2010年10月16日

歯を食いしばって、頑張って生きている

顎関節症がひどくなった。
というのも、以前作ってもらった顎関節症治療用のマウスピースを、
2、3年前に、ティッシュに包んで、間違って捨ててしまったからだ。
(顎関節症で治療中だと、2006年10月、ちょうど4年前に書いている。
http://bouchukan.seesaa.net/article/25177474.html


ほっておいたら、肩こりと頭痛がひどくなった。

この顎関節症は、ほとんどの歯科では治せない。
そこで、以前治療してくれた歯医者さんを久しぶりに訪ねた。
(日ごろの歯のメンテナンスは、違う歯医者さんに足繁く通っている。)
ちょっとスリムになったように見える先生が、
久しぶりですね、と言いながら、また時間をかけてマウスピースを作ってくれた。

どこか一点に無駄な圧力が加わることで、噛み合わせがずれ、顎関節症になる。
違う個所に圧がかかるように設定したマウスピースをつけることで、
筋肉がゆるむらしい。
この圧のかかる個所や、かかり具合の調節で、マウスピース作りは時間がかかるのだ。

マウスピースの威力は素晴らしい。
就寝時にくわえて寝るのだが、翌朝のかみ合わせが違うのだ。
昼間は外すので、また顎がかくかく言い出すのだけど、
毎夜装着していると、その戻りも浅くなってきた。
また、肩こりが、てきめんなくなった。

ここの歯医者さんは、本当に研究熱心で素晴らしい。
もし、顎関節症で困っている方がおられたら、メールをください。
密かに、歯科医院名をお教えします。


あ、それから顎関節症は、歯を食いしばっているのがよくないとのこと。
人は、考え事をしたり、運動をしたりするときに、無意識に歯を食いしばっているらしい。

ほら!食いしばっている!
posted by H.A at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする