2014年11月19日

隣の人その2

飛行機の中での隣の人の話。
私は出来る限り、普通席一番前の二人掛けの席を予約する。
(ANAは機体が立派、JALは小さいのです。私はJAL派。)

二人席の間の肘掛の所有権が微妙。
こういう場合は、肘掛をどちらも使わない!というのが
争いごとの起きない賢明な選択なのかな?と思っている。
しかし、だいたい男性は肘掛を当たり前のようにご自身の所有物とする。
そうした振る舞いも想定内として、
私はいつも身体を隣の人とは反対側に傾け座っている。

しかし、隣の方の肘掛の所有権の主張があまりに目に余る時は、
わざとひざ掛けを大きく広げたり、肘を張ってみたりして、
ちょっと抵抗してみたりもする。
(我ながら大人げない)
posted by H.A at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

隣の人

飛行機にしばしば乗る。
たかだか1時間ちょっとの飛行時間だが、
隣に座る人がどのような方か、というのは、
その空間の快適性を大きく左右する。

先般、隣合わせたのは手足の長い、細身の長身の50代くらいの男性だった。
この男性、長身の男性と称呼しよう。
長身の男性は、動くたびに、とにかく大きな音を立てた。

動くたびに椅子やらががたがたいう。
特に驚いたのは、機関誌をめくる音だ。
一枚一枚めくるたびに、バリバリっジャリっと音がする。

私も試しにめくってみたが、どうやってもそこまでの音が出ない。
特別なテクニックが必要だろう。
ちょっと耳障りだなと思いながら、私は本を読んでいた。

少しするとドリンクがサービスされた。
私はいつもの冷たい日本茶(機内は喉が渇くから)。
長身の男性はコーヒー。
これまたバリバリと音を立てながら、砂糖とミルクを入れた挙句の
大きなズズッツ
の後の
大声の「はあーっ」
の繰り返し。

うるさいわ!
3回まで我慢したところで発狂しそうになった。
こういう時のためにイヤホンがあるのだと気付いて、
急ぎイヤホンを装着の音楽鑑賞。

イヤホンからは
森高千里の「私がオバさんになっても」が流れてきた。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする