2013年05月05日

ハードッコイショドッコイショ

ようやく5月らしい気温となった今日、
人の多さを覚悟して、広島フラワーフェスティバルにお出かけ。
目的は、パレードを観ること。

フラワーフェスティバルパレード.JPG

ちなみに、パレードのテーマは「きんさいYOSAKOI」。
平和大通りのパレードで、華やかに舞踊したグループは、
その後メインステージで、またパレードとは違う舞踊を披露する。

出場した多くのグループには、大きな旗を振り回す役の人がいて、
その舞踊を盛り上げていた。
大漁旗のようでカッコイイ。

昨日までの冷たさがウソのような暑い日差しの中で、
汗だくになりながら、パレードやステージを堪能した。

ステージで、多くのグループが使用していた曲がソーラン節を編曲したもの。

フラワーフェスティバルステージ.JPG

ちょっと待った!
そもそものテーマが「きんさいYOSAKOI」。
きんさいは、広島弁。
YOSAKOIは、よさこい節で高知。
ソーラン節は、北海道。

都道府県や、議論されている道州制をも上回る、県を超えた舞踊文化ではないか!
(もしかして、今日気づいた私が遅いのでしょうか?)

と感動しながら、観ていた。
あの、♪ソーランソーラン の箇所の、しゃがんで起きるという繰り返しのダンスは、
リズムにのって、小気味よい。
簡単そうに見えたので、帰宅後リビングでしてみたら、できない。
まずしゃがんだら最後、立ち上がれない。
無理して立ち上がると、太ももがつった。

パレードやステージで見事な舞踊を魅せてくれた老若男女に
改めて乾杯!
posted by H.A at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八甲田山に行ってみたい

本棚を整理していたら、
『八甲田山 死の彷徨』(1978)新潮文庫 新田次郎著
が出てきた。

高倉健さんファンの私は映画「八甲田山」も、なめるように見ているのだけれども、
小説はちゃんと読んでいない。
丁度連休明けの授業で、リーダーシップや組織について講義する予定になっているので、
その事例に紹介したいと、じっくりと読んでみた。

映画VS.小説は、よくこのブログでも書くが、
これは映画の方が、健さん演じる徳島大尉が、より「いい人」に描かれている。
小説は、徳島大尉が、自ら率いるグループに、全行程を踏破させたとはいえ、
村人に少し横柄な態度をとるなどの面もある。

今年のGWは八甲田山に大雪と、知人のFBに書いてあった。
冬場はさぞ寒かったであろうと、想像するだけで、咳が出る。

さて、八甲田山のお供は、伊勢の赤福。
八甲田山死の彷徨.JPG

お抹茶の泡が荒いのが気になる・・・
もっと細かくしたいものだ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滅多にひかない風邪をGWにひく

私は胃腸は弱いが、キヨーレオピンを飲み始めて以来、
風邪をひいていないことが自慢だった。
にもかかわらず、数日前から喉の痛み、鼻水、頭痛、関節痛と風邪の症状で辛い。

やれやれと思いながら、熱が出ているわけではないので、
無理をしない範囲で動いている。
(他の人にうつしても悪いし)

そんな私に安らぎを与えてくれる庭先のつつじ。
2013年つつじ.JPG

それと、この3月に退職された助手さんがくれたタオルハンカチ、名前入り。
退職前の忙しい時期に、わざわざ手配して購入されたのかと思うと、
その気遣いが、風邪ひきの弱った心に浸みわたる。
名前入りハンカチ.JPG

やはり健康であることは大事。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする