2012年10月01日

空腹の唄

ある日のこと、おなかと背中がくっつきそうなくらい空腹だった。
前から気になっていた天ぷら屋さんに行くと、満席だったが、よせばいいのに、待つことに決めた。

トイレ行ったり、ぼっーとしたりすること、しばし。
ようやく名前を呼ばれて希望のカウンターに座った。

とにかくおなかがすいているので、早くお願いしますね!と
柔らかく申し上げたのだが、
先に座っているお客さんのお好みの天ぷらの対応をしていて、
新参者は後回しになる。

こういうところでも、既得権が強いのかと、空腹なあまり世の中に絶望した。

ようやく大将が、野菜を切り始め、このコースはこれだけの材料ですよ、
お嫌いなものはありませんか?
と、ざるに食材をのせて見せてくださった。

空腹はマックス。
もうそのまま、ざるごと油に入れてください!

天ぷら屋さんのカウンター.jpg

とか言いながら、おいしゅうございました。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

観られなかった映画

長年乗っていたピンクのキャロルが、その命を終えたと、今年の春頃にブログに書いた。
http://bouchukan.seesaa.net/article/254404174.html

実はこのとき私は、映画『麒麟の翼』を見に行こうとしていた。
結局、観れずじまい。

だということを残念そうに話したら、ママ友が本を貸してくれた。
『麒麟の翼』(2011)東野圭吾 講談社
私が気になると言っていたケーキ屋さんの焼き菓子とともに。
ありがたいことです。

麒麟の翼とSANGAの焼き菓子.jpg

秋の夜長を楽しもうと手に取ったのだが、途中、当然のように10時には撃沈。
翌朝5時前に起きて、一気に読みました。
これは面白い。
DVDを借りてみたいと思います。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

四児の母

昨日の中国新聞、何気なく読んでいたら、衝撃を受けた。

「4児を育てる専業主婦が、元裁判官の夫の遺志を継いでこの秋、
 3度目の挑戦で、司法試験を突破」
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201210010028.html

もともと法学部ご出身のようだし、ご実家の支援があったとはいえ、
ご主人を亡くされ、4人の子どもへの責任が肩にかかる中で、
40歳での司法試験の合格は、まさに「感動した!」。

私は、実は自分も良く頑張っていると思っていたけれど、
そんなことを思っていたことが恥ずかしいほど。
世の中には、スゴイ人がたくさんいる。
posted by H.A at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

途中

研究仲間から、いいですよ!と薦められたので、早速購入&読んでみました。
『采配』(2011)落合博満 ダイヤモンド社

ビジネスマンに人気のようであり、
多々琴線に触れる言葉やエピソードはあるのですが、特に覚えているのが、
うまくいかない時が「負け組」状態なのではなく、
「勝利を目指す道の途中」であるということ。(p.97)

昔、薬師丸ひろ子が「セーラー服と機関銃」という歌を歌ったが、
その提供者である来生たかおは、同曲を「夢の途中」というタイトルで歌った。
その時、1か所だけ歌詞を変えてあるのだけれど、私は「夢の途中」のその部分の歌詞がずっと好きだった。
それは、
♪現在(いま)を嘆いても 胸を痛めても ほんの夢の途中


そして、私は、また押入れに頭をつっこんで、来生たかおのCDを探して、
飽きるほどに聴いている。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

ジョゼフィーヌ

食文化に精通している友人より、食べてみて!と
「幻のドレッシング」と言われている入手しにくいブツが届いた。

その名は、
ジョゼフィーヌ。ぴかぴか(新しい)

ジョゼフィーヌ.jpg

エム・オー・ディー CO.LTDという会社の、
商品名は、「オリジナルドレッシングJosephine」とのこと。
一見さんお断りの、会員(?)の紹介は無いと購入できないものらしい。

賞味期限は1カ月と短い。
お味のほうは・・・

私は好きです。
いろいろな食材をピューレ状にしてあるので、食べててヘルシーな感じだし、
添えられている文書の食材案に従い、
レタスなどの生野菜にかけたり、
ベーコンのナス巻きのソテーにかけてもおいしい。

気に入ったので、また買うなら私のもお願いしたい。

それにしても、世の中にはいろいろなものがあるものです。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

秋の夜の帰り道に

朝晩冷えてきました。
わざわざ言うまでもないですが、秋です。

三次から秋.jpg

押し入れに頭を突っ込んで探した来生たかおのCD。
彼の声が、陽の落ちるのが早くなりつつある秋の帰り道によくあいます。
決して、センチメンタルになっているとか、そういうわけではありません(きっぱり)。

来生たかおCD.jpg

特にお気に入りが、「Goodbye day」。
毎日、何事もなく穏やかに一日一日過ぎていくのが、いいね、という穏やかな歌。
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=36950
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花爛漫

昨日のJステーション。
スタジオの花が秋でした。

201210.04週の花.jpg

私が撮影しているのに気づき、照明さんがわざわざスタジオのライトをつけてくださったので、
嬉しくてアップも。

201210.04週の花アップ.jpg

そして、今回は広島ホームテレビのロビーにも大きな花が。

四冠達成の花.jpg

それから、超別嬪な小嶋アナの衣装も花柄。
・・・

写真は、なし!残念!
posted by H.A at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jステーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

2012秋からの朝ドラ

なぜか高視聴率だった梅ちゃんが終わり、今週から「純と愛」が始まっている。
まだ一週目なので、ドタバタした感じも今後につながるのかなと思いながら我慢している(笑)

というのも、この脚本、遊川 和彦氏のモノらしい。
等と、えらそうに書いているが、先日のママ友談義の時に、
同氏が東京生まれの広島育ちということを教えてもらった。
広島修道高校、広島大学卒、その後上京して、そちらの道に進まれたらしい。

ちなみに代表作を、聞いて驚くなかれ。
『女王の教室』(2005年、日本テレビ)
『曲げられない女』(2010年、日本テレビ)
『家政婦のミタ』(2011年、日本テレビ)
などなどですよ、あなた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8A%E5%B7%9D%E5%92%8C%E5%BD%A6#cite_note-walkerplus-0

これらは、私がかぶりつきで観たドラマ。
なので、「純と愛」のちょっと大げさかな!という状況設定や人物描写も、
今後の伏線と思い、期待している。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

覚悟

春より仕込んできた二日間にわたる一大イベントが先週末終了し、
顔はドロドロ、身体はクタクタのまま、ママ友11名と打ち上げへ。
最も大変な学年であることを覚悟して引き受けた人たちだけに、
皆、頼りになり愉快で面白い人たちです。

打ち上げ@BISTRO PUG
http://www.hotpepper.jp/strJ000796685/

11名の打ち上げ.jpg

日曜の夜だし、こじんまりしたお店だし、きっと貸切状態だろうと思っていたら、
他にも家族連れテーブルや、カップルなどカウンターにいる。
11名様大騒ぎで、誠に申し訳ない。

二日間の協同作業と肉体労働、そして楽しい夜の部とで、
三連休の最終日は、達成感に包まれながらも起きられず、ダウン。
posted by H.A at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

諸行無常へ

大河ドラマ「平清盛」の視聴率が相変わらず低迷らしい。
しかし、面白いと思います。

天皇家や公家が仕切る杓子定規な社会が面白くないと、
民がイキイキして暮らすことのできる社会を作りたいという想いを持って、
地位が下だった武士から、社会をつかさどる地位に上り詰めていった清盛。
ある程度の権力を手にした清盛が、もっと力が欲しくなり、
最初の志を忘れて、自らの上昇にのみ執心してしまい、
歯車が崩れていくあたりが、今、描かれている。

平家の一世風靡と、その後の転落は、
今もあちこちで起きている事象、其のままだと思うのです。
(私も毎度、自省しております)
だから辛くて皆観たくないのでしょうか。
posted by H.A at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

昨日のJステーションの花、THE KIKU。

菊.jpg

季節の変わり目でアレルギーがひどい。
季節が変わったからか、ディレクターさんの担当も変わる。
人が変わると、同じコーナーでも、違う雰囲気の作品になるので、面白いですね。
posted by H.A at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Jステーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

バリアフリーな心

立教大学にマーケティングの講座を聴きに行った。
(とても勉強になった)

後期より、立派な図書館ができたとか、その入り口にタリーズが出来たとか聞き及んでいたので、
それは見学しなければと、講座の前に見に行った。

と、そこで偶然ばったり会った濱田先生。
せっかくだからとコーヒーをご馳走してくださった。

立教大学のタリーズ.jpg

授業前で気忙しいだろうに、友人に配慮くださり、何とも心の広い方だ。
いい意味での「偉い」人というのは、鷹揚で寛大だ。
些末なことでガタガ言わないし、無駄に怒らない。

指導教授の亀川先生も「偉い」先生であり、
お会いした時から変わらぬ印象は、「心がバリアフリー」ということだ。

なので、8月の話になるが、ゴールドコーストの空港で、飛行機に地上からタラップで搭乗する際、
「国賓風ごっこしましょう!」という私のお遊びの言葉に、
お二人ともちゃんとあわせてくださった。

先に上がっているのが亀川先生、後ろが濱田先生。

国賓風.jpg

こうしたお遊びを楽しむ心はもちろん、
つまらぬことをいちいち気にしない「バリアフリーな心」を持った
寛容で鷹揚で優しい人間でありたいものです。
posted by H.A at 19:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 尊敬する人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

まいん家

私好みのカフェを見つけました。
店内の席から、外を見るとこんな感じ。

まいん家中からの風景.jpg

さ、ここはどこでしょう?





実は池袋。立教大学の裏手。
越後屋・・・ではなく、まいん家、というお店で、現在の営業時間は11時半から18時まで。
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13136910/

ランチメニューは、こんな感じ。
和食好きな人にはたまらない普通のメニューです(笑)
これがいい!

まいん家ランチメニュー.jpg

私はおにぎりを2つではなく1つにしてもらったおそうざいプレート(700円)をいただきました。
おにぎりの具は選べるし、具の量は多いし、おにぎりに隠れているお惣菜は種類が豊富。
(これに里芋を忘れていたと、小皿に乗せて持ってきてくれました)

まいん家ランチ.jpg

食後のコーヒー(300円)。
私は入れないけれど、どんぐりの蓋の入れ物にはお砂糖。

まいん家のコーヒー.jpg

また、池袋に行った際には食べに行きます。
posted by H.A at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤の恐怖

先般、楽しい夜を過ごし、ホテルに戻って寝る支度をしていたら、
胃の痛み、猛烈な鼻水、体のかゆみ、喉のイガイガ感に襲われた。

ややや、これは食べ物によるアレルギー症状ではないか!

私は、赤の着色料(おそらくコチニール色素)に弱い。
2007年にひどい目にあって以来、
http://bouchukan.seesaa.net/article/73699691.html
化学的に赤く着色されたと推測されるものは、一切口にしていない。
魚肉ソーセージ、イチゴオレのようなイチゴ系の飲み物、ゼリー、アイスクリームなどなど。
レストランでのデザートの盛り合わせも、赤系のものは勇気をもって食べないでいる。

それくらい神経質に気を使っているのに、何?

楽しい夜を思い返してみると・・・わかった。

アルコールに弱いが、場の雰囲気を壊してはいけないと頼んだ
ノンアルコールカクテルのシャーリーテンプル。
これが、赤かった・・・
しまった。

シャーリーテンプルが胃から腸に移動するにつれ、上記の不快な症状は薄れていき、
(食べ物が消化器をいかに移動するかを、身をもって学んだ数時間)
翌朝にはまったく大丈夫。

恐るべし、赤!
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

今のわが身、明日のわが身

時間調整に、時折行く喫茶店(カフェではなく、喫茶店)に寄った。
ここはサイフォンで煎れたコーヒーが350円と、リーズナブル。

珍しく席はいっぱいで、カウンター席に座った。
席はいっぱいといっても、皆一人客。
静かだ。
さあ、本を読もう。


と、そこに30代とみられる女性二人組入店。
おそらくママ友なのだろう。
女子二人もいれば話も弾む、一挙に店内が賑やかになった。

私も、他所ではあんな感じだろうな、と思いながら、読書。

と、その後すぐに、70代とみられる男女混合四名組入店。
テーブル席にいた男性が立ち去り、そこへ。
店内のボリュームが四倍になった。

昼時ではないけれど、食事が欲しい、しかしもうランチはない、
えーーないのか?と大声。
トーストだとか、なんだとか、元気な四名様。

元気で仲良きことは、何より何より。
私も、将来はあのような感じだろうな、と思いながら、読書。


って、(四名様の声が大きくて)読書できず・・・
ちょうど時間調整も済んだので、お会計。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

幸せの構図

ある夜、ママ友に用事があって電話をすると、出なかった。
と、その夜、そのママ友からメールがあった。
(私が10時就寝なのを知っているので、電話はしてこない)

「パパ(旦那様のことね)と、お酒を飲みながらテレビを見ていたので、
(電話に)気づかなかった(ので、ごめんなさないね)。」

いいね。
仲良きことは美しきかな。
こういうことを聴くのも言うのも幸せね、と思う。

そういう私も最近のもっぱらの楽しみは、夜のリビングでのひと時。
JKとのたわいもない会話を肴に、ワインを一杯(養命酒のように)。

これで満腹&熟睡&「けっ」を放念。
posted by H.A at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

腹が減っては戦ができぬ

BSで録画していた映画「かもめ食堂」を観た。
http://www.vap.co.jp/kamome/
いや、びっくり。
フィンランドで食堂を営む女性を中心にした、何ともほのぼのとした映画だった。

お寿司とかお刺身とかではなく、「おにぎり」をメインに日本の普通の食事を提供するのだけど、
映像を通しても美味しそう!
おにぎりが、これまた美味しそう!
(フィンランドで、お米や海苔を買うと、高いのではないか?とか思わないほうが、
映画が楽しめます。)

他方で、ブログにも書いた映画「しあわせのパン」。
http://bouchukan.seesaa.net/article/251714930.html

これは東京に疲れた二人が北海道で営むホテル付きベーカリーレストランをもとにした話。
作りたてのパンや煎れたてのコーヒーが美味しそう!
(二日酔いの女子にコーヒーを出すところがあるけれど、二日酔いにコーヒーは無理でしょ?とか
思わないほうが、映画が楽しめます。)

どちらの映画も、主人公が創るお料理で、出会う人を元気にしていく、のようなストーリー。

「食べる」ことができる、っていうのは幸せだ〜!
posted by H.A at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二年目の講義「企業の社会的責任論」

広島修道大学で、今年の後期も「企業の社会的責任論」の講義を持たせてもらっている。http://bouchukan.seesaa.net/article/227871984.html

二年目の今年は、自分の授業遂行における昨年の課題点を解決しながら行っており、
内容も(講義している自分が)楽しい。
しゃべりながら、毎回考え方の発見があって、自分自身も勉強になる講義。

企業の社会的責任論の出席カード.jpg
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

オレンジのケイトウ

昨日もJステーション、無事終了。

二週続けて、両アナに「髪型がかわりましたね」と言われる。
「前髪を作ったのです」、と先週に続き、今週も答える。

他では、私が髪を切ろうが何をしようが、誰も何も言わないので、
こうして、何か違いに気づいてくださるというのは、ちょっと嬉しい。

2012.10.18週の花.jpg
posted by H.A at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Jステーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いかに知らしめて、足を運んでもらうか

3年目になりますが、今年も後期の講義「マーケティング論」では、
アルパーク(三井不動産傘下の大型ショッピングセンター)にご協力いただき、
アルパークを題材に勉強します。

例年どおり、9月末にはアルパーク所長の金澤氏にお越しいただき、
広島の流通業動向やアルパークの立ち位置、現在の状況などを説明していただきました。

アルパーク金澤所長講義.jpg

アルパークは、とても立派でおしゃれで、いると長居をしたくなるほど素敵な施設です。
ただ、アルパークがターゲットとしている広島西部に、今後大型ショッピングセンターが
2店舗も建設される。
今後より一層多くの方々に、つまり西部以外の人にきていただくにはどうすればよいか。
加えて既存顧客をつなぎとめておくにはどうすればよいか。

それを、受講生が考えます。
今年度は、マーケティングの中の、広報宣伝に特化したものといえます。
(TVCMとか、メルマガとか、HPとか、カード利用者の増加策とか。。。)

アルパーク広告.jpg

昨年、一昨年と行った授業で、学生が提案したいくつかは、実際に実現してくださっています。
さあ、今年はどんな(大人が)想定外のアイデアが出るか、楽しみにしています。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

社長の夢

某社長さん(女子)と情報交換を兼ねて、カフェ川辺の四季でランチをした。
http://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340103/34003421/

川辺の四季ランチ.jpg


いつも愉快な緩い話から、人生の重い話までをする間柄だが、
今回はゆっくりと、今後の事業展開について話を聞いた。

ビジョンと夢と未来と不安とリスクと入り混じって、差し引き「覚悟した未来」が残る、という話は
聴いててワクワクする。

そういえば、先般の立教大学の講座(中小企業のビジネスデザインー中小企業とブランド戦略)で
社長自らが夢を語り経営計画を立てる、という会計ソフトの話を聞いたことを思い出した。
http://www.rikkyo.ac.jp/sindaigakuin/bizsite/event/2012/10/post-1.html
TKC経営改善計画策定支援サービス、というもので、もの。

そこで、彼女に(しったげに)こういう会計ソフトがあるよと、(偉そうに)教えてあげた。

すると。。。


すでに彼女は使っていた!!!
素晴らしい。
今後の発展を応援しています。

川辺の四季から見える川.jpg
posted by H.A at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

お腹に響く音と、お腹が満足の茶菓

日頃、研究室にいると、お腹の奥まで響く音が聞こえてくる。
太鼓の音だ。
今回、週末の比治山大学の大学祭で、はじめて音の主の姿も確認。
天水太鼓部の学生たち。

太鼓部.jpg

毎年楽しみなお茶席。
裏千家もあるけれど、私が毎年通うのは、広島の武家のお茶 上田宗箇流のお茶席。
ややや!
今年は男子が前面に出て、もてなしている!

上田宗箇流男子二人.jpg

掛け軸とか花器とかも丁寧に説明してくれるのだけれど、茶花の名前を一つ忘れたのは、ご愛嬌。
もちろん、あでやかな女子もいます。

上田宗箇流男子2名+女子1名.jpg

国際交流サークルに属するゼミ生から、韓国のチヂミを買ったり、
よくあるAKB48模倣の、お揃い洋服のかわいい女子たちのダンスを観たり、、
同窓会の皆様のショップでお茶を飲んだり、
大学祭で、多様な文化を満喫。

秋の日。
posted by H.A at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルコール体質判定

以前から興味のあったアルコール体質判定パッチテスト。
ようやくしてもらえる機会を得た。

このテストでは、結果は3つに分かれる。
@ぜんぜん飲めない族
Aホントは飲めない族
B(飲めるからこそ)飲みすぎ注意の危ない族

私の結果は、予測を大きく裏切り、









B(飲めるからこそ)飲みすぎ注意の危ない族

お互い、気をつけましょうバー
posted by H.A at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルコールの1単位

アルコールパッチテストの際に頂いたパンフによれば、
(特定非営利法人ASK2010、潟Aスク・ヒューマン・ケア2010)
厚生労働省がリスクの低い飲酒の目安としているのは、1日1単位まで。

ちなみに1単位とは、
・ビール 中瓶1本 500ml(アルコール約5%)
・日本酒 1合180ml(アルコール約15%)
・ウイスキー ダブル1杯60ml(アルコール約43%)
・ワイン 小グラス2杯200ml(アルコール約12%)
・チューハイ 1缶350ml(アルコール約7%)
・焼酎 コップ半分100ml(アルコール約25%)

どうですか?
私は毎夜ワイン1杯なので、1/2単位摂取です。
中森明菜の歌「1/2の神話」が思い出されます(違うか)

焼酎は私にとっては厳禁で、ここ数年一口も口にしていませんが、
やはり少量で影響ありですね。
もちろんウイスキーが一番濃いようですが。

こうやって、数値にすると一目瞭然、
あなたと私と、お互い美味しいお酒を飲みたいものです。
posted by H.A at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

認知→理解→態度→意図

ヘアサロンでの時間は、私にとって、休息であると同時に、
ファッションのトレンドや、新しいレストランの情報収集時間だ。

美容院のコーヒー.jpg

【認知】
先日、タウン情報誌をパラパラめくっていて、気になるイタリアンレストランを見つけた。
オシャレなのに、リーズナブルなのだ。

【理解】
その後、webでそのお店のリサーチ。
人気店らしく、予約がとれないらしい。
安かろう悪かろうではなく、コストパフォーマンスが良いらしいことがわかる。

【態度】
機会があれば、行きたいな。
(だけど夜はあまり出ないし、10時に寝るし、どうしようかなあ)

【意図】
と、友人より、転勤でまもなく(広島では)会えなくなる(ので、食事に行きましょう)と連絡あり。
急遽、調整しアポ。
で、該当のお店訪問。
イタリアン酒場「バーカロ・ウノ(BACARO UNO)」
http://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340101/34015490/

以上、消費者行動理論に沿って動きを述べてみました。
理論通りブレのない私の動き。
posted by H.A at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オレンジの赤(妙な日本語ですが)

消費者行動理論通り訪問したバーカロ・ウノ(BACARO UNO)では、
赤ワインを一杯いただいた後は、
ノンアルコールの「赤いオレンジジュース」を飲んだ。
5杯くらい(飲みすぎ)。
美味しくてはまったのだ。

赤の着色料(おそらくコチニール色素)に弱いと、数日前に書いたが、
http://bouchukan.seesaa.net/article/297513311.html
オレンジの赤は、着色料でないので大丈夫。

以下の写真、壁が緑色だったので、色の相違を出したかったのだけど、
照度が足りずに、元写真部、残念無念。

赤いオレンジジュース.jpg


ブラッドオレンジジュースについては以下参照してくださいな。
http://allabout.co.jp/gm/gc/74958/
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

あまり、Web上で扱われていないお店

以前、東広島市にある広島大学のそばで、数時間時間をつぶさねばならない時があった。
その時間を活用して仕事をしたかったので、
広島大学近くのコンビニのレジの女性(広大生のアルバイトと推測し)に、
この付近にパソコンが拡げられて、ゆっくり本が読めて、長居のできるところがあるか否か聞いてみた。
その時、彼女が丁寧に教えてくれたお店、「プラネット」があった。
http://www.mapion.co.jp/phonebook/M03009/34212/23430432341/

そのお店が私の要望をすべて満足していたので、先日も同じ目的をもって再訪。

大きな分類では「マンガ喫茶」になるのだろうけれど、中はこんな感じ。
(巷の宿泊所代わりに使うあれを想像しないでほしい)

プラネットその2.jpg

店内は広く、窓側の明るいスペースと、奥のちょっとおしゃれでゆっくりできるスペースに分かれている。
どちらにいてもいいし、長居もOK。
食事は、から揚げセットとか、バーガーセットとか、焼きそばとか、学生の喜びそうなものが700円前後。
コーヒーは300円程度。
電源はあちこちにあるし、テーブルは広いので、仕事や皆が集まっての勉強にも最適だ。

今回は、こんなソファー席に陣取った。

プラネットその1.jpg

パソコンも資料も持参しているし、準備万端。
よし!

ただ、面白そうな本が多すぎた。
膨大な量のマンガが壁際にズラリ、週刊誌や新聞、ファッション雑誌も本屋以上に揃っている。
哲学などの人生の指南本も多い。

こんなところで、仕事ができようか。いやできない。
気づくと、読書に熱中。
次回は、もう少し長居を覚悟して行こうかな。

場所は、広島大学近くのゆめタウンのそば。
posted by H.A at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大河ドラマ「平清盛」と宮島観光客増加についての調査

粟屋ゼミの清盛班の様子と調査結果、
今朝の中国新聞22面に大きく、掲載していただきました。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201210230027.html

2012.10.23宮島調査中国新聞記事.jpg

ゼミ生たちが、真面目そうな顔をしているのが、なんともかわいい。
記者の桑原正敏さんには、丁寧に取材をしていただき、
数値のミスなども見つけていただき、感謝です。

アンケート時の様子
http://bouchukan.seesaa.net/article/273097072.html

11月には調査結果をまとめた、いつもの冊子が出来上がります。
ちなみに、こうした冊子作成を続けて10年目。
区切りをつけて、今年作成する2冊が最終号です。
posted by H.A at 07:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

ソーダ水の中を貨物船が通る、に似た絵

野暮用で行った広島港宇品旅客ターミナル。
http://www.chu-ships.jp/hiroshimaportriyou.html
せっかくだから2階に上がってみた。
あら、閑散としている。
インド料理や中華などのテナントに混じり、喫茶アンカーという名のコーヒー屋さんがある。

外の看板の手書きの文字「限定150杯のみ」が消されて「残り10杯」となっていたので、
そんな限定品なら飲んでみようと、入った。
その限定品、ペルー有機エルパルゴマウンテンで550円。

ペルー有機エルパルゴマウンテン.jpg

マスターが丁寧に淹れてくださったそれを、ゆっくりいただいた。
気分は、ジョージアのCMのカズのようだ(サッカー&フットサル選手の)。
http://www.georgia.jp/european/product/master/index.html#07

それにしても、この広島港宇品旅客ターミナルのテナント。
眼前が港ですよ。
この景色ですよ。
閑散としているのは、もったいない。
マスター曰く、まもなく見える夕日が美しい。
この景色があれば、インスタントコーヒーでも十分。

いえいえ、ちゃんとドリップしてくださったコーヒーが、この景色と相乗効果をもたらせますよ。

夕刻の広島港とペルーのコーヒー.jpg





ちなみに、タイトル「ソーダ水の中を貨物船が通る」は
ユーミンの「海を見ていた午後」の1節。
posted by H.A at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

ピクニックもどき

東広島市、広島大学に隣接する鏡山公園。
http://www.kankou.pref.hiroshima.jp/higashihiroshima/spot/0354.html

鏡山公園1.jpg

浅い秋の景色ではありませんか!
奥田大池というらしい池も、ポスト紅葉の木々の葉を
鏡のように映しています。
まさに、鏡山公園。

公園には、若いファミリーや若者グループ、そして壮年の夫婦など
老若男女がお弁当を広げていました。
野暮用でこの付近に来た私も、せっかくだからと家族とともに池のそばでお弁当。
(お花見のような重箱弁当ではなく、一人詰めお弁当です)

レストランのランチもよいけれど、外で食べる自分食も美味しいものです。
後、二週間くらいしたら、外も寒くなるでしょう。
posted by H.A at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生放送の醍醐味

今日のJステーション。
17時から始まったドラフト結果を放送するため、
番組に関わる(私以外の)皆さんは、
見事なまでに、放送時間中の臨機応変な対応をなさっていた。

時間ぎりぎりに原稿が入るため、いつもよりスタジオに人が多い。
出来たてほやほやの原稿を、一度も見たことのない映像と併せて読み上げ、
まとめる渡辺アナのアナウンサーとしての真骨頂を
私は横で拝見させていただいた。

すばらしい。

今日のお花、ちょっとクリスマスツリーっぽくって季節の先取り。

2012.10.25週花.jpg
posted by H.A at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Jステーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

青春の5頁

久しぶりの青春シリーズ。

青春の1頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/167389547.html
青春の2頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/167813419.html
青春の3頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/169675824.html
青春の4頁
http://bouchukan.seesaa.net/article/171614344.html

坂道。
自転車を持った男子と、女子が立ち話をしていた。
と、その女子が男子の二の腕を手前に引いた。
私の車が横を通るので、危ないよと、教えてあげたのだろう。

と推測していたら、
男子の二の腕を手前に引き自分のほうに引き寄せた女子は、
彼のほっぺたを平手打ちした。
ついで、彼の胸ぐらを掴んだ。

ここまでは車窓越しに私も見ていたのだが、
その後バックミラーで確認すると、
男子は女子を振り切って、自転車を押しながら坂を上る。
追いかける女子。

カット!
(そこで、私の車は角を曲がり、二人が見えなくなった)

まるで元AKBの前田あっちゃんと佐藤健の一件を思い出させる一瞬の出来事。
何があったのか、まったくわからないけれど、
これも青春。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

「お」ではなく「を」

遅ればせながら、
2012年本屋大賞第一位の『舟を編む』(2011)三浦しをん 光文社 を
読んだ。

同書の読後感は、泣きながら読んだとか、淡々と読んだとか人によって異なるので、
内容に興味があった。

読んでみると、内容は辞書を編纂する職場が舞台。
個性あふれる人々が真摯に言葉の意味を言語化していく、という話。
変な殺人や、後味の悪い裏切り等も無く、穏やかに読み進めることのできる本。


ただ、一文、どうしても納得のいかない一文というか一語があった。

ファッション雑誌から辞書編纂の部署に転属し、最初は抵抗感のあった女性「岸辺」が、
言葉の持つ力に魅かれている、ということを書いているあたり。
「岸辺は(中略)言葉という新しい武器を、真実の意味で手に入れようとしているところだった。」(p.203)

ここで気になるのは「武器」という言葉。
武器には手段とか方法などの意味もあるけれど、
第一印象は相手を傷つける道具の意味が強いのではないかな。
よって武器という言葉は、
岸辺が手に入れようとしている言葉の力の一部をあらわすだけになるのではないか。

と私は、しをんさんに尋ね、真意を教えていただきたいなあ。


では、私ならば武器の代わりにどういうどういう表現にするかな。
ここのところずっと悩んでいるが、ここは素直に、
「言葉の真実の力を、確実に手に入れようとしているところだった。」
でどうでしょうね。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

交詢社通り

先日のこと。
研究仲間のHさん(すぐわかりますが)が、銀座の街に連れ出してくれました。
銀座の交詢社通りを何往復もしましょう、とのこと。

まずは、イタリアン。
小ぶりなお店なので、あえて、店名は明かさず。
お料理も、ソムリエが選んでくれるワインも、最高。

銀座のイタリアン.jpg

そして、交詢社通りを闊歩し、KENNEDY HOUSEで懐かしの音楽を堪能。
2ステージほど。

KENNEDY HOUSE.jpg

Hさん曰く「次はディスコです!」
交詢社通りを闊歩し、懐かしいディスコへ。

GINZA MAGIC.jpg

最後は、バーで〆。

銀座4件目.jpg

交詢社通りを東西に行ったり来たり。
たくさん食べて、歩いて、歌って、踊った銀座の夜。
満喫。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面舞踏会

銀座のディスコ。
(ディスコなんて20年ぶり?)
ちょうどハロウィンデーをしていて、仮装用にもらいました。

仮面舞踏会?.jpg

ベルサイユのばらで、こういうのを付けて仮面舞踏会してましたよね。

現実は、頭の後ろで紐をうまく結べず、ぶちっと切れて使えず・・・ちゃんちゃん。
posted by H.A at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする