2010年12月25日

怖いもの見たさ

怖いと言われるものは見てみたい。
臭そうなものは匂ってみたい。
やめておいたほうがよいと言われるものは、手を出してみたくなる。

なので、あまり評判がよくないのは承知の上で、観てみた。

























映画「ノルウェイの森」
http://www.norway-mori.com/top.html

学生時代に夢中になって読んだ小説が原作。
大好きな小説だったので、ワタナベ君と直子が歩いた道を、同じように歩いたこともある。
http://bouchukan.seesaa.net/article/9567892.html















個人的な感想としては以下。

まず、生意気を承知で言えば、あの小説の映画化は無理がある。
今と違って時間が有り余っていた時代の大学生の
根拠のない自信と常時襲い掛かってくる不安という心情を背景にした
恋愛や自分探しや時間概念の映像化は難しい。

おまけに映画では人物描写が荒すぎて、小説を読んでないと内容が理解できない。
しかし小説を読んでいると、小説の解釈が人によって異なるので、
当然だけど違和感を感じることになる。

そして何より、直子がミスキャスト。
ワタナベ君はよかったし、ミドリもよかったのに。

以上、非常に主観の入った個人的な感想です。
映画製作者の皆様、生意気を言ってすみません。
「ノルウェイの森」は一番好きな小説なだけに思い入れがあるのです。







ところで、怖いもの観たさ・・・

いまだキムタクのヤマトを観に行く勇気がない。
posted by H.A at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イブにホテルでディナー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・は、遠い昔

仕事帰りに、予約したケーキを買って、いそいそと帰るサンタ。

クリスマスケーキを買って帰ろう!.jpg

ケーキは、いつものパストラル。
posted by H.A at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする