2010年11月14日

年相応のファッション

ブログの管理者としては、このブログを読んでくれた人が、
どういうキーワード検索でこのブログにたどり着いたかがわかる。
キーワードには、ブログで取り上げた私の友人、知人の名前や、
タレントや書籍名などもある。

先日は、
「粟屋仁美 比治山大学 年齢」というキーワードを入れた人もいたようで、
一人で爆笑した。



さて、年齢の話。

バブル時代当時に学生で、雑誌JJを読んで育った女子は、中年になってもおしゃれ心を大事にしている、
よって以前のJJ読者を対象に、30代向けにVERY、40代向けにSTORYという雑誌が、
すべて光文社より発刊されている。
http://www.kobunsha.com/shelf/magazine?subcategoryid=102

それらは読者モデルが出ているのも特徴。

ただ、言いにくいが、年齢を重ねた読者モデルは、どんなにオシャレでも外見は年相応だ。
特にSTORYでは、それが顕著だ。
私がミニスカートをはかない、というか、はけないから嫉妬でいうわけではないが、
ミ二スカートは、20代までの特権だろう。
痩せていても、膝の弛みや、すねに浮き出る筋は年齢を隠せない。
毎日around20のピチピチした女子大生を見ているからか、強くそう感じる。

では、中年女子はどうオシャレをしたらよいのか!
これが難しい。

流行を追い過ぎると、若さへの未練が露呈して、傍から見て痛い。
かといって、あきらめると、おばさん臭い。

策としては、お嬢様路線の延長のコンサバなら無難だろう。
森ガール風のスタイルも好感度は良いだろう。

また、NHKのドラマ「セカンド・バージン」の鈴木京香のいでたちは参考になる。
http://www.nhk.or.jp/drama/secondvirgin/

20代女子の深田恭子との洋服の対比も面白い。
スカート丈が、深田恭子は太ももの真ん中あたり、鈴木京香は膝あたり。
雰囲気も、深田恭子は元気でかわいい感じ、鈴木京香は高品質でドレッシー。

ささ、中年女子のみなさん、
鈴木京香演じる中村るいが、17歳年下の男子との恋愛をどう終結させるか、
楽しみにしながら、ファッションチェックをしましょう。

















しかし、鈴木京香と同じ服を着たからと言って、同じようにならないのが、一番辛い・・・かも。
posted by H.A at 16:36| Comment(3) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする