2012年06月10日

安息日

初めて、朝のミサというものに出席しました。
広島女学院大学のゲーンスチャペル。
牧師さんは安息日について話をしてくれました。
ビジネス実務学会の会員の先生が多いことを配慮しての、あえての安息日。
ビジネスの語源は、ビジー(忙しい)だと言うことから、お話は始まりました。

木を切るのに忙しくて、斧を研ぐ暇がなかった・・・という喩を用いたりしながら。

クリスチャンでは全くない私、キリスト教のなんたるかもさっぱりわからない中で、
牧師さんの話が五臓六腑に染み渡りました。

安息日は、自由であることの証らしい。
あああ・・・忙しい忙しいと、心の不自由な私、その原因は、私にあるのですね。
posted by H.A at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続々ダンデライオン

綿毛になった我が家の玄関前のたんぽぽ。
http://bouchukan.seesaa.net/article/270552352.html

そのままにしていたら、また花が咲いた!

再び加わったタンポポの花.jpg

生きとし生けるものの生命力は、すごい!
posted by H.A at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初めての学会報告は12年前の今頃

昨日今日と、広島女学院大学で、日本ビジネス実務学会の第31回全国大会が行われている。
ここ6、7年当学会には、あまり参加していなかったのだが、このたびは開催地域ブロックの
運営委員として、事前から当日と、忙しくお手伝いをしている。

実は私が初めて学会というものに触れたのは、12年前のこの時期に、
やはり広島にある安田女子大学で行われた当学会の全国大会だ。
当時私は、まだ企業のOLだったが、企業の大学への出前講義に携わっていたこともあり、
学会入会と、学会報告の機会を得た。
研究のなんたるかも学会報告の作法も知らない私は、THE 企業人 のような報告をしたのが
今になれば恥ずかしく思い出される。
そうはいえ、この機会は、今の私のプレスタートであり、その翌年には今の職場に移ることとなった。

ここ数年は経営学系の学への参加や研究にいそしんでいたが、そういった経緯もあり、
今回の運営委員としての役割は、ご恩返しでもある。

さて、広島女学院大学は、キリスト教の女子大学であり、学舎もキャンパスの雰囲気もすこぶる洒落ている。
一部には、以下のような緑が溢れており、深く深呼吸をしたくなる。

広島女学院大学の緑.jpg

また主催大学の運営委員長の先生のこだわりで、昨日の学会のランチはレストラン(同大学の卒業生のお店らしい)からのケータリング。
以下がその一部。

ケータリングランチの一部.jpg

もっと多くの種類があり、身体に優しく無茶苦茶美味しいお料理だった。
午後一番に自分の報告を控えていた私は、無理を言って一足先にいただいた。
プレートに盛ると、こんな感じ。

自分用ランチ.jpg

お腹いっぱいになりながらも、眠たくならないのは、報告の緊張からか、食材が身体に優しいからだろうか。
夜は、広島の海沿いのプリンスホテルで懇親会。

プリンスホテル.jpg

四国からいらした先輩の女性の先生と意気投合し、美味しい赤ワインで自分の報告のねぎらい。
その後、運営委員のみの懇親会があったけれど、虚弱体質な私は、お先に失礼する。

さあ、今日も学会二日目。
8時広島駅発のバスに乗り、8時半から広島女学院大学で行われるミサに参加してきます。
(これも運営委員の仕事らしい!?)







と、私の最近超忙しい一部を、ようやくブログに書けました。
これ以外にもその他のジャンルの作業と時間拘束でうじゃうじゃ。
こうして忙しくすることがあるというのは、幸せなことなのでしょう。
あなたもお忙しいと思いますが、身体には十分お気をつけて、お過ごし下さい。
posted by H.A at 05:38| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする