会@慶應義塾大学に
朝早くから、最後まで参加した。
朝一番にコメンテータの役割もあったし、
午後からの二つの統一論題も興味深かったから、
長丁場の一日だった。

と、その午後の統一論題の最中、
会場のあちこちから、アラーム音が鳴り響いた。
港区大雨による土砂崩れのおそれで避難準備警報だった。

気の小さい私は、避難したほうがよいのではないかと、慌てたが、
主催大学の大会委員長の先生が、
「皆さん、警報のアラームが鳴っていますが、
 このキャンパスが避難場所に認定されています。
 建物は耐震対策されていますし、
 食料の備蓄もありますので、安心して学会を継続しましょう」
とマイクで言われた。

なるほど。そりゃそうだ。
posted by H.A at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

能ある鷹は爪を隠す狸

最近改めて感じたのだが、
主に男性において、本当に賢い人は、賢さをひけらかさない。
ひけらかすどころか、隠そうとする。
この振る舞いが非常に上手で「狸」だ!
(ちなみに女性で本当に賢い人は、ひけらかさないが隠しはしない(ような気がする)。)

愚かな私は、何度か狸にばかされ
「こりゃ、やられた!」とおでこをぺチ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 尊敬する人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

立つ鳥跡に忘れ物をする

新宿でおいしい食事とワインを、同業の女性と楽しんだ。
二軒目でも話が盛り上がり、場を惜しむように帰途に就いた。
えー気分や。

電車の中で、気づいた。
持っていた紙袋が無い。
待ち合わせの前に購入した秋のスカートと、
週末にゆっくりいただこうと珈琲と和菓子。
二軒目のバーに忘れてきたらしい。
Σ(゚д゚lll)ガーン。

後日取りに行くのも、送ってもらうのも面倒で、
えーい!と数駅ほど戻り、取りに行った。

紙袋をゲットした後、というようなことがあったとツイッターにツイートすると、
「またかい」と友人女子Tよりリアクションあり。

そう言えば、先週Tちゃんと会っておいしいお食事とワインをがんがん楽しんだ際、
お店に眼鏡などを忘れて帰り、翌日わざわざ取りに行ったのだった。
ということも忘れていた。

我ながら忘却の能力が高すぎる。
(嫌なことはいつまでも覚えているのに)
posted by H.A at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「明日、上京するから食事しませんか」
と遠方の知人からメールが入った。
「食事場所の選択はお任せします」とのこと。
別の用事があったが、調整して、食事の場も予約した。

ただ、食事場所をネットで探している時に、
この会食が流れてしまうような気がした。
なので、当日キャンセル料100%の一休レストランでの予約は避けたほうがよい、
と心の声がする。
これまでも遠方からの友人との食事会に一休レストランはよく利用したが、
こうした胸騒ぎというか、キャンセル可能性の予感は初めてだ。

なので、そうした予約サイトは利用せずに、
お店に直接電話をして予約した。

そして翌日。
キャンセルの連絡あり(笑)
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

我が体験から学ぶ

忘却の能力に溢れる私は、同じ失敗を繰り返す。
愚かなことこの上ない。

なんとか同じ失敗を繰り返さないべく、
あ、この状況や感情は、以前体験したことがある!と思った際には、
自分の備忘録でもある本ブログを、読み返すようにしている。

そこにはその反省についてダイレクトに書いてはないが、
文脈や行間から、当時の不快な感情が思い出され、自分を戒めることができる。

音楽にもそういった力があり、辛いときに聞いていた曲というのを
スマホに入れて、聴きたくなくても聴くようにしている。

以上よりすべての失敗を回避できるかというと、残念ながらそうでもない。
回避できなかった時は、笑い話にしてやり過ごす。

こんなことを書いていると、今私は悩みの真っ只中にいるようだが、
全くそうでもない。
備忘録のための備忘録で書いている。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安静

ぎっくり腰が悪化しました。
仕事で仕方ないとはいえ、PC持って毎日うろうろしたこととか、
座りっぱなしの時間が長かったこととか、
ちょっとよくなったから周囲をほぐしにマッサージに行ったこととか、
諸要因より悪化したのかと推測しています。

数年ぶりのぎっくり腰でしたが、治りが遅い。
加齢によるものなのか、それとも右腕骨折が影響しているのか・・・

ということで、今日は勉強に参りたかったのに安静。
posted by H.A at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

のぼせる時

ありがたいことに周囲に腰痛仲間が数人いて、
情報交換するに、とにかく画期的な腰痛の回復策はなく、
自然治癒を待つしかない、というこを改めて認識した。

我が体の声をじっと聴けば、冷やす時は過ぎ、
温めたほうが回復につながるようだ。

ということで、半身浴としゃれこんでお風呂に長くつかってみよう。
しかしながら、せっかちな性分で日ごろは烏の行水。
何かしら湯船につかり続けるインセンティブがいる。
やはり、ここはこれしかない。


youtubeでジャニーズ。
それも昭和の。
それも俊ちゃん。

にわかにお風呂場が1980年代だ。
「悲しみ2(TOO)ヤング」とか「君に薔薇薔薇…という感じ」とか
「チャールストンにはまだ早い」とか俊ちゃんのキレっキレなダンスと懐かしい歌で
超楽しい。

特にお気に入りは「抱きしめてTONIGHT」
もしも私がプロ野球選手ならば、これを登場曲にしてほしいくらいだ。
俊ちゃんに♪守りた〜い と歌われ、幸せな気分に包まれるが、
身体も心も頭ものぼせて、茹でだこのようになり、
湯船から上がると、しばらく洗面所から動けない。
命がけの昭和だ。

とにもかくにも早く、腰が治りますように。
治ったら、「抱きしめてTONIGHT」を踊れるように、ダンスを習おう。

かっけーよ(音でます↓)。
https://youtu.be/pDOqx-ZaHm8
posted by H.A at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

おひとりさま生活満喫できずに残念

私は家族持ちなのだが、各人諸所忙しく、特に8月半ばから、
「おひとりさま」生活を満喫している。
何時に帰ってもよいし、特に食事を用意する必要もない。
なんとお気楽なことか!!!

しかし、おひとりさまを満喫するには
何度もここで書いている満身創痍が邪魔をした。
右手が使えなくても、腰痛で動けなくても、世話をしてくれる人がいない。
ここが「おひとりさま」の自己責任の厳しさだろう。

そうはいえ、もし家族がいたとしても、
おそらく私が、灰かぶりのシンデレラのように
掃除に洗濯におさんどんにと体に鞭打って動いたであろう。

家族がいたらいたで煩わしいが楽しい。
一人なら一人でリスクと自由がある。

どちらにしても、いつかは一人になるのだから、
一番のリスクである健康管理は最優先だということは間違いない。

さて、私のおひとりさまお気楽生活も終了。
(そうはいえ、そこそこお気楽なのですが)
誰かご飯を作ってくれるだろうか・・・
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

地味な生活

新しい骨が順調にできているというので、
右腕の添え木も外れた。
ただ、まだ箸を使うとか、字を書くなどの、
細かな筋力を要する動きは、痛い。

お医者さんからは、動かなくなってはいけないので、
徐々にお風呂の中でリハビリをするようにと言われた。
よって、手首の可動域を広げるよう、少しずつ負荷をかけている。

先般出席した学会では、右腕骨折経験者という先生は二人いらして、
同類相哀れむで会話が盛り上がった。
こうやって年を取ると、話をしに病院に行くのだろう。

腰痛もなんとかおさまってきたので、NHKの「朝の体操」を再開。
一月くらいしていなかったので、肩周りが固いし、
後ろにそらすどころか、いまだマイナス5度くらい前傾だ。
体のあちこちにアブラをささねばならない。

昨日、イチローがよくしているという肩を前にひねって
肩甲骨を伸ばすという動きをしたら、肩がつった。
危ない、危ない。
これでまた肩まで痛めたら、しゃれにならない。

なんだか最近は、こうした体のメンテナンスの話ばかり書いているが、
地味な生活を送っているので話題が無いのだ。
実は、ひっそりと地味な生活を楽しんでいる。
posted by H.A at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来年の楽しみとささやかな願い

地味な生活をしているので、ニュースをよく見ている。
またかい!というくらい、悲しい事件、どうしようもない災害が続く。
ここまでいろいろなことがあると、もはや他人ごとではない。

何かあった時のリスク対策は必要だし、
何かあった時に後悔しないような生き方や、接し方、口のきき方をしないといけないな、
と自省し、自分に言い聞かせている。
地味な生活も、こうした内省する時間があってよい。

その中で、私の好きな映画監督西川美和さんが
映画製作中との情報をネットでキャッチ。
「永い言い訳」というタイトルらしい。
http://nagai-iiwake.com/index.html
公開は来年の秋ということなので、楽しみにしたい。

とにかく、世界中の皆が、美味しいものが食べられて、
笑って過ごせる日々でありますように。
posted by H.A at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

Pierre Marcolini

世の中には人には贈ったことがあるが、自分では食べたことが無い食べ物がある。
例えば、ピエールマルコリーニのチョコ。

先日、ぶらっと渋谷ヒカリエを歩いていたら
ピエールマルコリーニのショップにソフトクリームもあることを発見。

小さな一粒の数百円よりは、嵩のあるソフトクリーム500円のほうが
まだ理解できる。
量は力なり。
ということで勇気を出して購入。

IMG_5463.JPG

結論。
チョコが濃厚、粘り気が半端ない・・・以上。
私には朝ドラのまれちゃんのような舌が無い。
残念。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『大放言』

久しぶりに没頭して読みふけるほどの面白い書物に出会った。
お風呂の中まで持ち込んで読み続けたので、
再度、茹でだこになってしまったが。。。
http://bouchukan.seesaa.net/article/426020819.html

さて、その書物とは百田尚樹著『大放言』(2015)新潮新書。
百田氏はマスコミにいろいろ書かれているが、
彼の小説やツイートなどを読むに、どう考えても変な人ではない。
同書は書き下ろしのエッセイということだったので、
即、とりよせて読んでみた次第。

内容は、
・最近の日本では、言葉尻に過剰に反応しすぎること
・日本人が自虐思想すぎること
・マスコミ報道がフェアでないこと
・その他、疑問に思っていること
などが具体例を挙げながら書かれている。

本日成立した安全保障関連法についても
大局的な見解が述べられている。

彼の意見に賛同するか否かは別として、大人のあなたにおススメの一冊。
私は百田氏、好きですよ。
posted by H.A at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

Toshi Yoroizuka

渋谷ヒカリエで菓子折りを買おうとうろうろしていたら、
一緒にいた娘が挙動不審になった。
どうした?

「ヨロイヅカさんだ!」という。
「誰?}と聞くと
「カワシマナオミのだんなさん!」

おおおおお!
鎧塚さんご本人が、ショップに立っておられた。
とても優しそうな方。
オーダー後に作るアイスクリーム(500円の)を
作ってくれるらしい。

おおおおお!
しかし、私はその5分前にピエール何とかというソフトクリームを食べたばかりで
別腹もない状態。

おおおおお!
なんと残念なことか・・・

せめてもと、贈り物として焼き菓子の詰め合わせを購入。
こうしてまた、食べたことはないが、買ったことはあるものが一つ増えた次第。

奥様のお身体が、早く良くなりますように。
posted by H.A at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー少年を厳しく叱る指導者の声

昨日の土曜日は、勤務先の教育相談会(保護者会)で出勤。
午前中に私のミッションは終了。
午後から研究室で自分の仕事をしていると、
夏休暇の間に芝がはられたグランドでサッカーをしている声がする。

通常は同キャンパスの高校生が使用しているが、
土曜日だからか、小学生か中学生がサッカーの練習にいそしんでいるようだ。
どこかの少年サッカークラブに貸し出しているのかな?

運動音痴な私は、スポーツ得意な人に絶対的な憧れがある。
なので、サッカー練習の声が愛しくて仕方ない。
少年たちの掛け合いの声はもちろん、厳しく叱る指導者の大声も、
私にはモーツアルトの楽曲に等しい。

気になるので「厳しく叱る指導者の大声」をじっくり聞いてみた。
「走れ!」などの短文命令調の文言もあるが
「蹴らないといけないでしょ」とか「なにやってんの」などの
首都圏独特の優しい言い回しなのが、なんとも心地よい。

なにせ、あたくし、広島生まれですからね。
こういう場合の指導者の叱り言葉は、汚いのが常でしたから。
「なにしょんやー」とか
「蹴れ、言うたろうがー」など。
ははは。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

サザンの「真夏の果実」を聴きながら、初秋の湘南を楽しむ その1

いつの頃から、9月の連休をシルバーウイークと呼ぶようになったのでしょうね。
そのうちプラチナウイークとか、ブロンズウイークとか出てくるのでしょうか。

さて、今年のシルバーウイークのささやかなレジャーですが、
ゴールデンウイークの首都圏の激しい渋滞に学び、
今回は5時半に出発(を予定し5時45分になりましたが)。

いざ、鎌倉へ。
まずは、今さらながら「世界一の朝食」とやらをいただきに、
七里ガ浜のbillsカフェへ。
今では日本に、同カフェは数件あるようですが、国内1号店らしい。
7時オープンで6時45分に到着したら、すでに開店を待つ長蛇の列でした。
黙って並んで、7時過ぎに入店し、いただきました。
美味しゅうございました。
そこそこのお値段もいたしましたが・・・

朝食後は、海岸沿いを走りましたが、
サーファーたちも、その多くが朝も早くから波乗りジョニーになっていました。
皆さま、朝から元気です。
由比ガ浜の眺めに、秋を感じます。
IMG_5481.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サザンの「真夏の果実」を聴きながら、初秋の湘南を楽しむ その2

大好きなどドラマ「最後から二番目の恋」のロケ地を
飽きもせず再び巡りました。

カフェ長倉と設定されたお店の前の小路にも、
小さい秋を発見。
IMG_5479.JPG
posted by H.A at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サザンの「真夏の果実」を聴きながら、初秋の湘南を楽しむ その3

その後、逗子やら葉山やらを、ぶーんと通って、北鎌倉へ。
さだまさしが歌った「縁切寺」である東慶寺へ。
行ってみたかったのです。

映画『駆込み女と駆出し男』の舞台にもなったところですし。

彼岸花と秋桜と木々の緑と蝉の声と・・・が、
汗ばむ初秋を感じさせます。

山門の横にある喫茶 吉野でウインナ珈琲。
IMG_5500.JPG

そして、早々に帰宅&昼寝。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

無言と有言の間で

昨年度、一昨年度となんだかんだ身辺が慌ただしくて、
ちゃんとできなかったので、今年度はちゃんとしようと思っていることがある。
なので、ここでそれを宣言し、自分を追い込み
「有言実行」を遂行しようと考えていた。

しかし、初秋の風に吹かれながら思い巡らすに、
わざわざ宣言し、それを遂行したとして、
これ見よがしにに、できました!と言うのも、傍から見たら鬱陶しい。

やはり、ここは「無言実行」で、いつのまにやらできてました!
というほうが奥ゆかしくて良いのではないだろうか。

などと悶々と考えて、本来すべきことが手につかないでいる。
というか、何よりそうした心の中の声をいちいちブログに書くこと自体が
うっとーしーに違いない。
posted by H.A at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人で入れないお店

少し前に労働環境で話題に上がっていたお店。
かつ、ドラマ内で類似店に行く場面があり、
どうしても、それが食べたくなりました。

私は一人でどこでも行くし、どんなお店も入りますが、
なぜか、このお料理を出すお店は、街のあちこちにあるのに
一人で入れない・・・・
無理やり家族を誘って行ってみました。

牛丼。
IMG_5465.JPG

満足。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

どちらも一緒

BSテレビ、瀬戸内寂聴さんと美輪明宏さんが対談していた。
最後だけちょっと観た。

美輪さんは、肉、酒、たばこなど口にせず、
睡眠もたっぷりとり、非常にストイックな生活を送っているらしい。
かたや寂聴さんは、肉、酒は好んでいただくらしい。

どちらにしてもお二人お元気で長寿。
寂聴さんは93歳だし、美輪さんは80歳ですから。

自分の身体が快適なように生きる、というのがよいのでしょうね。
posted by H.A at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

今さらですが「華麗なるギャツビー」

毎年、出張講義をお願いする立教大学の濱田先生は
ラグジュアリーブランドのティファニーの説明に
ディカプリオの「華麗なるギャツビー」の映画を紹介なさる。
なので、ずっと気になっていたのだが、観たことがなかった。

同映画の時代背景はちょうどアメリカの禁酒法時代のこと。
同僚のS先生の専門はアメリカ経済史で、特に禁酒法時代がメインらしい。
おまけに私の研究室には、なぜかエリス島のポスターが貼ってある。
二代前の主が貼付なさったものらしい。

ということで、ずっと気になっているディカプリオ。
ようやく借りて観てみました。

こーいう内容だったのですね。
遠い昔に小説を読んだはずなのに、さっぱり忘れているし。
なんというか・・・ほう。

それにしても、タイタニックの頃と比較し、
ディカプリオがいい具合に熟していることにもビックリ。
今さらですが・・・
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

基本はシャンプー

今春よりお世話になっている美容院は、
スタッフの方が10名前後おられるのだけれど、
すべてお一人の方が担当してくださる。

よくあるベテラン美容師さんが、カットと指示のみして、
あとはお若い方がシャンプー、パーマ、カラーなどの施術をする、
というのとは異なり、すべてお一人。

なので気が楽なのと、早い。
待つ時間が無いのだ。
というので気にいって通っている。

いろんな人にやってもらうのが楽しいので、指名せずに行っている。
(指名料が500円かかる)

いろんな人にやってもらって、わかったこと!
やはり基本はシャンプーの技術だ。
シャンプーと言うのは、きっと美容師のまず最初の仕事だろう。
これまでの美容院でも、必ず一番若い人の係だった。
しかし、素人の私にとっては、シャンプーの上手い下手が、
その他の技術も反映しているように思える。

今お世話になっている美容院でも、実はお気に入りの女性スタッフの方がいて、
たくさんのメニューをお願いするときは、その方を指名した。
しかし、通常は500円がもったいなくて、指名なしで楽しんでいる。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

信じる者は救われる・・・?

マッサージ屋さんを探していることを以前、こちらで何度か書いた。
http://bouchukan.seesaa.net/article/417194022.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/418205244.html

そうこうしているうちに、骨折をし、その影響でぎっくり腰になりと、
弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂、のような状況に陥った。
ぎっくり腰にならない体にしなければならない。

ある日のこと、朝刊に近所の中国整体の広告がはさっていた。
初回、半額らしい。
というので行ってみた。

整体師の方が、私の手首を触診しながら、私の身体の悪いところを指摘なさる。
(肝臓と腎臓がよくないらしい)
占いと一緒で、人間の体の悪いところは限定されるから、
その診断が見事だ!などと信じているわけではない。
(お酒を飲むことや、ばくばく食べられることは伝えているので、
 胃はラインナップから削除され、肝臓はぴったしだったのであろう)

その後、マッサージと整体をミックスした施術が行われた。
なんと!この指圧が私好みでよかったわーい(嬉しい顔)
コリの箇所を、こりこり言わせながらほぐしてくれる。
おまけに無駄が無い。

整体師の方曰く、
背骨が曲がっているから、マメに通ったほうが良い。
回数券が安い。
回数券を買えば、初回が大層安くなる。
とのこと。

ということで、中国四千年の歴史を信じてみようと思います。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

湘南「テラスハウス」の裏側

「テラスハウス」が好きではまっていた。
http://bouchukan.seesaa.net/article/405935243.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/415295280.html
また、新しいバージョンが始まったようだが、
有料なので観れていない。

湘南に行った際に、まさに、そのハウスを車窓より見学。
後姿です。

IMG_5471.JPG

ここで若者のこもごもがあったのですね。
青春や。
posted by H.A at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なーんだ?

海の中の黒いポツポツ。
なーんだ?

IMG_5466.JPG






答:サーファーたち@七里ガ浜
posted by H.A at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京散歩:豊かな洲

諸般の事情で、ある目的をもって、あちこち散策をしています。
まずは、豊洲。
豊洲は新しいマンションと、古い公団住宅とが共存してますね。
以下の地図は、新しいエリア。
IMG_5507.JPG

ここから月島まで歩きました。
東京は川が多いね。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

『絶頂の一族』

尊敬する友人に教えてもらった
松田賢弥『絶頂の一族』(2015)講談社文庫。
安倍家、岸家のルーツを探り、彼らの政治的思想を考察する書籍。

もともと山口出身のご家族。
大河ドラマでは長州の皆さんが新しい日本を創ろうと頑張っていますしね。
その他にも個人的な理由もあり、
非常に興味を持って読みました。

その本を読んだ感想としては、今の総理の、
お爺様やお母様の存在感は大きいね、というところでしょうか。
よって、ご本人は辛いな。
奥様は奥様で自然体で存在感あるし。

安倍家、岸家のお爺様、お父様は、地元は山口で生まれて育っている。
が、今の方々は、東京どっぷりでしょうから、
将来的に地元との関係はどうなるのでしょうね。
と、気になっています。



それにしても、本書のタイトル、「絶頂の」が意味深。
一族は、今が最高潮、ということでしょうか。

そうはいえ、国家はサスティナビリティが前提。
我々の子孫が笑って過ごせるような日本で、世界でありますように。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京散歩:スカイツリーと秋の空

土曜日は仕事で出勤。
帰り道、あえて錦糸町で途中下車。
そこから北へ北へと歩きました。
川辺を利用した親水公園などを愛でながら、
スカイツリーを目指して北へ北へ。

見あえげると、雲が速い速度で流れていました。
スカイツリーと秋の空。

IMG_5522.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

虫の音とデート

楽しみにしていた、スペシャルドラマ「デート」。
期待以上に秀逸だった。
演技も上手いが、内容が良い。
脚本も良いのだろう。
(上から目線すみません)

あまりに面白いので、月曜日だというのに、追っかけ再生で一気に見てしまった。
いよいよ盛り上がりのところ。
不器用な主役の二人が、
「月が綺麗ですね」と夏目漱石のように気持ちを伝える最もキュンキュンするところで、
聞こえないふりをしていた虫の羽音が大きくなった。

振り向くとリビングの灯りにアブがブンブンと飛んでいる。

そこからアブと格闘すること五分。
なんとか退治。

同時に盛り上がっていたキュンキュンもどこかに行ってしまった。
再度、月が綺麗ですね、のあたりまで巻き戻すも(今も巻き戻すというのだろうか)気持ち盛り上がらず。

とはいえ、良いドラマでした。
楽しい月曜日の夜でした(o^^o)
posted by H.A at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失恋

昨日の福山雅治氏の結婚ニュースは、
日本の中高年女子の多くを、切ない気分にさせたと思う。
私も衝撃のあまり、数人に大人気ないラインを送った。

一昔前のモーニング娘の唄の
♪あんなに好きって言ってたじゃない
のフレーズが脳内をリフレインした。
よくよく考えてみれば(よく考えなくても)、
彼に「好き」と言われてもないのに、
それどころか会ったこともないのに、勝手に失恋した気分に陥っている。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

ドラマと現実との間

再放送で観ているBS朝ドラ「あまちゃん」。
九月最終日の今日は、鈴鹿さんが水色のお着物で
「潮騒のメロディ」を歌うクライマックスシーン。
わかっていても泣けます。

若い時の恥を乗り越え、重い荷物を降ろした感じに。

他方で、先週最終回を迎えた「まれ」は、ファンタジーだった。
現代の話なのに、こんなわけない!の連続で、
タイプは違うが「純と愛」を髣髴させる感じ。

今週からは「朝が来た」が始まっているので、楽しみに観たい。
ただ、主人公女子の幼いころが、必ず超お転婆なのは、いかがなものか。
お転婆ではない人もいるぞ。
私もお転婆ではなかった。

ところで、この「朝が来た」の主題歌がAKB48なのだけど、
爽やかでよい!
太巻さん、がんばったね!と思ってしまうのは、私だけ?
(朝ドラファンの人ならわかってくれますよね?)
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする