2012年04月22日

教育についての議論

最近はまっている内田 樹先生の著書、以下の二冊を読みました。

『下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち』(2007)講談社
『街場の教育論』(2008)ミシマ社

たまたま、二冊とも教育に関するテーマでしたが、前者の『下流志向』は講演された内容が基。
『街場の…』は大学院での講義メモが基というもの。

複雑化した社会の説明も難しい中で、内田先生の主張を一言でまとめる、というのも無理。
(内田論をちゃんと咀嚼できていないという私の能力の問題でもありますが)

ただ、心に残った主張点としては、
・子どもたちにとって、教育は義務ではない。子供に教育を受けさせる義務を負うのは親。
子どもには学ぶ権利がある。
・子どもを巡る様々な課題は、我々大人が社会が創ってきたものであり、皆に責任がある。
だから誰か(例えば政府や教員など)のせいにせず、まずは各自が各自のやるべきことをすることで、
責任を負担しましょうということ。
・他者との、あるいは自己内における葛藤が、社会や自分や新たなものを創る

などなど、ですね。
内田先生はもっと深く広く丁寧に、教育について述べられています。

全員ではなく一部ですが、
教壇で教員がしゃべってるときは、私語はしないものだ、ということを知ることなく大学生となった子どもや、
「先生のゼミを選んだのは就職に有利かと思って」と悪びれることなく笑顔でいう子どもに、
私は、私のできることで喝を入れ、責任を負いたいと思います。


*学生たちの名誉のためにしつこく書きますが、私語する学生は一部です。
多くの学生は、適度な節度と遠慮を持ち、未来への大きな期待を胸に抱いているかわいい子どもたちです。
posted by H.A at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言葉足らず

昨年の冬は生姜に凝った。
マイポットに生姜湯を持って歩き、可能な限り、どんなお料理にも生姜を入れた。

生姜で体温をあげて、ダイエットしようと思ったからだ。
本屋に行ってごらんなさい。
生姜関連本が、これでもか!というほど並んでおり、
それらには、「生姜だけで痩せる」のような文言が、女心をくすぐるように書かれている。

しかし、私はこれらの言葉がまやかしであることを、昨冬の冬に知ってしまった。
生姜だけでは痩せません。
本をよく読むと、生姜をとると共に、身体を動かせ!スポーツせよ!と書いてある。

・・・どーよ。
スポーツする意欲と体力があるならば、生姜なんてとらなくてもよい。
また、いつかの「ためしてガッテン」で生姜は巷で話題になるほど体温の向上には関係しない、
のような実験結果を紹介していた。

そんなこんなで、毎朝生姜をすりおろすのにも疲れた私の生姜ライフは幕を閉じた。
ダイエットにも、そこまで興味がなくなった。



そして、今年の冬より、グリーンスムージーなるものを飲んでいる。
これはダイエットを意図したわけではなく、総合的に体調を整えるのに良いかなと思ったからだ。

グリーンスムージーをWebで検索すると、これまた「ダイエット」可能のような
美しい言葉が羅列されている。

しかし、私はこれらの言葉が真実でないことを、我が体重の僅かな増加をもって証明している。
グリーンスムージーを食事代わりにいただけば、確かに体重は減少するであろう。

そうはいえ、食べることは生活の区切りであり楽しみなので、飲み物であるグリーンスムージーを
朝食や昼食代わりにはできない(私は)。
よって、食事に加えてグリーンスムージーを摂取することになる(私は)。

今も毎朝のグリーンスムージーは継続中であるが、ダイエットを期待してはいない。

以上
・生姜だけでは痩せない
・グリーンスムージーを飲んだから痩せるわけではない
という私の身体をはっての実験を紹介した。

本屋やWebサイトには、キャッチ―な言葉で人目を惹かず、
きちんと書いて紹介していただきたい。
「生姜とスポーツで痩せる」とか「食事をとらずにグリーンスムージーのみだと痩せる」など。

結局、体重を減少させるには、
体重=インプット−アウトプット

いかにインプットを少なくして、アウトプットを多くするか、
このシンプルな式で考えるしかなく、あっと驚くようなダイエット方法はない(よね)。

今の私はダイエットよりも、生活を楽しむことに興味がある。
だから、こんなお団子も気になり購入。
みたらしと餡のコラボレーション団子。

ぜいたく団子.jpg
posted by H.A at 07:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする