2012年01月31日

きれいなお姉さんではありません

先日、今更ながらだけど、DVD「プラダを着た悪魔」を初めて見た。
面白くて、感激して、少し元気になった。
仕事と外見は比例するから、ちゃんとした装いをしなければ!

と思ったにも関わらず、その翌日、
授業もないし、アポもないし、研究室にひきこもりだしと、ほぼ家着で職場へ。
すると、午前中に電話があり、急きょ午後に来客を迎えることとなった。
それも5年ぶりの・・・

しまった。
やはり、ちゃんとした装いをしておくのだった。
「きれいなお姉さん」という以前に、
「こぎれいな職業人」であるべき!と痛切に感じて反省。
posted by H.A at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

別離の言葉

NHK朝ドラ「カーネーション」で,周防さんに夢中になっていた私。
しかし,ツイッターのつぶやきを見ていると,なるほどと思う意見があった。

そもそも,主人公の糸子が「好き」と言ったから,周防さんは自分も「好き」と後から言う。
二人のことが噂になって(周防さんに妻子があった,糸子は3人娘がいる後家さん),
大騒ぎになった時,糸子のお店で働いていた周防さんは,
「(自分がお店を)辞めましょうか?」と決断を糸子にゆだねた。

このあたりが,周防さんに男気が無い,という意見だった。
なるほど。

経営学で言うならば,経営者の最大の仕事は意思決定。
物事を決断するには,勇気がいる。
このドラマで言うなら,「さよなら」を自分から切り出すには,莫大な勇気がいるということだ。

それを糸子にさせた周防さんはいかに!?
posted by H.A at 06:05| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする