2011年06月04日

6月の快晴の土曜日その2:見知らぬカップル

6月の快晴の土曜日、とうかさんの夜、
鯛の鯛でゆるりとしていると、
浴衣姿の男性(20代後半か?)がお店に入ってきた。
後ろには、これまた妙齢の浴衣姿の女性。
予約をしていたらしく、カウンター席の私の隣に二人は腰かけた。

お酒を飲んでいた中年女子(私)、
とても素敵なカップルに見惚れる。

何が素敵かと言うと、
@とうかさんの日に、二人で浴衣を着るという粋。
(面倒くさがりの私は、とうかさんに足を運ぶこと自体が10年以上ぶりだ。
 浴衣など、ここ20年くらい着ていない。)
A二人とも外見が良く、爽やか。
Bカウンター席で語らう様子が、仲良しでかつ、話し方が上品。


気になるので、チラチラ見た。
女性の左手の薬指には指輪があるので、二人は夫婦なのだろう。
男性の右手が、女性の椅子の背もたれにかかっているので、
二人は仲良しなのだろう。
(最近刑事ドラマばかり見ているので、つぶさに観察してしまう)

あまりに気になって仕方がない。
おまけに、私の写真部魂に火が付いた。

二人の浴衣姿の写真を撮りたい!
美男美女なので、前からもいいけど、
これはあえての後ろ姿がいい!

身体の奥底から湧き上がる欲望に耐え切れず、
私は声をかけた。
その結果がこちら。























浴衣姿のおしゃれな新婚さん.jpg



元写真部ながら、携帯写メのため、これが限界。。。無念。



もっと素敵なお二人でしたし、もっと素敵な店内です。
鯛の鯛オーナーの森島女史から、
お二人は新婚さんと教えていただきました。

そうそう、来店時に男性の手には、女性のカバン。
きっと男性が持ってあげていたのだと思います。
そうした気配りも、好感度大です。




何とも素敵な土曜日の夜。
新婚さん、いらっしゃ〜い。
posted by H.A at 22:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6月の快晴の土曜日その1:スポーツと学問と地域文化

6月、快晴の土曜日。
野暮用でマツダスタジアムへ。

マツダスタジアムは、試合開始随分前というのに、
観客がぞくぞくとスタジアムに向かっている。

マツダスタジアム外.jpg

この集客の姿を見るだけで、わくわくする。
(結果、カープ連敗。ま、こういうこともあるさ。負けるが勝ちさ!)


しかし、私は観戦をせず、広島大学へ。
ここでは自主的私的研究会。
気づけば、10回目の会合。
この資料の蓄積だけでも、すごい。


気持ちの良い知的疲労を味わった後は、
広島の初夏の風物詩である ゆかた祭りのとうかさんへ。

しっかし、ものすごい人。
所謂ヤンキーというのは一時に比べて少なくなったけど、
数少ないヤンキーたちが、ここぞとばかりに息巻いている様子もかわいい。
ヤンキー女子が浴衣を、肩をあらわにして着るのは、どーよ。


気が小さく、体の弱い私は、
あまりの人に疲れて、鯛の鯛へ避難。
http://tainotaihiroshima.web.fc2.com/basic.html

鯛の鯛.jpg

いつ来ても、ここのお料理は美味しいし、体に優しい。

充実した快晴の土曜日。
posted by H.A at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする