2013年12月22日

一富士 二ツリー 三先生

今年最後の学会出張、経営行動研究学会@立教大学。

往路の空で、富士山を見ることが出来て、よし、来年もいいことあるぞ!
IMG_1610.JPG

立教大学の大きなツリーも眺めることが出来て、今年もお疲れ様。
改修されてきれいになった本館廊下から。
IMG_1619.JPG

学会での学びは当然ながら、懇親会での歓談では、
私の指導教授のK先生が、経営学重鎮の先生方から、非常にかわいがられ、
高く評価されていることを改めて認識し、尊敬の念を強くした。
校務や教育が忙しいと研究をおろそかにする先生が多い中で、
K先生の学会活動は旺盛であるし、
その研究量や世に出す成果の質と量は衰えることが無い。
そうしたことを、重鎮の先生方は高く買っておられるのだろう。

ドラマ「ショムニ」で「女の価値は、男の数」とのセリフがあったが、
まさに「大学の先生の価値は、研究の量」。

ということで、弟子として私もがんばれ!と、
ワインを飲みながらも自分を叱咤激励した次第。
posted by H.A at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする