2015年07月03日

カステラ

私は黄色いものが好きだ。
プリンとかカスタードクリームとか。
カステラにも目がない。
気づくと一本食べてしまうので、自分では買うのを我慢している。

といったところに届いた福砂屋のカステラ。

IMG_5027.JPG

二切れいただき、あとは出張から戻ってゆっくり珈琲と共にいただこう。
と楽しみにしていた。

帰宅したら、すべてなかった・・・
美味しいものの競争は激しい。
posted by H.A at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

うつりゆく風景

仕事で久しぶりに広島に戻った。
川の町、広島。
IMG_5040.JPG

マツダにはロードスターがおいてあった。
マツダ社内に来客が多く、会社に元気があるのを感じた。
IMG_5031.JPG

広島駅の新幹線口のお店もきれいになっていた。
千福のお店もあったので、酒粕のソフトクリームをいただく。
左側。
右側はプレミアムソフトクリームで500円!

IMG_5042.JPG

宮島でしか食べられなかった揚げもみじのお店もあった。
我慢した。えらい、私。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

風の森αを持って会いに

広島でとある会議が終わって懇親会までの時間。
少し余裕があったので、鯛の鯛訪問。

首都圏でお土産を買っていなかったので、
広島の酒屋さんで、奈良のお酒 風の森αをもって、鯛の鯛へ。

突然の訪問ながら、温かく迎えてくれた大将と女将。
IMG_5033.JPG

懇親会があるからね、ちょっとだけとグラスビールをいただき、
突き出しのみ。
相変わらず美味しい。
IMG_5032.JPG

私の友人・知人たちが時折お店に来てくれるらしい。
いいねえ。
こういった繋がりは。
話題がなくなったら、私の悪口で盛り上がってくれると、嬉しいねえ。
年を取ると、悪口言われてなんぼでしょう。

だからというわけではないっですが、広島の皆様、鯛の鯛にどうぞ!
(人気店なので、早めに予約をが必要ですわ)
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇の料理番

数週間前のこと。
TBS「天皇の料理番」が面白いと、ドラマ談義仲間の友人。
観ていなかったが、ちょうどダイジェストが放送されていて、
観たらはまった。

そこから毎週鑑賞。

今日も泣けました。
黒木華(はな と書いて はる と読みます)が健気で泣かせます。
彼女の演じる姿は、男子の思い描く女子の姿でしょう。
posted by H.A at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

赤いネイル

出張での新幹線、移動後の効率を上げるため、自腹でグリーンに乗った。
グリーンは普通席とは少し雰囲気が違う。
タレントがいないかとトイレに行く途中できょろきょろするが、
だいたいがビジネスマンだ。残念。

そんな中、往路で私の後ろに座ったカップル。
男性は青いポロシャツに短パン、女性は白いワンピース。
仲良く話をしている。
女性が甘えたような話し方をするので、夫婦ではないだろう。
恋人か?にしては寝る時間がどーのこーので、どうも違うようだ。
しかし、少しして二人は寝始めた。寄り添って。
少し倒した座席の隙間から見えたのが、彼女の白いサンダルと、足の赤いネイル。
気になる。

復路では、通路を挟んだ席に座ったカップル。
男性はヴィトンのスーツケース、パンチパーマが少し伸びたような髪型、
暑いのに上下きちんとスーツ、THE 昭和の社長さん っといった感じ。
女性は割に派手な雰囲気で、ワンピースに麦わら帽子だった。
これまた仲よさそうに話をしていた。
靴を脱いだフットレストにのせた彼女の足には、やはり赤いネイル。
気になる。

新幹線では、暇なものだから、たまたま目に入ったカップルから、
いろいろストーリーを膨らませてしまう。
足の赤いネイルは、より一層ストーリーを膨ませる。

サンダルを履く夏なのに、忙しさにかまけて足のネイルを塗布するのを
怠っていた私は、早速帰宅してネイルを塗った。

赤いネイルを選ぶことは躊躇し、オレンジにした。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

八百屋さん

首都圏にあって地方にないもの、商店街だ。
地方では郊外型の大型商店や、駅前のスーパーにその商圏は覆い尽くされている。
それは大型商店の影響でもあるが、
商店街側も時代の変化に合わせた対応ができなかったところに要因があるだろう。

と固いことを書いたが、現在の住いの最寄りの駅を挟んで、あちらとこちらに商店街がある。
商店街が珍しくて嬉しくて、ついうろうろしてしまう。
駅のあちら側に八百屋さんが二軒あって、明らかに客の入りが異なる。
お客が多いほうが商品の回転がよいだろうから、
私も人の多い八百屋さんで買う。

特に最近の季節は、果物が豊富で、週に一度八百屋さんに行っては、
腕がちぎれるほど果物をたんと買って帰る。
我が家の食費におけるフルーツ係数は7割くらいをしめるだろう。

さて、客の少ない八百屋さんは、数人いるお店の人、皆が愛想がない。
昔ながらの「奥さん、800万円」などとべたな声掛けくらいしてほしいもんだ。
黙って商品を袋に詰め、黙って渡してくれる。
「沈黙は金」は八百屋さんには不適当だろう。

他方の客の多い八百屋さんは、外にいる中国人であろう男性が明るい。
「メロンどれが美味しいですか?」と聞くと、「いつ食べる?」と聞きながら選んでくれる。
スイカが大好物だから、スイカはもちろん、桃やサクランボやキウイや・・・などと
買っていると袋が三つくらいになるし重い。
すると男性は「重いから、気を付けてね」と言いながら渡してくれる。

こういう商店街の風景というのは、スーパー文化で育ったにもかかわらず
ノスタルジアを感じてしまう。
ノスタルジアというのは、自分の中でなく、外からの影響で作られるものなのかもしれない。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

割り切る:体力

特に運動をしないので、体力作りにと、
職場でも極力エレベーターを使わず、階段で上り下りをしていた。

しかし、最近ようやく気づいた。
私はそこまでの体力がない。

なので、今では体力づくりよりもまずは体力温存が重要と割り切り、
他人様に迷惑がかからない範囲で、エレベーターを利用している。

体力のある元気な人が羨ましい。
こればかりは、持って生まれた遺伝だと思う。
posted by H.A at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

「教職員専用エレベーター」に関するエッセイ

面白いエッセイを読んだ。
中条 潮先生の書かれた「『教職員専用』エレベーター」。

そのエッセイの内容は以下。
 
 大学内の「教職員専用エレベーター」。
 顧客より従業員を優遇するのはおかしいとする意見もある。
 しかしこれには理由が2つある。
 @教員には年寄りが多いので、EVから得られる効用が学生より大きい
 A教員が優先されないと外部不経済が発生する。
  授業に学生が5分遅れたら、損失は5分×人数。
  教員が遅れると、損失は5分×受講生数
 よって教員を優先するのは資源配分上の根拠がある。

 ただ、上記は混雑時間帯にのみ該当し、原価費用がゼロの閑散時には学生の使用も望ましい。
 しかし、こうした規制は見張りがいる。
 その管理コストは規制による資源配分是正効果よりも明らかに大きいであろう。
 
 よって、「教職員専用」という張り紙が落としどころだ。

という内容。
公平不公平というのは、立場により意見が相違するが、
こうして理屈で考えれば、納得し溜飲も下がるというものだ。

経済学・経営学の面白味は、こういうところにある。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

眼鏡

スニーカーを買いに行って、つい眼鏡を買ってしまいました。
あ、近眼用ですよ!!!
初めて立寄ったJINSショップ。

とにかくフレームが軽いのがよくてと、ふと店頭の眼鏡を持ちあげたら、軽いこと!
おまけにリーズナブル。
加えて店員さんが非常に感じよい。
さらに、すぐできた!

これまでは別のメガネチェーン店で数個購入しており、
(中途半端な近眼なので、あちこちに眼鏡を置いておくのです。
 車や職場、リビング、鞄の中など)
出来あがりに一週間要するとか、基本料金に必ずプラスされるというのが
当たり前だと思ていた私は、あまりの価格破壊にびっくり!

ここまで JINSショップがあちこちにあって、
何をいまさら。。。という感じではありますが。

せっかくだからとPCメガネ(パソコン用メガネ)JINS PCも購入。
私はPCを見るときは、近眼用メガネは不要なのです。
これで頭痛が解決するならば、また職場用のPCメガネも購入せねばなりません。

それにしても、同社のHPによると
「企画・生産・流通・販売までを自社で一貫して行う独自のSPA方式でコストカットを徹底し、
 大量販売によるスケールメリットと併せることで、
 これまでになかった低価格・高品質を実現」
とのこと。

いまさらながら、興味深い企業です。
posted by H.A at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見えないほうがよいもの

眼鏡話続き。

常時眼鏡を装着しないので、眼鏡をかけて鏡を見るということは、
まずもってない。

が、が、が、
眼鏡購入時には、試装着もかねて、眼鏡であちこちを見まわす。
よく見えるので、遠くの鏡に映った自分の姿も見える。

ぎょーーーーーーーーーーー!

見えないほうがよいものもある。


なので神様は、人間の目が衰えるようにしているのではないだろうか。
科学技術の進歩で、見えなかったものが見えるようになり、
便利になると同時に、
自然の摂理に抗うことで、心理的な苦痛をも背負うことを、再確認。
posted by H.A at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

熱風とケ

窓を開けていたら風が通って涼しい我が家も、
昨日からの暑さで、さすがにクーラーをつけた。
窓を開けると、熱風が吹き込むのだ。

ところで、昨日、ちかごろ話題の代官山のビールのお店で軽いランチをとった私は、
その後ものすごい腹痛で寝込んだ。

お腹にはカイロを二枚張って温め、
暑いので首には保冷剤をタオルで巻き付け、
お腹が痛い痛いと体を丸めるようにして唸っていた。

何とか今日は起き上がったが、油断はできない。
ここ二年くらいの「ハレ」の日の連続な毎日に、
身体がギシギシいっていたので、先週より「ケ」な日々を過ごしはじめていた。
熱風の中で、しばらく「ケ」な生活を続ける予定。
posted by H.A at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

区切りその1

今年の4月から昨日まで、火曜日の夜は毎週勉強に行っていました。
18時半から21時40分までビッチリ。
毎週楽しみだったのですが、
ただ仕事で火曜日は毎朝6時に家を出、勉強して帰宅すると23時前。
翌日の水曜日も6時前には起床し、という毎週だったので、
身体的にはハードでした。

なので、火曜日にはいつもこれ。
IMG_4971.JPG

そうはいえ、知的好奇心を満たされた楽しい3か月でした。
posted by H.A at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

区切りその2

4月からの新しい職場、緊張しながら始まった前期が終わりつつあります。

昨日は私のメインの講義「経営戦略論T」の最後15回目の講義。
毎週授業準備に追われましたが、
それも自分の勉強になる楽しい時間でした。

最初は学生の感じもつかめず、恐る恐るといった進行でしたが、
徐々に良い関係が築け始めたように感じています。
(学生は違うかもしれませんが(笑))

後期には「経営戦略論U」を行うのですが、
昨日の授業終了後、いつも一番前で聴講していた学生が、
単位は充足しているので後期は履修はしないけれども、
聴講してよいですか?と。

う、嬉しい。

全員を満足させられる授業をするにはまだまだ修行が足りませんが、
こうして一人でも興味を持ってくれたことに感謝です。
(すみません、自慢話のように読めるかもしれませんが、
自分の授業が学生にとって難解か容易すぎるか、
その塩梅をさぐりながらの講義だったので、
手ごたえがあったことに安堵しているのです。)

経営学は人生学。
その楽しさを伝えられるように、よし、夏には後期の準備に励みます!!!
posted by H.A at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

突風

千葉は風が強い。
だからか、最近よく目にゴミが入る。
先日は、目が赤くなっていた。

もしかしたら目の潤いが以前よりなくなってきて、
ゴミを押し出す機能が低下しているのかもしれないが、
いや、風が強いからだと思いたい。

駅から職場まで、よく突風が吹くので、
髪の毛も何もかもぐじゃぐじゃになる。
それはそれで面白い。

冬は寒いのだろうか・・・それが唯一心配。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外で飲むワイン、家で飲むワイン

経堂のワインレストランでいただいた白ワインが、
それまでの白ワインのイメージを打ち崩すほど美味しかった。

何とかそれを入手したいとネットで探したが、
なかなか見つからず、ようやく新規に立ち上がったWeb shopでその扱いがあったので、
取り寄せた。

お店で飲んだそれと、家で飲んだそれ。
残念ながら、お店で飲んだ時の美味しさを家で味わえなかった。

その差は、ワインの保存状態や温度、グラスも要因の一つだろう。
またお店では、仕事したその流れで、仕事仲間と飲んだという達成感も美味しさを作り出したのだろうか。

あの香り、口の中でのフルーティな味わい、もう一度体験したいものです。
IMG_5063.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

妻と一緒のほうがいい

研究会で北海道の企業見学&調査に行った際、
宿泊ホテルを皆で同じところにしました。

研究会に私を入れてくださった、
その分野では権威のT先生(といっても私より数歳上の先生ですが)は、
珍しく奥様を帯同されていました。
(お会いしてはいないのですが)

会議後、時間を合わせて皆で夕食に行こうというとき、
ホテルを夕食付にされていたT先生も集合場所に来られ、
いろいろな方に挨拶をなさっていました。
(ホスピタリティ精神に溢れた先生なのです)

メンバーが「T先生も一緒に行きましょうよ」と言うと、
T先生がきっぱりと
「いえ、僕は妻と一緒のほうがよいので」

かっけー。
本当に、超かっけーと思いました。
posted by H.A at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 尊敬する人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーツと革靴

いつの頃からか、省エネ対策でクールビズがどこでも取り入れられるようになった。
(私は寒がりなので、いつも上着を持っている)
環境ビジネスを研究する私としては、それも一つの手法だと思う。

が、矛盾を承知で書けば、
私はやはり男子(中高年ね)のスーツ姿は格好いいと思うので、
カジュアル化やノーネクタイ、そして半そでワイシャツ、もしくは長そでワイシャツのみというのは
個人的に残念だ。

これは昔から言われていることだが、
カジュアル化は、よほどセンスと着こなしに自信がある人でないと、
単なる「休日のおじさん」になる。
若く見えても、実際は若くないのだから、やはり「休日のおじさん」になる。

せめてボタンダウンにしてほしい。

他方で、オシャレを突き通しているであろう男性は、
ネクタイをしない長そでワイシャツと背広姿。
汗を時折ふきながら。
このいでたちを見ると、かっこよくて嬉しくなる。

上記、単なる私の勝手な好みなので、あしからず。
きっと私は制服フェチ(JRの制服姿とか、かっけーわ)なので、
その一端でスーツ好きなのだと思う。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

青春のほろ苦さ

朝はいつもBSで7:15から再放送「あまちゃん」、7:30から「まれ」を見る。

今朝はどちらも主人公の友人が、自分の人生に迷い苦しむところで、
見ていて泣けた。

辛いんだよ、若い時は。
夢があっても、自分に力が無いし、お金が無いし、どうやったらいいかわからない。

夢が無くても、何をしたいのかわらないと学生が私につぶやく。
辛いんだよ、若い時は。
自分に何ができて、何をしたら良いのかわからない。
だけど、体の奥底から湧き上がる情熱がある。

青春時代は切ないさ。
中年時代も切ないが。
だから中高年は皆、アルコールで切なさを蒸発させるのだろう。
posted by H.A at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

不条理

8月初旬に経営行動研究学会 統一論題で報告をする。
この準備が私の今の最難題のミッションだ。
PCの前に座り、先行研究を眺めながら、頭をぐるぐるひねっていると、
現実逃避してしまう。

何をするか。
ひたすらyoutubeを見てしまった。
それも・・・・   ジャニーズ

山Pが好きなので、山Pの姿を探して見ていたら、
私の大好きだった赤西 仁君が歌っている姿、発見。
これがね、超うまい。
はもったりもしている。

赤西君は、自由奔放に行動したからか、今はジャニーズ事務所をやめ、
独立して活動している。
歌のうまくない先輩が重宝されたりしている不条理が我慢できなかったのかもしれない。
わかるよ。わかる。

だからそこで、
そういった不条理を飲み込みながらも受け流し、
粛々と今はがんばれ、そのうち君は今よりもっとビッグになる!
と、アドバイスし、生活態度を改めさせる大人が必要だったな。
それも彼が納得できるような大人。

とか思いながら、ひたすら見続けるジャニーズ。
やはりね、少年隊のダンスはすごいよ。
ダンスの躍動感が、半端ないぞ。
歌も口ぱくではないしね。

赤西 仁君の抜けた穴は、ジャニーズにとって大きいね。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

青春の6頁

久々に青春シリーズ。

青春の1頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/167389547.html
青春の2頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/167813419.html
青春の3頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/169675824.html
青春の4頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/171614344.html
青春の5頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/299062950.html

講義を終えて廊下に出ると、数人の学生がたむろしている中で、
顔見知りの男子Aが女子と密着していた。
密着の詳述は避けるが、私は目から目玉が転がり出るかと思うくらいびっくりした。

また別の日、数人の学生ががたむろしている中で、
顔見知りの男子Bが、椅子に腰かけていた女子の髪の毛をくしゃくしゃっと撫でた。
ドラマ張りのその仕草に、私は平らな床で転びそうになった。

A君もB君もソフトで人懐っこい男子だ。
男女関係なく、皆と自然に仲良くなり、盛り上げることのできるタイプ。

なので老婆心ながら、後日、A君とB君に会った際、念のため尋ねた。
(もちろん、別々の時です)
「○○していた女子は、彼女?」
すると二人とも
「彼女です」と答えたので、安堵した。

いやーびっくりしたよ、あれ、ただの友達だったらどうしようかと思った!
の私の言葉に
「さすがに僕も彼女でない子にしませんよ」とのこと。

あーっやって、ひっつきもっつきしたいのも青春の証。
あれ、中年がしていたら、なんだか重い。
若さゆえのレモン色のひっつきもっつき。

そのうち別れたなんだと大騒ぎだろうが、それも青春。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青春の7頁

青春の6頁を書きながら、遠い昔の高校時代を思い出した。

青春の1頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/167389547.html
青春の2頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/167813419.html
青春の3頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/169675824.html
青春の4頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/171614344.html
青春の5頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/299062950.html
青春の6頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/422766172.html

高校時代、私が校舎の階段を下りていたら、
公認の美男美女カップルが踊り場にいた。
今でいう「壁ドン」状態で。

長身の男子が彼女を見つめ、彼女は恥ずかしそうにうつむき加減だった。
校舎の中ながら、そこを通ってしまったのが
二人に申し訳なく、小走りに階段を下りたのを覚えている。

とかいうことを思い出すあたり、
夏の暑さにやられたようだ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

青春の8頁

引き続き青春シリーズ。

青春の1頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/167389547.html
青春の2頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/167813419.html
青春の3頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/169675824.html
青春の4頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/171614344.html
青春の5頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/299062950.html
青春の6頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/422766172.html
青春の7頁


首都圏では最高気温が30度を超えた真夏日。
まだ太陽が元気な夕方に、私の前を歩く若いカップルが
手をつないでいた。

一人で歩いていても、汗がダラダラ流れる今日のこの日に、
君たちは手をつなぐのか!
手がべとべとしていないか!

と、言いたい気持ちをおさえてカップルを抜かした。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボーイズ18の夏

ここのところ青春シリーズを書き綴ったのには理由がある。
実は先日、一年ゼミの前期最終回に、夏休みの予定を男子学生たちに聞いた。

学生たちの予定は、
・バイト
・部活三昧
・家でゴロゴロ
・まあいろいろ
のような感じ。

男子は口数が少ない。
よって色鮮やかな夏休みの予定を、その有無は別として聞くことができない。
しかし、青春に憧れのある中年は、それでは物足りない。

「君たちね、18歳の夏だよ、大学一年生の夏だよ。
 一度しかないよ。」
と力説する私。

無駄に熱い中年教員の熱気に押されて、
その後彼らは、仕方なく、時折、
・花火
・高校時代の仲間と同窓会
・バーベキュー
・海水浴
と、THE若者の夏 のようなことを言ってくれた。

18歳の私がドラマのような夏休みを経験したかと言うと、
全く無し。
何歳になっても、無し。
あれから時が流れ、こーなりました。とさ。

ということで若さにノスタルジアを感じて、青春シリーズを書いた次第。

(私には言わなくてもきっと彼らには彼らの18歳の夏がある)
学生諸君、Enjoy 夏休み!
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

メリーポピンズ

千葉は風が強い、と言うことは以前も書いた。

夏の日差しを避けるため、日傘を差して歩いていたら、
先日は、あまりに風が強くて、日傘が風に流される。
私の体もろとも、そのままふわりと浮いて、飛んでいくのではないかというほど。
(飛びませんが。浮きもしませんが。)

幼いころ読んだ、メリーポピンズの話を思い出した。

と言っても内容は覚えていない。
風に乗って、傘とともに降りてきた、そしてまた風に乗っていなくなった、
ということだけ記憶にある。
それも正しいかどうかわからない。

とか考えながら歩く風の日。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガラスの30代

4月より同じ大学、同じ学部に共に赴任した先生、ナイスガイのお二人

相談し、情報交換し、試行錯誤しながらの前期終了。
もちろん来週の試験は残っていますが、大きなヤマを越えたことは間違いない。

講義が無いときは研究ができる時!ということで、
早速共同研究のヒアリングに行って仕事。
した後の、前期お疲れ様会の二次会がカラオケ@神楽坂。

神楽坂ではちょうどほおずき市というお祭りが行われていましたが、
こちらはカラオケ祭り。

お二人の先生、とても上手い!
kanto Kidsだと言いながら、
「ガラスの十代」」を唄う三十代のナイスガイのお二人。
熱唱や。

IMG_5101.JPG

そのうち合同合宿をしよう!とか
○○しよう!とか、仕事の幅が広がる広がる。
楽しい同期の桜会合の夜でした。
posted by H.A at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

KITTE

友人がランチを予約してくれて初めて知った丸の内の商業施設KITTE。
知らなかった!

IMG_5094.JPG

旧東京中央郵便局跡地に建てられたビル「JPタワー」内の、
日本郵便初の商業施設らしく、2013年3月21日にオープンしていたとのこと。
郵便局だから名前がKITTE(キッテ)とはなかなか!
「chokin」とか「kanpo」とかも候補に上がったのでしょうね。

ランチ後、友人が面白いよと教えてくれた二階三階にある、
東京大学総合研究博物館が、これまた面白かった!
IMT(InterMediaTheque)というらしい。

東京駅丸の内側に出て左側だから(笑)
ぜひどうぞ!

しかし、地方ではガンガンデパートが閉店し・・・なのに、
首都圏のパワーはすごい。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛妻弁当

新横浜―新大阪間の新幹線で隣に座った人は、
右目の端で見る限り、ちょっとおしゃれな30代前半サラリーマン男性だった。
彼は着席後、すぐにパソコンを取り出し、パソコンをつつきはじめた。
右目の端で見る限り、細く長い指で、薬指には指輪があったので既婚者なのだろう。

しばらくして仕事が終わったのか、パソコンをおさめ、
小さなかわいい絵柄の紙袋から何か取り出した。
右目の端で見る限り、おにぎり二個と、使い捨ての容器に入ったたくさんのおかず。
水筒もある。

きっと奥様が持たせてくれたのだろう。
羨ましい。
私もそういう妻が欲しい。
おにぎりは一個でいいです。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

居眠りの後

新横浜―新大阪間の新幹線で隣に座った人、の別編。
右目の端で見る限り、ちょっとおしゃれな30代前半サラリーマン男性。
パソコンをつつかれている間、私もその横で仕事をしていた。

が、いつものように眠たくなったので、私はジャケットを肩からかけてシエスタに突入。
移動時の睡眠くらい気持ち良いものはない。

と、何か気配を感じて、パッと目を開けた。
ら、隣の男性が私の顔をのぞいておられたのか、目があった。
お互い、すぐに目をそらした。

にしても、気になる。
もしかしたら、私がいびきでもかいて、ご迷惑をかけたのだろうか。
それとも、眉間の皺を寄せて寝るので、辛そうに寝ていたのだろうか。
あるいは、無意識にもたれていて、邪魔だったのかもしれない。

いまだ気にはなるが、気にしても仕方ないので、考えるのはやめよう。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏だ!花火だ!海水浴だ!

FBでは、連日、夏だ!花火だ!海水浴だ!のような記事が、
FB友人の皆様からアップされます。
朝からビールとか、花火見えたとか、羨ましい・・・

当方、試験期間中の大学生娘と共に、
クーラーを相棒にシゴトでPCに向かう日々。
特に難題は8月8,9,10日と行われる経営行動研究学会の統一論題の報告。
時間かけても、ピリッとまとまらないし、気づくと冷たいものばかり食べている。
(あずきアイスが一番好きです)

ごーーーーーーっ。
今日も日曜日だけど、天気もいいけど、部屋の中で頑張るぞ。
おー!(小さい声)
posted by H.A at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地方大会

しばらく音沙汰の無いマブダチに生きてる?とラインしたら、
夏の甲子園の広島大会の進捗が返信されてきた。
http://www.asahi.com/koshien/97/local/info/
そうか、もうそういう季節か。
昨年まではJステの関係で、知ろうと思わなくても情報が入ってきたが、
今年は、とんと疎くなった。

今年は地元広島と、住んでる神奈川県と、勤務先の千葉県と
応援したいところが3つもあるので、夏の甲子園はずいぶん楽しめそうだ。

録画していたアメトークスペシャルの高校野球スペシャルも観て、
改めて、自分の野球好きを確認。

野球、好きです。
加えて、野球している人にも尊敬と憧憬の念を禁じえない。
夏の高校野球を楽しめるように、効率よく仕事しなきゃ!
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

小説「きみはいい子」

久しぶりに小説を読みました。
『きみはいい子』(2014)中脇初枝 ポプラ社
5話の短編もの。
映画化されたことを少し前に新聞で読み、気になっていた本。
うち3編をミックスして映画化されているようです。

私は家族ものに弱い。
特に、こういう母親と子どもの関係は、いろいろ思うところがあり・・・

映画化されていない「うばすて山」は電車の中で号泣ものでした。
汗を拭いたタオルハンカチで、あふれる涙を押さえる、と言った感じで。
人が少なくてよかった。

さあ、帰宅後は家族をハグです。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

優しい人は心の強い人

小説「きみはいい子」の続き・・・

いつも思うのですが、子ども時代にとことん保護者から愛された人は、
心が強い、だから優しい。
この年になって知り合う人でも、人間がまっすぐでいい人だなと感じる人は、
だいたい親御さんから愛されて育っているようです。

保護者、特に母親には、子どもを徹底的にかわいがる義務があると思うのです。
もしも、それをできない精神的に弱い母親であれば、その夫が妻をたしなめ、
かつ妻を全力で支えて守ってあげてほしいのですよ。
夫がいなければ、周囲の大人がおせっかいでも手を出し口を出してよいと思うのです。

残念ながら、小説には夫やお父さんの姿は、あまり出てこない。

さて、先日の日曜日は
二子玉川にできた新しい商業施設見学 ライズ見学に行きました。
(で、結局散財しましたもうやだ〜(悲しい顔)

そこには若い夫婦や家族がたくさん。
小さい子どもを抱えるパパの姿があちこちに。
頼もしいパパの姿です。

ささ、やはり今夜も帰宅して子どもをハグです。
もう大きくなった子どもでもハグです。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生への質問

前期は終わったが、前期中に1年生の学生と個人面談を順に行った。
6月くらいから雑談として
「父の日、母の日には何かした?」と聞くことにした。
(もちろんご家族の状況を配慮して、質問方法も変えました)

統計は取っていませんが、ほとんどの学生が
何がしかのアクションをとっていて、ちょっとうれしい。
男子学生が、ぼそぼそっと「母の日には花を贈った」とか言うと、
熱血教員は、
「それはね、お母様はとてもうれしかったと思うよ」
と言いながら泣く。

そういえば、一人の女子学生が、
「母の誕生日も、母の日にも何もプレゼントをあげていないので、
 アルバイトのお給料が入ったら、
 お母さんと一緒にディズニーランドに行きたい。」とのこと。
これまた熱血教員を泣かせる。

父の日には何もしていない学生もいて、
気持ちはわからなくもない。。。笑
お父様にも来年は何かしてあげてね。
肩たたきでもいいと思うよ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

男心と本心

朝ドラ「まれ」の横浜最後のシーン。
パティシエの師匠が、まれを手放したくないから、
卒業試験としてのロールケーキに、ダメ出しをする。
このあたりの男心がなんともいい。

結局、最後の最後に、味を認めたという顔をしつつ、
「まずい」と言い放つ。
これはね、弟子への最上級の褒め言葉ですよ。
私にも厳しい師匠がいますから、よくわかります。

だからというわけではないですが、
滅多に食べないケーキを食べることになった時、
(和菓子が好きです)
いつも選ぶ苺のケーキではなく、ロールケーキを選んでみました。

師匠と弟子の愛に乾杯バー

IMG_5143.JPG
posted by H.A at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする