2013年05月01日

上下巻ある分厚い小説

昨年のこの時期は内田樹先生の著書に没頭していたが、
今年のGWは百田直樹氏の小説三昧。

2013年本屋大賞の『海賊とよばれた男』(2012)講談社

昭和の日に、昭和を揺るがした第二次世界大戦をはさんでの
石油の話を読んで、資源のない国の悲哀を感じた次第。

海賊と呼ばれた男.jpg
読書の供は、焼いてアツアツの竹屋饅頭。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

申し訳ない気持ち

お店の前を通りかかると、つい立ち寄ってしまう。
そして店頭でサービスしているコーヒーをついいただく。
KALDI。
http://www.kaldi.co.jp/

KALDI.jpg

小さな紙コップに半分もない量がちょうどよい。
日ごろはブラックだけど、この甘さとミルクの感じも心地よい。

そして、ただでいただくのは申し訳ないと、先日もコーヒー豆を購入。

お店側にとってコーヒーサービスは、
通りすがりの人を顧客に変化させる意義あるコスト。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

女心

やられた。
この小説には、
女子の愚かさ、浅はかさ、意地悪さ、妬み、勝手な思い込み、しつこさ・・・
見事に描かれている。

『モンスター』(2012)幻冬舎文庫
やはり、百田直樹氏。

零戦や時代物や大物経営者を描いた小説とは、これまた色の異なる読み応えのある内容。
エンディングも、そうきたかと・・・ネタバレになるので書きませんが、
読んでみてください。

映画化されるようです。
http://monster-movie.jp/

読書のお供は、杵屋の「書写 千年杉」。
http://kineya.net/hpgen/HPB/categories/11500.html
初めていただいて賞味しましたが、びっくりするくらい美味しい。
大好きなトム(トム・クルーズね)もお土産に大量購入したらしい。
モンスター.jpg
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初夏の装い

昨日のJステーション。
5月ですからね、番組で用意してくださる衣装も、
季節の先取りで夏の装い。
半袖Tシャツの上に薄いブラウスのような一重の七分袖ジャケット。
お若いアナウンサーさんは半袖。

それにしても今年は5月と言えども寒い。
最近はあれだけ問題だ大変だと騒いでいた「温暖化」の言葉も聞かないほど。

夏は暑いとか、冬は寒いとか、不平を言うけれど、
暑いときは暑く、寒いときは寒くという当たり前なことが、大切なのでしょうかね、
とイエローの百合に話しかけてみる。

香りがいっぱいの今週の花。
2013.05.02週の花.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jステーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

魚介系スープにもイロイロある

広島のラーメン店は、
「すずめ」とか「つばめ」とか鳥の名前のお店が有名で人気だと思い込んでいたら、
最近は「ふじもと」というスープが魚介系のお店も、
行列ができるほど人気だという。
http://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340103/34001188/

気になるので行ってみた。
線路沿いのわかりづらいところにあるのに、確かに人気ありのよう。
外に何人も並んでいた。

ふじもと.jpg

呉のモリスのラーメンで育った私は、
魚介系と言えばモリスのあっさりしたスープを想像していたが、
ふじもとのそれは、どろっとこってり。

魚介系のスープにもいろいろあるようです。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小股とはどこ?

「小股の切れ上がった」と言う女性をいい意味で表現する言葉がある。
ところで、これは、いったいどこがどうなっていることを言うのか?

webで検索すると、諸説ある。
・足が長いこと
・襟足がきれいなこと
・足首が細いこと
・着物がめくれた時に、見えそうでみえないこと
・O脚の脚のほうが、着物がよりめくれ上がること
などなど

どれもそうなような、そうでないような・・・
着物を着ていたころからの言葉であることは間違いないようだ。

ところで、先般読んだ小説『モンスター』。
この中に「小股の切れ上がった」というのは、
口角が、くっとあがって、
常に微笑んで見えるような口元を言うのようなことが書いてあった。
新たな解釈だ。

気になるので、国語学の先生に聞いてみよう。
それとも聞かずにおいて、自分に都合の良いように解釈しておいた方が
幸せだろうか。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

滅多にひかない風邪をGWにひく

私は胃腸は弱いが、キヨーレオピンを飲み始めて以来、
風邪をひいていないことが自慢だった。
にもかかわらず、数日前から喉の痛み、鼻水、頭痛、関節痛と風邪の症状で辛い。

やれやれと思いながら、熱が出ているわけではないので、
無理をしない範囲で動いている。
(他の人にうつしても悪いし)

そんな私に安らぎを与えてくれる庭先のつつじ。
2013年つつじ.JPG

それと、この3月に退職された助手さんがくれたタオルハンカチ、名前入り。
退職前の忙しい時期に、わざわざ手配して購入されたのかと思うと、
その気遣いが、風邪ひきの弱った心に浸みわたる。
名前入りハンカチ.JPG

やはり健康であることは大事。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八甲田山に行ってみたい

本棚を整理していたら、
『八甲田山 死の彷徨』(1978)新潮文庫 新田次郎著
が出てきた。

高倉健さんファンの私は映画「八甲田山」も、なめるように見ているのだけれども、
小説はちゃんと読んでいない。
丁度連休明けの授業で、リーダーシップや組織について講義する予定になっているので、
その事例に紹介したいと、じっくりと読んでみた。

映画VS.小説は、よくこのブログでも書くが、
これは映画の方が、健さん演じる徳島大尉が、より「いい人」に描かれている。
小説は、徳島大尉が、自ら率いるグループに、全行程を踏破させたとはいえ、
村人に少し横柄な態度をとるなどの面もある。

今年のGWは八甲田山に大雪と、知人のFBに書いてあった。
冬場はさぞ寒かったであろうと、想像するだけで、咳が出る。

さて、八甲田山のお供は、伊勢の赤福。
八甲田山死の彷徨.JPG

お抹茶の泡が荒いのが気になる・・・
もっと細かくしたいものだ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハードッコイショドッコイショ

ようやく5月らしい気温となった今日、
人の多さを覚悟して、広島フラワーフェスティバルにお出かけ。
目的は、パレードを観ること。

フラワーフェスティバルパレード.JPG

ちなみに、パレードのテーマは「きんさいYOSAKOI」。
平和大通りのパレードで、華やかに舞踊したグループは、
その後メインステージで、またパレードとは違う舞踊を披露する。

出場した多くのグループには、大きな旗を振り回す役の人がいて、
その舞踊を盛り上げていた。
大漁旗のようでカッコイイ。

昨日までの冷たさがウソのような暑い日差しの中で、
汗だくになりながら、パレードやステージを堪能した。

ステージで、多くのグループが使用していた曲がソーラン節を編曲したもの。

フラワーフェスティバルステージ.JPG

ちょっと待った!
そもそものテーマが「きんさいYOSAKOI」。
きんさいは、広島弁。
YOSAKOIは、よさこい節で高知。
ソーラン節は、北海道。

都道府県や、議論されている道州制をも上回る、県を超えた舞踊文化ではないか!
(もしかして、今日気づいた私が遅いのでしょうか?)

と感動しながら、観ていた。
あの、♪ソーランソーラン の箇所の、しゃがんで起きるという繰り返しのダンスは、
リズムにのって、小気味よい。
簡単そうに見えたので、帰宅後リビングでしてみたら、できない。
まずしゃがんだら最後、立ち上がれない。
無理して立ち上がると、太ももがつった。

パレードやステージで見事な舞踊を魅せてくれた老若男女に
改めて乾杯!
posted by H.A at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

腕を前から上へ

フラワーフェスティバルで気になったステージ。
ダンスを観るのに疲れてしまい、行けませんでしたが、
一番気になったのは、NHKのこれ。

みんなのラジオ体操ステージ.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

花と団子

我が家のモッコウバラ、毎年、団子のように固まって咲く。
(これでも、ずいぶん枝をすいた)

2013年のモッコウバラ.jpg

せっかくなので、団子も楽しもう!
(無理やりな感じですが)
ということで、先日Jステーションで紹介されたはっさく大福。
フラワーフェスティバルにお店を出されていて、買えました。
http://0845.boo.jp/kashihara/product/hassaku.html

はっさく大福.jpg

*下に敷かれている新聞記事が何の記事か、わかったあなたに、盛大な拍手!

いちご大福のはっさく版、餡は白あん。
この際、メロン大福とか、りんご大福とか、フルーツ大福セットを作ったら、
よいね。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

ただの人

父の本棚を眺めていて、気になった本。
きっと、以前も読んだのであろうけれど、覚えていないので再読。
『超バカの壁』(2006)新潮新書 養老 孟司著

こういう人生の先輩が、社会をぱしっと切ってくださるのは、
胸がすく思いがする。

特になるほどな、と思ったのは、
No1とか、Only1とかある言うけれど、
No1でも、Only1でもなく、皆、「ただの人」なんだよと。
「ただの人」が、社会にあいている穴を埋める、それが仕事なんだ、というくだり。

読書のお供は、ちからのおにぎりタラコ。
超バカの壁.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5章独立取締役と企業不正リスク管理

共に学位論文を書いた戦友の濱田眞樹人先生からいただいた書籍
『独立取締役の基礎知識』(2012)中央経済社 日本取締役協会編
濱田先生は第5章の独立取締役と企業不正リスク管理 を執筆。

冬に贈っていただいていたのですが、せっかくなのでゆっくり読もうと思っているうちに初夏。
しかし、ゆっくり読んだ甲斐があるというか、ゆっくり読んで面白い本です。

面白いというと語弊がありますが、濱田先生執筆の第5章は、
米国と日本のガバナンス構造の差異を述べ、
正しい企業経営をするために何をすべきか、わかりやすく書かれています。

その対策の一つに、ニュートラルで当たり前の社外の視点の重要性をあげ、
独立取締役の必要性を説いているもの。

独立取締役の議論には、人材が不足だ!とか、外の者にわかるか!
という典型的な反論もあるけれども、
「独立取締役に期待されているのは、コンサルティングではなく、経営者の監視である」
というもの。
なので、「候補者に欠くことはない」(p.150)

おススメ。

さて、読書のお供は、京都土産の茶団子。
独立取締役の基礎知識.jpg
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

母の日だからカーネーション

昨日のJステーションのお花はこちら。
2013.05.09週の花.jpg

アップはこちら。
2013.05.09週の花アップ.jpg


と、写真をつつきながら、
今週末の日曜日が母の日だからカーネンションなのね、と気づいた。

カーネーションといえば、朝ドラ「カーネーション」。
しつこいが、いまだ私はドラマ内での成就しなかった恋、
綾野剛クンの演じた周防さんを引きずっている。

さて、綾野クン。
現在、TBSの「空飛ぶ広報室」に、ガッキーと共に。出演中。
http://www.tbs.co.jp/soratobu-tbs/

実はこのドラマ、面白い。
最初は、働く女子の生意気なさまを、これでもかとよくあるパターンで見せていたけれど、
だんだん内容が濃くなってきました(すみません、上から目線で)。

ドラマ内で、ガッキーとの恋が成就できたら、
ようやく私も朝ドラ「カーネーション」の周防さんを卒業できるかも。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jステーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

外側

昨夜乗ったJR、カープ応援ラッピング電車。
カープラッピング電車.JPG

カープの成績は、ちょっとというか随分残念だけど、
こういう赤い電車に乗ると、嬉しくなる。

ただ、難を言えば、乗っている間は、その赤が見えない・・・
posted by H.A at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かっこいいお一人様

フレンチレストランのル・ジャルダン・グルマンでランチをした時のこと。
http://jardin1990.com/

隣の席では、ランチをしている私より少し年上と思われる女性が一人。

サーブされるお料理を横目で見ていると、
アラカルトでのオーダーか、一番種類の多いフルコースかな?と言う感じ。
一人でフレンチを召し上がる姿が、かっけー(朝ドラ「あまちゃん」風)。

加えて、最初にビールを飲まれた次に、ワインをボトルで頼まれたよう。
彼女のお好きなワインが、グラスでの提供が無かったよう。
一人でボトルワインをあけるなんて、超かっけー。

私も一人で動くことは多いけれど、
こうしたかっけー振る舞いをするには、まだまだ修行が足りない、と感じた初夏。

ル・ジャルダン・グルマン.jpg
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

花言葉は疑惑・・・

紫色が鮮やかなラベンダー@我が家の庭。
2013年度我が家のラベンダー.jpg

ちなみにラベンダーの花言葉は、繊細、優美、疑惑、沈黙・・だとか。
それ以外にも、あなたを待っています、清潔、優美、期待もある。
いろいろあるので、自分の都合の良いように解釈。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーナーの心配り

グルメ企業が複数店舗を営む形態のレストランでは、
じぇじぇ!と驚くほどの、スタッフのホスピタリティ不足に出会うことが時折ある。
ホスピタリティ不足以前に、オーダーを正しくとれなかったり、
お会計を大きく間違えたりすることもある。

きっと何らかの志をもって最初のお店をオープンしたであろう社長さんの当初の想いは、
規模の経済をきかせて、店舗数を増やすことで、稀薄化している。
企業規模の拡大に伴い、社内教育の充実と徹底が求められる。
そうした教育を怠った社長さんの、怠慢でもある。

他方、シェフがオーナーで、一店舗をじっくりじっくり経営しているレストランもある。
そういったレストランは、和洋どちらにしても、居心地が良い。
美味しいものを食べてもらいたくて、飲食のお店を持つのであろうから、
お料理が美味しいのはもちろんのこと、
美味しいものを食べることができる空間作りや接遇態度も、
ブラボーと拍手をしたくなるほど、素晴らしい。

ブラボーなお店の一つ、日本料理つるま。
http://hiroshima.miruca.tv/index.php?sub=6ch_detail&shopId=12100100012086
実は、この一週間内で、昼と夜と二回訪問。

昼の部。
つるま昼.JPG

夜の部。
つるま夜.JPG

良いところを並べ立てると、たくさんあってキリがないので、
ここでは書かないが、その中であえて一つ述べたい。
生魚がダメな私用に、お刺身をしゃぶしゃぶして食べるようにしてくださった。
これは嬉しい!
お刺身しゃぶしゃぶ.JPG

福々しいお茶碗で、終わりよければ全て善し。
百福.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

再び大和ミュージアム

ゼミ生が、大和ミュージアムについて調査したのは2006年2007年
ゼミ生からの要望で、再び大和ミュージアムの調査へ。
あの頃と様子も変わり、呉市が所有者ながら指定管理者制度を活用しての運営とのこと。

真面目な顔の大和ミュージアム班6名。
大和ミュージアム調査.jpg

丁寧に親切にご説明くださる
相原謙次副館長(向かって右手)と上元(かみもと)新一郎事務局長。

相原副館長と上元事務長.jpg

ゼミ生は、どんな調査をするのでしょうね。
大和ミュージアムから見える海.jpg

せっかく呉に来たので、
先日Jステーションで紹介されていた蜜屋のどら焼きを購入。
みつどら.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

放課後の校庭を走っていたあの頃

昨日のNHK朝ドラ「あまちゃん」を見た人の中で、
1割くらいの人は、以下のような行動をとっていると思う。














押し入れに頭を突っ込んで、村下孝蔵のCDを探して聴く。
キョンョンがカセットに吹き込んでいたという設定の「初恋」を。
村下孝蔵.JPG

加えて「踊り子」も。

「踊り子」を歌う村下孝蔵の声が、立教大学のA淵先生の声にすり替わるのは、
数人だとは思うけど。
posted by H.A at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

元気が出ない時は図書館に行く

昨日のJステーション。
支度を済ませて、スタジオに入ると、いきなり、
村下孝蔵の「初恋」が流れてきました(笑)

たまたまディレクターさんが、私のブログを読んでくださったらしい。
粋な計らいに大爆笑。

そういった遊び心溢れる皆様が創るJステーションの中身は、昨日も変わらず濃く、
「初恋」とはまた違った側面で楽しませていただきました。

昨日は特集の一つに、最近の図書館の変貌がありました。
佐賀県では、民間委託して図書館らしからぬオシャレな図書館があるらしい・・・
これは図書館に行くのが、より楽しくなりそうねと思いながらも、
民業圧迫にならないのかと心配になります。
余計なお世話でしょうが。

他方で、広島では市と県の図書館が、
地道ながらも工夫して知の提供をしている様子が映し出されていました。
図書館は無料ですし、その場にいるだけで知的好奇心がくすぐられて、楽しい。

さて、私は本を読むのが好きですから(中身をすぐ忘れますが)
職場の図書館にしばしば出没します。
お目当ての本を探すときもありますが、背表紙を見ているだけで、
新たな世界が発見できて楽しい。

比治山大学の図書館.jpg

「けっ」と思うことがあれば、ぜひ図書館へどうぞ。
昨日のスタジオのお花は以下。

2015.05.16週の花.JPG
posted by H.A at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Jステーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクロビオティックってご存知?

先日のJステーションで紹介された
ヘルシーなランチを提供してくれる喫茶月待ち。
http://blog.livedoor.jp/tsukimati/

マクロビオティックランチを食べさせてくれるという。
マクロビオティックとは?
「穀物や野菜、海藻などを中心とする日本の伝統食をベースとした食事を摂ることにより、
 自然と調和をとりながら、健康な暮らしを実現する考え方」らしい。
こちらのサイトを参考にしました。
http://www.chayam.co.jp/macrobiotic/

オシャレな外観。
喫茶店月待ち.JPG

ジャズの流れる店内でいただくマクロビオティックランチ。
1000円です。
動物性のものはなく、玄米とか大豆とか野菜とか・・・
薄味なので、食材の味を味わえます。

喫茶店月待ちランチ.JPG

食後はタンポポコーヒーを頼みました。

普通のコーヒーより色が薄いからでしょうね、ティーカップでした。
喫茶店月待ちタンポポコーヒー.JPG

きっと、毎日ここでランチをいただいたら、
6月の頭にある健康診断では、文句ない数値になると思います。
日ごろの欲求のまま、何でも欲しいだけ食べるという自分を反省したランチの時間。

反省しながらも、
ワインが飲めたらいいですね、とつい口に出してしまう変わらない自分。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

4割

昨日、仕事仲間10名での会食会。
うち、4名が赤いブツを購入していた。

ミシュランガイド広島2013.JPG

昨日発売になった『ミシュランガイド広島2013』。
情報収集は大事ですから。

ちなみに、会食会場も同本に掲載されているお店でした。
posted by H.A at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おむすびとお味噌汁

『ミシュランガイド広島2013』には、
星はつかなかったけれど、ミシュランとしてお勧めしたいお店のビブグルマンが、
49店舗掲載されていた。

その49店舗の中に、私が遠慮なく行けるお店、鯛の鯛が選ばれていた。
http://bouchukan.seesaa.net/article/207090540.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/207096582.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/210296384.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/249650557.html
これは嬉しい!

鯛の鯛のお料理は、ここにも何度も書いたが、どれも繊細で美味しい。
奇をてらうような斬新な料理ではないが、
いぶし銀のようなお料理を食べさせてくれる

私が一番好きなのが、おむすびとお味噌汁。
食事の初めに頼むくらい、美味しい。

鯛の鯛のお味噌汁とおにぎり.jpg


ちなみに、鯛の鯛でいただけるワインはこちら。http://irohaniwine.seesaa.net/article/322278999.html
4人で、あっという間にあいた。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

毎年恒例マグカップ

今年も、大学院仲間のはーさんから、立教大学同窓会のマグカップが、
ぐるぐるまきに包装されて、贈られてきました。
サンキューです。
マグカップ2013.JPG

気づくと、マグカップが5つ、タンブラーが2つ。
まさに、継続は力なり。
マグカップの材料がこの世の中からなくなっても、
しばらくは事足りそうです(笑)

マグカップ5年分+グラス2つ.JPG

さて、はーさん。
超大手都市銀行を退職して、6月より、
医療系の大学院の先生になられるとのこと。
新しい未来に乾杯バー

以下の写真は、2月に行った、はーさんの学位取得のお祝い会の時。
よかったねと男同士の握手の図。
左がはーさん、右が立教大学の濱田先生。
おはまさんとはーさん.JPG
posted by H.A at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

36の瞳

ようやく今年のゼミ生がゼミの時間に勢ぞろいしました。
かわいいかわいい18名のゼミ生です。

2013年度ゼミ生一同.jpg

テーマは、6名ずつ3グループで
・大和ミュージアムの来客動向調査
・広島駅ビルASSEに対する女子学生の意識調査
・サンフレッチェ広島に対する興味関心度調査

面白い調査になりそうです。

posted by H.A at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

紫色のサンフレッチェ広島

我がゼミではカープの関連の調査を何度か行ってきました。

サンフレッチェについて調査をしたいと言っていたゼミ生も過去には数人いたのですが、
・カープもしてサンフレッチェもして、では節操が無いように思えていたこと
・サッカースタジアムに近い大規模大学が他に2校あるのだから、
 比治山大学の学生がわざわざ調査をすることはないだろうと思っていたこと
より、着手しませんでした。

ところが、昨年サンフレッチェが優勝したこともあり、
市街地へのサッカースタジアム建設要望の潮流が大きくなりました。
サンフレッチェについて調査したいという学生も多い。
ならば、物理的にスタジアムに遠いとか近いとかではなく、
もっと広域的な視点でサンフレッチェを捉えてみようかと、
今年は初のサンフレッチェ調査に着手です。

まずは、ご指導いただこうと、サンフレッチェ事務所を訪ねるサンフレッチェ班。
お相手くださるのは、
株式会社サンフレッチェ広島 企画広報部部長の森脇豊一郎氏。
スポーツマンの森脇さんより、日本におけるサッカー文化のこと、
サンフレッチェをめぐる課題など教えていただきます。

サンフレッチェ広島森脇様.jpg

面白い調査を楽しみにしているよ、サンフレッチェ班諸君。
サンフレッチェ広島にて.jpg
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

スポーツ苦手なモノから見る野球とサッカーの違い

ツイッターでサッカーのことについてつぶやいたら、
スポーツマネジメントの先生から、(観戦側の)野球とサッカーの違いは何でしょう?
と返信ツイートがあったので、ちゃんと考えてみたい。

以下は、
スポーツが超苦手なので、スポーツのできる人に単純に膨大な憧れを持ち、
ルールをちゃんと知らないながらも、たまにプロスポーツ観戦をする人間の戯言です。
ので、あしからず。

まず、試合そのもの。
サッカーは、15分の休憩をはさんでの45分×2、つまり、よほどのことが無い限り、
2時間で試合はきっちり終わる。
時は金なりをモットーとする私としては、好感が持てる。
他方野球は、高校野球はサクサク進むのに、プロ野球は時間がかかる。
そういえば「巨人の星」も、星君が花形に投げるまでに、にらみ合いなどで、
いちいち時間がかかっていた。

ただ、野球は9回の表裏と区切りが多々あるので、
ちょっと遅れて行ったり、先に抜けたりが、容易だ。
そういって意味では、気楽。

サッカーは、プレーが連続するのでそうもいかない。
始終目が離せないし、ハーフタイムで席を立つしかない。
集中力と持久力が求められる。

次に日本のプロ制度。
プロ野球は戦前から始まっており、80年の歴史あり。
かたやサッカーは、20年。
この歴史の差は大きい。
歴史の相違は、観戦文化定着の違いを露わにしている。

そしてチーム数は、プロ野球は、セパ6チームずつの12球団。
サッカーは、40のプロサッカークラブが加盟、J1に18クラブ、J2に22クラブ。
申し訳ないが、サッカーのクラブ数が多くて覚えられない。
この前もゼミ生と、昔からあるチームがないがどこに行った?騒いでいたら、
J2だった。
そういう意味では、サッカーは野球よりもシビアで実力主義の競争社会のようだが、
とにかく覚えられない。

そして広島においての差異。
私の居住地がマツダスタジアムに近いので、観戦に行くのもそう負担ではない。
広島駅から徒歩圏内だし。

かたや、サンフレッチェのエディオンスタジアム広島(旧称:広島ビッグアーチ)、
我が家からは遠い・・・
これは、昨日ヒアリングしたサンフレッチェの方も大きな課題とおしゃっていた。
試合終了後にその付近を出るのに時間がかかるというのは、
時は金なりをモットーとする私には辛い。
ただ、これは居住地にもよると思うので、個人差はあるだろう。

今後
野球観戦者の年代は幅広いが、
サッカーは30代、40代前後の親が子供を連れてくるというファミリー層がメインらしい。
確かに、息子を持つ友人たちは、サッカーを足繁く観戦に行っている。
今の子供たちが成人した時は、歴史の差も割合的に小さくなる。
その時どうなるか。
楽しみでしょう。

取り急ぎ、以上。
主観いっぱいの駄文で失礼しました。
posted by H.A at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引き続きサッカー

先日、研究室を久しぶりに訪ねてきてくださった先生より、
1年間サバティカルでイギリスに行き、イギリスのプロサッカーについて調査したという話を聞いた。
ゼミ生のサンフレッチェ調査も始まりと、ちょっとサッカーづいているので、
今回もサッカーについて。

サンフレッチェの森脇さんから、
スタジアムの位置が課題なのですよと話を聞いたが、
現在使用しているエディオンスタジアムも、すでに建設されて22年が経っている。
そもそも広島広域公園陸上競技場であり、球技場としても使用される多目的スタジアムなのだ。

ただ、そこでは歴史ある試合が行われている。
1992年のサッカーアジアカップ広島大会である。

AFCアジアカップ1992とは、ウィキペディア情報によれば、
1992年10月28日から11月7日まで日本の広島県で開催された
第10回目のAFCアジアカップ。
この大会の開催国である日本が初優勝に輝いた。
最優秀選手には日本の三浦知良が選ばれた。とのこと。

1992年といえば、翌年にJリーグがいよいよ始まるよというサッカーに沸いた年。
また、サッカーアジアカップ広島大会には、カズ、ラモス、武田、中山など、
当時のゴールデンなメンバーが出場。
(現サンフレッチェ監督も)

で、当然ミーハーな私も、その試合は観に行っているわけです。
遠いのに。
サッカーもよくわからないのに。







こんな、昔話をしていてはいけません!
人の昔話くらい、聞いてて辛いものはない。
今のサッカーを観戦しましょう、私。
カズも現役なのですから。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

健康おたく、いよいよ玄米に手を出す

皆さん、こんにちは。
いきいき健康ラジオの時間です。
http://bouchukan.seesaa.net/article/104418787.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/87274990.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/250997418.html

先般、いただいたマクロビオティックランチが、美味しくて。
http://bouchukan.seesaa.net/archives/20130517-1.html
そこでいただいた玄米に興味を持ち、
我が家でも玄米に着手。

しかし、健康はもとより、美味しくないと意味がない。
白米とのバランスをいくつか試しました。

その結果、白米2:玄米1 くらいがもっちりして美味しい、
という結果にたどり着きました。
我が家では、最初、玄米100%でもOKだろうと仮説を立てていたのですが、
仮説はもろくも棄却されました。

玄米だからといって、すぐに元気百倍にはなりませんが、
80歳になっても90歳になっても、美味しいレストランに行ったり、旅行ができるように、
小さなことからコツコツと健康おたくです。

玄米ご飯.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミシュランに載っていないお店で並ぶ

裏ミシュランガイドを作りたいな、と思いながらも、
安くて美味しいとWebに書かれていたお店に、参りました。
天ぷら屋さん。

星の付いた天甲ではありません。
あつあつ揚げ立ててっちゃん
http://www.atsuatsu.jp/index.html

広島市南区青崎に3店目がオープンしたらしいというので、
そこに行ってきました。
http://loco.yahoo.co.jp/place/5ef15d863861a5ed08ec67cf893c112b1e17b014/

天ぷら定食680円のにしましたが、次から次へと揚げ立てが!!!
あつあつてっちゃん1.JPG

量が多いわ!
というか、その前に家で、いが餅を2個食べた私が悪い・・・
次回は野菜定食にするか、580円のミニ定食にしますわ。

ちなみに、以下は880円の定食。
あつあつてっちゃん2.JPG

雨の中、次から次へと車が来て、待合席で待たれていましたよ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

青森と富山と鹿児島

『八甲田山』がよかったので、新田次郎氏の『神通川』も読んでみた。
同書には、「神通川」「桜島」「北方領土」の短編3本が入っている。

「神通川」では、富山県で起きたイタイイタイ病を、医者の視点から書いたもの。
何の病気かわからない病人の症状から、
新たな病気について社会に訴えるのだけれども、
なかなか理解してもらえない。
しかし、病人は増え、死者も出る・・・
その苦労を経ての「イタイイタイ病」の社会的承認と認知というドキュメンタリー。

「桜島」では噴火の恐れのある鹿児島の桜島を研究する研究者の視点で書かれたもの。
自然の動きの予測は難しい。
確実ではないところで、変化の兆しを発表すれば、大混乱になる。
かといって、自然の動きに絶対はない。
とかいう観測所や研究者の苦悩がわかるこれもドキュメンタリー。

「北方領土」は、なんだか文字を追うことができず・・・
ギブ。

読書のお供は、呉名物のいが餅(実は二個)。
神通川.JPG

それにしても、10年くらい前は江國香織とかの女子力のある小説を読んでいたのに、
今や、そういうものには食指が動かず。
どーーーん。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島産企業

昨日のJステーション、
取り上げられた題材の一つに、東京で広島出身者たちが集い、
広島にゆかりのある企業を訪ね歩く、というグループの活動があった。

アンデルセンは広島本社。
カルビーは本社はすでに東京ですが、そもそも広島生まれの企業。
ポプラや福山通運等は、言うまでもなく・・・
というところですが、初めて知ったのが、
サマンサタバサのバッグの製造販売を行う
株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドを創業した今の社長 寺田和正氏は、
広島出身とのこと。
http://www.samantha.co.jp/

「へえー」が満点。
毎週、勉強になります。

以下は今週のお花。かわいい感じ。
2013.05.23週の花.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jステーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

50年の歴史

広島には、アルパークをはじめ、多くのショッピングセンターがありますが、
実は地味ながら(失礼)、根強い人気があるのが、広島駅ビルASSE。

駅ビルは、1963年に建ったもの、
その後1974年の山陽新幹線開通、
1987年の国鉄民営化を経、
テナントの入れ替えをしながら、今の姿があるとのこと。
2017年には広島駅南口と北口の行き来できる自由通路もできますしね。
楽しみな広島玄関口のショッピングセンターです。

注目の広島駅周辺の中心となる駅ビルASSEについて、調査するASSE班。
中国SC開発 総務部長の田尻 寛氏に、話を伺いました。
中国SC開発1.jpg

「国鉄」なんて知らない学生に、「国鉄」からの流れを話してくださる田尻さん。
非常に興味深く、話を伺う真面目顔のASSE班メンバー。
中国SC開発2.jpg

来春の改装のテナント選びに貢献できる調査ができたらいいね。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

1975

カープVS.楽天戦を観戦。

始球式では、1975年のカープ初の優勝時代の3番打者、ホプキンスさんが打席へ。
ちなみに、ホプキンスさんは、今は整形外科医。
(学会で広島に来られたとのこと)
野球選手時代に、ロッカールームで勉強をしていたらしい。
野球選手と医者とと、2つの夢を叶えるのだから、素晴らしい。
(宣教師の夢も叶えたらしい)
ホプキンスさん.JPG

ただ、この始球式、誰が投げたのかが、わからない・・・
スタジアムでも紹介はなかったな。
どなたでしょ?
posted by H.A at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怖い敵

マツダスタジアムでカープと戦う相手チームにとって、
一番の敵は、スタジアムにいる赤いファン達だと思う。
カープVS.楽天.JPG

どう贔屓目に見てもカープは弱く、
ピッチャーが気の毒な位、打線がおとなしい。
それでも、ファン達は、フォアボールで出塁したといっては、試合に勝ったかのように喜び、
誰かがヒットを打てば、優勝したかのような大騒ぎさ、もう。

結果、残念ながらカープは1−2負け。
外側の芝生までいく打球がないのですよ・・・
それでも多くの観客が、点差は無いので、逆転もあるかもと試合終了後まで応援。

負けた後の、観客席の静寂感。
ああ、またかといった達観したような穏やかさ。
とぼとぼと広島駅まで歩く。

でも、また、きっと今日は勝ってくれるかもしれないな!
というあきらめを伴った期待と共に、マツダスタジアムに行く。。。

そんなファン達は、超怖い敵でしょう。
posted by H.A at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空席以外はすべて満席

マツダスタジアム観客動向調査を定期的に行っている私の過去の経験値より、
5月6月の交流戦で、楽天戦もしくは日ハム戦の、土日開催試合は、
ほぼ全席売り切れ(か、それに近い状態)という推測ができます。
http://bouchukan.seesaa.net/article/121911808.html

が、時は流れる・・・
5月晴天の土曜日楽天戦は、
9割5分の入りかなと言う感じですが、楽天側の応援席の閑散とした感じにビックリ。
マツダスタジアムオープン時には、相手側球団の応援団も大勢来てたのですけどね。
楽天応援側.JPG

うーーん。
まーくんもカープ戦には登板しませんし、新球場効果は薄れるし。

やはり、カープには強くなってほしい。
同日、サンフレッチェは勝ったようですし。

以上、昨日のカープ観戦より、3連続記事を書いてみました。
posted by H.A at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケーキ屋さん

時折、西広島駅の付近をウロウロする。
以前から気になっていたケーキ屋さんに入ってみた。
グリムの洋菓子。
http://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340103/34017497/
グリムの洋菓子.JPG

どれも美味しそうで、なめるようにショーケースを観ていると、
お店の方が一番オススメを教えてくださった。
ならばそれをと、5個購入。

ならばサービスと、猫脚エクレアを一つつけてくださった。
グリムの洋菓子猫の足.JPG
posted by H.A at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

男性の比率の高い観光地

5月25日の土曜日と26日の日曜日。
我がゼミの大和ミュージアム班は、大和ミュージアムで来館者の調査に頑張りました。
大和ミュージアム調査.jpg

私は土曜の午前中にちらっと覗いただけですが、
副館長の相原さんや、事務局長の上さんのおかげで、
快適にストレスなく、調査をさせていただけるゼミ生たち。
ありがたいことです。

アンケート時に、自分達が何者かがわかるように、名札をつけます。
私はゼミ生に、空の名札ケースを渡して、名札作ってね!と言っただけなのに、
こんな素敵な名札が出来ていました。
リーダー前田さんの作品らしい。
比治山大学の名札.jpg

相原副館長曰く、開館時の来館者は圧倒的に男性ばかりだったと。
が、あれから数年たち、女性が1割くらいになってきたと。
歴女の影響でしょうかね。

そうした変化も、今回の調査と、以前先輩が行った調査で見えてくるでしょう。
楽しみです。
5月の呉.jpg
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポイントはトイレと花

ミシュラン一つ星のお蕎麦屋さん、為楽庵にお出かけ。
http://syun-yu.com/shop_guide/area/hiroshima/hiroshima-city/higashiku/irakuan/
お蕎麦や、卵焼き、いたわさ、クマザサアイスなどをいただきました。
少し並んで待っての入店は、ミシュラン効果でしょうね。

さて、このお店、あちこちにお花が凛と活けてあります。
それが素敵。

特に気になったのが、トイレのお花。
為楽庵のトイレ.JPG

サギソウ(だと思う)で、何とも言えないはかない感じを醸し出しています。
多分しらさぎそう.JPG

私はインドやらベトナムやらで、日本の設備とかけ離れたトイレを体験しましたが、
とにかくトイレのアメニティは重要。
そこにサギソウをいけた為楽庵の粋に拍手。

ちなみに、サギソウの花言葉は、
「夢でもあなたを想う」らしい。

夜の10時から朝の5時までの間、あなたを想っているよ。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

我慢できずに

スタバのドライブスルーで、コーヒーを待っているときに
試食に下さったスイーツが美味しかった

次にスタバに行った時、そのスイーツが気になったが、
カロリーが420kくらいだった。
肉やら魚やら、たらふく食べた後ということもあり、我慢した。

どうしても気になるソレ。
時間調整に入ったスタバで、お腹もすいてないのに、我慢できずにオーダー。
Coffee & Espresso ケーキ キャラメル マキアートという名称らしい。
Coffee & Espresso ケーキ キャラメル マキアート.JPG

味わいしっとり、お腹にもっちり、自分もどっしり。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

ドラマのHP

朝ドラ「あまちゃん」で、ヒロシが作成したHPが以下。
http://www1.nhk.or.jp/amachan/kitasanriku/index.html

2008年当時のコメントなど、リアルで笑えます。

関係ないけど、賑やかしに5月の我が家の庭。
5月の庭.JPG
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

二度あることは三度ある

新入生を連れて図書館ガイダンスに行った。
学生が図書を選んでいる間、ふと手に取った東野圭吾の文庫本『ダイイング・アイ』。
読み始めると、以前読んだことがあるなと気づいたが、犯人がわからない。
面白かったので、結局、借りて家で没頭して読んだ。
ああ、そういう結末だったのか!
新鮮でいいねえ、と思いながら、いつ読んだのかと当ブログを検索。

http://bouchukan.seesaa.net/article/231262883.html

なんと、過去の私は、ハードカバーで読んでいたのに、
気づかずに文庫本も買っていたらしい。
そして、今回図書館で借りて、と、3度目かい!






まあいい。
今回の読書のお供は、グリムの洋菓子店で薦めらてて買ったチョコレート菓子。
グリムの洋菓子.JPG
posted by H.A at 05:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忍ぶ花

10数年前に庭づくりをした際、アメリカ桜とキンモクセイの間に植えたヤマボウシ。
アメリカ桜とキンモクセイは毎年のように花をたわわに咲かせて、
楽しませてくれたが、ヤマボウシはずーーーーーーーっと花が咲かなかった。

最初数年は、咲かないねえと思っていたが、
ここ数年は、気にも留めていなかった。


すると、どーよ。
昨日ちらっと見たら、木の上側に白い花を咲かせているではないですか!
上側ですからね、2階から撮りました。
やまぼうし.JPG

存在感のある(大きくなった)アメリカ桜とキンモクセイの間で、
ちゃんと養分を取り込んで、よくぞ咲いてくれた!

あきらめてはいけませんね。
人間も一緒でしょうね。

posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

「潮騒のメモリー」のカラオケ動画

NHK、カラオケ映像まで作ってる。
しびれるね。
http://www1.nhk.or.jp/amachan/#special

「潮騒のメモリー」の歌詞は、
1980年代前後のアイドルソングと、
百恵ちゃんと友和の映画を彷彿させるけど、
基本は聖子ちゃんの「小麦色のマーメイド」のよう。

「マーメイド」という言葉と、最後の歌詞 ♪好きよ 嫌いよ  のあたりが。

ということを、いい年をして、わざわざこうしてブログに書き込むこともないのだけど・・・
posted by H.A at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする