2013年06月04日

自分の体を客観的に測る

比治山大学のオープンキャンパス。
栄養士関連の学科があり、健康を測定するいくつかの機械がおいてあった。

ストレス測定器があったが、継続中は5分間じっとしていないといけないらしい。
それ自体がストレスなので、やめておいた。
以前計測した時は、「ストレスなし」だったが、
http://bouchukan.seesaa.net/article/121061892.html
きっと今は、あるって!!!

さて、その横にヘモグロビン測定器があった。
ヘモグロビンが少ないと、貧血気味であり、ひどいと白血病などになるらしい。
虚弱体質な私。
献血も、血を抜くことで自分が倒れると思われるため、
皆様にご迷惑をかけてはいけないと考え、したことがない。
きっとヨレヨレだろうとドキドキしながら、指を入れて測定した。


測定結果を見た先生が一言。
















「男性並みですね」
女性のほうがヘモグロビン値が低いらしいが、私は女性の平常値範囲の高得点だった。

加えて、先生が一言、
「血の気が多いってことですよ」


( ̄‥ ̄)
少なくともヘモグロビンにおいては虚弱体質ではないらしい・・・
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする