2011年01月27日

若者の余暇について考えるワークショップ

来週の節分の日の2月3日(木) 13:00〜17:00
まちづくり市民交流プラザの北棟5Fマルチメディアスタジオにて、
ワークショップ:
「自分時間のすごし方〜充実した毎日のススメ〜」を開催します。

参加者募集中です!
対象は、大学生、短大生、専門学校生、今春卒業の高校生、その他20歳前後の方。
30名(先着順)で、参加費は無料です。

申込は、電子メール( m-plaza@hitomachi.city.hiroshima.jp )にて直接お申し込みください。その際、お名前、所属、学年または年齢、連絡先の電話番号(携帯可)を記入し、
メールタイトルには「自分時間の過ごし方 申込」とご記入ください。

詳細は、こちらのちらし(PDF)をご参照ください。
http://www.hijiyama-u.ac.jp/users/awaya/images/notes/20110203workshop.pdf











上記は、2010年度のゼミ生が調査した
「学生のマツダスタジアムに対する興味関心度調査」より見出された課題が基になったワークショップです。
同調査は、余暇時間の使い方にも言及したもので、
若者は何より「家でまったり」が大好き。
「家でまったり」も良いのだけど、私も大好きなのだけど、
まったりを休もう、街へ出よう!ということを考えてみようではないか、というもの。

ワークショップには、実際社会で活躍する若者たちが事例発表をしてくれます。

さて、対象は若者たちですが、おじさんおばさんたちの見学も歓迎しますので、
お気軽に是非どうぞ。
(すでに何人かのおじさんおばさんたちの参加を承っています。
 学生の本音を聴くことができますからね。)

ちなみに、このワークショップは、
広島市まちづくり市民交流プラザと粟屋ゼミの共催事業です。
よって、私は主催者として隅のほうで小さくなってコーヒーを飲んでると思います。    
posted by H.A at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買い値が,その値

先日ネットで「新春果物・福袋」というセットを買った。
届いたのは以下。

全部で3000円.jpg

リンゴ6つとミカンと安納芋。

リンゴは贈答用に使うような立派な大ぶりなものではなく,
普通にスーパーに売っている大きさ。
だから,ご覧のように箱はスカスカ。
味は,そこそこ美味しかった。
ちなみに,蜜が入っていたのは一つだけ。なぜ一つ?不思議。

ミカンはリンゴと同じような大きさであり,ミカンとしては大きい。
(数が少ないので,あっという間になくなるので,淋しい)
これも,味はそこそこ美味しい。

安納芋は,残念ながら私がいつも他で購入するもののほうが美味しかった。



この「新春果物・福袋」,
6000円が3000円というので,ついつられて買った。
送料込みで3000円は,適正価格だろう。

しかし,これが6000円で売られていたら買わないだろう。

つまり,6000円が3000円というのは,決して50%オフ販売なのではなく,
売り手の,本当は6000円で売りたいという希望であって,
実際は3000円(送料込みね)が妥当,ということなのだろう。

ネットショッピングは日常的に行うが,
こうした食べ物は,やはりブツを見てみないと難しい。

ああ,デパ地下を歩きたくなった。
posted by H.A at 06:33| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする