2011年09月04日

広島・呉・長崎

長崎,今回が最終回です。
おつきあいいただき,ありがとうございました。

長崎その1・オランダ坂
http://bouchukan.seesaa.net/article/220702877.html
長崎その2:軍艦島
http://bouchukan.seesaa.net/article/220751985.html
長崎その3:龍馬
http://bouchukan.seesaa.net/article/220935628.html
長崎その4:ミュージシャン
http://bouchukan.seesaa.net/article/222771096.html
長崎その5:終着駅
http://bouchukan.seesaa.net/article/222940732.html


長崎の街は,過去の歴史文化(江戸時代に入ってきた外国文化ですね)と
平和と都市機能と三菱財閥による工業化が,
うまく融合された街だと思う。

とにかく散歩が楽しい。
私は雨の中,イージートーンで歩きすぎて,膝を悪くしたが,
それでも歩きたくなる街だった。

また長崎市内は路面電車で,ある程度サクサク移動できる。
東京の地下鉄ほどの便数ではないが,乗ってしまえば,近い。

案内板も親切だ。

電停の案内版.jpg


印象として市の大きさが,広島市と呉市の間かなと。
以下に数値を調べてみた。

広島市の人口 1,177,470人
広島市の面積 905.41[ku]

長崎市人口 442,046人
長崎市の面積 406.40[ku]

呉市人口 111,268人
呉市面積 353.76[ku]

なるほど。
まあまあ印象通り。
適度な規模と人口だろう。
広島は広すぎて,路面電車での移動は,もたもたしてしまう。
かつ観光地が分散している。
呉は情緒あふれる港町だけど,今一つ押しが足りない。
もったいない!

さて,長崎覚書の最後に,さだまさしのお店 ピースフライトという喫茶で食した
ボルシチをご紹介したい。
まさしのおばあちゃんは,遠い昔,ロシアでお店を開いていたらしい。
その,おばあちゃんのレシピによるボルシチ。
ちょっとね,肉じゃがっぽくて,優しい味。

ボルシチ.jpg
posted by H.A at 06:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひきこもりの中断

広島ではひきこもり状態ですが,
時折外出します。
先日は,また後期にお世話になるアルパークへ。
Nana's cafeでタコライスランチ。

これ,見た目よりも分量があります。
1,000円くらいです。

アルパークnana’sカフェのランチ.jpg

それから,いつも気になっていた段原の
イタリアとスペインの旗が出ているレストランAKISAKURAへ。
イタリアンがメインだけど,スペイン料理のお料理も出すらしい。
ランチ時はパスタメインですけどね。

そこのトイレが広かった!
書斎にしたい。

AKISAKURAトイレ.JPG

トイレは重要よ。
posted by H.A at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昭和でなくても,街頭テレビにかじりつく

NHK朝ドラ「おひさま」。
丸庵,焼けちゃいましたね。かわいそうでしたね。
あの三角屋根のお家を買うのでしょうね。

おひさまを見るのは,日常の決まりごと。
しかし,どうしてもその時間に見れない時があるのですよね。

先日,郵便局に行ったら,局内のテレビでおひさまをしてましてね,
テレビの前に椅子が用意してあったので,
座り込んでみました。
15分。


また,先日広島空港でおひさまの時間になりましてね。
待合の大きなテレビを,NHKにしましたよ。私は。

あちこちで朝ドラ.JPG

モニターの下にリモコンがあったので,つかつかと歩み寄り,
チャンネル変えたら,後ろで笑いが起きました。
どうも,後方の方々も見たかったらしい。
(私は一番前にいました。)

よしっ。
posted by H.A at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

緑茶を扱うところに対しての提案

私はお茶やコーヒーなどの嗜好品にはこだわりがある。
特に日本茶は美味しいものが飲みたいなあと思う。

比治山大学で学長と共にお客様をお迎えした際に、
学長戦略室のスタッフの方が出してくれたお煎茶は美味しくて、
とてもうれしかった。

玉露は難しく上手にいれられたためしがないが、
お煎茶なら少しの工夫で美味しく飲めると経験上思う。

しかし、大勢を相手にして出さなければならないところで、
緑茶を扱うのは難しい。

例えば飛行機。
コーヒーは以前と比べて、随分品質が向上したと思うし、
冷たい緑茶は、ペットボトルなので、美味しい。
さすがドリンクメーカーが利益を求めて作るだけはある。
ところが、温かい緑茶がいただけない。
薄いのだ。
緑色であればいいというものではない。

これは緑茶パックにお湯を注いだだけであろうと思われる。
おいしくないお茶は、気分が悪くなる。

飛行機以外にも、緑茶を出して失敗しているところに出くわすと、
つい以下のようにアドバイスしたくなる。

緑茶は難しいので、やめましょう。
そのかわり、茶色いお茶にしたらいかがでしょう。
ほうじ茶とか番茶とか麦茶とか。
麦茶、温かくてもおいしいよ、と。

これらなら、保温ポットにお茶パックを一日中入れていても、
渋くなりすぎたりしないし、煎れた人による差も出てこないよ。と。






では皆様、おいしいお煎茶が飲みたくなったら、
ぜひ、粟屋研究室にお越しくださいませ。


あああ、だんだん口うるさくなるねえ。
posted by H.A at 06:20| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昭和の残り香

Facebookで、立教のお姉さま方がよかったと書かれていたので、
8月の終わりに私も足を運びました、改装したキャピトル東急ホテル。

このホテル、12,3年前に宿泊したのですが、とても良かったのです。
古かったので安価でしたしね。

http://bouchukan.seesaa.net/article/28290916.html

改装前の部屋には障子があり、よき昭和のホテルという空気が満載でした。

このたびは、宿泊ではなく(改装代が転嫁されているのでしょうが、部屋代が無茶高)、
オリガミでランチ。


小食の私はブイヤベースセット(サラダと、ブイヤベースと、パンと、コーヒー)。
全体的に量がちょうどよいし、何よりブイヤベースが美味しい。

オリガミのランチ.jpg

食後にマブダチとしゃべりまくっていると、
スタッフの方が何度もコーヒーを注ぎたしてくださいましてね。
水分命な私としては、とてもうれしい。

ただ、ホテルから昭和の香りはぬぐいさられ、
機能的な現代チックな雰囲気になっちゃいました。

そうはいえ、テーブルに飾られているお花が、松っぽいお花で、
そこに和と昭和の残り香を感じました。

オリガミの花.jpg

今度は泊まってみたいなあ。
posted by H.A at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

ぶたうさぎ

当ブログにも何回か書いたが、
私が毎週熱心に鑑賞し、録画も何度も繰り返しチェックしている
TBSドラマの「美男(イケメン)ですね」。

これは日本の漫画を、韓国が先にドラマ化し、日本でリメイクして現在放映中のモノ。
日本のこれが良いのだから、一般的に良質とされる韓国のそれはどうか。

今ちょうど、広島ではTSS(フジテレビ系)で韓国のそれが放映されているので、
録画して比較。


私の結論。

日本のそれのほうが良い!


理由
@男子主役を演じているチャン・グンソクが、
端正すぎ、優しい顔すぎ、肉体派すぎで、役柄にあわない。
これは、線の細い玉森裕太(Kis-My-Ft2)君の、
神経質層な表情と、その対極にあるとろけそうな笑顔に軍配。
A周囲を固める俳優が日本のほうが面白い。
社長の高嶋政伸や、マネーージャー役の柳沢慎吾が、うまい!笑える!
B韓国のそれは、長くて、冗長な感が否めない。


ただ、以下の点は韓国に軍配。
・昭和のドラマによくある、女子主役に意地悪をする美人女子を、
日本は小嶋陽菜(AKB48)が演じているが・・・単なる意地悪でしかない。
これは、もう少し美形でないと、嫉妬からくる意地悪に品格が出ない。
その点、韓国の女優さんユイはべっぴんですね。


そして、以下は引き分け。
・女子主役を助ける王子様的役割が、
日本のそれは私の好きな藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)君。
韓国のそれはチョン・ヨンファという人。
(私はあまり韓国ドラマは詳しくないので、すみません)
このチョン・ヨンファさんが、なかなか憂いがある表情をするのです。
よって、ドロー。


以上、主観満載の理由より、総合的に日本のそれの勝ち。


私の主観による感想ですから、反論や批判もあろうかと思いますが、それはそれで。

ぶたうさぎのぬいぐるみ、どっかで売ってないかなあ!
posted by H.A at 07:38| Comment(7) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪で松本を想う

日帰り大阪出張。

以下の写真は、今日行った先のビルのトイレからの風景。
川や橋の名前はわからずですが、空は秋ですね。

大阪の風景.jpg

さて、移動時にツイッターで香織ちゃんが良いと書いていた
『神様のカルテ』(2011)小学館文庫):夏川 草介著を読破。


泣けました。
しかし、ハンカチを持参するのを忘れており、
新幹線内でティッシュで涙を拭く有様。

神様のカルテ.jpg

病院のお話なので、死を巡るこもごもは避けられないのですが、
それよりも、主人公のアパートの住人たちの生き様が、涙を誘う。

特に主人公が住人の一人に放った以下の言葉が、私は心に浸みた。

「学問を行うのに必要なものは、気概であって学歴ではない。
 熱意であって、体裁ではない。(中略)
 あなたの部屋には思索と英知が溢れ、ひらめきと発見があった。(中略)
 その探求の道になにを恥じ入ることがある?」


この話の舞台が、松本。
朝ドラの「おひさま」も松本&安曇野だし、行ってみたいね!
posted by H.A at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

心のマッサージ

長崎番外編。これで絶対に終わり。。。と思う。

長崎その1・オランダ坂
http://bouchukan.seesaa.net/article/220702877.html
長崎その2:軍艦島
http://bouchukan.seesaa.net/article/220751985.html
長崎その3:龍馬
http://bouchukan.seesaa.net/article/220935628.html
長崎その4:ミュージシャン
http://bouchukan.seesaa.net/article/222771096.html
長崎その5:終着駅
http://bouchukan.seesaa.net/article/222940732.html
長崎その6:街の比較
http://bouchukan.seesaa.net/article/224177297.html


写真部心をくすぐる場に出会うと,撮りたくなる!
その写真を2枚ほど。

さだまさしのお店 ピースフライトという喫茶の中。

自由飛行船.jpg

さだまさし好きにはたまらないほど,まさしのCDやレコードでいっぱい。
当然BGMもまっさん。最高。


さて,長崎には往路は博多から特急「かもめ」で行ったのですが,
復路は,少し遠回り。
長崎から諫早まで在来線で行き,
そこから島原鉄道に乗車。
島原半島をゆっくりめぐる鉄子しました。

そこで見つけた駅。
海のそばの駅.jpg

すぐ横に,海。近すぎ!
「かもめ」と話ができそうです。

♪「かもめ」が飛んだ〜
posted by H.A at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衛生検査

美容師の国家試験に、
「衛生検査」という外見の清潔さを審査する項目があるらしい。

「爪を伸ばしていないか」等らしいのだけど、
そのうちの一つに、
「指の毛を手入れしているか(剃っているか)」というのがあるとのこと。





えーーーーーーっ。
アホ毛に続く、驚愕の毛にまつわる事実。
http://bouchukan.seesaa.net/article/211571436.html












あなたの指の毛は、元気ですか?
posted by H.A at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

旧日本銀行広島支店

思うところがあり、見学しました。

旧日本銀行広島支店外観.jpg

旧日本銀行広島支店一階.jpg


当建物の説明は、以下のサイトをご覧ください。

http://www.hiroshima-navi.or.jp/sightseeing/bunkashisetsu/tenji/4679.php


それにしても、この日銀や、江田島の海軍術科学校等、
当時の国の建物は立派でしたね。
posted by H.A at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

映画は見損ねたけど・・・

ああ、これが「阪急電車」ねと思いながら乗車。

阪急電車.jpg

DVDレンタルしたいと思います。

posted by H.A at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

費用(経済学的コスト)と市場創造

たまには真面目な話。

先日、経営哲学学会の全国大会で
「社会的課題の市場化・事業化」というタイトルで学会報告をしました。

これはこれまで存在しなかった市場を、自ら創造し利潤につなげる企業の戦略性を
コストの視点から考察したものです。

事例として考察したのは潟Gフピコ。
ここの環境対策室の松尾室長様には、本当にお世話になりました。
8月に、事実確認のために、再度訪問したいと突然に言ったときにも、快諾してくださり、
「できる限り協力しますからね」と熱く語ってくださったのには感激しました。
ありがとうございます。

もとい。
現在の私の研究テーマは、
市場創造、戦略、そして経済学的コストというキーワードで示すことができます。
なんとなく、自分のスタイルも固まりつつあります。

経済学的コストは、博論執筆の際に指導教授の亀川先生から頂いたテーマですが、
今になってこの概念の深さが、しみじみと分かってきました。
コストが無ければ、企業には収益はない、利潤にも至らない、
しかし、コストは、その使い方如何で、冗費にも投資にもなる。
ダイナミズムも絡む。
非常に興味深い概念です。

今回の報告では、新制度経済学派の所有権理論を援用し、
所有権の分散によるコストの分散が戦略であるということを論じました。

博論執筆後の、博論の研究を発展させてのオリジナルで新たなテーマだっただけに、
他の先生方から、どういった意見をいただけるか楽しみでした。
他の先生方からのご意見を総括すれば、
方向性としては間違っていないようですし、
今後の発展に通じるさまざまな示唆をいただきました。

報告終了後の安堵感も落ち着き、改めて持論を振り返れば、
まだまだ稚拙だし、詰めの甘いところもある。
ささ、思考熟考の波をまた泳ぎましょう。
(これが苦しいのよ、でも楽しいのよ)
posted by H.A at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

代替品

あれは昔、私が自動車メーカーでOLをし始めたころ。

就業後帰宅するためにJRに乗ると、
工場で自動車づくりに携わっている社員の人が、
一仕事終わった自分を褒めるように、いたわるように、
ワンカップ大関か何かの日本酒を、くいっと呑んでいたのを目にした。

あの頃若かったので、日本酒はもとより、アルコールのおいしさなぞ、
さっぱりわからなかったけど、おいしそうね、と感じた。


そのうち昔になる今。
出張先で一仕事終えて帰途につく新幹線の中。
一仕事終わった自分を褒めるように、いたわるように、私は、最近これを飲む。

角ハイボール.jpg

ビールだと半分以上余るのに、これだと飲み干せます。
(しかし、ビールよりこちらの方がアルコール度が高い)
コークハイでお酒を覚えた世代だからでしょうかね。
posted by H.A at 06:29| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

翌日はこれ

ブラックニッカハイボール.jpg
posted by H.A at 19:51| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

その翌日はこれ

フォアローゼスハイボール.jpg
posted by H.A at 07:03| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そのまた翌日はこれ

カラオケでトトトリスのハイボール。
(池袋に半年近く行っていない・・・)

トリスハイボール.jpg
posted by H.A at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

そのまた翌日の次の予定

IWハーパー.jpg

*しつこく続けてきましたが、ここでとりあえず中締め。
また新たな商品を見つけたら、続編もあり・・・かも!
posted by H.A at 08:03| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学生街だったところの喫茶店

先日,野暮用で東広島市にある広島大学に行った。
相変わらず,広くて空気が良い。
花壇の周りを徘徊している蟻が大きくてびっくりした。

昨日,20年前まで広島大学があった場所に行った。
ここは,いまや,わずかに社会人向けの教育部門があるのみ。

四半世紀前は,このあたりは,学生たちで賑やかだった。
いまや,旧正門から続く森戸ロード脇には,マンションが建っていて,
大学の面影が残っているだけにさびしかった。

大学跡地は,上手に活用されれていない。
広島中心部に近いにもかかわらず,残念だ。
また,東広島市に移転したことで,広島に残ったであろう知的人材が
外に流出していることも否めない。
もはや,そんなことを言っても仕方ない。

さて,そうしたことを思いながら,旧広大正門近くの喫茶店に入った。
サイフォンで淹れたコーヒーが380円だった。

おまけに,座っていたら,常連でもないのに,
茶菓子をだしてくれた。

どら焼きとフルーツ.jpg

きっと四半世紀前までは,学生たちでいっぱいだったのだろうと思われる
昭和の喫茶店。


posted by H.A at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亦うれしからずや

広島在住の私にとってお好み焼きは、遠方より朋来たる時のみ食べる料理。
雨の中、並んで入った八昌本店。

八昌.jpg

食べ終わって出てきたら、雨もひどくなっていたが、
並ぶ列も長くなっていた。
posted by H.A at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

いよいよ最終回

先週の木曜日にフジテレビの「それでも生きてゆく」が終わった。
http://www.fujitv.co.jp/ikiteyuku/index.html

これは、ストーリーも考えさせられるものだったけど、
役者の演技勝負の見ごたえのあるドラマだった。
大竹しのぶはもとより、満島ひかり、そして何より瑛太が、よかった!

それにしても、満島ひかりは、NHK朝ドラ「おひさま」では、
瑛太の弟 永山 絢斗と恋仲の役。

二つのドラマで兄弟と演じ、それもどちらも恋人役を演じるとは、どういう気分だろう。
他人事ながら、気になる。
かつ、うらやましい。



ところで、まもなく私がかぶりつきで見ていた、
録画して繰り返して見ていたTBSドラマ「美男(イケメン)ですね」の最終回!
http://www.tbs.co.jp/Ikemen_Desune2011/

ささ、玉森裕太(Kis-My-Ft2)君の成長ぶりを楽しまなくては。

秋からは、テレ朝で「相棒」が始まります。
ああ、忙しい。
posted by H.A at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011夏沖縄その1

8月の終わりに,沖縄に行ってきました。
お仕事で。
本当に。
なので,こうしたハイビスカスや海を見たのは,数分。

沖縄ハイビスカス.JPG

では,何をしていたか。
いろいろしていたのですが、そのうちの一つ、循環型養豚にトライしている方を訪問しました。

豚さん.JPG

しかし、循環型事業って言うのは、そう簡単にいかないようです。
うまく機能しているところが目立ったりもしますが、
ここのように、頓挫しているところのほうが多いかもしれません。
(数値を比較したわけではないので、推測です)

豚シャブのお店をされていたので、豚シャブをいただきました。
posted by H.A at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011夏沖縄その2

糸数アブチラガマ。
http://okinawaheiwa.net/bg/abuchira/abuchira1.html

(ガマとは、沖縄方言で洞窟やくぼみのこと。
 沖縄戦では、この洞窟が避難場所となった。)

大人入場料250円払い、ヘルメットを借り、
パンプスやサンダルはスニーカーに履き替え、
懐中電灯を100円で借りて、見学にレッツゴー。

暗い(電灯は一切なし)、滑る(急な坂、岩だらけ)、ぬるぬるしている(湿ってる)・・・

当時、ここは戦場病院として機能していたところだそうです
「地上戦」というものの悲惨さの一部を、知ることができる場所です。






以下は、首里城でいただいたさんぴん茶と茶菓子。
沖縄には、いろいろな顔があります。

さんぴん茶.JPG
posted by H.A at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

ファーム

「ザ・ファーム」という法律事務所を舞台にしたトム・クルーズの映画の話・・・
ではなく、
これはプロ野球の2軍の話。

天高く馬肥ゆる秋を思わせる先日、カープVS.ソフトバンクのファームの試合を観に行ってきました。
カープの2軍用の球場は、山口にある由宇球場。

はっきりいましょう。遠い。
我が家から、コンビに寄ったり、サービスエリア寄ったり、トイレ行ったり、
挙句のはてに迷ったりしながら、往路2時間。
復路は1時間半。
これは是非、呉の二河球場にしてほしいものです。

さて、本題。
駐車場に車を止め、坂と階段を肩で息をしながら上ると、そこではすでに試合が!

由宇球場雰囲気.jpg

早く観戦したいと、転がり落ちるように三塁側の芝生まで走ると、
目の前には、磯村嘉孝君!
近い!

磯村君.jpg

皆さん、磯村君をご存知か?
磯村君というのは、私の好きな堂林翔汰君と同じ高校、中京大中京付属出身で、
堂林君より一つ下のキャッチャー。
堂林君が2009年に甲子園で優勝したときは、バッテリーを組んでいたのですよ。
その磯村君も、今春よりカープに入団。
堂林君と磯村君の共演(?)が、そのうちプロのステージで見れるかも〜!


そして、その堂林君は、すでに3塁を守っていました。
脚が長い!

堂林君.jpg


きょろきょろしていると、庄司隼人君(常葉橘高校出身)。
目力あります。

庄司君.jpg

ソフトバンクには、
堂林君や庄司君と同じ年(2009)に甲子園で戦った今宮健太君(明豊高校出身)がいるはずですが、
その日は出ておらず、残念。

ちなみに、庄司君と今宮君は、甲子園3回戦で延長12回まで戦った仲。
結局今宮君側の明豊が勝利したのですが、
試合終了後に庄司君が今宮君に自分のバッティンググローブをたくし、
がんばれとエールを送っていたのですよ。

甲子園の一瞬の夏を終え、
あれから時は経ち、今や赤いユニフォームを着た堂林君がバッターボックスに立ち、
磯村君がピッチャーの投球練習に付き合い、
その周囲を庄司君がうろうろしている。

打席に堂林君、手前に磯村君.jpg

これがベンチの様子。

ベンチの様子.jpg

そして、ベンチに座れない選手たちは、こちら。

待機する選手たちと応援の人.jpg

天高く馬肥ゆる空の下、私は寝転がりながら、汗のにおいを感じた一日でした。

初秋の空のもと.jpg
posted by H.A at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

冷蔵庫の中のホスピタリティ

9月初めに、札幌でお仕事。

昨年もそうでしたが、今年も雨。
http://bouchukan.seesaa.net/article/158321796.html

残念ながら、
るんるん恋の街 さっぽろ〜  ではなく、
るんるん雨の街 さっぽろ〜  でした。

雨に濡れる札幌駅。

札幌駅.jpg

JAL派ですが、諸般の事情により、長崎に引き続きANAホテルに宿泊。
部屋の冷蔵庫の中を見て、笑えました。
ビールやソフトドリンクのほかに、ドリンク剤とウコンが!

ホテルの冷蔵庫の中.jpg

私は2夜をエンジョイするために、
酒豪伝説を大量に持参していたので、冷蔵庫のお世話にはなりませんでしたが、
ホテルの配慮に乾杯ビール
posted by H.A at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

朝ドラ「てっぱん」で、娘のトランペットを見つけた古道具屋

ひょんなことから、尾道の街を歩いた。
10年ぶりか。

千光寺に向かう坂をえっちらおっちらと登る。

尾道の坂.jpg

と、何とも不思議な門扉が!

ブーケ・ダルブル門扉.jpg

(定休日には「魔女会議に参加のためお休み」と書いてある)

生い茂るハーブの中を進んで、かつ狭い石段をよれよれと登っていくと、
そこからは、尾道の街が一望。

ブーケ・ダルブルからの尾道の町.jpg

すでに汗だく、息も絶え絶え、喉はカラカラ。
そこまでして、なぜ私はここに来たのか。
そもそも、ここはどこか。

ここは、ブーケ・タルブルというハーブの庭とカフェ。
4年前に古民家を再生して開業したらしい。

ここは、NHK朝ドラ「てっぱん」で、
富司純子演じるばあちゃんが、20年前に家でした娘のトランペットを見つけたお店として
使われたお店。
(ミーハーな私は、だからここまで来ました)

トランペットはこれね。
尾道商工会議所記念館に展示中。

てっぱんのトランペット.jpg

もとい、ブーケ・タルブルというカフェはなかなか趣深い。
うまく写せなかったけど店内の一部。

ブーケ・ダルブル店内.jpg

私は、外のテラスでハーブティと冷たいジュレ。

ブーケ・ダルブルのハーブティ.jpg

あまりに私が汗だくだったので、お店の方が、扇風機を持ってきてくださった。

汗かいて、ハーブふんだんのハーブティ飲んで、
解毒できたと信じている。

ささ、日常に戻ろう。
posted by H.A at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

講義「企業の社会的責任論」

2011年度後期より、広島修道大学に非常勤講師として行っています。
担当講義は「企業の社会的責任論」。
所謂CSRというものです。

CSRは人によって解釈が異なります。
研究者然り、企業の担当者然り。
できれば規範論ではなく、時流に流された経営行動ではなく、
その概念の本質をとらえた講義をしたいな、というのが思いです。

なので、私は「企業の社会的責任」を
資本主義社会における企業の役割という視点から講義していきます。
資本主義社会とは何か、そこにおける企業の分業とは何か、
そんなことを講義で議論するのは、とても楽しい。

水曜日の1コマ目なので、今日が2回目。
経営学に興味のある男子学生がほとんどのようなので、楽しみです。

講義資料.jpg
posted by H.A at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『大人の流儀』

気になっていた『大人の流儀』(2011)伊集院静著 講談社 を読んだ。
比治山大学の図書館にあったので、嬉しかった。

男の粋が随所に書かれたエッセイ。

なので、感想をこんなブログなんてものに書くのは、
「恥を知れ」と自分を喝破したくなる。

でも面白い。
「男は黙ってサッポロビール」的な無言の主張で、
今の社会をメッタギリにしている感じ。
なので、一読をお勧めします。
posted by H.A at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

『マスカレード・ホテル』

赤川次郎氏のように、作品数が多くなってきた東野圭吾の最新作。
『マスカレード・ホテル』(2011)集英社

東野さんの小説は、流し読みができるので、融通がきいてよいです。
当作品は、ホテルが舞台なので、ホスピタリティの観点で読むと、面白いですね。
多くの先品を書いているのに、扱うレンジが広いですね。
事前調査を効率よくなさるのでしょうね。
posted by H.A at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

創業は慶応二年

石見銀山に行ったとき,買ってきたお酒。
http://bouchukan.seesaa.net/article/199014945.html

DAIGOのお酒その1.jpg

DAIGOで,ウイッシュ。
ちなみに,右のグラスはお猪口ですから,お酒の大きさは小さい,小さい。

DAIGOのお酒その2.jpg

DAIGOのおじいちゃんの第74代内閣総理大臣の竹下 登氏は,
蔵元竹下家12代当主だったウイッシュ!
posted by H.A at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする