2011年07月10日

時計

今日は比治山大学のオープンキャンパス。
あっつい中、弊学に来てくれた高校生の半袖の腕をみて,
今更ながら気づいた。

皆,時計をしていない。
そこに座している100人弱の高校生ほとんどの手に腕時計が無い。

大学生はどうかと、お手伝いをしてくれた、かわいいN田さんに聞いてみた。
高校生の頃はしておらず、大学になってつけ始めたらしい。
高校時代は、JRやバスで通学していても、教室や駅の時計で事足りていたらしい。
大学では講義室に時計が無いため、必要にかられて、というところのようだ。
周囲の友人たちは、時計所有率50%くらいか。

携帯電話文化が普及してからか,若者が時計をしなくなったようだ。

遠い昔,高校入学時に母と腕時計を買いに行ったのを思い出す。
「高校生になる」=「自分の時計を持つ」ということで,
なんだか誇らしく感じたものだ。
松田聖子がSEIKOのコマーシャルをしていたので,
当然私が買ってもらったのもSEIKO。



今の中高年は,時計に自分のオリジナリティを出す(ことも多い)。
こだわる人はこだわるし,好きな人は高価なものを何個も持っていたりする。
ファッションであり、自己のアイデンティティを確立できるアイテムだ。

今のティーンエージャーにとって、
大人になってから、
時計ってどういう位置づけになるのだろう。


このように考えると時計文化も変遷しているようだ。
となると,るんるん赤いスイートピーの
「なぜ,あなたが時計をちらっと見る度,泣きそうな気分になるの」
という切ない気持を,今の若者は理解できなくなる。

「なぜ,あなたが携帯電話のメールを確認する度,泣きそうな気分になるの」
というところか。



時計をちらっと見るのと、携帯メールをチェックするのとは、
ニュアンスが違うような気がすると思う、
七月の日曜日の暑い夕方。







今日、かわいいN田さんといただいた3時のおやつはこちら。

抹茶三昧.jpg

抹茶三昧。





追記
これを書いた後、我が家の女子高生に聞いてみると、
彼女の周囲は皆、腕時計をしているとのこと。
「女子高生」といっても、多様だ。
posted by H.A at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次回はワインを飲みたい

昨日、久しぶりに、えのきち君と会った。
えのきち君とは、修士時代の勉強仲間で、広島出身仲間。
(まさか、池袋の立教大学の7号館の講義室で、
広島出身の人に会おうとは、お互い思っていなかった)

えのきち君には、あることで手間をかけたという借りがある。
それを返すために、2,3回食事に誘ったのだが、
(ランチだけど)
いつも私が厠に行っている間に、彼が払ってしまっていた。
若いのに、昔の日本男児のような青年だ。

なので、いいかい、今回は私がご馳走するからね、と、
私は厠には行かなかった。
お陰様で、目的は達成できた。



さて、今回えのきち君とランチしたお店はこちら。

イタリア大使館近くのフレンチ・フランス料理シュヴァリエ
http://www.wine-chevalier.com/

無茶苦茶美味しかった。
お料理のソースが美味で美味で、
前菜も主菜も、パンでソースを最後の一滴までぬぐいあげて、
お皿を真っ白にしたほど。

ただ、フランスワインが自慢の店にも関わらず、
午後の部のことを考えて、断腸の思いでワインを飲まなかった自分をほめてあげたい。
(えのきち君は下戸です)

他方で、そういうお店に行きながらペリエで済ませた我々を、
野暮とも言おう。

お料理は美味しいし、内装も私の好きなロココ調。
(最近は無機質な感じの内装が多いですからね。
 私はマリーアントワネットが出てきそうな内装が、実は好きです。)

また、ホスピタリティ精神も素晴らしかったので、
(予約時に、時間があまりないことを告げたら、配慮して用意してくださった。)
次回もまた機会を作って行きたい。

えのきち君ブログ用.jpg
posted by H.A at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする