2010年10月17日

マツダとフォード

柔ちゃんが、引退を表明し、フォードがマツダ株を売却することを決めた。
(柔ちゃんには、長い間、元気をくれてありがとう、と言いたい。)


1979年にフォードはマツダに25%出資し、
1996年にはその比率を33.4%に引き上げ、筆頭株主となった。
当時のマツダ内の空気は、動揺、期待、不安の入り混じった何とも言えないものだった。
受け止め方は、年代や立場によっても違った。
それでも、寄らば大樹ではないが、企業の存続の安心というものは根底にあったと思う。

今回の売却方針の公表はどうだろう。
株の売却先にもより、提携先もかわってくるだろう。
環境対策車開発が必須の今、マツダ一社だけで、研究開発を進めれることは難しいだろうし。

今回の一件で、日々状況が変化することを改めて認識させられた。
企業も、ワーカーも、自立・自律で、何があっても揺るがない体力を持っておかないといけない。


今回の一件を株式会社制度から見てみると・・・
株式会社制度においては、株主は経営者を監視する役割を持つ。
マツダ(特に経営者)から見れば、その株主が去るというのは、どういう意味を持つのだろう。
フォードとしては、自らの株主に報いるために、投資先を吟味した上での決断だろう。
この場合、投資先だけではなく、提携先でもある。
???
わからなくなってきた。
これは、視座(株式会社論か、戦略論か)を明らかにしたうえで考えないと、混乱する。
ゆっくりと考えてみたい。


それにしても、株式会社は資本を集めるのに、非常に効率的な制度であるがために、
資本を集めるだけの企業の能力が求められる。
今回の一件は、マツダ株がどこに売却されるのか、動向を見守りたい。
posted by H.A at 09:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする