2011年11月04日

Runnner

【ゆみこちゃんの漢字は、「有美子」ちゃんです。失礼しました。
 漢字は大事。粟谷ではありません、粟屋ですから!】

昨日の文化の日、私は映画「素敵な金縛り」を観ようと映画館でコーヒーを買っていた。
と、着信メール。

中国新聞の増田姉さんからだ!
なんだ?

と、当日午前中に「第31回 ひろしま国際平和マラソン」が行われていたらしく、
http://www.hiroshima-marathon.com/
元ゼミ生のランナー、伊藤有美子ちゃんが4位入賞したということだった。

伊藤有美子ちゃんは体育会系で、学生時代から長距離ランナーで、
あちこちの大会に出ていた。


また、ゼミ活動で言えば、伊藤有美子ちゃんの時代は、
広島商工会議所に協力をいただきCSR調査をした上に、
中国新聞社に全面的にご協力いただき、
学生の新聞に対する興味関心度調査をした世代。

http://bouchukan.seesaa.net/article/121015132.html

8名だったが、何か面白いことをしたい意欲の高い学生ばかりだったので、
精力的に活動をした時代。
なので、ゼミ生たちは、中国新聞の増田姉さんや田和さん(懐かしい!)に接する機会も多かった。

昨日は、仕事でマラソン大会会場につめていた姉さんに、
ランナーの有美子ちゃんが「お久しぶりです」と声を掛けたらしい。

4位入賞も嬉しいが、上記のようなゼミ活動のつながりが、
時間が経っても継続しているのが、とても嬉しかった。
ありがたいものです。

最近、くさくさしていた私は、そうした一連でなんだかほっこり。

いいメールをいただいたことと、面白い映画に満足しつつ、
広島ホームテレビのJステーションに行けば、
小嶋沙耶香さんと坪山奏子さんも5キロの部に、
(Jステーション)の福山雅治さんも10キロの部に出場なさったという。
そのまま、この仕事というから、私にとっては化け物?と思うくらいの、皆様のスタミナに感服。

posted by H.A at 07:44| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

口だけ女の飲むカクテル

以下、おすすめ。
美味しいし、カロリーはないし、ノンアルコールだし、
それでもお酒を飲んだ気分になる。
最高〜!

ピントがずれてますが、ソルティドッグテイスト。
グラスの淵にお塩を塗ればよかったな。

ソルティドッグテイスト.jpg

めちゃうま、カシスオレンジテイスト。

カシスオレンジテイスト.jpg


半分飲んで、ラップして、翌日飲もうと冷蔵庫に入れていると、
勝手に飲む女子高生一人・・・
翌日には、姿形は無い。
どーよ。


季節外れのあさがお.jpg
posted by H.A at 10:01| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「生きて」

日経新聞の「私の履歴書」に類似した、地元の中国新聞の「生きて」。
現在は、スーパーイズミの会長をなさっている、山西義政氏の生涯。
(これは、ご本人がしゃべって、それを新聞社の方が文章になさっているのかな?)

これが、無茶苦茶面白い。
スーパーイズミというのは、地元の小売業だけど、今や九州にも勢力を伸ばし
従業員数1万人強、店舗数88という企業。
(長崎港の隣に、でっかいショッピングセンターがあるなと思ったら、
 イズミが運営するゆめタウンだった。
 わざわざ長崎まで来たのに、広島資本かい!と思った記憶がある)

東京の方だと、銀座のメルサの地下にあるエクセルはご存知かと。
ここもイズミの経営店舗。

もとい、「生きて」は連載物で、初回の文言が効いている。
89歳の山西氏が、「過去を語るのは老人、青年は未来を語る。」と。
だから「今まで過去は話したことはない」と。
でも、そろそろ過去の話を残さないと、会社の歴史について知っている人がいなくなる、と。

山西氏と比較するならば、まだまだひよっこの私は、たいした過去でもないのに、
過去ばかり話していたような気がする。

続いて連載4回目も、心に響く。
戦後、唯一活気づいていた駅前の闇市で始めた商売。
「仁義なき戦い」のような、切った張ったの世界での頭脳と体力がものを言う商売。
それらが発端となり、いまのイズミになるわけですが、
「人生の楽しさは目的地でなく、到達するまでの過程にある」と。
「会社を大きくしようと頑張ってきたけど、
 実際に大きくなると、小さかった時が一番楽しかった」と。

なるほど。
「今はまだ夜明け前」とか言っている今が、楽しいのかな。

posted by H.A at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寂しがり屋のあなたへ

がらでもないが、時折、非常に寂しくなることがある。
忙しいときはそうでもないが、
少し時間に余裕がある時に、寂しく感じるバイオリズムがマッチすると、
マイナス思考が加速して、とことん落ち込む。
(でも、そのすぐ後には、ちゃんと復活するので、たいしたことはない)

のようなことを、マブダチに話した。
夕方が寂しいよね、というと、
マブダチが、、夕方から夜は寂しいものなんだと言う。
特にこの季節は、「秋の日はつるべ落とし」という言葉があるではないか、という。

つるべ落とし。
秋の日が、釣瓶を落とすように暮れてしまうこと。

冬が寒いように、夕方は寂しいものなんだと思うと、
気が楽になった。

それにしても、同世代の友人たちが、皆そこそこに年をとったものだから、
発する言葉に含蓄が出てきた。
いいような、悪いような。。。







蛇足・・・
夜が寂しいのは、小林明子が唄っているではないか、とマブダチがいう。
私は紅白歌合戦における派手な装いの小林幸子が脳裏に浮かんだのだが、それは違う。
明子のほうだ。

♪両手で頬を押さえても、途方に暮れる夜が嫌い〜(「恋に落ちて」)

事例にあげる曲が1985年、昭和60年なのは、どーよ。

ちなみに、小坂明子の「あなた」は1974年、昭和49年ですから。
posted by H.A at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

小腹がすいたら・・・

ゲームセンターで,釘づけになった。
どうしても,欲しかった。






UFOキャッチャーで。


これ。











♪小腹がすいたら.jpg

皆さんは,ご存じか?
この愛らしいキャラクターを。

ニッスイの焼きおにぎりのキャラクターで「おにお」という名前(らしい)。

このTVCMが好きなのよ。
♪小腹がすいたら,焼きおにお
 小腹がすいたら・・・
www.youtube.com/watch?v=uYnuFNrUwJA


UFOキャッチャー,6回勝負してGETできず。残念。









あらま,私と同じことを考えているお子様たちが多いらしい。
http://www.nissui.co.jp/news/20110920.html
posted by H.A at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

カーラジオから流れてきた言葉

日曜日。
ラジオから流れてきた言葉が琴線に触れたので、
思わずメモ。

人のためにすることが、自分のセラピーになる。


「してやっているのに」と、恩着せがましく思うことがよくある自分を反省。
確かに、自分のセラピー。
posted by H.A at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたは餃子にニンニクを入れますか?

今日のJステーション。
大人の事情で、いつもの徹さんと沙耶香さんは不在。
そこで、今日だけ、通常はニュース&お天気担当の
坪山奏子さんと山田幸美さんが、メイン司会。

妙齢のお二人の、緊張感と初々しさのまぶしいことよ。

折角なので記念に写メ。
向かって左が山田さん、右が坪山さん、
そして中央の黒い服の人が、私のシミと皺を見事に消してくれるヘアメイクのタエさん。

女子3人.jpg

ところで、今日の情報の一つに、餃子があった。
放送の前のわずかな時間に、
かわいい山田さんが鈴の音のような声で、
「粟屋先生は餃子はお好きですか?」と聞く。
「好きですよ」とドスのきいた声で応える私。

再び山田さんが鈴の音で、
「どういった餃子がお好きですか?」と尋ねる。
「にんにくのたくさん入った餃子です〜」と
ドスをきかせながらも、ちょっとかわいく答える私。

すると鈴の音、「えーーー、珍しいですね〜」
ドス「なんで?」
鈴の音「女性は匂いを気にして、にんにくをあまり口にしないですよね〜」







ドス ノックアウト。


匂いを気にしてニンニクを食べない、という考え自体が、私の脳のどこを探してもない。
しかし、思い起こせば、私も山田さんの年の頃には、そうしたことを考えていたかもしれない。

過ぎ去った日々。
忘れ去ったもの達。

あああ〜(ドスのきいた声で)
posted by H.A at 21:31| Comment(6) | TrackBack(0) | Jステーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

毒を持って毒を制す

Facebookでは,二夜にわたるカラオケの写真が数枚アップされています。
私の名誉のために言い訳をしますが,
あれはカラオケを第一目的に池袋に行ったものではなく,
ビジネスクリエーター学会で報告をしに行った延長戦のものです。
http://www.business-creator.org/meeting/

さて,学会報告内容については,また別途書きますが,
今回はカフェにおける女子話について。

私は,学会一日目の参加の前に,
遅い昼食を立教大学横のカフェでとっていました。
http://bouchukan.seesaa.net/article/179948983.html

立教大学の横のカフェ.jpg

白菜のとろとろスープランチ。
少なそうですが,汁モノなので量があり,少し残してしまったほど。

一人でゆったりとカフェを楽しんでいると,
30代女子2名のグループの話が漏れ聞こえてきました。

その話とは・・・
失恋による痛手から立ち直るには,二つの薬があると。
一つは時間薬。
もう一つは男薬。
(これは,恋の喪失感を,他の異性で埋めようっていうものですね。)
ただ,男薬は一時的には良いかもしれないけれど,根本的な治癒には至らない,
もしかしたら,新たな痛手を負う可能性がある。。。

のような内容。
カフェの片隅には,立教の学生さんと思われる若い女子たちが3名談笑。
恋の苦さを体験した30代女子と,
これからいろいろあるであろうaround20の女子を対比しながら,
私は一人カフェ時間を満喫しました。

で,私はどーよ。
何かの痛手から立ち直るには,
自らの持つ自浄作用や治癒力を信じて,池袋の仲間とカラオケかな。
やっぱりカラオケかい!
posted by H.A at 06:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンデレラエクスプレス・・・ではない

シンデレラエクスプレスとは,
1987年にJR東海が東京発新大阪行の新幹線最終便に対して付けたキャッチフレーズであり,
同曲名でユーミンが遠距離恋愛を歌ってもいる。

ここで書きたいのは,そうしたスイートな恋ではなく,
JALエクスプレスについて。

最近,国内線の飛行機に乗ると,客室乗務員を,
JALエクスプレスというJALの子会社のスタッフの方々が務めている。
この接遇が,素晴らしい。

常に笑顔,気配りに満ちており,腰が低い。
かわいい,若い。
時に男性もいて,爽やか。

客室乗務員としての仕事を,当たり前に真摯に遂行されており,
私は感動している。

客室乗務員の方にお願いしようかな,どうしようかなと
悩んでいる私の挙動不審な態度も,さっと察知してくれ,
すぐに飛んで来てくださる。
ありがたいことだ。

他方で,本体の会社の同職業の方は,
周囲に気を配るふりをしながら歩くという技は,天才的だった(人もいた)。
私が,用事があるよと態度や視線で示しても,見事に無視。
わざとか?

わざとでないなら,気配を感じるというセンスが全くないので,
転職をした方が良いとアドバイスしたかった。
(気が弱いので,できなかった)


そうした本体の会社の同職業の方には,過去数年にわたっての給料を,
会社に返していただきたい。
そうでなければ,JALエクスプレスの方から指導を受けてほしい。


以上,元株主の叫び。




蛇足
しかし,JALエクスプレスよりJALの社員の方が給料が格段に良いだろう。
青いことを言うようだが,ここに矛盾がある。
私のもっとも忌み嫌う「既得権」が,ここにも存在する。
あちこちだけどね。
posted by H.A at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

日本では約10%

数か月前、山手線の吊り広告に、SPAか何かの雑誌の記事の見出しがあった。
「女性が言われてむっとする言葉」というテーマが取り上げられているらしい。
むっとする言葉の中に、
「君って、AB型?」というのがあった。






あたくし、AB型。

「AB型って嫌よね」と言われるよりも、
「AB型と言われるとむっとする」という間接的なほうが、カチンとくる。

が、確かにその気持ちもわかる。

もちろん4種類の血液型だけで人の気質が区分できないことは、皆重々わかっているけど、
区分することにより、
腹が立った時に、あの血液型なら仕方ないと溜飲が下がる部分もある。
なので血液型話は皆好きなのだろう。

もとい。AB型の件。
自分がAB型だと表明した際、これまでも多くの人が、ひいた。
そして、そのうちの何人かは、遠い昔の恋愛で、
AB型の人にひどい仕打ちを受けたということを吐露した。

そっか。。。

だけど、あなたの昔のAB型の想い人は、
今でも時折あなたのことを思い出していると思いますよ。
スイート・メモリーとして。
posted by H.A at 21:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

最近気に入って買うお菓子

これ。

ごまたまご。

ごまたまご.jpg
posted by H.A at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素顔・真顔・笑顔

今日も無事にJステーションのコメンテータを務めることができた。
「地球派宣言」コーナーでは資源循環を事業とする企業が取り上げてられており、
私の研究分野であるため、非常に興味深かった。
その他の、クリスマスケーキ商戦や、ボジョレーヌーボー特集も楽しめた。

さて、先日しばらくぶりに会った友人(仕事仲間、年下)が、
「Jステ、久しぶりに見ましたよ」とにこやかに言う。
何か褒めてくれるのかな、と思ったら、
「笑顔を作るの上手ですね。練習しているのですか?」とのたまう。

友人は、どうやら、私に喧嘩を売っているらしい。

私の素顔を他人様に見せることができないのは当然として、
私の真顔も他人様に見せることができる代物ではない。
なぜならば、口角が下がっているため、平常値以下に映るからだ。
つまり、怒ったように見えるので、もしも笑顔でないならば
「怒っているわけではありません。これが普通の顔です。」と
キャプションを常時出していただかないといけなくなる。

なので、総合的な幸せを考えての「笑顔」というとをご理解いただきたい。


ところで、AB型についての記事を書いたが、
Jステスタジオで話していたら、5人中4人(私も含め)がAB型だった。
男性司会者の徹さんだけB型で、
あとの紗弥香さん、Jステの福山雅治さん、フロアディレクターの木村さん、そして私はAB型。
日本人のAB型は10%という統計上の数値を、なかったことにするような割合だ。

振り返ってみれば、私の実家も父以外はAB型だった。
母と弟と私はAB型で、AB型というのは極めて一般的な血液型だと思って育ったもんだ。
ちなみに父の血液型は聞くたびに、AになったりBになったりする。

なので、クワ型、としておこう。
posted by H.A at 21:27| Comment(4) | TrackBack(0) | Jステーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

アイドル

以前より、毎週録画して見ていた「もしもツアーズ」に、
http://bouchukan.seesaa.net/article/162593641.html
秋よりKis-My-Ft2(キスマイフットツー)がレギュラーとして出演している。

なので、嬉しい。
玉森 裕太君の恥ずかしそうな感じや、
藤ヶ谷 太輔君がきちんとコメントしている様子を見て、
彼らの温かい人柄が伺える。

他方で、先日「ほんまでっかTV」にとしちゃん(田原俊彦)が出ていた。
Kis-My-Ft2にはない、THE アイドル のような振る舞いが、
としちゃんらしくてとてもよかった。
こうしたTHE アイドル のような振る舞いは、
HIROMI GOやサッカーのカズにも通ずるものがあると思う。
としちゃんたちは、毎日自分を厳しく律しているであろう。
posted by H.A at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

受信料分は元を取っていると思う

NHKのドラマが面白い。

大河ドラマ「江 〜姫たちの戦国〜」を見て、日曜日の夜を楽しんでいるおじさまは多いと思う。
(私は北大路 欣也が一押しです)

火曜日の夜も楽しめる。
(とはいえ、録画して違う曜日に見るのだけど)

よる☆ドラの「ビターシュガー」、10:55から。
38歳の揺れる女子たちの気持ちがうまく示されている。

その前に、ドラマ10「カレ、夫、男友達」が10時からあるが、
これは、節操がない女子姉妹が描かれていて、どうかなと思う。

そして、一番面白いのが、毎朝の楽しみ連続テレビ小説「カーネーション」。
和装から洋装に変わる昭和初期の様子が面白い。
不条理なことを言い放つ絶対的存在の父親を、いかに越えるか。
そうした主人公の“なにくそ根性”が共感できて泣ける。

私のけんか相手だった父は、好好爺になっただけに、懐かしい。
posted by H.A at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トムとブラッド

トムとブラッドの映画は欠かせない。
*トム・クルーズとブラッド・ピットです。

観ました、「マネー・ボール」。
球団経営と野球への憧れとの狭間がうまく描かれていたようで、私は好きでした。
前作の「ツリー・オブ・ライフ」よりは、格段に楽しめます。


実際は弱小球団が、連勝や優勝するなど、そううまくはいきませんが・・・
金に踊らされる人生は嫌だ、のようなセリフがありましたが、
私は経験がないのでわかりません。
一度くらいは踊らされてみたいものです(笑)
posted by H.A at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みかん狩り

16年ぶりだろうか、小学校からの幼なじみからメールがあった。
「このアドレスは生きてるか?」と問われていたので、
「生きているよ。残念ながら、私も生きている。」とメールをした。

そのメールをきかっけに、小学校3年か4年生の頃、
子供だけでみかん狩りに行ったことを思い出した。
男子2名、女子3名。
リュックにお弁当と水筒とお菓子を詰め、
呉市の焼山からバスに乗り、呉駅から呉線に乗り、
竹原かどこかで降りて、今度はフェリー。
大崎上島か下島か、どちらかで友人のおばあちゃんがみかん農家をしていたのだ。

ちょっとした小旅行だ。
現在では、小学生だけで、そんなところまでは行かせない。
必ず親がついていくだろう。
そういう意味では、ほったらかしにされた時代だった。

なので、子供は元気。
特にそのメンバーはみかん農家の孫の女子以外は、悪ガキだった。
しかし、変に行儀が良くて、挨拶だけは無駄に大声でしていた。

当然電車の中では、お菓子を食べながら、バカ話をして笑い、
フェリーでは、ハンカチに何か詰めてボールにして、「てんか」という遊びを始めた。

「てんか」については、以下参照。
http://www.children.ne.jp/play/o-tenka.html

今から思えば、周囲の人は、迷惑この上ない。
その時乗ったフェリーには、絨毯敷きのスペースがあり、
子供がボール遊びをするには格好の場所だった。

みかん畑では、思う存分みかん狩りをし、段々畑でお弁当を食べ、
また遊んだ。
焚火の煙を使って、長い棒を縦に持って、神様ごっごなどした。

フェリーの時間に追われるように、島を離れ、
フェリーでまたてんかをしたけど、
電車に乗ると、遊んで疲れた5名は、ほぼ無言で帰途についたように記憶している。

みかん出荷量7位の広島で、みかん狩りに行ったのは、唯一その時のみ。

そうした悪がき達も、今ではちゃんと働いている。
重松清氏がよく描く小説のような思い出。
posted by H.A at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

2011年度ゼミ活動の成果

2011年度の粟屋ゼミの報告書が出来上がりました。

冊子表紙.jpg

一つは,
「レジ袋有料化についての学生の意識調査」。
これはテーマが面白く,時機にあったものだと思います。

もう一つ,
「広島の環境ビジネスU」。
3社のヒアリング結果と,そこからの考察が,上手にまとめられています。


12月になりましたら,もしくは年が明けましてから,
関連の皆様のお手元にお届けしたいと思います。
posted by H.A at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

外部からの影響に反応して、身体の奥底から湧き上がる欲求

【外部からの影響その1】
先週のJステーションではクリスマスケーキの特集があった。
若い女子のパティシエがモンブラン味のクリスマスケーキの作品化に挑戦していた。

通常、胸やけがするのでケーキは食べないのだが、その美味しそうなこと。
無性に食べたくなった。

押さえられない、欲求。
仕方がないので、モンブランケーキを買ってきた!

珈琲とモンブラン.jpg

結果。
1/3程、食べられず。翌日に持ち越し。



【外部からの影響その2】
今日のNHK朝ドラ「カーネーション」では、昭和初期の喫茶店で、
主人公の糸子がぜんざいをたべていた。

ぜんざいは好物。加えて美味しそうに女優さんが食べること。
無性に食べたくなった。

押さえられない、欲求。
仕方がないので、ぜんざいを食べに行った!
(甘ものといえば、そごうの文の助茶屋でしょう)

文の助茶屋のぜんざい.jpg

結果。
お餅は2つともぺろりと食べたが、
小豆の箇所が、1/3程、食べられず。申し訳ありませんと残す。


【外部からの影響その3】
ボジョレー・ヌーボーは毎年この時期の必需品。
当然先週の木曜日には予約していたブツが自宅に到着。

押さえられない、欲求。
仕方がないので、自宅ですぐ飲む!
おまけに、翌日は外でも飲む。

TANTOでボジョレー・ヌーボー.jpg

結果。
食い散らし状態での撮影はどーよ。
その後も、毎日飲む。
買い足して飲む。

ああ、小市民のささやかな幸せ。
posted by H.A at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制服のボタン

久しぶりに会った幼なじみが言うには、
遠い昔になるが、中学校の卒業式で、制服のボタンが、ものの見事に無くなったらしい。

*説明しよう。
 卒業式に、女子が、貴方のことが好きだからボタンを頂戴ね!と言うわけですね。
 斉藤由貴の唄にもありますね。
 ♪制服の胸のボタンを 下級生たちにねだられ 頭かきながら照れるのね・・・

えーーーー。
そんなに、もてていたのかい!と、びっくりしたとともに、
私は誰かにもらいに行ったのだろうか、と記憶の糸をたぐった。

覚えていない。
でも、無駄にプライドの高い私は、きっとそういうことを自分がすることを
良しとしなかったであろうと思う。
ああ、かわいげのない私。



さて、中学もしくは高校の卒業式で、
貴女は誰かからボタンをもらいましたか?
貴男は誰かにボタンをあげましたか?
posted by H.A at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

昆虫的な生き方

昨日、姜尚中先生の講演を拝聴した。
タイトルは、「『悩む力』とこれからの日本」。

書籍『悩む力』を以前読み、共感していたので楽しみだった。
http://bouchukan.seesaa.net/article/102252789.html

姜尚中先生は1950年生まれだから、62歳でしょうか。

内容としては、現在も未来も明るくなる要素が無い中で、どのように生きていくか、
ということを世界情勢、日本の現状などを踏まえて話されていた。

日本で言えば、地域の多様性を守りながら、
他方で世界に打って出る、という両立を行わねばならないと、
だから、「悩む」。

その中で、今できることは何か。
それは昆虫的な生き方であると。
昆虫的とは刹那的、今することを全てをかけて取り組め、とおっしゃていた。
なるほど。

マツダ財団講演会.jpg

ところで、
講演会の聴講者は、中高年男女同率というところかな。
バルコニー席に座っていた私は、聴講者の様子が上から見て取れるたのだけど、
姜尚中先生が「僕は60過ぎですけどね、僕たちの世代は幸せだった。」
の言葉に、多くの方がうなずいていた。
しかし、現代の若者には・・・と続いた。

私の周囲にいるaround20の若者たちは、こうした社会を作った大人に文句も言わずに、
今の状況を粛々と受け止め、どう生きていこうか悩んでいるよ。
posted by H.A at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

2011年度合同ゼミ@アステールプラザ中会議室

2011合同ゼミ.jpg

三浦先生と合同ゼミ参加学生の様子.jpg

2011合同ゼミチームAプレゼン.jpg

2011合同ゼミチームBプレゼンjpg.jpg

2011合同ゼミパネル発表を聴き、質問するゼミ生.jpg

2011合同ゼミパネル発表の質疑応答で楽しそうなゼミ生.jpg

2011合同ゼミ懇親会最後の一本締め.jpg

終了後、学生たちは、
大学の枠を超えて、入り混じって、晩秋の夜の街に遊びに出かけたらしい。
私は、くたびれて速攻帰宅でダウン。


上記のような経験が、10年後の彼女たちを支えてくれますように。
posted by H.A at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

我が家に来た、おにお

♪小腹がすいたら、焼きおにお
http://bouchukan.seesaa.net/article/234208627.html

小腹がすいたら、焼きおにお.jpg


かわいすぎる。

posted by H.A at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いらいらするあなたに

アロマオイル。家でも職場でも。
(駐車場1時間分が欲しくてまとめ買い)

アロマオイル軍団.jpg

食欲求が旺盛すぎる時は、グレープフルーツかオレンジ。
気分転換したい時は、ティートゥリー。
今回初めて買った、ちょっと高かったサンダルウッド(白檀ね)。

そして、何より、イライラす時には、イランイラン。

いいよ。
posted by H.A at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

華道を習っている学生が参考にしている花

Jステーション。
2011年11月24日週の花。

2011.11.24花.jpg

私も大学生の頃、華道を習っていましたが、すっかり忘れてしまいました。
posted by H.A at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Jステーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

パパ友

先日,ママ友ならぬ,パパ友関係で,一つお仕事をしてきました。
その時,そのファミリーからいただいたお菓子。
(仕事の時は,パパおんりーでしたが)

三次のお菓子.jpg

広島県三次市のお菓子。
特に,この洋酒ケーキが,洋酒でしっとりで美味しい。
posted by H.A at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする