2013年12月30日

大きいお魚@クアラルンプール

ネイル、足つぼマッサージ、タイ式マッサージと、
日本と比較しクアラルンプールは安かったので、いろいろ体験した。
フィッシュセラピーに興味はあるかと友人。
行こう行こうと、意気揚々と出かけ、足も洗って準備万端。

って、魚が大きすぎ!

P1030621.JPG

左の足は、そこで知り合った韓国かな?アジア系女子の足。
彼女の勇気は素晴らしい。

へたれな私は、お金を払ったのに退散。
日本女子、無念なり。
posted by H.A at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グルメ@クアラルンプール

クアラルンプール駐在中の友人夫妻の食文化度は高い。
よって、黙ってついて行ったら全て美味しいため、たらふく食べまくる。

まずは朝食にインド料理のロティ・チャナイ。
バナナの木の葉っぱがお皿。
これは使い捨て?使い回し?わからず。
P1030539.JPG

ドリンクはマレーシアで飲まれている泡立ち紅茶、テー・タレ。
インドのチャイとどう違うのだろうか・・・わからず。
P1030535.JPG

昼食はコンコルド・ホテルで点心。
点心に間違いなし。
P1030551.JPG

夕食は屋台街。
なかなかハードな経験、在住の人と一緒でないと、軟な日本人はなかなか行けない。
貴重な体験。
P1030577.JPG

トルコアイスもいただく。
背景の路地の様子が、渋いでしょ。
P1030573.JPG

翌日の昼食は、セントラル・マーケット内のフードコート。
自分で選んでトムヤンクンのヌードル。
この雑な盛り方がいいでしょ。
辛くて、ゴジラになりました。
P1030603.JPG

夕食には肉骨茶(バクテー)。
漢方をブレンドしたスープに、豚肉のあらゆる部位を選んでいただく。
イスラム教の国なのに豚肉。
P1030627.JPG

マレーシアはイギリス領土でしたから、イギリスの文化が豊富。
TWGでお茶。
手前のチョコレートケーキは甘くて全部食べられず。
P1030614.JPG

と、グルメ三昧。
しかし、友人夫妻の安くて美味しいレストランへのアテンドのおかげで、あまりお金を使わず。

なんだかんだ言って、温度差20度ある日本に帰国して、
駅のホームで食べたおうどんが五臓六腑に染み渡る。
IMG_1697.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読書三昧@クアラルンプール往復

広島―クアラルンプール間の移動は絶好の読書タイム。

往路は『あんぽん 孫正義伝』佐野 眞一 著 (2012)小学館
ソフトバンクの孫さんの人生が、先祖に遡って詳細かつ綿密に描かれているドキュメンタリー。
韓国から日本に渡ってきた祖父母やご両親は御苦労なさったようですが、
そうはいえ豊かなビジネスセンスで事業を行い、
幼いころから孫さんは、そこそこ豊かに暮されていたよう。
そうはいえ「在日」という差別は幼いころから現在もあるわけで、
それが頑張る力となっているようです。
P1030525.JPG

友人宅では、
『そして父になる【映画ノベライズ】』是枝 裕和著、佐野 晶著(2013) 宝島社文庫
映画を観てませんが、なるほど、こういう内容なのかと。
やはり、躾や教育を左右する家庭環境は大事と思った次第。
IMG_1692.JPG

復路はすでに読んだことがあるけれど、たまたま持参した
『悪意』東野 圭吾著 (2001)講談社文庫
読んでいるのに、誰がどーして犯人かわからない自分の忘却力。
素晴らしすぎてあきれる。
P1030649.JPG

帰宅。
posted by H.A at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大都会はクリスマスing@クアラルンプール

駐在している友人家族を訪ねて行ってきましたクアラルンプール。
大都会でございました。

これは圧巻、
マレーシアの国営石油会社ペトロナスが建設したペトロナス・ツインタワー。
石油や天然ガス関連のオフィスビルらしい。
やはり、資源のある国は豊かですね。
P1030557.JPG

夜の風景がこちら。
IMG_1688.JPG

そのツインタワーの下の方は伊勢丹も入っているショッピングセンター。
スリアKLCCと言うらしい。
P1030562.JPG

こちらはパビリオン。
P1030619.JPG

日本はすでに年末ムードでいっぱいですが、
アジアの他国では、旧正月まではクリスマス満喫らしいですよ。


ラグジュアリーブランドを目の前にしながら、
ウインドーショッピングでエンジョイ。
クレジットカードを使わなかった自分を、褒めてあげたいと思います(キッパリ)
posted by H.A at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする