2011年01月17日

妻と家内と嫁とかみさんとワイフ

中年男性のみなさんは、自分の配偶者のことを、人前で何と呼びますか?
その呼び方は、さらっと考えただけでも、タイトルに掲げた程度は思いつきます。
おはまさんから、面白い課題をいただいたので、さっそく調べてみました。
その違いを確認できればと。

まず、議論の発端となった「嫁」ですが、
これは
@ 息子と結婚した女性を親の側からいう語。息子の妻。
A 結婚する相手の女性。(大辞林)

つまり、配偶者を指す使い方もあるけれど、息子の親の立場から、息子の配偶者を呼ぶ言葉、が先に来るようです。
なるほど。
だから、おはまさんは疑問に感じられたわけですね。



次に、汎用性のあるように感じられる「妻」。
これは、
・他人に対して自分のつまをいう語。家内。(大辞泉)
・(多く手紙文の中などで)自分の妻(つま)のことを他人にいうときに用いる語。家内(かない)。
(大辞林)
「手紙の中で」とあるように、形式ばった使い方、ということでしょう。

続いて、「家内」。
これは、大辞泉も大辞林も、まずは「家の中」という意味をあげています。
意味の三つ目に「自分の妻」。
つまり、自分の妻は家の中にいる、という意味が強い。

そして「かみさん」。
これは昔、神田正輝と結婚したばかりの聖子ちゃんが、
「うちのかみさんがね」と呼ばれるのが嬉しい、と言っていたのを思い出します。
辞書的には、
商人・職人などの主婦をいう語。また、親しい間柄では、自分の妻をいう場合もある。(大辞林)
とのこと。
「親しい間柄では」という前提がありますから、オフィシャルに使うのはよろしくないようです。

そう言えば「女房」もありますね。
これは、大辞泉も大辞林も@に自分の妻、がきています。
つづいてAに女官の部屋、や女官自身。
Bには、中世・近世の用法で、女性、また愛情の対象としての女性をいうことが来ています。
「女房」も「妻」に次ぐ、正当な呼び名ということになります。

「奥様」はどうでしょう?
これは、他人の妻を敬っていう語のようです。
よって、「うちの奥さんがね」という使い方は、間違っている、ということになります。
承知の上であえて使い、敬っているというアピールをするには良いかもしれません。


最後に、「ワイフ」(あえてのカタカナ)。
これは大辞泉も大辞林も「妻。女房。家内。」でした。
“wife”だと、妻, 奥さん, 夫人, 女房, 細君(新グローバル英和辞典 )。
日本では、「ワイフ」と呼ぶのが、全ての意味が含まれて良いかもしれません。

ここで出てきた「細君」はどーよ。
ここで、「細君」の読み方を間違ってはならない。
私は中年太りだから、「細君」ではないわ、というのは愚かです。
「ほそぎみ」ではありません。

大辞林によると、「妻君」とも当てると補足されたうえで、
@ごく軽い敬意をもって、同輩以下の人の妻を指す語。
A自分の妻の謙称。らしい。

読み方は、「さいくん」です。


上記、すべてyahoo辞書で調べました。

まとめるならば、自分の配偶者のことを人前で呼ぶ場合、
・「ワイフ」が一番間違いはない。
しかし、英語を使うのはどーも、という人が大半でしょう、その際は
・オフィシャルな場では「妻」
・カジュアルには「かみさん」
・「女房」もよろし(が演歌っぽい)。

というところでしょうか。
改めてきちんと調べると面白いですね。

以上。
posted by H.A at 20:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嫁の用意してくれた水筒

ある日のこと。
勤務先の仕事で,いつもとは違うイレギュラーな仕事をするために,3人でチームを組んだ。

当日私は,コーヒを淹れてきたと自慢げに水筒を出した。
するとアラサ―のT先生(男子,新婚)曰く,
「僕も持ってきました。
 嫁が,朝用意してくれましてね。
 中は紅茶らしいです。」とのこと。

左が私のコーヒー,右が「嫁の用意してくれた水筒」。

水筒.jpg

ちなみに,3人の後一人は,私が敬愛する先輩の先生(女子)だが,彼女も,
「あら,私も持ってきたわよ」と
小ぶりだが高級そうな水筒を出された。

(上の写真を撮る際に,その先生がおられなかったので,二本のみ)


さて,仕事。
仕事の合間に,水筒に手を伸ばしごくごくと飲んだ。
時間がたってくるにつれ,少しさめてくるお茶。

T先生が「中の紅茶が冷めてしまいました」という。
「あそこに,セルフだけど,コーヒーやお茶を自由に飲めるように,
 事務の方が用意してくれているから,あちらで温かいのを飲んできたら?」と私。
(当日は,無茶苦茶寒かった)

すると,T先生。
「いえ,これを飲まないと,嫁に怒られますから。」

これは意訳をすると,
“冷めていても,嫁の作ってくれた紅茶を飲みたい”ということだと思う。




嫁に優しい人に,悪い人はいない,という自論を,
改めて確信したヒトトキでした。


ということを書くと,中年男子からはブーイングを浴びるだろうか。
意見の分かれる自論だということは,百も承知です。
posted by H.A at 06:54| Comment(3) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする